はんなりママの日々の風にまかせて

毎日の生活の中で経験したことや感じたことを、ありのままに綴っていきたいと思います。

星組新人公演は?

え〜っと、少し前に自分の宝塚ノートに記録した入団期別名簿に、祐飛さんサヨナラ「華やかなりし日々」「クライマックス」が初舞台の98期生を書いているとき、天華えまさんが居まして、彼女は音楽学校入学式総代だったらしいことを知りました。

入団時は三番で「歴史に残るようなトップスターになりたい」という言葉を残しています。
スカステ番組で「伊賀?甲賀?」忍者屋敷を訪ねて、からくり屋敷を楽しんだり手裏剣演技をしてみたりでの映像が頭に残っていました。

その天華えまさんが「桜華に舞え」新人公演主演をするとの情報を知りました。

相手役は99期の小桜ほのかさん。

おや、こないだの宝塚パリ祭に紅ゆずるさんたちと同じ舞台に立った方ですね。稽古場レポートで顔や声を知りました。

お名前は知っていましたが、おとめで調べる前にスカステで見れたんです。

私は星組公演「ガイズアンドドールズ」、「こうもり」を観劇した時、ガイズでは天華さんを見つけることが出来ましたが、こうもりはセンターにいる方々に注意が行ってしまいどの場面に出ていたのかも発見できませんでした。もっともプログラムを買ってないものですからわかるわけないですね。


彼女は気になる若手として新人公演では何の役なの?と心配することもあるので、こうもりで新人公演主演した紫藤りゅうさんや綺咲愛里さんが何の役なのかも気になっていたりしました。

こうもりで紅ゆずるさんの役だった98期の綾 凰華さんが主演を勝ち取るか?とかも思いました。が、しかしまたも紅さんの役ということでなかなか残念な結果になりました。

しかしながら、今までそれ程センターに近い役をしてこなかったのではないか?と思っていた天華えまさんが今回の主演を勝ち取った事は私にとっては非常な喜びでした。

小桜ほのかさんはと〜っても夢見る少女っぽくてどんな人かはさっぱりわかりません。

夏美ようさんの大久保利通役は桃堂 純さん、美城れんさんの西郷隆盛役は音咲いつきさん。礼真琴さんの会津藩士八木永輝役は紫藤りゅうさん、薩摩藩士の郷の娘竹下ヒサ役綺咲愛里さんを真彩希帆さんが演じるとのことです。


新人公演出演者の皆様、頑張って下さい。

まさお君ディナーショーでひばりさんの…

昨日のニュースで見ましたが、途中、聞いたことのある曲が(^-^;

美空ひばりさんの「川の流れのように」

ん〜タカラジェンヌが歌謡曲を歌ってくれた事に感激、それにやはりというかとてもお上手でした。そして、非常にまさおナイズされていました。

そして、キラキラした嘴が長い鶴の被り物、かっこつけてばかりの人かと思っていましたが、コンサートでも亀さんとかやってて、この人面白いなあと思いました。

最後のディナーショーだし、ご本人が一番楽しんでいるみたいでした。ゲストで憧花ゆりのさんが出演、マリアおばさまみたいでまさお君と歌っていました。

まさお君の卒業翌日から組長業務ですね。かなめちゃんと同期の方が組長さんなんだ、感慨深いです。

共演は白雪さち花さん、千海華蘭さん、朝美絢さん、海乃美月さん。

実力派をもってきたねという感じでした。

続きを読む

美しすぎて君が怖い

宙組スチール写真が公開され「マダム・ヴォルフ」役の伶美うららさんの映像を娘が見せてくれました。

う・美しいo(^o^)o素晴らしい美しさ、そしてマダム・ヴォルフとしての表情&衣装&髪型ですから、もうこれは明日の初日映像を是非ともチェックしないといけません。

このゆ−りちゃんのビジュアル、このまま女役として成熟させていったらよいのでしょうか?彼女は只今研8なわけで、トップ娘役には難しくなっていくのでしょうか?

そんな事も考えますが、今は純粋に彼女の美しさとマダム・ヴォルフとしての役作りを確認したり、「えんりょせず気取らずにどうぞ召し上〜がれ〜」の歌と仕草、振り付け。絡みなどを楽しみたいと思いますね。

しかしながら、マダム・ヴォルフのコレクションは、実はそのマダムが一番美しかった、というオチが出来ますなあ(o^_^o)
続きを読む

宙組稽古場レポートB

今度は、中堅男役、凛城きらさん(92)と春瀬央季さん(94)です。二人は革命を目指す新聞記者のツェップスとハンガリーの革命家ジュラに扮します。

二人ともエリザベートが大好き、大ファンですって。
りんきらさんは、雪組で水夏希さんの時に研1さんでしたね。

ただ、その頃は夢中で舞台を見ていた、その次からのエリザベートは見ているらしいけれど、見ると演るとは大違いでやはり歴史の勉強なども熱心にしたようです。

それによって、自分の立場などわかり、その経緯もよくわかったらしいです。

りんきらさんはね、「サンクチュアリ」での演技がすごく良くて、今回もツゥエップス役の役作りか?銀縁眼鏡をかけて雰囲気作りをしていました。

まあ様やみりおんちゃん、ゆりかちゃんとの直接対する場面がないけど、ルドルフとはやはり皇太子だから身分の違いを意識しながらの握手とか、若い革命家のエルマーやシュテファンとの絡みはあるので意識してやりたいとのこと。

春瀬さんもサンクチュアリに出ていました。

りんきらはゆうりちゃんをはさんであいちゃんと、春瀬さんはあいちゃんの兄弟?でありながらいわば敵役?非常におどろおどろしい感情のうねりをうまく表現していました。

出番は少ないけれどかなり緻密に役作りしてくることでしょう。二人が盛り上がったのはフィナーレ男役ダンス、20年間、ずっと振りが変わってない?振りをする度テンションが上がるとか。素敵ですものね〜。

******************

あ〜一番気にしてるのは、ルキーニあいちゃん。どんなルキーニになるんだろう。ルキーニを演ずる人は必ずトップになる、このジンクスをぜひ本当にして下さい。

只今研10、男役10年、いろいろ研究・実践してきた事が実を結び始める時です。
楽しみにしております。

まさお君ディナーショー稽古場

千秋楽に言っていましたね「二日後にはディナーショーやるんです!!」

ずらり並んだ出演者。

龍 真咲さん、白雪さち花さん、千海華蘭さん、朝美 絢さん、海乃美月さん。
まさお君が持ってたキンキラのマイクはみんなが手作りしてくれたらしい。

ポスターみたいな衣装を付けた、まさお君人形、頭のカナリヤ色のアフロ盛っていました。顔にはまさお君の写真を貼っていました。
出演者で手作りしたみたいです。
慌ただしい毎日の中、それを持って稽古するまさお君は嬉しい事で、作った人達は本望でしょう。

暑い中皆さん体調に気をつけて気張って下さりませ。

ずんちゃんルドルフにドキドキ

なんて表情をするんだ(*^_^*)ドキドキするじゃないか(^-^;

闇がひろがる の場面、カメラさんグッジョブ('-^*)ok
まあさまファンの皆様ごめんなさい、多分トートは眉毛をあげて抵抗するルドルフの手を引っ張り「死」にさそっていた…と思われる後ろ姿に、死に惹かれていくぅ〜(゚゚)だけど死にたくない〜苦悶の表情をしている桜木みなとルドルフの表情をちゃんっととらえてくれてました。


あれが見れただけで昨日の稽古場放送を見た甲斐があったというものです。

愛月ひかるルキーニははじけようがそれほでわからなかったものの、明らかに今までのあいちゃんとは違う雰囲気でお芝居してると感じました。

真風涼帆フランツ、拒否られたドアの向こうにいるエリザベートに切々と歌で愛を伝えるが…切なげな表情がいいなあ、そして、エリザベートを見る目が、きっと愛しているんだと訴えているんでしょうね、優しくみつめる感じがよかったですよ。


実咲凜音エリザベート、自信に満ちた「鏡の間」の表情が、歌声は、稽古が激しいかな?伸びが(^-^;舞台ではぜひ素晴らしい声を響かせて下さい。

朝夏まなとトート閣下……、ヘアスタイルからそれらしく作り、歌う表情もトート的です。

ちょっと今までのトートの中では春野寿美礼さんかまあ様か……と思える不気味だけど怖いけれど、みたいな感じで惹きつけます。

特に魅力の大きなおめめがひきつけるんでしょうね。

後ろの待機場所にまりんさんの姿が見えました。パパ役?

小柳先生は花組、おさちゃんトートの時は助手にはいっていなかったらしいね、それ以外はずっと小池先生と頑張って来られ、今回はかなり小柳先生の意見やアイデアがあれば取り上げてくれるようなので、少しは新解釈の演出があったりするのかな?


私の観劇予定は7月30日午前の部。ずんちゃんルドルフなのでかなり観劇が楽しみになってきました。


今夜のニュースでもう一度やってくれないかな?あのルドルフの表情をもう一度見たいです。

今夜のおかず

今年の秋祭りにおかずとして出したい「煮豚」

土曜日に買い出しして月曜日に作りました。

私にぴったりのレシピがあり挑戦〜(o^_^o)

味もしみたので、お祭り婦人部のボスNさんとサブのSさんのお家へ持って行きました。
味見をしてほしかった。

さっきお二人からおいしかったとメールが来ました。よかったな。

あとすこし工夫したらいい「煮豚」が出来るかも。低温調理がよろしいみたい。炊飯器保温でね。

そして夫が会社からおすそわけいただいた「釜あげちりめん」ひとパックも使いましょう。


我が家の晩御飯

煮豚

銀鮭の南蛮漬

釜上げちりめんと大根おろし

餃子(市販品)

たたききゅうり

ごはん


きゅうりはNさんが下さいました。Nさんのお家は最近では珍しい専業農家です。新鮮なきゅうりをたくさんいただいたので、隣の甥の家におすそ分け。

もうすぐ一歳になるS君と三歳のKちゃんが可愛くてね。

タッチと考えバイバイでお別れしました。

いよいよエリザ

昨日、タカラヅカニュースを見ていたら、まさお君のサヨナラ公演、大劇場千秋楽の様子をやっていました。約30分くらい。

最初の6、7分が見れず、その後は見れました。

まさおくん痩せて、タカラジェンヌの礼服の袴姿で階段を下りましたが肩が左右張ってて上がってて、首の辺りが肉がないからなんか痛々しかった。

お花は珠城さんからと同期のこまちゃんから。

なんか解脱した感じ。

4年間のトップ生活、我が道を進んで行ったまさお君、まだまだ先へ行くようですから止まることはしませんね。

東京も、栄養を付けて頑張りましょう、お疲れさまでした。

それにしても萌花さん、綺麗でした。

あ〜(*^_^*)かちゃさん、「専科へ参ります」
なんか感情があふれそう。

そして飛鳥裕さんも専科へ行かれますね。組長業務お疲れさまでした。

そして、大劇場卒業された六人の皆様、東京でも頑張って下さいね。
みんな幸せと言ってました。よかった。


******************************************************************

稽古場レポートは宙組「エリザベート」

松風 輝さん、瀬音リサさんがレポートします。

呼ばれたのは、実羚 淳さん(95)と潤奈すばるさん(98)です。

わたし、潤奈さんをアップで見るのは…見たことはありますがようやくお顔が頭に入りました。


もはや潤奈さんも研5なんですね。同期の瑠風 輝さんにだいぶ水を空けられましたが頑張りましょう。

実羚さんと潤奈さんは二人とも黒天使役だそうで、ダンスは二人ともお好きなようなので、色々な黒天使をみせてほしいなと思います。


そして、今夜はタカラヅカニュースを見なくては(^_^;)
宙組「エリザベート」稽古場が放送されます。ちらっと見えた映像では、黒髪っぽいかつらをかぶってお稽古しているまあ様が映っていたんですよね。気分が出ますよね、鬘があると。普段と違うロングヘアーだしね。


愛ちゃんのルキーニがね、どんな事になっているのか?ゆりかちゃんのフランツは静の演技です。

ルドルフとトート閣下の「闇が広がる」ね〜、大好きなんですよ、あの場面。見なくては(^_^;)v(^o^)
続きを読む

グランドホテル主な配役出ました。

涼風真世さんサヨナラ公演の時は主役はオットーでしたが、今回はガイゲルン男爵が主役のようです。珠城りょうさん、まさかの御披露目で死んじゃう?

そしてグルーシンスカヤが愛希れいかさん。プリマ。


じゃあ、オットーは?というと美弥るりかさん(o^_^o)
でも年齢設定が幾つくらいでしょうか?みやちゃんの役作りに興味があります。

専科さんが二人ご出演。
オッテルン・シュラーグは夏美ようさん。前回は汝鳥伶さんがやられた役。ヘルマン・ブライジングは華形ひかるさん。
月組でみつるくんが見れるなんて(;´д⊂)

そして天海祐希さんがやっていた注目のラファエラ・オッタニオは暁 千星(朝美 絢)(^_^;)(^_^;)役替わり(^_^;)?そしてエリックは朝美 絢(暁 千星)さんです(゜o゜;)これも役替わりです。

もうひとつ、フラムシェン、早乙女わかば(海乃美月)という役替わり。麻乃佳世さんがやっていた?

むむむむむ(°∇°;)

どう理解したらよいのか?


だれか〜ヽ(゜▽、゜)ノ

「銀二貫−梅が枝の花かんざし−」録画より

月城かなとさん、バウ初主演舞台です。二時間半をなかなか時間がとれず、日曜の晩は翌日がお休みだったのでようやく鑑賞できました。


幕開け、雪景色の中、みつる君が、そこへ仇討ちする侍とされる侍、そしてその子。父を殺された子、三河屋みつる君が「銀二貫」を差し出し危うい命をお金で救ってくれた、そのお金は家事で社殿が焼けた天満宮の再建寄進するために番頭(えまさん)と貯めたお金だった。

で、まずは寒天問屋三河屋の仕入先の寒天製造の現場で働き、厳しい寒さの中、寒天製造を学ぶ。何年かして三河屋へ呼び戻され働き始める「鶴之介」は町人「松吉」となり寒天問屋三河屋の丁稚となる。

武家の子息が、天涯孤独となってしまったとはいえ、生きていく為に「士農工商」の時代、一番上の身分から一番下の身分になるなど想像できない世界で、しかし父親のいまわの際に言われた「生き続けるのじゃ」を守るためにそれを受け入れる。

戸惑いとプライドを捨ててなんとか商家の丁稚になろうと頑張る松吉(れーこちゃん)の表情や仕草がいかにもな感じで役に徹していたのが印象的。

松吉のせいで銀二貫がなくなってしまったと思っている、ちょっと意地悪な番頭さん(英真なおきさん)、あのとき見殺しにせず助けた命をなんとか生かしたいと思い、松吉を商人として育てて行きたいと願う三河屋店主。

この二人がね、物語にスパイスというかよい味を出してくれていて、さすがに専科さんという存在感でした。じゅんこさんは言わずもがな、ですが、案外とみつる君が人情味溢れる誠実な、なにわ商人を演じてくれてよかったなあと思いました。
松吉がお互いに好意を抱く、取引先真帆屋の「いとはん」真帆(有沙瞳)、後に火事で焼け出され顎から首筋にかけて大火傷を負う。その折りに娘を亡くした女性と命からがら逃げ出し、女性の娘「おてつ?」を名乗りひっそりと生きる。


ん〜、ありささんはセリフを発するときに声を張り上げすぎたり口を開けすぎたりする?のか耳に優しくない、まあ、感情に忠実なんでしょうが今少し、引き算をすることも大切なような気がしました。

父親役の奏乃はるとさんは落ち着きがあり板前さん役をそつなくこなしていましたが、出番が少なくてお気の毒でした。

丁稚仲間・梅吉の、久城あすさん、身が軽く歌がお上手でした。なにくれとなく松吉の面倒を見てくれていました。自分は、三河屋の取引先の娘と想い合っていて、婿養子に望まれるのに行かない(^_^;)自分一人が幸せになるようで出来ない(^_^;)
最後に、その店の主人が病に……、それならと婿養子に行く梅吉さん、なんなん?窮地を救う、婿養子の意味がある?

女中さんの愛すみれさん?すこしふっくら目のなんだかリアルな女中さん。ずっと三河屋の台所を任されていて、独身?ふんいきがやさしくていい。

新しい取引先、寒天製造半次郎?香稜しずるさん、鶴之介の父親役と、もうひとつと全部で三役。
この人は本当に上手い。成りきっている。
材料調達のための資金に、貯めていた銀二貫を差し出す三河屋主従、これが生きたのか?四年くらい後に天満宮への寄進が達成される。

さいごはその寄進の達成と松吉・真帆の婚儀で終わる。


ふぅ〜、幸せに成ってね。
Counter
Link
Recent Comments
Recent TrackBacks
愛しの鰻ちゃん (ミントパパの 『愛とラーメンの日々』)
7/13の晩御飯は頂き物です
  • ライブドアブログ