こんばんにゃーす、松井です。

いきなりですが、要件から申しあげます。


速報!!!
次回公演決定!!!!

 

子供の時間_チラシ最終_ページ_1

子供の時間_チラシ最終_ページ_2



劇団ハンニャーズプロデュース公演

子供の時間


原作:リリアン・ヘルマン

翻訳:小田島雄志
 
 

演出:黒澤 世莉



出演: 

近藤 聡実(劇団ハンニャーズ )

熊倉 静(劇団カタコンベ)

小林 葉月(舞衆一ノ太刀)

高田 遼太郎(舞衆一ノ太刀)

山田 亜矢子(WARP)

夏季 さわ(フリー)

寳剱 よし乃(舞衆一ノ太刀)

カタヤマ のぞみ(劇団ハンニャーズ )

松井 里美(劇団ハンニャーズ )

菅沢 赤士(劇団NEWSTAGE)


市井 優(プロジェクトB@ZANTO)

井熊 未来(劇団ゆきぐに)


※一部タブルキャストの予定です。詳細は後日発表。 
 

日程:

 10月

 30日(土) 20:00~

 31日(日) 14:00~☆

 11月

 2日(火) 21:00~

 3日(水祝) 14:00~☆

 5日(金) 21:00~

 6日(土) 20:00~

 7日(日) 14:00~


終演後にアフタートークあり(オンライン配信予定)


料金:

前売一般:¥3,000

前売高校生以下:¥1,000

※当日各300円増

 
 

場所:月潟稽古場(新潟市南区大別當949-1)



あらすじ:

1930年代。アメリカ マサチューセッツ州。私立の女子寄宿学校。

個性的な女子生徒たちで教室は賑わっている。この学校は大学時代同級生だったカレンとマーサの2人が設立、経営している。経営は好調で、医師ジョーと婚約関係にあったカレンもようやく結婚に踏み切ることを決める。学校の有力な後援者・ティルフォード夫人の孫娘・メアリーもこの学校の生徒である。ある日メアリーはカレンにとある嘘を咎められ、外出を禁止される。この事を恨みに思った彼女は、学校を抜け出し、ティルフォード夫人の元へ不平を言いに行くが、その一言一言が、血の気が引く事態を招いていく。





チケット発売開始は、2021年10月3日


コリッチの予約ページはこちら↓

 




エエーーー今月末から!?急すぎる~~~~!!!

スクリーンショット 2021-09-30 21.19.35 ©︎ゆかこうし



そうですね、すみません。

ここまで来るまでに沢山の紆余曲折をしまして、本日までに至りました。


企画自体は夏から動いておりました。

オンライン稽古で細々と台本の読み合わせをしておりました。

スクリーンショット 2021-08-06 21.53.27



ただ8月下旬に入り、コロナ禍による周りの公演中止、感染が収まらない中で不安が収まるはずもなく。

それに拍車をかけて進まない助成金申請。それでもやるか否か。


まあ、揉めないわけもなく。
 

スクリーンショット 2021-09-30 21.21.36



たくさん話して、いろんな人に気持ちを聞いて、それでも消えない不安に揉むに揉み揉まれて、どこを向いても壁が立ちはだかってくる。


「もうやめとこうよ」と何度も思って、それでも 今しかできないことだから諦めたくない気持ちもあって。
捩じり切れるのではないかと思うくらい紆余曲折しながらプランを練り直して。

話して、話して、話して、

スクリーンショット 2021-09-30 21.28.19スクリーンショット 2021-09-30 21.28.19スクリーンショット 2021-09-30 21.28.19

ねじ切れるくらい話して、首の皮一枚みたいに残ったものは、それでも「やりたい」と思ってくれる人たちでした。
この「やりたい」を大事にすることにしました。


感染者が出れば、もちろん中止しないといけないし、
助成金は出ないかもしれないし、不安は尽きませんが、
それでも公演開催の可能性がある限り進み続けることにしました。


世莉さんをはじめ、参加してくれる座組の皆さんBIG感謝。
 
一人一人、抱えるものはあると思います。
不安はなかったことにはせず、小さな不安も共有しながら、みんなで作品を作っていきます。
 

だから、観にきてください。
どんな結果だって受け入れる覚悟をした俺らは強いです。

さ!そうと決まれば感染対策ガッチリして世莉さんを呼んで上演時間3時間の舞台をこれから本格的に稽古して1か月足らずで作っていっちゃうぞ〜(ここまで一息)

スクリーンショット 2021-09-30 21.22.42


今回のチラシはお馴染み加藤優里さんのデザインです!
それに加えて、今回は劇団カタコンベの小山恭平さんにチラシ撮影にご協力いただきました。
擬音の多いふわ〜んとした指示しか出ないぽわぽわアートディレクター(俺)の要望を的確&迅速に読み解き動いてくださり、お二人なくてはやってけなかったです。BIGBIG感謝・・・




写真撮影は役者にも協力してもらい、いいお天気の中で稽古場周りで行いました!
チラシ撮影も当初予定していた撮影場所は新型コロナウィルスによる特別警報で閉鎖となり使えず。
「ならば稽古場前の黄金色の稲をバックに撮るぞ〜〜〜」と息込んだら、撮影前日に大事な稽古場の前だけ稲が刈り取られていました。農家の陰謀かもしれません。

でも、まあ、なんとか別の稲がある場所で役者同士で写真を撮り合いまして、
それをチラシにふんだんに使いました。

LINE_ALBUM_211001_6


学校が舞台のお話なのでみんなに「お前らは13歳だ。なんと言おうと13歳だ。」と呪いをかけながら撮りました。


13歳
LINE_ALBUM_211001_3_0



13歳
LINE_ALBUM_211001_0_0



13歳
LINE_ALBUM_211001_5



13歳です
LINE_ALBUM_211001_0



いや、別に13歳の話ではないんですが、童心に帰って遊んでもらいました。
この楽しい感じがいい感じに舞台に作用してくれることを願ってます。
LINE_ALBUM_211001_2


沢山撮りました・・・
スクリーンショット 2021-09-13 22.09.26





世莉さんと合流するまでの間、役者たちは積極的に自主稽古に励んでいます。
IMG_0072

LINE_ALBUM_211001_1_1

てか、キャスト豪華じゃないですか!?
昨年からの黒澤世莉WSに参加し続けてきたメンバーを始め、
期待のNEWフェイス、みんな知ってる実力派のあの人この人がいっぱいいます。
ワークショップにビビって参加しなかったくせにひょっこり公演は参加している奴(俺)もいます。


怒涛だけど濃密な時間がいよいよ始まります。
ようやく現地稽古できるのは、不安はあれどもやっぱり楽しみですね!

本番までどれだけ日誌を更新できるかわかりませんが、SNSなどでも稽古の様子はお届けしていきます。
お楽しみに!!!!


それではまた!
ぴょん

LINE_ALBUM_211001_1_0