レストランバーのマスター日記

松山市の繁華街で、小さなレストランバーを経営しているマスターの、日々の戯言。

第19回俳句甲子園

今年もやってまいりました、俳句甲子園!


この大会も今回で第19回。
「松山で毎年全国大会が開催される唯一の大会」として、だいぶ知名度も上がってきました。

僕も俳句甲子園に関わらせてもらってはや13年。なが!




image

まずは、全国から集まってきた選手達・引率の先生・審査員の先生・スポンサー企業の方々が一堂に会して「ウエルカムパーティー」。


料理を楽しみながら、各チーム壇上に上がって自己紹介&翌日の組み合わせ抽選。





image

注目の組み合わせが決まるたびに、おおお〜〜と歓声があがります。

懇親を深めながら、早くもバチバチ火花が散ってます。明日が楽しみ!




image

・・・と言いながら、抽選会の後すぐ仕事→深夜まで働く→お店で仮眠→睡眠時間1時間→早朝に起きて会場に集合。

てことで、フラフラになりながら大街道へ。最後まで立っていられるのだろうか・・・?





image

A〜L、12会場に分かれて熱い「言葉のバトル」開始!
わたしはC会場の責任者として「眠気とバトル」しながら職務を全うしました!なんつて。





image

「それでは判定!」の掛け声とともに、旗を挙げる審査員の先生方。
勝敗が決まる度に歓声があがります。



さて翌日。




image

場所は変わって、この日の舞台はコミュニティセンター。
前日に勝ち抜けた3チーム+敗者復活戦で選ばれた1チームの計4チームが、準決勝・決勝を戦います。



そして今年は初の試みとして、キャメリアホール内で観戦できるのはもちろん、コミセンに入ったロビーでもパブリックビューイングで試合が観れるようになりました。



そして会場の外、コミセン前広場には・・・



image

ウチの店が出店!!


他にも三津浜焼やらから揚げやらカレーやら、美味しそうな屋台がたくさん!
実は、月に2回やってる「きまぐれ市」の飲食店とコラボしてお店を出してもらい、俳句甲子園をもっと面白いものにしよう、というこれまた初の試みなのです。



ウチもお声が掛かって出店したんですけどね。



お陰さまで完売しました。



感謝。



ただ・・・・・



冷たいフォーと生春巻「セットで800円」と書いてますけど



ホントは



900円予定だったんですよね。書き間違えた!!!涙

まあええか。がんばってる選手達も買いに来てくれたし。今回は大盤振る舞いしときましょ(苦笑)。

image




優勝したのは毎度おなじみ開成高校Aチーム(東京)。
またか、の結果ですが、やはり俳句とディベートのレベルが他を圧倒してるそうです。僕は俳句のことはまったく分かりませんが、とある審査員の方が言ってたので、そうなんでしょうね。



そんな中、俳句をまったくやらない僕が一番心に残った句は・・・




利口な睾丸を揺さぶれど桜桃忌      東京家政学院高等学校




女子高生が「睾丸」とは。
しかもこの句で開成Bに勝って決勝に駒を進めた東京家政学院・・・おみそれしました。

そんなこんなで俳句好きな人も、俳句を知らない人も楽しめる「俳句甲子園」、無事終了。




麺、変えました

屋台で「冷たいフォー」を出すことを決め、いろいろ試行錯誤してきたこの数週間。


実は前からずーーーっと何気に気になってたことに手を付けてみました。
それは・・・・・




麺の太さ。




フォーっていわゆる平麺なんですけど、ウチのフォーは松山産米の米粉を使ってます(2016・8・18現在)。
本場ベトナムはインディカ米ですけど、ウチはうるち米。なので本来のフォーよりちょいモチッとするんですね。


この「モチ」とフォー特有の「ツルン」が両立できんもんかね?と前から思ってまして。
てことで思い切ってちょいと細〜〜くしてみました!(オカネもかかるのだ!涙)




結果。



image

やってよかった・・・。



前よりツルリとした喉越しになりました(写真は麺が見えるようトッピング少なめ)。
冷たいフォーだけじゃなくて、通常のフォーもこちらの方が合います。

というワケでまたひとつ進化。

「変わり続ける美学」。これからも追求していきます押忍。




松山まつり2016

8月12(金)・13(土)・14(日)の三日間「松山まつり」が開催されました。
当然ウチの店も出店!




image

今年は3日間とも快晴。雨降る気配まったくなし!おかげで暑い!汗




image

品揃えはこんな感じ。

しかし「辛いさつま揚げ」と銘打ったトートマンプラーは、味に納得がいかなかったため途中でメニューから外しました。
大量に仕込んだのでもったいないんですけど、良くないの分かってて売りたくないもんで・・・責任は自分。反省して次へ繋げます。




しかし




暑い!!!ε(;´Д`)



テント内で熱中症になりそうなくらい暑いっす。
現に、朝から屋台営業が終わる21:30すぎまで1回もトイレ行かんかったもんね。全身から水分が抜けていく(笑)!




しかも




テント裏でちょっと休憩しようと思っても・・・




ウチのテントのとこだけ・・・



image

バリバリ直射日光!!ww


他のブースは快適な木陰なのに〜。なんの仕打ちや(苦笑)。




決めた。




来年はぜったい業務用扇風機買いますキリッ




image

そんなこんなで、今回の渾身のメニュー「冷たいフォー」。

前の日記にも書きましたけど、本来ベトナムにはない料理です。
暑い時にキンキンに冷やしたものを食べる、というのは、綺麗で冷たい水の出る井戸が多くて、しかもいち早く冷蔵庫が普及した日本ならではの食べ方。

世界的にもあまり見ることのない食べ方なのです。
なのでこれは「とっても日本的なフォー」てことになりますね。


ならば、てことで実はこの冷たいフォー、鳥取県産まぐろ魚醤を使っております。


本来、ヌクマムやナンプラー、しょっつるとかの魚醤は「魚と塩」だけで発酵させていくんですけど、今回のまぐろ魚醤は「醤油麹」を使って発酵させてます。
なので風味が醤油に近いので日本人好み、冷たい料理に使っても魚臭くないのが特徴。

冷たいフォーにはぜったいこの魚醤が向いてる、と思ってやってみたらドンピシャ!
「想像通りに味が決まる」ってのは快感ですなあ〜。




さて今回の「松山まつり」。踊りの方も盛り上がっておりました。




image

知り合いが多数参加してる「天晴椿連(あっぱれつばきれん)」の踊りだけ唯一見れました。カッコエエですね。


ちなみに我が「一番町珍走団」メンバーのERIちんはこの連のメンバーでもあるんですけど、8/14(日)付けの愛媛新聞にカラー写真で踊ってるとこが載ってます!みんな見たげてね。




そして我が屋台も




image

その珍走団メンバーが手伝ってくれたり、いろんな方々に協力していただきました。
感謝感激雨霰!




image

そして最後は花火でフィナーレ。
松山城と花火のコントラストが感動的でした。



というわけで、本来のお店も営業しながら、両方の仕込みもしながら、様々なトラブルに見舞われながら、うだるような暑さに襲われながら、なんとか乗り越えた3日間。

終わってみればすべていい思い出。すべて経験値アップ。
楽しゅうございました。





※来年は扇風機!笑



松山まつり出店決定

ご報告。


今年も「松山まつり」に出店が決定しましたー!
日程は8月12(金)〜14(日)。


この夏も松山・堀之内がアツくなりそうです。みんな来てね。




image

というワケで、松山まつりで出す予定の「冷たいフォー」の試作が続いております。


冷たいフォーなんてベトナムにあんの?と聞かれますが、本場にはありません(笑)。
というかベトナムには冷たーくして食べるという習慣はないようです。せいぜい常温。


なのでこの冷たいフォー、完全にウチの「遊びメニュー」です。
普段はお店で「極力現地の味を再現する」という努力をしてますが、こういうイベントごとではちょっと遊んでもいいかなーーーと。これもリフレッシュ!



・・と、やたら「遊び」を強調してますが、ウチのお店の看板を掲げる以上、いっっっさい妥協はしません。
去年もこのイベントで冷たいフォーを出しましたけど、大幅に変える予定。

「コレ!」と味が決まったら、また報告します〜。




国産インディカ米が手に入る時代になりました

ウチの店のお米ですが・・・。



今まではタイ産の香り米、いわゆる「ジャスミンライス」を使ってました。
これが今日本に入ってきてるインディカ米では味・香り共に一番いいかなーと思いまして。


昔、日本でインディカ米は栽培できんのか?できたら国産米やん!と思い立ち、いろいろ調べたことがあるんですけど・・・

日本ではインディカ米は「外来種」という扱いのため、農作物としての栽培&販売は禁じられてるんだそうです。





しかし・・・・・・・




ついに




ついに





image


国産インディカ米ゲーーーッツ!!



お店をオープンさせた17年前はインディカ米なんぞ国内には(少なくとも愛媛には)存在せず、仕方なく日本のうるち米を使ってて、2003年あたりからやっと入手できるようになったのを覚えてます。

それがまさかこんな時代が来るとは!涙が止まらん!笑



厳密に言うと、インドの「バスマティ」というインディカ米と日本のうるち米を掛け合わせた品種で、日本の気候でも(そして法的にも)栽培できる長粒米なのだそうです。
しかもこのプリンセスサリー、農薬や化学肥料を使わない「有機栽培」。ええとこだらけです。



さっそく試食。



image


なぜか卵かけご飯&イカの塩辛。めっちゃ「和」ww




image

KAYOKOも美味しい!と太鼓判です。

「いやーやっぱし卵かけご飯に塩辛のせはええね」。いや、お米・・・・・まあええか。



値段はとてつもなくお高いですが(汗)、ウチの店のお米関係は

★お米=国産有機インディカ米
★米粉=松山産米を製粉した米粉

・・・という、ますます「出所のはっきりしたもの」になります。


そして今は「国産」ですが、廣川農園さんが今年から東温市で栽培開始。うまくいけば来年からは「愛媛産インディカ米」になる予定!感涙・・・。



いい食材に負けぬよう、自分も腕磨きます押忍。




そうだ、神社いこう

わたし自身、特に偏った宗教観があるワケでもないし、特定の何かを信じて何かを排除しようとする思想も基本ありません。



実にフラット!笑



オバケは見たことないけど心のどこかで「おるかもしれん」と思ってるし、超能力も使えんけど「何かのきっかけでスプーン曲げれるかも」と思ってる、ごくごく普通の(?)おっさんです。



そんな普通のおっさんが最近はまってる本







image

いやーおもしろい!

「科学者」はいいとして「霊能者」というところに若干の胡散臭さはありますが(笑)、書いてることは実際にあった出来事をを多用してて、引き込まれます。



子供の頃から石鎚神社とか行ってたし、ここ数年龍王神社の春の大祭に通ってるし、去年は初めて出雲大社デビューもしたので、参拝するのがもっと楽しくなったらええやん、ていう軽いノリで買った本なんですけど、

さっそく神社に行きたくなってきた(笑)。



この本に書いてある「お願いする時のちょっとしたコツ」とかを守りながら、楽しく参拝したいもんです。



当然お願いするのは商売繁盛!拝みまくります(笑)。



学校でキャンプ!2016

ウチの子供が通う小学校の「おやじの会」は、1年を通していろんなイベントを主催してます。
すべて、地元の子供達に
楽しんでもらうためのイベントです。


その中でも、規模・気合い共におやじの会一番のイベントなのが・・・




「学校でキャンプ」!なのですよ。




毎年夏休み最初の土日に開催される学校でキャンプ。今年もこの土日で行われました。

今年も多数の参加申し込みがあり、保護者の方(3年生以下は保護者同伴が規則)・PTA・おやじの会メンバーも含めた総数はなんと約550名!すごいね〜。


昼間は、起震車や消防車を呼んで防災研修したり、学校の避難器具を実際に体験してみたり、実際に身体で体験しながら防災を学ぶのがメインです。

そしてもひとつ、子供達に大人気の「学校でキャンプ」内イベントが・・・



image

運動場にダンボールで基地を作って夜はそこに泊まる!てやーつ(5・6年生のみ)。


他の学年・保護者の方はみんな体育館で寝てもらうので、5・6年以外の子供達には「憧れのイベント」なのです!

ダンボール基地も年々クオリティアップしております。



image

がんこおやじの会(お子さんが既に小学校を卒業されてるおやじの会OB)も毎年恒例のかき氷配りまくり!でバックアップしてくれます。感謝。



そしてわたしの役目は・・・



職業柄というか



今までの(遊びの)実績を買われて、というか




image

550人分の「おやじカレー」作成!


市販のルーなんか使わんぞ〜。全部手作りやぞ〜。
もう僕もだいぶ大量仕込みの経験積んできましたからね。イベントや災害時の炊き出しは任せてください。なんつて。




image

夜には、毎年大好評?の「校舎内でお化け屋敷」や運動場で「キャンプファイヤー」、久万高原天体観測館からスタッフさんをお呼びしての「天体観測」などなど、夏の思い出になるであろう遊びが目白押し!



この一泊二日のイベントが、子供達の夏の思い出になることを願いつつ、途中で抜けてそそくさと仕事に向かうのでした。


これもわたしの夏の思い出(涙)。



おすすめメニューが夏仕様に

梅雨明け宣言も出て、本格的に夏でございます!



・・・・・暑い・・・・・。



仕事終わって帰る深夜はいいんですよ。まだ若干涼しいですから。
出勤時間(PM3時頃)に買い出しした荷物を大量に積んでチャリ漕ぐのって、この時期確実に拷問ですね♪

♪=半ばヤケクソ(笑)。




しかし!

夏だから旨いものもあるワケで!

今だから、否、今しか堪能できない!



image

広島産ムール貝


ムール貝は夏が旬です。身もプリップリ。
これ食べたら冷凍のムール貝っていったいなんなん!?と感じます確実に。


なんか先日、テレビの「満天☆青空レストラン」でこの広島産ムール貝が特集されたようで。
ウチに来ていただいたお客さんが「テレビで観た翌日に食べれるなんて!!」と感激されておりました。わたしも嬉しゅうございます。


そんな感じで俄然脚光を浴びてる感のある「広島産ムール貝」、当店では5年くらい前から取り扱ってるんですけど(ちょい自慢:笑)、今回はなんと


.戰肇淵狹租・ねぎ油風味
当店オリジナル・パクチーバター


の二本立てでお届けします!ご注文の時どちらかチョイスしてね。



夏限定、身が小さくなったら即メニューから外す予定の「広島産ムール貝」。
自信を持っておすすめします〜。




おすすめメニューが夏仕様に

どんどん夏化していきますウチの店。


夏はなんといっても野菜が美味しくなる季節(自分調べ)!
今野菜食べないでいつ食べるの?ってことで・・・



image

空心菜の炒めもの。久しぶりにメニューに入れちゃいました。


ご存知「ベトナムやタイに行くと100%食べることになる」ド定番の料理ですね。めちゃくちゃ旨い。
実際ウチのお店でも問い合わせ多数でした。
でも実は、去年は一度もメニューに載せなかったんです。

なんでかってゆーと、空心菜って炒めたあと変色が早いんです。お客さんに出して10分しないくらいで黒ーくなっちゃう。

空心菜に含まれる鉄分が、空気に触れて酸化するための変色だそうで。
それだけ栄養価が高い野菜の証明でもあるワケですけどね。

やっぱし見た目おいしくなさそうになっちゃうと最後の方は誰も食べようとしない→ちょっと残って戻ってくる、というパターンが多かったので、出すのやめたんです。


しかし今年はやります!


早めにお召し上がりください★という一言を添えて(笑)。




包丁姉さんハッピーバースデー

ウチの店の“包丁姉さん”KAYOKOが、先日誕生日を迎えました。




いくつになったかは本人のプライバシーもあるので公表しませんが




バカボンのパパと同い年になりました!ゆーてしもた。めんご。



というワケで、わたし&スタッフちゃんから渾身の誕生日プレゼント!



image

mont-bellのサンダル。
とっても履きやすいと評判のアレです。デザインもキャワイイし、普段使い→東南アジア旅行まで幅広くこなしそう、てことでコレに。


しかしKAYOKOのネイル、スゴイです。
ベトナムの国旗。ウチの店の「17周年」。なんという愛社精神!もー仕事中いびられても文句言いません(笑)!


そしてもいっちょ。



image

スーツケース。
色がKAYOKOっぽいです。これなら空港の荷物受け取りの際に発見しやすいですね間違いなく。

要するに、このサンダル履いてスーツケース持ってガンガン旅行いっていいよ、というメッセージです。
僕が最近東南アジアに行けてないので、KAYOKOは行きたくてもなんか気が引ける〜な感じのようで。


おいきなさい(`・ω・´)(スカイハイ風に)。



その他お客さんから花束やらケーキやら美味しそうなさくらんぼやら、戴きもの多数。ウラヤマシイ。



image

これまた誕プレでお客さんから戴いたメダカちゃん2匹。
お店の入り口にある、チャッキー(金魚)のいる水鉢に入れてやりました。



image

これで水鉢がだいぶ賑やかになりました。仲良くしてくれるといいんですけどね。
そんなこんなで、KAYOKOの人気ぶりが伺える一日でございました。おめでとさん。




月別日記
  • ライブドアブログ