ハノイでまったり生きてます(ΦωΦ)

ハノイに短期滞在をしております。ハノイの街をまったりふらふらして、美味しいと思ったもの、綺麗だと思ったものなどを紹介していきます。

■スポンサードリンク■                                                            


またまた発見、ハノイ名物!「ネムフン」は、香草付きで素晴らしい!!

  こんにちは。ハノイの夜は、必ず20度を切るようになってしまいました…。もう、薄いパーカーだけでは過ごせない感じですが…それしか持ってません(^_^;) 下に長袖シャツを着たりして、ごまかしております。
IMG_0735
 そんな寒い夜でも、ビアホイ通いは欠かしておりません! 暑くてもビアホイ! 寒くてもビアホイ!! ビアホイ愛は、気温で左右されないのです(`・ω・´) 先日は、友人宅近くのビアホイに繰り出しました(●´ω`●)

IMG_0738
 そしたらですね、机に「お通し」といいますか「突き出し」といいますか、最初から出ている料理がありました。まあ、それ自体は珍しくなくて、大抵は落花生で、たまにハムなどがあったりするのですが……。このお店のは、「ネムフン(Nem Phùng)」とな?? 「Gia Truyền」は「家伝」という意味ですから、伝統料理なのかな? 友人に聞くと、ハノイ名物だそうです。聞いたこと無いなーー。

IMG_0739
 バナナの皮を開けてみました。おお、これは豚肉の細切りだね。多分、まぶしてあるのは米粉だな。茹でた豚肉に米粉をまぶした料理は、たまに食卓にも上がります。また、見た目は「ティットチュア(Thịt chua)」過去記事リンクはこちら)にも少し似てますねーー。
 しかし、この料理で驚いたのは、この「ネムフン(Nem Phùng)」自体ではありません。バナナの皮に、一緒に包まれていたものなんです…。

IMG_0741
 バナナの皮を開けると、中から一緒に包まれた、何かの葉っぱがたくさん出てきました! これは、「スン(Sung)」(イチジク)の葉っぱですよ!! 豚肉(豚モツ)を茹でた料理にはつきものの香草です。それが、一緒に梱包されているとは…なんて親切なんだ(*´∇`*) 

IMG_0740
 葉っぱの量も、かなりあります。これなら、自分で(お店で)香草を別に用意する手間が省けますし、これ一つあれば食卓でも、野外でも、すぐにおいしく食べられるってもんです。スン(Sung)の固い葉っぱだからできることなんでしょうけど、このサービス精神はベトナムではなかなか珍しいです。

IMG_0744
 豚肉と豚皮の細切りをスンの葉でくるんで、いただきます! ああ、美味しい。味は家庭で出てくるものと同じで、豚肉の旨味が、少し香ばしい米粉でコクを増して、ビアホイのおつまみにぴったりです。また、「ティットチュア(Thịt chua)」とは違って、酸っぱさはほとんど無いので、発酵してはいないみたいです。いやー、なかなかな料理じゃないですか。家に帰ってから、「ネムフン(Nem Phùng)」について少し調べてみました。
<Nem Phùngの名産地「Đan Phượng地区」>

 ハノイ市のやや西より、Đan Phượng地区の名物のようですねー。確かに、パッケージの製造元住所もĐan Phượngになっています。また、「ハノイ名物」とネット検索しても「Nem Phùng」は入っていませんが、「ネムフン(Nem Phùng)」のページでは「ハノイ名物」として紹介されています。この感じからすると、ハノイの準名物でしょうかね~(^O^;)

 どうしてこのビアホイにだけ「ネムフン」あるのか不思議ですが(私が知らないだけ?)、この出会いに感謝して、美味しくいただきました。観光客の方にはちょっと敷居が高いかもなのですが、もしビアホイで「ネムフン(Nem Phùng)」のお通しを見つけたら、ぜひ包みを開いて食べてみてください! ではでは。

<ハノイ旅行に役立つガイドブック2冊が発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト


<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
 


ハノイの西の鎮守『象神社』で、のんびりゆっくりお参りです(´∀`)

 こんにちは。ハノイは、もうすっかり晩秋。朝晩もめっきり寒くなりました(;´∀`) そんなか、キンマー地区へ行く用事があったので、ついでにハノイの東西南北4鎮守の一つ「象神社(象伏祠、Đền Voi Phục)」へ参拝してきました。
IMG_0702
 ここに参拝するのは、実に3年ぶりです。そんなに来ていなかったのかー。神社を守る2体の象に、ご無沙汰をお詫びしつつ、ゆっくりと境内を見て回りました。

IMG_0697
<象神社(象伏祠、Đền Voi Phục)の入口の場所>

 象伏祠は、ハノイ動物園もあるトゥーレ公園の西側にあります。旧市街からだと、34番バスですぐ近くまで行くことができます。

以前に「象神社」を訪れたときの過去記事リンクはこちら

IMG_0704
 公園に隣接しているだけあって、境内は緑でいっぱい。散歩やジョギング、バトミントンなどをする人で賑わっていますね~(^∀^)
 さてさて、ここはハノイの東西南北を守護する4つの神社(祠堂)のうちの一つで、象伏祠は西を鎮守しております。

「ハノイの東西南北を守護するお寺」の過去記事リンクはこちら

IMG_0701
 正面の門を抜けると、すぐに第2の門が見えてきます。ここは、小さくて地味ではありますが、けっして素通りしてはいけません。この2本の門柱の根元には…。

IMG_0703
 左右合わせて2体の地に伏した象が参拝者を見つめているのです。首に鈴をつけ、いかにも温和で賢そうな象ですね~~(´∀`*)

 あの有名観光地「文廟」を建立したと言われる李朝3代皇帝「李聖宗(Lý Thánh Tông)」の時代、中国の宋が攻めてきたんだそうです。そこで、李聖宗皇帝の息子「リンラン(Linh Lang)」が、宋軍を迎え撃つべく出撃します。その際に、皇帝から象を賜ったのですが、象はリンランの前で膝を追ってひざまずいた(Phục)のだとか。リンランはその象に乗って戦い、見事に宋軍を撃退しましたが、川で戦死してしまいました。悲しんだ皇帝は、この 「Đền Voi Phục」を建立し、2体の象の石像を奉納したということです。

IMG_0715
 正式な象の像はこの2体だけなのですが、さすが象神社。象の置物がいくつか境内に置いてありました。奉納されたものかな??

IMG_0711
 象が守る第2の門を抜けると、こんどは第3の門が見えてきます。ここを抜けると本堂です。

IMG_0713
 第3の門の裏には、こんな立派な樹が生えています。ここは、本当に緑豊かだなーー。

IMG_0716
 さて、本堂が見えてきました。今回は、扉が閉まっていて中の御本尊などは見ることができずでした。残念、3年前は見られたのになーー。

IMG_0726
 さて、お祈りお祈りっと。お賽銭をし、線香に火をつけて無病息災、商売繁盛、日越友好と、盛りだくさんのお願いをしました。

IMG_0723
 ここは、自分でお線香を買って入るのではなく、この瓶からお線香を取ってもいいみたいです。もちろん、お線香分のお金はお盆に入れました。

IMG_0718
 そして本堂の横には、やはり2体の馬がいます。こちらが、西側の白馬で…。

IMG_0717
 こちらが、東側の赤馬です。象神社にいる2体の馬に、どんないわれがあるのか? ベトナム語のウィキペディアでもわからずでした。

IMG_0721
 本堂の横の建物のかなに、お祭り用の輿や太鼓などが飾ってありました。お供え物を準備するテーブルが開放されていて、そこでお供えを作っている人もいたので、最近お祭りでもあったのかもしれません。

IMG_0708
 そして、本堂の裏側からは、子どもたちの賑やかな歓声が聞こえてきます。そう、もうすぐ隣の敷地は、ハノイ動物園の子供用遊園地なのです。
 象伏祠は縦に細長いものの、それほど敷地が広いわけではありません。それでも、お参りなども含め30分ほどブラブラして、癒やされたのでした.。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG_0730
 象伏祠から用事先に向かう途中で、ハノイ動物園の入口に寄っちゃったりして(^_^;) まあ、1回来たことがあるし、もう動物園という歳でもないので、入らないんですけどね。

 象伏祠は、日本人外とも言われるキンマー地区にありますし、朝晩のお散歩などにもぴったりです。のんびりしたい方は、ぜひ1度訪れてみてください。私も、また来ます!ではでは。

<ハノイ旅行に役立つガイドブック2冊が発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト


<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

ハノイ・ノイバイ空港の豆知識(2018~2019年度版)

 こんにちは。ハノイの玄関口といえば、ノイバイ国際空港です。今回、友人を迎えに行ったのですが、飛行機が40分以上遅延して、結局トータル3時間待ちました…。
IMG_0640
 暇だったので、ノイバイ空港を歩いたわかった豆知識を、いくつか集めてみました。皆様の観光の参考になれば幸いです。

1、両替、タクシー手配、SIMの販売所は、深夜1時過ぎまで開いていました。
IMG_0639
 これは、時間というよりも、深夜の最終便の到着までは開いているんだと思います。ですから、深夜の到着でも、苦労はしないと思います。

2、空港の両替レートは、市内の宝石店での両替よりも2~3万ドン(1万円両替で)悪いです
IMG_0638
 これはどの国でも同じですが、空港での両替レートは、市内でのレートより若干ですが悪いです。ただ、1万円両替して2~3万ドン(100~150円)変わるだけですので、市内でレートのいい宝石店を探したりする手間を考えるなら、空港で両替しちゃってもいいのではないかと、個人的には思います。
(市内の宝石店でも、店によっては空港より悪いレートを提示されることがあります。ですので、空港で両替しなくても、レートはきちんと確認したほうがいいと思います。ご注意ください)

3、空港のトラベラーズシム(SIM)は、若干割高だけど手続きは簡単です
IMG_0634
 これは、2018/11/15のトラベラーズシムのプラン表です(プラン表は、ちょくちょく変わりますので、ご注意ください)。空港だと、データのみの9GB(1ヶ月)で250,000ドン(約1,250円)です。市内に出て買うと、シムが6~8万ドン、8GB(1ヶ月)で125,000ドンで、合計20万ドン前後。5GBでもいいなら90,000ドンで、合計160,000ドン前後でしょうか。この価格差をどうとらえるかですが、SIM交換が苦手だったり、設定がわからない人は、携帯を渡すだけで全部やってもらえる空港でSIMを買ってもいいのではと思います。

4、空港2Fでチュングエンコーヒーが飲めます
IMG_0633
 ベトナムと言えば、ベトナムコーヒー。ベトナムコーヒーといえば、チュングエンコーヒー(TRUNG NGUYÊN)というほどの有名コーヒーが、空港2Fの直営店で味わえます。旅の始まりに、あるいは最後に、有名コーヒーの味をぜひ確かめてみてください。
IMG_0635
 私も、毎日チュングエンコーヒーを自分で淹れて飲んでます。チュングエンコーヒーを買えば、(どの種類でも)味にハズレがない安心感が素晴らしいです。お店の営業時間は、午後11時までのようです。

5、空港でチュングエンコーヒーを買ってはいけません(価格2倍)
IMG_0631
 そして、喫茶スペースの横では、チュングエンコーヒーのインスタントや挽いた豆が売っています。美味しいコーヒーを飲んだら、そのままここで同じコーヒーを買いたいところですが…。価格が市内のスーパーの2倍します。確認したので間違いないです。お土産にチュングエンコーヒーを買う場合は、必ず市内のスーパーでお求めください。

6、4Fにはハイランドコーヒーもあります。こちらも美味しいです
IMG_0642
 コーヒーネタが続きます。先程のチュングエンコーヒーがネスカフェだとしたら、このハイランドコーヒー(Highlands Coffee)は、ドトールのようなものです。ベトナム全土にお店があります。こちらでも、美味しいベトナムコーヒーが飲めます。お手軽に飲みたいのでしたら、こちらもオススメです。深夜0時過ぎまで開いていました。

7、手荷物預かり所が2Fにあります
IMG_0628
 ノイバイ空港2Fには、手荷物預かり所があります。料金表(2018/11/15現在)を載せておきますので、参考にしてください。
IMG_0644
 ただ、夜の0時に行ってみたら、明かりはついているものの、シャッターが降りていました。見たところ人はおらず、深夜は荷物の出し入れができない可能性がありますので、ご注意ください。

8、スリープポッド(簡易宿泊施設)が2Fにあります。
IMG_0630
 深夜到着、あるいは早朝出発で、空港で少し寝たいのでしたら、簡易宿泊ができるスリープポッドがあります。一見便利そうですが…私が泊まってみた感想としてはスペースが少し広いカプセルホテル(シャワーなし)といったところでしょうか(^_^;) 快適さを求めると、がっかりするのではと思います。

「ノイバイ空港ターミナル1で「VATC Sleep Pod」に泊まってみました」の過去記事リンクはコチラ

 まあ、あくまで豆知識ですので、参考程度にしていただければ幸いです。それにしても、この日のノイバイ空港の最終便到着が1:24。出発便は4:30ですから、3時間ほど間が空くだけです。段々と、24時間空港化しているんだなーー。これからも、移り変わっていくノイバイ空港を観察していきたいと思います。ではでは。

<ハノイ旅行に役立つガイドブック2冊が発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト


<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
探している料理名、観光地名を検索してみて下さい!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
333ビール
楽天市場
ホテル予約 agoda
DeNAトラベル