2007年02月22日

灰汁抜け

 政策金利の値上げが悪材料で、例え相場が、一時的に下がっても良いから、早く決めて欲しいと思っていました。今日はやはり不透明感が無くなり、いわゆる灰汁(あく)抜けで、日経平均が200円程上げて18.000円台に乗せました。

 個別には、もういい所まで来ているような株もあるようです。例えば、「三井不動産」などは去年(06)の2.105円を底に今日の3.490円まで、65%の値上りです。地味な不動産株でこの成果です。本当に儲ける人と云うのは、「泰然自若」「動かざること山の如く」の様な人なんでしょうなあ。

 黙って、これだけ抱いて寝ていれば,1.000株で1.300.000円の儲けになります。実際にはなかなか出来ない相談ですが,,,,。
目先の欲に右顧左眄し過ぎるのも、良くないと云うのは、自覚しているつもりなのですがねえ...。

 金利が上がれば、建設業界の様なセクトは、マイナスに作用して駄目かと思っていた所、今日は逆に上がっています。分からないものです。

 きのう、友人にエールを送った「三菱重工」が上がるかと見ていたのですが、これは、もたついています。これを、一息入れていると見るか、目先天井か?、私は一息入れていると見ていますが...どんなものでしょうか?。

 オプトは相変わらず、荒い値動きです。しかし、反転の兆しも見え、明日が少し楽しみです。せっかちな期待をしない様に、とは思っているのですが、どうしても、安全地帯に早く入りたいと云う思いが出て、仕方がありません。

 来月の中頃です。大腸がんの検査の日が近づいてきました。恐がりで、神経質なものですから、今から気が重く、出来る事なら止めたいと思っています。ですが、今回(三年経過)で一応終わりと聞いていますので頑張ろうとは思っております。

 前回も麻酔をかけて貰い、検査を受けましたので、次回も麻酔をしてもらう様に頼んであります。その事を近所の掛かり付けのお医者さんに報告しますと....。

 「麻酔をして検査をすると、もし腸に傷を付けられても、本人には分からず、後でトラブルになる事もあるので、出来れば麻酔無しでやった方が良いだろう」との忠告です。

 病院の覚書にも、内視鏡検査の危険性について書いてはありましたが、まさか、腸を突き破る事などあるまいと思っていますので、軽く考えていました。掛かり付けのお医者さんから、そう云われるとなんだか、余計に不安になって来ました。

内視鏡 優れものでも 医者による
藪医者は 外から見ても 分からない 
藪医者は 内視鏡でも 分からない

hannifusawo at 11:52│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by firefly   2007年02月22日 21:51
持病と言う訳ではないが、病気の経験があると、たまに心細い気持ちになる時がある。

半ちゃんはもう手術も終わっていて、大丈夫だけど、お互い歳には勝てないので、十分手は尽くして下さいよ。

長生きすれば、楽しいことも有りそうだから、期待して頑張りましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔