2008年10月

■しらばっくれ攻防戦 〜わたし達の合図

2008年10月29日

こんばんは。秋の夜長をのんびり過ごされていますか?(^^
いい時間というのは、どうしてもこうも早く過ぎるのでしょう。

映画も観たいし本も読みたい。手紙も書きたい・・・
そんなことを思いながら、静かな夜はあっという間に時計の針が進みます。


・・・いや、時計の針は進んでいない。


一昨日ハンチャコに置時計を破壊されて、針が止まったんでした
ハンチャコ、その時計、まだ買ってからひと月も経ってないんだよ・・・

「誰か、時間を止めてって切なる願いまで叶えてくれちゃうのね。


 「時よ、止まれ」
DSCF5370




昨日はlivedoor blogが緊急メンテナンスを行ったそうで、
ブログが開けない時間が長かったようでした。
遊びに来てくださった方々、すみません。

こんなへっぽこブログが一日開けないくらい、なんのことはないけれど
不具合が出て、急きょメンテナンスをする人たちは大変だよね・・・
夜でも早朝でも、「不具合だ!」って、急にやらなくてはならないんだろうなあ。
ご苦労さまです。

livedoor blogユーザーの方々、「不具合最悪!」なんて言わないであげてね・・・。



さてと・・・

お友達のワンコが亡くなって悲しみに暮れていた先々週の数日は
ハンニバルまでもがどこか元気がなくて、
ただぴったりと寄り添うか、すぐ傍からこちらをじっと見つめていました。

まるで、「しつこくしちゃいけないのかな・・・」と察しているみたいに。
そう思うと、ワンコの気持ちってせつない。


まだ元気出ないのかな?
DSCF4773




でもわたしが元気を少しずつ取り戻すにつれ、
ハンニバルの 『ねぇねぇ』 もいつも通りになりました。



わたし達は、よくしゃべります。

正確には、わたしがハンニバルに話しかけ、
ハンニバルは表情で応えるんだけれど。


仔犬の頃からあまりによく話しかけていたせいか、
しばらく静かな時間が続くと、
ハンニバルは『ねぇねぇ』って後ろからわたしの体に手をかけて、
かまって欲しい女の子みたいな仕草で気を引こうとします。

「なんか言ってよ。」 とでも言っているように。

いったい一日に何度、『ねぇねぇ』ってしてきているのかなぁ?


『ねぇねぇ』がエスカレートすると、しがみつくようにしてくるんだけどね、
その際に、大好きなヘアゴムまでかっさらおうとするんですよ。

わたしが髪の毛を束ねるゴムやクリップが大好きで
テーブルに置けば狙うのはもちろん、髪からも奪っていこうとします。


つい昨日も、じゃれ合っている最中に、
気がついたら髪の毛のゴムがなくなっていました。


毎度のことながら、わたしはゴムを取り返そうとするんだけれど・・・

これまた、毎度のことながら

賢くはないけれど、小賢しいハンニバルは、しらばっくれようとします。


では、その一部始終をどうぞ



【しらばっくれハニョと飼い主の、ゴムを巡る攻防戦】



「ねー、ハニョ。わたしのゴム知らない?」


目が泳いでるハンニバルは、こちらを見ようとしません。

DSCF4154




「さっきまでわたしの髪についてたんだよ!

 ハンチャコが持っていったんでしょ。」



DSCF4158




「ほんとはここらへんに隠してるんじゃないの?ちょっと見せてよー」


わたしが手を伸ばすと、また目がぐるぐる泳ぎ始め、
こちらを見ないようにするハンチャコ。


DSCF4156




「今ならすぐ許してあげるから、返してよ〜!

 ほんとはあるんでしょ?」


ハンニバルは深いため息をつきます。「知らないってば!」って気持ちかしら?

DSCF4164



それでもなお、わたしが

「あやしいな〜、だってハンニバルしかいないのに。」と言っていると

おちょくるような、ゴマかすような顔に変わります。



DSCF4165




よし、ここで奥の手だ


「ねーね、ハンチャコ。これな〜に?」

サッと上のほうに、クッキーを掲げてみると・・・?



ハンニバルの口元に注目!!

なにあれ




しばらっくれた顔の、口元には・・・


しっかりゴムをくわえてる

DSCF4166




「やっぱり持ってるじゃん!!」


そうわたしが言ったとたん、さっきまでのトボけた顔はどこへやら、

とたんにハンコロジスタ容疑者’の顔へと変貌しました。

(*ハンコロジスタ容疑者=ハンニバルがイタズラをする時の別名。
  
容疑者の悪行はこちら。   )



見よ、この顔の変貌を。 さっきまでのゴマかしてた顔はどこへ?

DSCF4171




取り返そうといくら引っ張っても、離そうとしないので

これまたハンニバルが突然変わる、魔法の呪文を唱えました。


「あっそ、じゃあいいや。バイバイ


バイバイ・・・それはハンニバルがせつなくなる言葉。

言ったとたん、体の力が抜けて、こんな顔になっちゃうの。


バイバイって言わないで・・・
DSCF4173





そのあとすぐに口からゴムを離し、

『ねぇねぇ』とわたしの体に手をかけてきました。

鼻をぐすぐすと鳴らして、一生懸命、謝るみたいに。


DSCF4174




ここでわたしは笑って、ハンニバルは起き上がって前足を伸ばし、

顔と顔を寄せて抱きしめ合うのが、「仲良くしようね」の合図。


こんな反省した顔をしても、またあした同じことをやるんだけどね。

それでも、何十回繰り返しても色褪せない、わたし達の合図。



   にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   いつもありがとうございます。とても励みになっています。

     
いったい何度同じことを繰り返しているのかな(^^
      これもきっと、大切なコミュニケーションのひとつなんだね。


■昭和記念公園でキャバの集い&ピクニック。

2008年10月27日

ふだん、あまり邦楽は聴かないのだけれど
木曜日の夜あたりから、久しぶりに斉藤和義をたくさん聴いています。
(+なぜか今になって、尾崎豊、そして中島みゆきも。)

それでつくづく思ったのが、
あーせめて(何がせめて?)
ハンニバルが斉藤和義みたいな声だったらどんなにいいだろう!


もしハンニバルが斉藤和義の声を出せるなら、せめて一曲歌ってほしい。
その時は『歌うたいのバラッド』でお願いします。


DSCF5242


(この空想&妄想で、雨の夜の1時間半を最高に楽しめた^^)




さっさと本題へ行くのだ!


土曜日の出来事です。

以前から、ブログを通じてやりとりをして下さっていた方からお誘いをいただいて
週末にお会いすることになったのですが、
思いもかけず、そこへ次々とキャバちゃんが舞い込んだ!


ということで、週末に初めて行ってきました。


DSCF5437




ハンニバルを電車に乗せて、新宿を越えるのは初めて。
ちょっとした旅気分でドキドキでした。


公園の入り口で待っている間も、
ハンニバルは行き交う人々のチェックを怠りません。
誰かと会うってわかるようです。

かばんの上に乗って待つ姿が・・・でかい。 哀愁すら漂う。まだ午前中なのに。

DSCF5429DSCF5431




写真のやりとりなどもしていて、以前記事にも書いたことがあるのですが
生粋のデカキャバ、マーチくん&かれんちゃん、ふたりのママのnorironさん

ワクワクドキドキ、「はじめまして」のご対面です


かれんちゃん2歳・マーチくん3歳、カップルです

DSCF5440




うぉぉー大きいのだ!
ほんとに大きいよぉー むにむにしたお尻をたくさん触らせてもらいました。
シアワセ・・・。


そして、ご近所だから、ぜひ一緒に会いましょうということになった、
『キャバリアなんだってば♪』miuさん&リズちゃん。


DSCF5462



リズちゃんちっちゃいー そして、小さな体に似合わずとっても元気
はしゃぐ姿がなんとも可愛いの・・・
やはり、うちの「のらくらのデカキャバ」とは訳が違うんだわ。

miuさんもブログで拝見する以上に可愛い方で・・・愛らしいコンビでした


ハンニバルはめずらしく、どの子にも怖がることなく、
興味深々でご挨拶をしていました。
特に、すべてを受けとめるかのような落ち着きっぷりのマーチくんがお気に入り?

こ、これはもしや・・・チューでは ビビリンのハニョが、どうしたの??


マーチくんとハンニバルの(飼い主衝撃)チューの証拠写真。

DSCF5595



ハニョさん、やはり男は包容力ですか?

でも、残念ながらマーチくんにはかれんちゃんという彼女がいるんだよ・・・。


ゆっくり公園を散歩しました。
昭和記念公園って、とっても広いんですね!


DSCF5444DSCF5443




せっかくなので、ドッグランにもお邪魔してみました。


軽い弾丸のように走るリズちゃん。
miuさんが呼び戻すと、楽しそうな姿で戻ってきます。


DSCF5457



マイペースなマーチくん&かれんちゃん。

DSCF5463


DSCF5468




あ、もう一頭いたんだったわ。

入った瞬間からベンチをあっためる控え部員。
地に降り立つと爪先立ちになりますが、ベンチでは最高の笑顔を見せてくれます。


ここはあたしに任せておいて!
DSCF5451



ハンニバルはワンコのマネージャーだな・・・


ドッグランの後は、広い場所でお弁当をいただきました。


マーチくん、かれんちゃんのママのnorironさんの手作りのお弁当

自分以外の作った家庭の味をいただくなんて、いつぶりかしら
しかも、公園でお弁当なんて最高の贅沢。うれしかったなぁー。

とってもおいしかったです。 ハンニバルが俄然・ヤル気になってましたが・・・

DSCF5501DSCF5499



norironさんは、ブログを通して見るハンニバルの何が気に入ってくださったのか、
いつも気にかけてくれます。

うちの親なんて、娘が都内で一人暮らしをしていようと
熱を出して寝込もうと、何ひとつ宅急便など届いたことなどないので
実家から何か送られてくるのっていいなぁと常々思っていたのだけれど
まるでその願望を叶えるかのように、ハンニバルにおやつを送ってくださったり・・・

こんなわたしめ(+αデカキャバ)に。


DSCF5518




リズちゃんはガムに夢中。
食べ物を欲しがっても控えめで、ハンニバルみたいに強奪なんてしないし!

miuさんの後ろから様子を伺うあたりが、ホント可愛いね


DSCF5488DSCF5509




その頃も、マーチくんは我が道をのんびりと往くのです・・・


その背中についていきたい。

DSCF5519




ここで、miuさんのブログのお友達と待ち合わせを。

みんなで合流することになりました。



女性+チビキャバの歩く姿はバランスがいいなぁ。 

miuさんとリズちゃんが颯爽と歩く後ろ姿を微笑み、眺めながら
わたしもあのつもりだったなぁと、デカキャバに引っ張られながら歩く飼い主・・・


DSCF5557




歩くのに疲れれば、相乗りです。 

ハンニバル以外の3頭は仲良くカートで移動。

ハンニバルはカートに載せられると、飼い主と離されると勘違いして
激しく鳴いて飛び降りてしまいます・・・


DSCF5547




こんなに広い景色。 

快晴ではないけれど、空を見上げているだけで、心に何かが宿ってきます。



DSCF5639



ここで2キャバちゃんと合流


はじめまして。

H@ppy Weekend with Arthur ナオユキさんご一家とアーサーくん。


それから、

キャバリア小桃ちゃんねる の犬山さんご夫妻と小桃ちゃん。



DSCF5604




「はじめまして」なのに、なぜか知っているような気になってしまうのは

同じ犬種と暮らしているからなのかな?


アーサーくんはリズちゃんとすぐ仲良しに。
でも、ナオユキさんから「やりすぎだぞ〜」とたしなめられています(^^

降参の姿が可愛いでしょ?

DSCF5636




小桃ちゃんはおっとりおとなしくて、とっても優雅でした。

やわらかな女の子。


DSCF5635




それぞれに個性があるね。


DSCF5608




こうしてキャバちゃんのオーナーさんと会うと、

恒例になりつつある、『デカキャバ・抱っこ』 今日もお願いしま〜す



女性には重いよね・・・。


miuさん、norironさんに抱っこされて。笑顔だね。

DSCF5630DSCF5627



miuさんからどら焼きと手製のポストカード、
norironさんからは手作りのワンコ用クッキーをいただいて、ハンニバルもご満悦。

帰ってからクッキーをいただいたらホントおいしくて、
わたしが全部食べたくなってしまいそうでした・・・


DSCF5645




みなさんと別れ、一足先に公園をあとにする帰り道。


振り返ったハンニバルが笑顔だったから、わたしも笑ってしまったよ。


DSCF5582



楽しい一日をありがとう!


しかし親がもしこのブログを見たら、
「あの子は週末に犬とばかり遊んでるの?」って言われるだろうな・・・

その通りで〜す!


  にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   いつもありがとうございます。とても励みになります。

  
今回はいつになくフレンドリーでした。少しずつ慣れているのかな?
   秋が日一日と深まっていきますね。 ハニョとともに高い空を見上げています。


■雨の日のハニョリータ。

2008年10月24日

外は雨。


雨の日のハニョリータは、いつもナーヴァス。

まるで雨女の飼い主を戒めているみたい。



好きなおもちゃを抱え込んで、ため息をつきまくり。


はぁぁ・・・雨ですって。
DSCF5364






ひづめを前にしても、この有様。

前髪だって、ひどいもんです。 ぼさぼさもいいところ。


ひづめなんて食べていられるかっつーの。
DSCF5385





一方飼い主は、ずっと食べたかったアップルパイを帰り道に入手して、

雨の夜のシアワセ。


DSCF5410





食べたいのに食べられないハニョリータは、さらにナーヴァスに。


これでもかとため息をつき・・・

強硬手段


ぺろんっ
DSCF5406




「こらーツ



叱られて、いじけたハニョリータはテーブルの下へ。

体をかがめて、なんとか潜ってます。


ああするしかなかったんだよ・・・
DSCF5396





いじけたまま、ぬいぐるみにグチでも話してる?


あいつ、アップルパイ、くれねんだ・・・
DSCF5423





そしてまた、気を引こうとするかのように「はひぃー」とため息。

目線だけは外さない。


DSCF5358




ハニョリータ、そろそろ寝ようか。


ハンニバルは雨の日がきらい。わたしも雨は嫌い。

でも、雨の日は、ハンニバルを観察する楽しみが増えたよ。



  にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   いつもありがとうございます。大きな励みになっています。

  
   週末は晴れるといいな。公園で走りたいね。深呼吸をたくさんしたいね。


■それぞれの慰めの軸。

2008年10月21日

夜、眠りに就く前に、
傍らに寄り添うハンニバルの胸に耳をあて、心音を聴いていた。

トクットクットクッと小さく耳に響く、愛しい音。


今度は、ハンニバルのお腹に頬を押しつけ、
呼吸するごとに波打つ皮膚を頬で感じていた。

ひとつ呼吸するたびにやってくる、小さなうねり。


どれくらいそうしていたのかわからない。

ハンニバルが起き上がり、

「なんなのー、なにしてるのー、もぉ」とばかりにこちらを見て、
眉を上下に動かし始めるまで、ただそうしていた。


「おやすみ、ハンニバル。またあしたね」


DSCF5161



流れる時は、誰にもとめられない。



★ ★ ★



秋は誘いが多い。

引きこもりたかった週末、あらかじめ予定が入っていて、きっとよかった。


日曜日は、知人に誘われて、友人を伴ってBBQへ。

場所は、都心高層マンションの屋上@39階。

39階でBBQって、風で肉や野菜が飛んでいくんじゃ・・・と想像したものの
きちんと囲いがありました。


BBQ1




ここから見える景色。 空が近い。



DSCF5278



ハンニバルも連れてきたかったな、とつい思ってしまう。

景色なんてきっとわからないのにね。



DSCF5276DSCF5277




屋上に上がると、すでに男性陣が野菜を切り、準備を終えてくれていました。

何か手伝うことはないか、と聞くと、
「座ってシャンパンでも飲んでいて。」とのこと。

そんなに甘やかしていいのでしょうか・・・


やはり、どうにもこうにも、みな独身の男女。

BBQ3




屋上でBBQを終えた後は、階下の知人の家でゆっくり飲んだのだけれど

ここでわたしは、想定外の大失態をやらかしてしまいました。


この時点ですでに、シャンパン3本、ワイン2本、さらに日本酒が消費されていた。

BBQ4




ここ数日、家では、ひとり悲しんでばかりいたのが

こうして友達に会い、屋上で空を見上げて深呼吸を繰り返して
一緒にお酒を飲み、友達と過ごしている最中に、

感情の糸が突然にゆるんでしまったのだと思う。



それぞれの過ごし方。しばらく窓にもたれているのはドイツ人の男性。 
眼下に臨む景色に、何を想う?


DSCF5340




心のどこかに、ずっと留まっていたのだと思う。

ハッと気がついた時には、友達の前で涙があふれていた。


あふれる感情をとめられず、

お友達のワンコが突然の病気で亡くなってしまって
会いたいと言いながらも何もできずに逝ってしまったと、大泣きした。

友達はわたしの手を握り、慰め、肩を抱いてくれたけれど
涙はとまらくなってしまった。


それから、リォンリのことがあってあらためて考えていたこと−


もしハンニバルが病気になったら、今は仕事を長期で休めない、
毎日寄り添ってあげられないかもしれない。
仕事をしなければ、治療費だって払えないかもしれない。

わたししかいないのに寄り添ってやれないなんて、
こうしてひとりで犬を飼うなんて、
わたしはハンニバルに対して無責任なことをしてしまったんじゃないか。


そう言って涙はとまらず、友達はわたしの手を握り続けて

「大丈夫だよ、大丈夫だから」と言って、彼女も涙を流していた。



リォンリから贈られた洋服。 驚くほどぴったりだった。
DSCF5215




そして泣いたことで感情が昂ぶったのか、突然に激しい酔いが襲ってきて

嗚咽どころか、今度は嘔吐へ−(もちろんお手洗いで、ですが・・・)



そのあとは、トイレの立てこもり犯となりました。


友よ、ほんとにごめん・・・






土曜日には、ハンニバルの心の恋人からの誘いで、
近所で一緒にお昼ごはんを食べた。

この会合、ハニョと彼のふたりでもいいと思うんだけど・・・
まるでわたしは保護者的役割?


ハンニバルは自分のダーリンとでも思っているのか、顔がゆるみっぱなし。


おひさしぶりだねダーリン。
DSCF5249




わたしのほうへ来ては「えへへ・・・」とばかりに笑い、

今度は彼のほうへ行って、「てへへ・・・」と笑うのを繰り返すハンニバル。



こんな顔だって見せちゃうよ。えへへ、なのだ。
DSCF5250




食事のあいだに、見つめあうふたり・・・

わたしはもぐもぐ、食べてます。


会いたかったよ、と言っているのかな。
DSCF5251




ハンニバル、よかったね。


犬にだって、慰めが必要な時はあるよね。


そんなにうれしいの? いちいち報告しに来るような笑顔。
DSCF5253





週末の大泣き&シャンパン・ダウンのせいで頭は痛く、体はふらつき、

昨日は地球が自転をするのを肌で感じていました。 (=ようは単なる二日酔い?)


それでも、心は少しずつ元気になっています。


あんなふうに誰かの前で泣いたなんて、いつ以来だろう?

慰めを必要としないことが、数少ないわたしの自慢だったのに。


こうして回復していって、
またふたたび、慰めを必要としない自分に戻るのかな。


24時間慰めを必要としているのは、この犬。
DSCF5266




それでも、慰めあって人は生きていくんだろう。


言葉を交わしたり、一緒に泣いたり、寄り添って眠ったりして

ただ、そこに誰かがいることが慰めとなるんだろう。



ハンニバルの体温に、「ありがとう」と言った。


そうしたらハンニバルは、わたしと一緒に泣くかわりに

「チッコ」という名の大量の涙を、羽毛布団の上に流した。


えぇ、それがあたしの涙です。
DSCF5267




さすがだわ。


朝起きてすぐに悲鳴をあげ、朝から洗濯機を回して布団を干し、

悲しみを持ち越す暇などなかったよ。



ただの慰めでは終わらない、

しっかりオチをつけて手を焼かせてくれるのがあんた。



DSCF4474




少しずつ、一歩ずつ歩いていこう。

焦らなくても、急がなくても、速度を合わせて歩いていこう。


小さな出来事を積み重ねていくことによって、

わたし達は前へと進んでいけるんだよね。


これからも、たとえどんなことがあったとしても

慰めあえる存在がいることを喜ぼう。



『 神秘的な宇宙が苦しみを軸に回転するとは信じられない。
  
  不思議な美しさを持つ世界は、
  どこかで純粋な喜びに支えられているに違いない。  』

  
−L・ボーガン



   にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ  いつもありがとうございます。とても励みになっています。  

    
少しずつ少しずつ・・・進んでいけたらいいですね。
     辿り着く場所に何があるのかはわからなくても、それでも、前へ。


■リォンリ追悼記事 〜いつまでも腕の中で。

2008年10月20日

リォンリが発病してすぐの土曜日に
鎌倉の鶴岡八幡宮へ行って、リォンリのことを祈った。


免疫介在性溶血性貧血」という病気の中でも非常に重い症状を抱え、
9月26日から闘病生活を開始したリォンリ。

『日々、早々と』の中で、つらい中でも、
飼い主のめぇちゃんは闘病記を綴っていた。

わたしの大好きなブログ。
5月にめぇちゃんが初めてこのブログにコメントを書いてくれて
こちらからもお邪魔してから、欠かさずすべての記事を読んでいた。
過去の記事もすべて、何度でも読んだ。



憂うことなどひとつもないような鎌倉の晴れた空のしたで、
「今年いっぱいは、わたしには良いことはなくてもいいから、
 どうかリォンリを助けて」と
祈ったその日にその場所でひいたおみくじは大凶で

大凶だ!すでに運が奪われているのだから、きっとリォンリは大丈夫だ!

なんて、ガッツポーズの気分だった。


早速、意気揚々とめぇちゃんに報告した。
「大凶ひいてきたから、リォンリに恩恵がいくはず」なんて言って。

めぇちゃんは、大凶をひいたわたしを励ましてくれた。
励ますのは、わたしのほうなのに。
リォンリの重い命と比べたら、大凶を引くくらい、なんでもないんだよ。


元気なリォンリとめぇちゃん。
リォンリ抱擁2




闘病中のリォンリとめぇちゃんに何が贈れるか考えに考えて
わたしが心を込めて綴れるのは言葉しかないから
リォンリが主人公の犬のお話を作ろうと思った。

でもわたしの絵心は、「やえ、これあんぱんマンじゃないよ・・・」と
幼稚園児の甥っ子を愕然とさせるほどひどいものだから、
ハンニバルのちからを借りた。

めぇさんの気持ちになってリォンリに宛てたメッセージを
ハンニバルの写真に載せて、アルバムにして綴っていった。

そしてそれを不器用な本のようなかたちにして、贈った。


2008101009501220081009124112



リォンリのもとに、届いた。


リォンリ1




その内容を、できればブログでも公開しようと思った。
リォンリを応援する気持ちを込めて、本当は木曜日にUPするはずだった。

でもなぜかできなくて、リォンリの顔ばかりが浮かび、
ハンニバルを体に絡ませたまま、ただ一点を見つめていた。


その後、ここ最近の習慣となっていること、
また何度も何度もめぇちゃんのブログの過去記事を見続けた。


リォンリ抱擁



リォンリ、本当に可愛い。本当に、本当にどのリォンリも可愛い。
すねて泣くあなたの動画を何度も何十回も見たよ。

その後、めぇちゃんとリォンリから贈られた洋服を、ハンニバルに着せた。


結局木曜日の夜は記事は書かず、でも寝つけず、
その夜、夢にリォンリが出てきた。


リォンリはめぇさんと一緒に公園を走り回っていた。
ふたりとも笑顔で。いつかのリォンリみたいに。


リォンリ走る




会社へ向かいながらリォンリの顔が浮かび、まさかと思った。

空を見上げて、いや、まさかとふたたび思った。



そして、リォンリが逝ったことを知った。


めぇちゃんの腕の中で、

小さくて大きな、あたたかな命は空へと昇っていった。



リォンリの回復を願っている間ずっと、
リォンリを連れていかないで、と願っていた。
めぇちゃんの愛を奪わないでと。

でも、奪ったのでも奪われたのでもなく
リォンリは天に召されて
今、どこでもないめぇさんの傍らで、めぇちゃんを抱きしめているんだよね。

愛情は決して奪われない。誰にも、何からも。



闘病中のリォンリ。

リォンリ2



小さなからだで、どれだけ大変だっただろう。
自分の状態もわからず、どれだけ苦しかっただろう。
めぇちゃんが泣いている姿をただ見ることは、きっとつらかっただろう。


リォンリ、今はもう痛くも苦しくもないんだよね。


めぇちゃんの傍から、もう永遠に離れなくてもいいんだよね。



生きること、天に召されることについて考える。
子供のころからずっと考えてきたけれど、今あらためて考える。

自分の犬が同じ状態になったらと考える。
自分の家族が、もし愛する人が・・・と。


保護犬ばかり預かっていた実家で、
唯一飼ったポメラニアンのランが9年前に、空に昇っていった時、
あまりのつらさにどうにかなりそうで、どこにいても泣いていた。

何をしても涙が出た。
それは夏のことで、花火を見ても泣き、うなぎを食べてもまた泣いた。
海辺でも、泣き続けた。

でもおそらく一番つらかったのは、いつもランと一緒にいた父だった。
犬と一番心を通い合わせていた父だった。


しばらくすると、父はなんとかつらさから這い上がろうとするように、
ランに宛てて、たくさんの俳句や短歌を作りはじめた。
それをあの達筆で紙にしたため、家の壁に貼っていった。

それを見てわたしは、自分も同じように短歌を作り、父の家に通った。
泣きながら短歌を綴っては、父の元へと持っていった。


そうしてふたりで、会うたびに短歌を見せ合い、
それはよくできている、それは言葉が足りないと話し合った。

そんなふうにして、日一日と乗り越えようとした。
人にはそれぞれの乗り越え方があるのだと、はじめて学んだ。


父の紡ぐ言葉は、ランの思い出に満ち溢れて美しかった。
わたしの言葉よりも、ずっと、ずっと。


亡き犬に宛てた、父の短歌のひとつ。


朝夕な 歩みし道の 多かりし

幻の君 我に寄り添う



ランは姿が消えたあとも、父に寄り添っていた。

そして今でも、ランは、父とともに在る。



退院した時のリォンリ。
リォンリ4




リォンリ、あなたに会いたかった。


表情も、体の大きさも、まぬけなところも、臆病なところも、すねて泣くところも、
ハンニバルととてもよく似ているね。
めぇちゃんにも、「ハンちゃんとリォンリがかぶっちゃう」と言われて
いつしか特別な目で見ていたよ。

めぇちゃんとの共通の友人の方には、
「めぇさんとやえさんもよく似てるよ」と言われて

犬も飼い主も似ているだなんて、縁があるんだね、
絶対会おうねとめぇちゃんと話していたよ。


ビビリン同士のリォンリとハンニバルは
もしかしたらはじめて友達になれるんじゃないか、
ひょっとしたら恋人同士になるかもね、なんて、わたし達は笑っていたよ。


リォンリとハンニバル、おそろいの服。

リォンリお揃いハンコお揃い




発病寸前まで、笑っていたのに。


体温で確かめ合いたかった。



リォンリ。

いつか、いつかなんて言っていないで、
会いたい存在には、絶対に会いにいかなくちゃいけないんだね。

たとえ遠くたって、何処にいたって。



リォンリ。

空のうえの世界は広くて、青くて、ふかふかしているかな。

そこは痛みもなく、苦しみもなく、怖い存在もなくて

ただ思い出と記憶だけがあたたかく息づいているかな。



めぇちゃんが目を閉じれば、いつでもあなたに会えるかな。

めぇちゃんを包み込むように、魂はそばにいるのかな。


リォンリ3




このブログを通じてめぇさんにメッセージをお送りいただいた方、
わたしにまで励ましの言葉を下さった方に、お礼を申し上げます。

そして、リォンリのご冥福を心よりお祈りすると共に
めぇちゃんのもとに少しずつでも安らぎが戻ってきますよう、
お祈り申し上げます。


ハンニバルのまぬけ面を見に来た方々へ、
ハンニバルの写真がなくてごめんなさい。

あかるい記事を期待されてきた方へ、
泣き言を書いてしまってごめんなさい。

本当にごめんね。


ハンニバルも、飼い主が家で泣いてばかりいてごめんね・・・
hanko



次にはまたあかるい記事を書けるよう、努力しますので、
今日はどうかお許しください。



リォンリ。

ぬくもりもやさしさも、想い出も、その笑顔も、

いつまでも、めぇちゃんの腕のなかで。

いつまでも。


リォンリ抱擁3



読んでくださってありがとう。




Yae 12:57|Permalink││★talk to oneself 

■雨あがりの空に君の顔が浮かぶ。

2008年10月15日

今日、雨あがりの余韻が残る午前中の淡い空に
ぽっかりと君の顔が浮かんだ。

乾きかけたアスファルトを踏みながら
今朝まで一緒だったのに、なぜ今も顔が浮かぶのかなと考えた。

玄関で見送られてから、まだ二時間も経ってはいないのに。


PCのハードディスクがいっぱいになりそうだから
外付けハードを買う前に、ある程度写真を整理しようと、
ハンニバルがパピイの頃からの写真を見ていた。


去年の今ごろ、9月に軽井沢に旅行した時の写真が出てきた。

ホテルに宿泊できる月齢ぎりぎりの生後4ヶ月だったから、
ドキドキしていた。
でも実際は、生後4ヶ月ですでに6kgあったから、パピイに見られなくて
会う人会う人に「何歳ですか?」と訊かれていた。

あの頃は、そのことが少し寂しくもあった。


今こうして写真を見れば、表情はあどけなく、パピイらしさがあるけれど。

DSCF2771



今ではもう、とても着れないジャンバースカートが大きかった。

DSCF2842




抱き上げてラクに写真が撮れたのは、この頃が最後。

腕にすっぽりとはまる大きさだった。 飛びついても背が足りなかった。


今なら一年前のわたしに言える。

その腕の中の子は、不安どおり大きくなって、10kg超えるよ、

でも大丈夫、なんとかやってるからどんと構えなさいって。


こうして抱き上げる代わりに、一年後には抱きしめあっているからって。

かるいかるい2





今日の夕暮れ前、仕事で外出した。

オレンジに染まる前の、やわらかな光が注ぐ空に
ふたたび君の顔がぽっかりと浮かんで、

柄にもなく、早く君に逢いたくなった。


軽井沢のショッピングモールで。膝の上に乗せてもなお、振り返って顔を見る。
DSCF2823




家族と、心が通い合う友人に対しては
自分でも気味が悪いほどの深い愛情を注ぐけれど

異性に対しては、かなりあっさりしていると言われる。

それは、理解し合おうとする過程の愛情のもろさを知っていると共に
できるだけ自由な心の中で、相手を愛せたらと思うからゆえなんだけど、

自制心が効き過ぎる自覚の中で、

時々、どうしようもなく人を好きになることなどあるだろうかと思う。


ぺたんとした座り方。おすわりができないのかと、何度も不安になった。
DSCF2875




でも今日。 空に浮かんだ君の顔を心でなぞって、

いつか、こんなふうに


君を想うように

君を愛するように

誰かを愛せたらいいなと思った。




ただその存在を受け入れて感謝し、

惜しみなく、見返りなどを求めず、

与えているようで与えられているのだと自覚する愛情。

こうして空に君の顔を描くように、

ごく自然に浮かぶ愛情を注げたなら。



いつも顔をくっつけていたくて、正面を向いた写真はなかなか撮れなかった。
DSCF2844




間違っても、

君からわたしへの愛のように、

片時も離れず、いつも視線で追っていて
手が届かない場所に行けば泣き、
日に何度も抱擁と顔をくっつける仕草を求める、

そんな愛情を人間から送られたら
窒息してしまうけれど。




そんな愛情は君からだけでじゅうぶんだから、

おだやかにたゆたう愛情を注げたらいいな。



そして、今。一年でこんなに大きくなったね。

DSCF1022




夜が深くなるにつれ、空に瞬く星の数が増えていくように

朝の陽射しが、カーテンの隙間から少しずつ降り注ぐように

ふと気がつけば包まれている、そんなふうに


ゆるやかに、息を吸い込むように


愛することができたなら。



そしてその相手が

同じように君のことも愛してくれたら、どんなにか素晴らしいだろう。


仔犬の頃から変わらず、いつだって愛してほしいハンニバル。
DSCF1227



こんなふうに思わせてくれる君よ、今日もありがとう。



  にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   読んでくださってありがとう。大きな励みになっています。


Yae 21:03|Permalink││★talk to oneself 

■ドッグラン松戸でキャバ祭開催。

2008年10月14日

こんばんは!あめふりの夜は静かですね。

連休は千葉の家へ帰っていました。


父と、兄と、母に熱い抱擁をしてもらったハンチャコは
今も余韻に浸っています。


いっぱい抱っこされてきたにゃー
DSCF4872



楽しかった・・・にゃー・・・zzz   すぴー。
DSCF4871




先日、深夜に友人宅でいい歳をした男女(29歳〜33歳)みんなで
トランプの大富豪(大貧民?)をしていた時のこと。
(ハンニバルはトランプを食べようと、輪の中に顔を突っ込んでいた。)

集まった全員が独身ということに気がつき、
「こんなことできるのも独身だからだよね!」とわたしが言うと
ある男子がトランプを配りながら、冷静にこう言い放った。

「いや、こんなことばかりやってるから独身なんだろ。」


オーマイガッ。


あらやだ、今ごろ気づいたの?
DSCF4771

ハニョ、口のたるみが・・・



たしかに・・・独身を楽しんでいるというよりは、
これまでを楽しみすぎて、結果独身なのではないか?


友人のその言葉が夢に出てきて目が覚めた月曜日。

さらに、秋になったらデートでもすると友達には言っていたのに、
気がつけば、ハンニバル絡みの予定ばかりが詰まってきているこの頃。

「映画でもいかない?」という年頃の男子からの誘いには
「その週末は電車に乗らないって決めてる。」と平気でのたまうくせに

「ハニョと一緒に来ませんか?」という、会いたいお友達ワンコの誘いには
どうにかこうにか、都合をつけて行こうとしている2008秋。
すでに、10月・11月はほとんど週末が埋まりかけている・・・。


どうするつもりなんだ・・・。


どうもしなくていいか  (完全な開き直り)


ということで、今回の千葉帰省でも当然、ワンコ絡みの予定が・・・



ハッ。その前に、

プレゼント企画のプレゼントは、無事に当選された方のお手元に届きました。

マグネット・キーホルダーの他にも写真・クッキー等、役に立たないものを
一緒にお送りしました。


これです。ちゃんとヨダレつけておきました。
DSCF4884



ハンニバルはわたしが梱包している間中、
「見せて!貸して!さわらせて!」 (なんだかなつかしい表現)状態で・・・
何度も果敢に、奪おうとチャレンジを繰り返していました。

ブログを持っていらっしゃる、MEさんが 佐吉亭■犬と猫の日々■にて

niaさんが 「ひとりごと にて、記事にしてくださっています。

あんなものをご丁寧に・・・ ありがとうございました。


★ ★ ★



さぁ、ではふたたび、ワンコ絡みの記事に・・・

場所はドッグラン松戸


今回、秋のさわやかな午後を一緒に過ごしてくれたのは、
まずは、直にその姿に触れてみたかった、我らがシャビ!!&masaさん


シャビ、だよ。 油断してると目で殺すよ。
DSCF5008



可愛い、これがもう可愛くて・・・

「シャビ〜、シャビ〜」って、ハンニバルがしらけるくらいのやさしい声で
呼んじゃったよ。
初対面なのに、シャビ坊には何回もチュッチュされちゃった・・・ さすがだわ。


masaさんは、わたしと同じ立場の
「独身・犬使い」

もうひとりの貴重な「独身・犬使い」の
こてっちゃん&ルイくん と共に
遠くないうちに『独身徒党の会』をやろうと地味に盛り上がっています。

今回は一足先に、独り身で犬と暮らすことの悲哀を語り合ってもよかったんだけど
せっかく会えるなら、とついつい、他のお友達も誘ってしまいました


ということで、ワンコの集まりに初参加の、ハンニバルンの弟、
マロとたっくん。

まぶしい笑顔だね!
DSCF5045



ハンニバルと両親が同じ男の子、がしかし、大きさは違います・・・。

ドッグラン大好きで、ワンコも大好きで、走り回るアクティブさも違うね(^^


それから、もう何度も一緒に遊んで、すっかり勝手に
お友達(犬じゃなく、飼い主同士が・・・)気分の、 りんちゃん&れんちゃん。


りんちゃん。これでも少し太ったそうで・・・こんな小さいのに!

DSCF4998



れんちゃん。今回ドッグラン・デビューで尻尾ふりふりご挨拶ができていたね。

DSCF5017




連休で混んでいるといっても、これくらい。都心とは違ってのびのび。



DSCF5003



あ、ハニョ。 そこにいたんだ・・・。


ハニョ。動きません。走りません。ただじっと見てます。口元ユルませて。

DSCF5041



やっぱりキャバリアは集う みんな近くでワラワラと・・・。


DSCF5051DSCF5052



DSCF5018



ハニョ、さり気なくこっちをチラチラ見ない〜!

シャビくんやれんちゃんは、ここ以外にも冒険しに行っていたけどね。


甘えん坊のりんちゃん・れんちゃんはママンに抱っこをせがみ、
マロは大好きになっちゃったれんちゃんを誘いに行きます。


DSCF5036DSCF5031



ハニョは、『どれくらい重いか、確かめよう』ということで、
masaさんとりんちゃんのおとんが抱っこしてくれました。


「これは重い!これ背負って電車乗ってるの?」masaさん。

ぐふふ・・・そうなんです、超肩凝りでーす。

男性が抱っこすると、さすがに小さく・・・見えないか


DSCF5009DSCF5014



りんちゃんのおとんにふにふにされて、目がなくなりました。


DSCF5015



マロのいい笑顔


DSCF5048



masaさんの必殺マッサージを受けて、ハンニバルもようやくリラックス。
そんなに、犬より人が好きかい?

DSCF5043





いい時間になってきたので、
この後はすぐ近くにある、ドッグカフェ・ブブズポーに移動しました。

案内されたのはなんとお座敷で・・・なんとも不思議な落ち着き具合。


このカフェで・・・アンちゃん家も合流です もう何度会っているかな。

アンちゃんの、舌をくるんと巻いた顔が好きだなぁ。

DSCF5064



メニューを見て、「カツドン定食って、カツドンのほかに何がくるんだ?
まさかカツドンにごはんがついてくるわけじゃないよね。」 なんて

関西のノリを発揮しながら、しっかりごはんもいただきました。


れんちゃんは初めてのドッグランで体力を使い切ったのか、うとうと・・・
マロは熱い目で、向かい側かられんちゃんを見つめます。でもその後はうとうと。


DSCF5056DSCF5060




りんちゃんはおとんの膝の上をがっちりキープ。

DSCF5075



ビビリン・ハンチャコはテーブルの下に隠れてぼーっとしています。


DSCF5070




唯一元気だったのがシャビくんで・・・

おれ、まだいけるぜ。
DSCF5086


お利口だし、騒いだりもしないんだけど、全然寝る気配がない!
他のワンコがみんなうつらうつらしていても、ひとり尻尾ぶんぶん。
その体力はすごい・・・


そんなシャビくんを触ったり、膝に乗せたりしようものなら
とたんにこのうるさい犬が・・・

テーブルの下から鳴いて出てきます。


さわったでしょ、抱っこしたでしょ、あたしココにいるのに!
DSCF5058




ヤキモチなんて・・・と思うんだけど、ハンニバルは真剣です。

お互い、少しずつ自立しようね。


シャビくんにヤキモチを焼いていたくせに、さすがはキャバリア。

席の向こう側にごはんが来ようものなら、ふたりしてテーブルに顎をのせて
ごはんを狙う有様です(^^


DSCF5084



あげません。


みなさんありがとう

これだけ楽しいなら、独身でも全然OKでーす(涙)


   にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   いつもありがとうございます。とても励みになります。

  娘はじゅうぶん楽しんでいますが、父は未だ水谷豊似の彼氏を連れてくることを
  夢見ています。どこにいるのか、わたしが見てみたいよ!


↓↓≪UPし忘れの1枚≫

続きを読む

■スリムだと思っていました・・・

2008年10月09日

こんばんは。今日も秋晴れ!気持ちいいですね〜。


まずは写真をひとつ載せさせてください。
ブログを読んでくださっているチビンスキーさんからのご希望で、
プロフィール写真のハンニバルをいたく気に入って下さり、
携帯電話の待ち受け用にUPして欲しいとのこと・・・

やったこともないので勝手がわからないのですが、
こうして載せればいいでしょうか?サイズを変えたものの、大きすぎるかしら・・・
(保存できなかったら言ってくださいね。)

じろりー2



ハンニバルが飼い主を見上げているこの写真、とんでもないアホ面ですが、

チビンスキーさん曰く、このハンニバルの顔が

『バナナマンの日村さんが、貴乃花の子ども時代のマネをしてるのとダブる』

んだそうです。 大笑いさせていただきました。


貴乃花のマネどころか、わたしにはもはや、
ハンニバルの顔がバナナマンの日村さんにしか見えない。



今日の本題は、ちょっと驚いたこと・・・


うちのハンニバル将軍。(注;一応女子、思春期)


散歩中に声をかけてくれる人や、
キャバリアのお友達の飼い主さんには、よく
「ハンちゃんはスリムだね〜」 「大きいけど骨格は女の子だね」と
言われていました。


プラチナ通りを颯爽と・・・ではない、ぼちぼち歩く姿。
DSCF1382



よく言われるのが、

「でかいけど、長いけど、細い」


うん、わたしもそう思っていました。

うねるような長さ、でもわりと細いと。


いったいどこまで長さが続いてるのか・・・
写真から下半身が見切れるほど、長いうちでは大蛇と呼んでます。


DSCF1218




現在、昨日で1歳5ヶ月。体重は10.2〜10.4kg


ハンニバルがうちにやってきてからずっと、毎週体重を量っているのですが
今年の5月、1歳になる前後までは、
決まって体重は9.6〜9.8kgでした。


でも、1歳を超えて、6〜7月あたりから10kgを突破し、
体つきもますます大きくなったと言われ、10kgを下回ることはなくなりました。


それでも、これくらいがベストなのかな、と思っていたのです・・・が


思っていたけど、どうしたのー??
DSCF1142




二週間前の病院でワクチンを受け、皮膚の検査をした時のこと。


先生がハンニバルの体をいろいろと触り、
「うん、あばらも触れるし、背骨も触れるね。くびれもあるし」とうんうん頷いた後で、

やさしい女医さんは、笑顔でハンニバルに向かってこう言いました。


「ハンちゃん。少し体重を落とそうか。」


え、えぇ〜〜〜っ?!



んん??誰のはなしー?
DSCF1141




あばらも背骨も触れるのに・・・??くびれもあるけど・・・?
こう言われたのは、はじめてのことです。


先生が言うところによると、

骨格はもともと大きいし、決して太っているわけではないけれど
キャバリアは太りやすいし、将来的な病気の問題もあるため
今のうちに太らない習慣をつけたほうがいいので
もう少し痩せ気味のほうがいい、と。


ううむ、そうか・・・。


ごはんはずっと、ドッグフード+トッピング&スープに浸したもの。
散歩の量も変えていない。

でも確かに体重は以前よりは増えた。


これは今年の5月。

たしかに今よりも少し(500g分?)細いかも・・・


ハンコ




思い当たる原因はふたつある。


ひとつは避妊手術。

手術を受けても変わらない子はいるけれども、ハンニバルの場合は
あきらかに手術後から、食べたものが肉になるペースが速くなった。

たとえるなら、新陳代謝が悪くなったイメージ。
同じ量を食べて、同じ運動をしているのに、なぜか肉がつく。
あれ、こんなところに?と思ったところも、分厚くなる感じ。


もうひとつは、歩く量。

以前はふだんの散歩に加え、休日には、2〜4時間くらいかけて
のんびり一緒に街を歩いては休憩し、またゆっくり歩くという散歩をしてきた。

これは飼い主・犬ともに喜んでいたのだけれど・・・

てんかん発作の後にしばらく散歩制限がかかり、休日散歩は一時休止した。

様子を見ながら再開した散歩でも、
徒歩であまり遠くまで行くのが怖くなってしまった。
休日に遠くまで歩いて、そこで発作が起きたらと思うと不安になってしまうから。


もともとあまり走ったりしないので、
ふだんの散歩だけでは、足りないのかしら・・・などと思ったり。


体は長いし、頭も大きいの! でも脳みそは控えめ・・・
DSCF1195





動物病院のあとは、カフェへ寄った。


手帳に言われたことや普段のごはんなどをメモし、
どうするかな〜と考えた。

ごはんの量は減らしたくないので(適量)、ゆったり散歩+おやつを減らそう。


とりあえず、なんでも「書く」のだ!
DSCF4663




よ〜し、少しがんばるか。
(こういうのって、がんばるのは飼い主のほうだよね。)

と思って、ようやくリラックス。


ひと息ついて、シフォンケーキを食べたかったけど、ハンニバルが見てる・・・

しかも、隣の空席の椅子の下から。舌まで出して。


何か食べるの?見てましてよ・・・ぺろんちょ。
DSCF4666





店員のおねえさんを呼ぶと、椅子の下から這い出てきた。


期待しすぎですって!こっちを凝視しすぎ・・・


何かたのむんじゃなかろか・・・あたしの・・・あたしも・・・
DSCF4668




そしていよいよ、わたしが声を発すると・・・


「えーっと、シ、シフォン・・シフォン・・・」



シフォン・・・なにっ やえさん、はっきり言わなきゃ
DSCF4655



いきなり前へ出すぎでーす


「いえ、やっぱりいいです。すみません・・・。」

と謝って、頼まないことにしました。

ハンニバルにおやつを我慢させて、自分は横でシフォンケーキを食べるのは
少々気が咎める。


あ〜ぁ・・・

これはハンニバルと一緒に、飼い主もダイエットしなくちゃだわ。


ハンニバルよ、ともにゆくぞ・・・
DSCF4710




つい先日、皮膚チェックでふたたび動物病院へ。


体重チェックにドキドキ。


10日前の動物病院では、体重は10.4kg。 

今日は・・・  10kgジャスト!!


よかったー 10日で健康的に、−0.4kgは、なかなかいいのでは

と思ったのはぬか喜びで、先生これまたにこやかに、

「減ってますね でもハンちゃん、もう少しがんばろうね


え・・・もう少し・・・ですか。 ガックリ


のんびりいこうよー。
DSCF1189



地味に焦らず、夢の9kg台を目指します!

ごはんがおいしい秋なのにね。

でも貴乃花といい、バナナマンの日村といい、似てると言われる人は
やはりメタボ・・・?


   にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   いつもありがとうございます。とてもうれしいです。

    
きちんと管理していたつもりでも、そうとも言えないんですね〜。
    長さに惑わされちゃいけない、長いと痩せて見えるのね・・・。
  


■秋の犬連れシャンパン・ピクニック。

2008年10月07日

こんばんは。秋の宵が気持ちいいこの頃ですね。

前回の記事では、たくさんの名前札のご注文をいただいて感激したと
製作者のkettymamaさんよりお礼のご連絡をいただきました。

もし注文が重なったら、
kettymamaさんのゆっくりした秋の宵を邪魔してしまうのでは・・・と気になって
HPを載せていいか事前にお伺いしていたのですが
記事を読んで注文してくださったことを、とても喜んでいらっしゃいました。

kettymamaさんのお手元を少しだけ慌しくさせてしまいましたが、
届いた方々を、また新たに幸せな気持ちにしてくれると思います。

わたしからもありがとうございます



ゆったりした秋のつもりが、ここ最近は用事などが重なり、
PCの前に座る時間がなかなかとれずにいました。

お返事したくて気になっているmailも溜まっていくし、
お友達のブログにお邪魔する時間もなく、
自分の手書きの日記帳も滞ってしまって、少々意気消沈・・・

これはブログ存続の危機か?と少し考えてしまいました。
少しずつ更新が減って、フェイドアウトするのもいやだなぁ、とかね。


あたすの出番も、なくなるのだろうか・・・。どんより。
DSCF4730



日々を綴るやり方はいろいろあるけれど、

でも今はできる限り、ハンチャコとのゆるい生活を綴っていきたいので
読んでくださる方の息抜き程度におつきあいいただけたらうれしいです。



そう!アレルギー検査の結果が出ました。
友人や家族から疑われていたハンニバル・アレルギー(笑)は大丈夫でした
ご心配をおかけしましたが、とてもうれしかった・・・

犬の表皮もネコの毛も問題なし!
反応したのは、やはりアトピーの素因ともなるハウスダスト(微量でもダメみたい)
花粉症じゃないと思っていたのにスギ、
あとは食べ物のアレルギーがいくつか。

今は薬に頼っていて、症状もばらつきがあるため、
なるべく要因を減らしながら、根治を目指していきたいと思っています。
とにかく、犬が原因と言われないでよかった、よかった。



では今日の本題へ〜★ ★



秋はアルコールがおいしい季節です。
個人的には、秋に飲むお酒が一番好き。心安らぐ人たちとのひと時が。


週末は代々木公園でシャンパンを飲んでいました。

有志による、「シャンパン&サンドイッチ picnic」です。


ハンニバルも参加しました。シャンパンは飲めないけど、ものすごい笑顔でしょ?
DSCF4795




DSCF4823DSCF4796




それぞれがシャンパンを1本ずつ持ち寄ったので、
集まったシャンパンは数十本。

それを冷やして1本ずつ開け、みんなで少量ずつ、
たくさんのシャンパンを味わいました。

これも持ち寄ったサンドイッチを分け合ったり、具材が用意してあるので
その場で好きなものをパンに挟んで食べたり。
ゆで卵はひとり一個です(食べるの忘れた・・・)


フレンチ・ブル3頭も来ていました。ものすごく温和でお利口でした。
DSCF4800



ごく自然に、犬と人が解け合う風景。

DSCF4859



いつの間にか、背中に乗っちゃってるしね!


DSCF4860



友人に誘われて参加したのですが、集まった方々は
ほとんどが30代を中心に落ち着いた年代だったので、ゆるく、楽しく、気安く、
とても過ごしやすかったです。

みなさんハンニバルをとても可愛がってくださり
(名前がスゴイとは言われましたが、名前札のおかげで軽減?

ハンニバルはもう、うれしくてうれしくて、
人の顔を見上げてはるんたったでした。


みんなが触ってくれるよー!って言ってる? とろけすぎだろう・・・
DSCF4792




でもわたしがシャンパンを注ぎに行くだけで
「キャゥ〜〜〜ン!!」って鳴くんだけどね・・・

すぐ見える場所にいるのにさぁ・・・


どこいった あたすの飼い主のやろうはどこいったのーっ
DSCF4852




まぬけな顔であることには以前から変わりないのですが
最近のハンニバルの顔は、ますますゆるく、崩れ落ちそうな笑顔が多くなり、
「急に女の子らしくなったね。」と言われるようになりました。

耳の毛が少し伸びたせいもあると思うんだけど
確かに、以前にも増してやわらかい表情が増えました。

でも、アホ面のハンニバルが「女の子らしい」と言われるなんて・・・
なんだか少し寂しい! これも、成長の証なのかな。



ゆるゆると飲んで、エヘエヘと笑っていたら
あれ?少し先にキャバリアが見える。

友達も「なんだかちょっとハンニバルに似てるね」と言うので

気になって会釈したら、「ハンちゃんですよね?」と・・・


ろんぺい帳のロンバルディくんのお父さん、ろんちちさんでした。
奥さんのmayugeさんと、生後8ヶ月のペイジくんも一緒

とても仲良しのロンバルディくんとペイジくんのブログ、可愛いんですよ〜
はじめて会えたので、とってもうれしい!

ロンバルディくんとはでかキャバつながりです。
うん、男の子だから骨格もしっかりしているし、大きい!うれしいよ〜
ハンニバルと並んでも小さく見えない子なんて、そうそういませんから!

顔が真っ白でブチひとつないロンくん。
おだやかでビビリもせず、かといって離れもせず、とってもお利口だったなぁ。


せっかくロンくんが笑顔で見てくれてるのに、
ハンチャコは目を合わせられず、そのどんより対応はないと思うよ。

DSCF4807



興味があふれる盛りの、トライ・カラーのペイジくんが挨拶にくると、
ハンニバルはテンパって目を見開き、動けなくなったうえ・・・

わたしの膝の上に退散

しかもね、頭隠して尻隠さず。
頭をわたしの脇の下に突っ込んで、体を隠したつもりでいます。


ペイジくん参上 ハンニバルはひたすら目を合わせないように、アワワ・・・
DSCF4815DSCF4813



すでにシャンパンでほろ酔いだったわたしは、
ロンくんとペイジくんを「可愛い!可愛い〜!」と触るばかりで
写真はすべて友達が撮ってくれていました・・・

mayugeさん、ろんちちさん、酔っていてすみません。


飼い主が声をかけると、どちらも見上げて笑顔
DSCF4817



テンションがあがった(犬ではなく、飼い主の)ひと時でした。
よりお酒が気持ちよく回ったかも?(^^




ドッグランにもほんの少し行ってきました。

涼しい日だったので、たくさんのワンコが遊びに来ていました。


DSCF4847



がしか〜し・・・

うちのハニコはどこにいるかというと・・・


ザ・避難所。 切り株の上にて救出を待っています。得意の「困っちゃったなぁ笑い」
DSCF4844




わたしを見つけたと思ったら、「いた!」とばかりに、慌てて走ってきたんだけどね。


DSCF4846-2



その顔がまさに 『悲愴感』 あふれんばかりで・・・ アップにしてみます。


どこいってたの?あたし切り株にいたんだよ・・・
DSCF4846



ゴメンナサイ、少し離れたところから見て笑ってしまってたよ。


ハンニバルにとっては、自由に走ることよりも

よっぽど人に囲まれて笑っていることのほうが好きなのだと
あらためて実感しました。

ワンコが少なければ、こんなふうに楽しく遊べるんだけどね。



ピクニックの陣地に戻ったとたん、ほっとした顔に変わります。
ほんとうにわかりやすい性質(顔?)だなぁ。


やっぱりココがいいよね?
DSCF4853



夕暮れまで楽しみ、のんびりと家に帰りました。

人に囲まれてハンニバルが楽しそうだったから、わたしも良い午後になりました。


いっぱいさわってもらったよ。
DSCF4793



夏はたくさんの想い出ができる季節だけれど、

秋も楽しいことを見つけられるね。


   にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ    いつもありがとうございます。励みになります。

    秋のお酒は程よく染み入ります。酔いすぎに注意しなくてはいけないけれど(^^ 



■心のこもった名前札

2008年10月03日

こんばんは。

ただひたすら、些細な日常を書いているだけのこのブログですが
今日はめずらしく、グッズのご紹介をさせていただきます。

いやホント、毎週毎週宅急便がどっかり届くほど
ハンニバルのモノも買っているんですけどね、
紹介するほどの情熱もなく、時間もなくて・・・

つい日常のどうでもいいことばかり綴っちゃうこの体たらく!

でもグッズやフードについては、他の方々のブログで
役に立つことをたくさん書いていらっしゃるので・・・

わたしは、ハンニバルに欠かせないものだけを紹介させていただこう。


それがこの名前札です。

DSCF3342




ちなみにこちらとは別に「アドレスリング(迷子札)」もつけています。

首輪には上の名前札(裏面に電話番号入り)をつけ、

アドレスリングは下の写真のように、別の革ネックレスで装着しています。
(万が一迷子になった時、どちらか一方が破損・紛失しても、もう一方が残るため)


アドレスリングは表面に、ハンニバルの名前・わたしの名前・電話番号、
裏面は鑑札Noを刻印してもらっています。

31eaf298DSCF7238-2



もともと名前がいかついので(その名前をわたしがつけたのだけれど!
名前を聞かれて「ハンニバルといいます」と答えると
ほとんどの方は驚かれます。(失笑・苦笑・爆笑のどれか)
動物病院ではみんな一斉に振り向くしね!


少しでもやわらかい印象を持ってもらいたいなぁ、
そして気軽に呼んでもらいたいなぁと思っていたところ、
この名前札の存在を知りました。

それを知ったのは、まだわたしが里親になることについてあきらめきれずに
里親募集をしているブログをいろいろと見ていた頃・・・

一時預かりさんのもとで、新しい家族を探している子が
特徴のある可愛い名前札をつけているのを見たのがきっかけでした。

そして、その名前札は、作製されている方からの贈り物で
新しい家族が決まると、また新しい名前札をプレゼントされていると知って、
(裏には電話番号が入っているため、新しい電話番号のものを送られたそうで)

そんな方が作られた、心のこもった名前札をつけたいと思って
作製をお願いしました。



これが一代目の名前札。イチゴ型です。
本当は名前のみなのですが、「です」を追加してもらいました。


DSCF3598




これをつけるようになってから、
散歩で会ったり、カフェで隣り合わせになったりした方々が
「ハンニバルっていう名前なんだって!」と言ってくださるようになりました。


この名前札を作られているのはケティママさん。
ケティちゃんという名前のコーギーの女の子と暮らしています。

この初めての名前札からおつきあいが始まり、
この、心のこもった名前札をお友達にも送りたいと思い始めて、
仲良くなってくれたワンコや、ブログで知り合って遊んでくれた飼い主さんに
プレゼントをさせていただきました。

こちらの意向を上手に汲み取ってくださって、
いつも可愛い名前札を作ってくださるケティママさんには
感謝の気持ちでいっぱいです。


これまで、ブログの中での写真にはちょこちょこと名前札が映っているものの
恥ずかしさもあって、ブログの存在はお教えしていませんでした。

それが、ひょんなことから、ブログを見ていただくことがあり、
そこから今までよりさら心のこもったやりとりをさせていただくようになりました。
犬の話から始まって、読書の楽しさや人生の悲哀についてまで・・・

犬を通じて、こうして築かれていく関係の優しさと深さにはいつも驚きます。


左が現在の二代目名前札。右の初代は・・・ハンニバルが食べちゃった!
真ん中のアルミの名前札はお友達からの贈り物。


DSCF4098




ご存知のとおり、わたしはブログの中で、
ハンニバルをいろんな呼び名で呼んでいます。

ハンニバル、ハンコ、イタズラをした時にはハンコロジスタ容疑者、

ハニョ、ハンチャコ、ハニ、ハニコ、ハンコフ・・・etc


それを見ていたケティママさんが、つい先日、

「今度、ハンニバルちゃんの呼び名で名前札を作りませんか?」
と言って下さいました。

「沢山の呼び名があるワンちゃんは、
それだけ可愛がられているとお聞きした事があります」 と
ご連絡をいただき、とてもうれしかった。



そして、すべてお任せで作っていただいたのが、こちらの名前札です。


DSCF4099


(ワンコ同士がガウガウ遊びをしても怪我をしないように、
 金具は一切使われていません。 )




可愛くて、ぬくもりが伝わってくるような名前札。

うれしくて、何度も手にとってしまいました。



早速、首輪につけて、写真を撮ってケティママさんに送ろうとすると・・・

なんと、こういう写真を撮るのを嫌がるハニコが、超協力的


あたし、見えやすいように首をあげてるの。ちゃんと見えてる?
DSCF4110




「ハニコ、えらいね!ちゃんと見えるよ!」と褒めると、

ハニコ、さらにますます首を、上げられるだけぐぐっと上げました


撮るならたくさん撮りなさい
DSCF4114



目を細めて、口元を引き締めてまであげてくれなくてもイイヨ・・



完全な手作りの、ひとつだけの名前札を製作されているケティママさんの
HPはこちらです。

名前札のページはこちら


作製するのにお時間も手間もかかるのに、
利益なんてあるのだろうか・・・と思ってしまうお値段なので、
ブログに載せていいのかと迷っていたのですが、快諾していただきました。

もしオーダーする方がいらっしゃいましたら、あらかじめ、
依頼されてから届くまでに二週間程度のお時間を見ていただき、
ゆっくり楽しみにお待ちくださいね


食べながら待つのだー
DSCF2593




週末の日曜日はまた代々木公園に行ってきます。

この二週間で3回目です。この季節の公園は気持ちいいですよね。

友人に誘われて、「シャンパン&サンドイッチのpicnic」に参加するのですが
ワンコ大歓迎、とのことなので、うちの大関も参加します。

かなりの大人数のようなので、人大好きハンニバルはきっと喜ぶだろうな。


先週の代々木公園にて。
DSCF4519




緑の多い公園にいると、犬までも呼吸を楽しんでいるみたい。



にちようびも行くの!もちろん、サンドイッチをねらうの・・・
DSCF4530




この名前札をつけて行こうね。そしたらまた、名前を呼んでもらえるね。

名前を呼ばれたハンニバルは、喜んで振り向きます。


みなさんも、秋を感じられる、よい週末をお過ごしくださいね!



   にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ   いつもありがとうございます。とてもうれしいです。
   
    
いつの間にか10月になってしまいましたね。今年も残りあと3ヶ月。
    なにができるだろう?なんでもできるかも!