レストランバーのマスター日記

松山市の繁華街で、小さなレストランバーを経営しているマスターの、日々の戯言。

ちょいと息抜き

ずーーっとバタバタが続いております。

忙しいのは有難いことですが、要領が悪いからこうなってるってのも間違いないことで・・・。
もっと上手く立ち回ることができたら、こんなバタバタすることもないんでしょうね。

たぶんバタバタしたまんま、新年を迎えることになっちゃうんでしょうなあ。
まあええか。


そんなバタバタ続きで疲れ切った僕を癒してくれるのは、自宅にいるタロー(猫)、チーズ(犬)、モカ(ウサギ)。


みんな適度になついてて、適度におバカで、カワイイです。
先日、タローの写真を撮ったので載せときます。




image

じーーーーーーーっ。




image

わくわく!わくわく!




image

あれ?こっちは?




image

あああああああああああああああああああああ




image

じーーーーーーーっ。




お前に食わせるハタハタ一夜干しはねえ!(ウソ笑)
はー癒された。今日もお仕事がんばりましょう。




すごいもの博、初参戦

こないだの土日、「すごいもの博」に出店してきました。
地物の食材をふんだんに使ったベトナム料理を広めまくってやるぜ!と気合いもたっぷりです。


初日は好天にも恵まれ、自家製麺フォーも生春巻きもタイガー生ビールも飛ぶように売れていきます。
午後2時過ぎには早々に完売!
こりゃあ明日もすごいことになるぞ〜、と思ってたんですけど・・・



初日



image




二日目




image

一日中雨( ´_ゝ`)ノ



そりゃお客さんも激減するわい。
なんだかんだで初日の売れ数の半分くらいでした。


しかし足元もかなり悪い中、わざわざウチの料理を購入してくれたすべての方々に大感謝!!



image

なんだかんだで、常連さんもたくさん顔出してくれたし、普段ウチの店に来る機会の少ない方々(年配の方やお子さん)の率直な反応も聞けて、すごくよかったです。


すごいもの博、ぜひ次回も出店したい!運営の方々、よろしくお願いします(笑)。



「すごいもの博」参戦します

告知!

11/26(土)・27(日)、松山・堀之内で「えひめ産業まつり」いわゆる「すごいもの博」が開催されます。


愛媛県で開催される食イベントでは最大規模・最大集客数だそうなんですけど


ウチの店、ついに出店!


去年は応募したんですけど審査で落とされたからなー。
「お前んとこはすごくない」と烙印を押されちゃいましたからね。なので今回の審査通過はめちゃくちゃ嬉しかったです。



image

すごいもの博ってんだから中途半端なもんは出せません。すごいもの出します!


●松山産米粉を使った自家製米麺「牛肉のフォー」。
●地物野菜をたっぷり巻いた「生春巻」。
●西日本でも数軒しか扱ってない「タイガー生ビール」。


こんな感じでマニアックに攻めます。行列とかできるような万人向けメニューではありませんが、気合いは入ってます!


ちょいとお天気が気になるとこですが、松山近辺の方々はぜひすごいもの博へ。お待ちしております〜。



まだまだ修行が必要ですby肉の火入れ

先日、とてもとてもお世話になってる方から「肉(牛肉)用意しといてね」とリクエストがありました。

てことで久しぶりに牛肉を仕入れたんですけど、団体さんで来られるということでけっこうな量が必要だったのと、あまり予算を跳ね上がらせてもいかんなーてことで、「産地は特に指定なし」「混合部位OK」で頼みました。



image

で、来たのがこれ。

「ヒレ」「トモサンカク」「ランプ」の3種類。どれも扱い的には<国産牛>ということになります。銘柄牛には及ばないでしょうけど、いい感じでサシが入って旨そうです。さすがいつもいい牛肉を入れてくれる某お肉屋さん。


しかし、素材がいくら良くても、これをどう焼きあげるかで美味しさが決まります。キンチョーする!
しかも厚さも身質も違うお肉を同時に焼いていくなんて初めてやー。



さあどうなる!?




image

こうなりました。けっこう上手くいった!



味付けは最近ウチの店では定番になってる「ヌクトゥンソース&パクチーバター」。ちょいと端っこ食べさせてもらいましたが、我ながら旨し!お肉も柔らかくて旨味たっぷりでございました。

自分的には、ヒレの火入れ(シャレではない:笑)が難しかったです。イメージどおりの焼き上がりになるにはまだ腕が足らんなーと。


もっと修行が必要ですね。


T郎さん、お肉リクエストまたお待ちしております。もっと修行させて下さーい(笑)。





あの野菜、今年は終了。

東南アジアに行くと、滞在期間中にほぼ100%の確立で食べることになる野菜。


空心菜!


何年か前からチラッとメニューに入れた事はあったんですけど、おすすめメニューで定番化したのは実は今年が初めてでした。

定番化した一番の理由は、「廣川農園」さんとの出会い。

国産インディカ米を栽培してる廣川くんからお米を入れ始め、空心菜も気合入れて栽培してます!ってことで扱い始めたワケです。

やっぱし「どんな人がこの野菜つくってんの?」ってけっこう大事ですね。知るとその野菜に対する見方がぜんぜん変わりますからね。



そんな丹精込めて作られてる地物空心菜ですが・・・



image

昨日のオーダーで、今年栽培されたものはすべて終了しました!
空心菜大好きな方、すいません。また来年の夏までご辛抱を。


空心菜なくなったし鍋は始まったしで、いよいよウチの店も冬のメニューになってまいりました。
心も身体も温まる料理、どんどん出していきます〜。



佐田岬マラソン2016

こないだの日曜日、佐田岬マラソン(ハーフ)に出場してきました。

去年出たけど走った後に振舞われる食事がサイコーやった!と言ったら珍走団メンバーがドカンと出場を決めたという。


さすが珍走団、走る動機が不純です(笑)。



image

やってきました伊方町。
天気もよくて海もきれい。雰囲気サイコーです。

どうでもいいことですけど、ここって確か伊方町・瀬戸町・三崎町が合併したんですよね?なんで名前を伊方町にしたんでしょ?瀬戸町とか佐田岬町とかの方がいいと思うんやけどなあ。自然あふれる感じで。政治的なホニャララなんでしょうけどね。まあいいか。




image

今回走るのはこのメンバー!
みんなゴールした時ちょうどお腹減ってるように調整してきてます(笑)。




image

佐田岬のゆるキャラ「サダンディー」も生暖かい目で見てくれてます。
ちなみにこのサダンディー、しっぽが佐田岬の形してるんですよ。どーでもええ情報かもですけど(笑)。珍走団の女子達はサダンディーにドはまりしておりました。




image

さていよいよスタート直前。
目標は・・・実はゆうべ仕事が終わってから一睡もできてないので、ムリせず走ります。よくて2時間10分くらいかなーと。




image

去年走って経験済みではあるんですけど、アップダウン「しかない」コース。
めっちゃキツイ!
しかし景色が絶景続きなので、わりと楽しく走れます。



と思ってたら



トラブル発生。



トイレに行きたくなってしもた!



自分的によくあるんですけど、走り始めるとお腹の具合が悪くなるんですよね。走って内臓が揺れるとそうなるんでしょうけど、どうにかならんかしら。
というワケで途中でトイレへ。タイムロス〜(汗)。




image

折り返し。
来た道をそのまんま引き返します。なので帰りはなんとなくコースが分かるので、ちょっと気が楽なのです。


で、あまりのアップダウンの激しさに不本意ながら少ーし歩いてしまいましたが、なんとかゴール。

タイムは2:04:24。

思ったよりいいというか、トイレ行かんかったら2時間ちょうどくらい!?という、悔やまれるというか、いろいろスッキリするというか(笑)、そんな結果でした。



そしてお待ちかね。



頑張った人だけ味わえるご褒美。




image


しらす丼&伊勢海老味噌汁ドーン!




image

がっつきます。まじうまい!

なんか去年より伊勢海老の身が増えてる気がする。来年も大盤振る舞いお願いしますね。



そしてそして。
珍走団メンバーのM美さんが年齢別の部で4位入賞!

景品で




image

さざえを戴きました!まだ動いてますよ〜超新鮮。
しかしM美さん、わたし一人じゃ食べ切れんし・・・ってことで




image

夜の打ち上げでみんなの胃袋に納めさせていただきました♪感謝!
蒸して身を取り出し、レモン絞り&パクチーバター。新鮮なので臭みまったくなし。サイコーです。



てな感じで、この日は佐田岬の自然を肌と舌と胃袋で感じまくった一日、でございました。




今年も鍋始めました

ひっさしぶりに(汗)、お店の料理の話です。
だいぶ気温も下がり、11月に突入もしたので・・・



image


ラウ・ボー(牛鍋)はじめました!!



牛すじ・アキレス・ミノ・大腸・里芋・しいたけ・揚げ豆腐・青菜、そして別盛でパクチー添え、というラインナップ。

-------旨味たっぷりの牛骨スープにピリリとサテ(ベトナムの辛調味料。渾身の自家製♪)がアクセントになって、さながら「牛肉を使ったピリ辛いも炊き」といった趣でございます。
肌寒くなった昨今、普段とはちょっと違う「ベトナムの鍋」を、気心知れた仲間とワイワイつつきあって暖を取られては如何でしょうか-------



なーーーんて宣伝チックになってしまいましたが、マジうまいです、我ながら。
一人前からやってますからね。気心知れた仲間が今日はおらんのよー、という方も一人鍋できます!寂しいかもですけど(笑)。

もちろん〆の自家製米麺ブン、そして本来ベトナムにはない「禁じ手」の雑炊も!※それぞれ別料金


そんな感じでウチの店のメニューも、そろそろ冬仕様になりつつあります。




久万高原マラソン2016

なんか「おやじランナー日記」化してますね最近。


懲りずにラン話、続きます。


こないだ、というかけっこう前なんですけど「久万高原マラソン」出場してきました。
2年前にも出たんですけど、なんか去年からコースが変わったみたいで「めっちゃ厳しいよ」と散々周りから聞かされ、ビビりながらの出場です。



image

今回走る珍走団メンバーはこちら!
前の二人は応援です。



image

スタート直後。
Mこちゃんのハイテンションを見ながら(笑)、後ろの二人はマイペースにいきます。




image

ほぼフラットな商店街。


しかしこの後、地獄のような激坂が待ち受けております。どこまで上らすんやー!




image

第1折り返し。
このあたりは一昨年と同じコースなので、なんとなく気が楽です。



が・・・・・



この先から未経験の新コース。
山の中、延々と続く下り坂。どこまで下らすんやー!



image

やっと第2折り返し。
来た道を戻ります。



そう。



今度は延々と上り坂・・・。まさに地獄。




image

たぶん今まで出たマラソン大会でもトップクラスの厳しいコースでしたが、同級生のおいさん二人、並んでゴール!




image

先日の「地獄の興居島ラン」がいい経験になったのは間違いありません。地獄も経験してみるもんだ。


というワケで地獄の久万高原マラソン、来年もたぶん出ます。たぶん。たぶん・・・。



興居島一周ランで天国と地獄を見た話

しばらく日記更新してませんでした。
いやーバタバタしててパソコン開く間もなく(言い訳)。


というワケで、けっこう前になるんですが・・・以前からやってみたかった「興居島ラン」決行しました!




image

松山からフェリーで10分もかからない興居島。泊港からすぐそこに松山見えてます。近い。

といってもなかなか来ることないんですよね。
なので、興居島探検も含めての島一周ラン、スタート!

ちなみに今回のメンバーは、高校からの同級生で珍走団メンバーでもあるMこちゃんです。



image

しばらく表側(松山から見える側)の海岸線を走ります。
この日は天気も薄曇り。走るにはちょうどいい気温です。




image

漁港があったり、誰かの大きな別荘があったり、牛舎があって牛さんがいたり。松山からすぐの場所なのに「他所へ来た」感がスゴイです。楽しい!




image

・・・と思ったのも束の間。

島の裏側に向かう道路は、急に激しい上り坂に。




image

おお〜いい眺め!

・・・ですが、この後はすんごいアップダウンの連続で、大変なことになります。




image

もー坂道はカンベンしてちょーだい!!の図(涙)。


近々「珍走団メンバーで興居島ラン」を計画してたので、その下見も兼ねての一周ランだったんですけど、下見しといてよかった。
ぶっつけ本番でやってたら遭難者が出るとこでしたわ(笑)。




てな感じで、息も絶え絶えでスタート地点に到着。
目標にしてたフェリーから2本も遅れるという、酷い結果でござんした。


しかし、次のフェリーを待つまでの間、意外と面白い発見があるもんで・・・


image

港の前の小学校に、なんやら小さーーく看板が。





image

?かふぇ?




image

?島のテーブル?


まさか小学校の中に?んなことあるかいな。



image

と思ってたら、ホントに校舎の一角でカフェやってました!




image

雰囲気めっちゃええです。

かき氷もうまいし、ここでコーヒー飲んだり食事したりすると帰りのフェリー券くれるそうです。お得。



しかし、この日の「走った後メシ」はもう決めてたので(旨そうなパスタもあったんですけど)、グッとこらえてフェリーに乗り込み・・・



image

三津浜へ。




image

ド定番、三津浜焼き〜。




image

走った後の疲れた身体に、焼けたソースが染み渡ります。めちゃうま!



というワケでこの日学んだこと。

ゞ週鐡腑薀鵑藁側がやばい。コースを綿密に練る!
そして
∋按塗余討は牛脂増しがぜったい旨い!


勉強になりました・・・・・。




秋恒例(?)出雲ツアー

電車に乗り込んだ我々は、今回の「真の目的の地」へ向かいます。



image

それにしても宍道湖を眺めながら揺られる一畑電車、のどかですわ〜。




image

「一畑口駅」到着。宍道湖の北岸あたりです。
この一見なーーんにもなさそうなところをちょっと行くと・・・




image

突然現れる小さな神社。屋台も出てます。



実はこの神社、「佐香(さか)神社」といいまして。




なんとここが酒(日本酒)発祥の地といわれてるのです。
佐香→酒(さか)ってことですね。




今も年に一回、境内の中で自家製のどぶろくを醸造して参拝客に振舞う「どぶろく祭り」が開催されてまして。
それに合わせて今回出雲までやってきたわけです。


ちなみに酒造メーカーや醸造所以外で「酒造」が国から認められてる場所は、全国でたった2ヶ所しかないらしいんですけど、そのうちの一つがこの佐香神社。
今回いただくどぶろくも、境内内で飲むのがルール。外に持ち出すのは原則禁止です。




image

階段を上がると社が。こじんまりした、一見どこにでもある田舎の神社、って感じです。




image

横の広場にはブルーシートを敷いてオードブルを持ち込んで宴会してる団体さんがいっぱい!
聞くところによると、やはり酒造メーカーの関係者の人が多いそうです。




image

お社に上がって、中で神主さん直々に拝んでもらいました。

ここでどぶろくをみんなで回し飲みするんですが、意外とイケる(笑)。
思わず2杯もらってしまった(笑)。

てことで、わたしも酒売る仕事してますー!商売繁盛!!気合入れて拝み倒します。




image

周りも薄暗くなってきて、さらに盛り上がってきます。
神事に関係するんかな?踊りも披露されていい雰囲気。




image

改めて、どぶろくで乾杯!おかわり自由!
いや〜「酒の聖地」で飲むどぶろくは格別ですね。



さんざんどぶろくを堪能して「真の目的」を達成した我々は、再び電車に乗って松江へ移動。
二次会じゃ!てことで、去年もお伺いした「明島」さんへ。




image

のどぐろ塩焼き。
松山で食べるよりも新鮮・安い。味もめちゃうまでした。




image

巨大ホゴの煮付け。
甘めの味付けで愛媛県民にもドンピシャでした。旨いぞ明島。




image

握り盛り合わせ。
ネタの説明あったんですけど、半分以上「?」な名前だったので何かわからず(笑)。
やっぱし日本海と瀬戸内では住む魚が違うんですねー、って当たり前か。



さすがにこの日は皆さんお疲れのようで、この後すぐホテルに帰って解散。
ただ、そのお陰で
翌朝・・・




image

バッチリ目覚めて、宍道湖のほとりラン!




image

チョー快適に約11km走りました。やっぱし旅ランサイコーです。




image

松山へ向かう前に、安来市にある「カフェロッソ」へ。

なんでも、こちらのマスターが「バリスタ世界大会」で2位になったそうで(当然日本一でもある)、せっかくだから行ってみよう、てことになったのです。




image

朝イチ客だったので、テラス席に座れました。
静かで中海が目の前で、めっちゃいい雰囲気。




image

48のおいさんが頼むコーヒーではなかった(笑)。
でも美味しかったです。




image

鬼太郎にも会えたし、大満足!


というワケで今回の「おいさん4人の出雲ツアー」。
楽しい、そしてご利益バッチリ、さらにいろいろ勉強にもなってサイコーの旅になったのでした。

また行けるように、これからまたお仕事励みます。



月別日記
  • ライブドアブログ