ハノイでまったり生きてます(ΦωΦ)

ハノイに短期滞在をしております。ハノイの街をまったりふらふらして、美味しいと思ったもの、綺麗だと思ったものなどを紹介していきます。

■スポンサードリンク■                                                            


モツ料理専門店で思う存分モツを食べよう!(ハノイ街めぐり50)

 こんにちは。今回は、ハノイのモツ(Lòng)料理専門店を紹介いたしますよ。ハノイでモツを食べる機会は少なくなく、モツが入っている麺料理「ブンロン(Bún Lòng)」や、お粥の「チャオロン(Cháo Lòng)」、モツ焼肉「ロンヌオン(Lòng Nướng)」などがポピュラーです。
IMG_2264
 私は、日本でもモツ鍋、ホルモン焼きが大好きなのです! 「ハノイでも、いろいろなモツ料理を食べたい!!」と探したらですね、ついに専門店を見つけてしまったのです(ΦωΦ)フフフ さっそく友人と一緒に訪問して、モツ・パーティーしてきましたよ~(*゚∀゚)っ

 ガイドブックに載っていないハノイ街めぐり その50
<こんなモツ、あんなモツ……。モツを食べつくせ!! Quán Lòng Chát> 
IMG_2257
<Quán Lòng Chátの場所>

 私の見つけたモツ専門店は、旧市街からは少し離れております。ただ、ホアンキエム湖あたりでタクシーに乗れば15分ほどで着きますし、大通りに面しているので見つけやすいです。
IMG_2258
 お店の入口にも、様々なモツ料理の写真が! 事前調査でも人気が高いお店ですし、期待できますね!

IMG_2260
 さて、メニューを見ながら何を食べるか決めましょうか! 茹でた(Luộc)モツ盛り合わせ(Lòng Thập Cẩm)と……。
IMG_2259
 メニューを見ながら唸っておりますと、私がベトナム語を読めないで悩んでいるのかと思った友人が、次々と注文してくれました(;´∀`) あーー、もう注文はおまかせするよ。

IMG_2262
 わーい、まずは茹でた豚モツの盛り合わせが来ました~~。レーバー(肝臓)と、コブクロ(子宮)と、ガツ(胃袋)だ~~(☆゚∀゚)
IMG_2261
 写真を撮っていたら「こうすればもっと綺麗だ」と、わざわざ香草を載せてくれました(;・∀・) では実食! 調味料は、ヌォックマム(魚醤)とマムトム(海老の魚醤)が出てきますが、茹でモツには絶対にマムトムが合うと思うんです。レバーをマムトムにつけていただきますと、少し固めですが、臭みもなく、レバーの豊かな味が堪能できます。ビールにも合う! あと、ガツも美味しいけど、コブクロがもちもちしていて好きだな~~。

IMG_2268
 コブクロばっかり食べてたら、別皿でも注文してくれました……。わ~い、コブクロ祭りだ~(^_^;) でも、本当にクセがなくて、もちもち食感で、マムトムを付けて食べると最高~~。

IMG_2267
 はい、まだまだモツ料理が出てきますよ。これは、モツのソーセージ。スパイシーで美味い!詰めてあるモツはかなり荒く挽いてあるので、お肉のつぶつぶ食感も独特です。

IMG_2265
 豚の腸の照り焼き風です。モツとテリヤキソースの組み合わせは初めてかも。うん、もちろん合わないはずはありません。これも、ビールのおつまみに最高です。

IMG_2270
 そして、豚ガツと漬物(dưa cải)の炒め物です。この漬物は乳酸発酵しているので酸っぱくて、さらにトマトの酸味も合わさって、ガツを変わった味付けで食べられます。これまた、ビールが進みます。モツ最高!

IMG_2271
 そして、締めのラーメンならぬ、締めのお粥です。写真は、ちょっと食べかけですいません(^_^;) このお粥は、モツを茹でたときのお肉の出汁で作ってあるみたいですよ。
IMG_2272
 シンプルな塩味の、優しいお粥です。血を固めたもの(tiết canh)は、ちょっとクセのあるレバー味なのですが、塩味のお粥と一緒に食べるとあっさりした感じになって、クセを感じなくなります。もうすでに満腹なんですが、これなら食べられます。

 この日は、とにかくモツを満喫いたしました。日本と同じくちゃんと下処理がしてあって、どのモツ料理も美味しく頂けたのは、さすがの専門店です。それともう一つ、ちょっと臭いの強いエビの魚醤「マムトム」付け放題で、これも日本では味わえないので堪能しました。先日の「鍋料理」と同じく、「モツ料理」も「日本にもあるじゃないか」と思わずに、ぜひ機会があればハノイでも食べてみてください。同じ素材を使っていても、料理の仕方や調味料、薬味(香草)などが全然違いますから、新しい旅の発見があると思います。ではでは!

<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/9~2018/1版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


ハノイ自動販売機はお釣りもちゃんと出てくる!?

 こんにちは。今回は、ハノイの自動販売機の小ネタです! 私がハノイで自動販売機を初めて見たのは2016年9月、ホアンキエム湖の遊歩道でした。
DSCN0618
 それから1年、ホアンキエム湖以外でも自動販売機をポツンポツンと見かけるようになってきました。そのことを日本に来て10年近くたつベトナム人の友人に話したらですね、「でも、日本の自動販売機と違ってお釣りが出ないから、それほど流行らないんじゃないかな~~」と申しておりました。
DSCN1069
 お札投入口の上にも、「お釣りは出ません」と書いてあります(お札はまっすぐ入れてね、一度に1つしか買えません、とも書いてあります)。商品は「5,000ドン」「10,000ドン」の2種類しかないし、どちらの額面のお札もあるので、まあそれで大丈夫なのです。

IMG_2103
 この南国風の洒落た自動販売機で売っているのも……。
cola
 やっぱり、ピッタリ10,000ドン(約50円)のコーラです。日本のように120円とか130円とかの半端な値段の商品は、ハノイの自動販売機では売れないんですかね~~。

IMG_1904
 個人商店の店先にも、自動販売機が導入されておりました。喉は渇いていないのですが、どんなものが売っているのか、ついつい覗き込んじゃいます。
IMG_1907
 お、結構いろいろな種類の飲み物が売ってるぞ!でも、値段は全部10,000ドンだから、スーパーより割高で売っている商品もありますね~~。と思ってよく見ると……。
IMG_1906
 ハッ(゜□゜;)!! 商品に2,000ドンのお釣りが付いてる!!! つーことは、この飲み物は8,000ドンなのですな! スッゲ━━ヾ(*゚Д゚*)ノ゙━━ェェ♪☆
IMG_1905
 こっちのは1,000ドンが付いているから、9,000ドンだ~~。これならお客さんから苦情(?)も出ないですし、スーパーとも競合できるというものです。個人商店だから、お店の人がお釣りをくくりつける手間をかけられる、というのも大きいとは思いますが、この創意工夫には感服いたしました。

 これで、ハノイ自動販売機お釣り問題も無事(?)解決されましたし、治安の良いハノイで自動販売機はどんどん普及していくことでしょう。たぶん…(;´∀`) ではでは。

<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/9~2018/1版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

ハノイの朝食は市場近くのグルメ通りでウナギ春雨!(ハノイ街めぐり49)

 こんにちは。今回は、ハノイでの朝ごはんをご紹介いたします。じつは、朝は二日酔いのことが多くてそれほど食べられないんですが、これから観光っていうときには食べておかないと持たないんです。食欲があまりないときには「○○が食べたい!」という具体的な案も浮かばず……。そんなときは、食堂街に行って、実際に見ながら食べたいものを決めるのが一番! ドンスアン市場近くの「Hàng Chiếu通り(ハンチエウ通り)」へ行ってみましょうかね!!
IMG_2140

 ガイドブックに載っていないハノイ街めぐり その49
<ウナギのてんこ盛りが目印です Miến Lươn> 
IMG_2142
 ドンスアン市場のすぐ南にある「Hàng Chiếu通り(ハンチエウ通り)」は、人がすれ違うのにも苦労する細い小路に、いろいろなベトナム料理屋台がぎっしり並んでいるグルメ通りなのです。この通りの詳しいことは、以下の過去記事リンクをご覧ください。

飲食店がぎっしりのグルメ通り・動画あり(ハノイ小路の旅)

<「Miến Lươn」のお店の場所>

 今回のお店は、Hàng Chiếu通りにある沢山の屋台の中の1軒になります。通りを歩いていると、どのお店からも美味しそうなにおいが漂ってきて、何を食べようか非常に迷うのですが……。今回は、コレで決めました!!
IMG_2138
 揚げてあるウナギが、山盛りでド~~~ン!!! インパクト大です。今日の朝ごはんは、ミエンルオン(ウナギ春雨麺)にしましょうかね。このウナギの小山が、このお店の目印になります(*゚∀゚)
 ここまでウナギと書いてきましたが、いわゆる日本の鰻(うなぎ)ではありません。「タウナギ」と呼ばれる、見た目はドジョウに近い魚になります。そのタウナギが、カリカリに揚げてあるのです。

IMG_2139
 早速細い板の椅子に腰掛けて、狭い調理場での、おばちゃんの作業を写真に撮ったりしていましたらですね……。しばらくして、おばちゃんが「汁有り(nước)にするの?汁無し(trộn)にするの?」と、ちょっとイラッとした感じで聞かれました(^_^;) あー、ごめんなさい。座ったら、自動的に注文完了と勘違いしておりました。

mienluon
 看板にも書いてありますね。汁有り(nước)、汁無し(trộn)、炒め(xào)の3種類が選べます。どれにしようかな~。最近は「汁無し」を研究(?)しているので、trộnでお願いします。おばちゃんは早速作り始めてくれましたが、「写真撮りに来たのかと思ったよ…」とか、まだ嫌味を言っております(;´∀`) だから、悪かったってば~~。

IMG_2141
 作り始めて3分もかからずに出てきました~~。スープ付きです。では実食、少しかき混ぜて、いただきます!ウナギが香ばしい~~。小魚の干物のおつまみを噛み締めたときのような、濃厚なお魚の味が広がります。春雨はあっさりとしていて、ウナギやピーナッツ、香草などの素材の味とよく合いますねー。
 ここで、お店のおばちゃんから「もっとかき混ぜて!(ジェスチャー付き)」と指導が入りました。本当は優しいおばさんなのです(*´Д`*) 自分ではかき混ぜたつもりだったんですが、足りなかったかな?ぐちゃぐちゃに混ぜ混ぜしてから、もうひとくち…。あらら、底に沈んでいたタレが絡んで、あっさりどころか、濃厚に! タレは黒色で、香ばしくて、塩味の薄い醤油だー。これはベトナム醤油と言われるNước Tương(ヌオックトゥオン)ですな。ハノイでは、揚げ豆腐なんかにも付けて食べます。うーん、濃い味の汁無しもこれはこれで美味しいですが、日本人の私としてはさっきの薄味のほうが良かったかな(;・∀・)。
 タレが濃い味だったので、スープもごくり。こ、これは!?ハノイ特有の「うす~~~~い味のスープ」だ。うっすらと野菜スープの味がするだけです。実はハノイでは、この薄味スープが出てくることがよくあるんです。どうやらハノイ(北部?)特有の味付けのようで、ホーチミンから来た人もこの味の薄さにびっくりするらしいですよ(;´∀`)

 ハノイの美味しさを詰め込んだウナギ春雨麺1杯3万ドン(約150円)、おいしゅうございました(´∀`*) このHàng Chiếu通りは、ハノイのローカルな雰囲気たっぷりで、旧市街の真ん中だから立地も最高で、いろいろな名物料理を眺めながら食べるものを決められるという、ハノイ旧市街随一のお手軽グルメスポットなのです(o^∇^o)ノ フォーやブンチャーなどもありますが、ぜひ、ちょっと口が悪いけど、性根の優しいおばさんのお店でウナギ春雨麺(ミエンルオン)を食べてみてください。ではでは!

<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/9~2018/1版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
探している料理名、観光地名を検索してみて下さい!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
333ビール
楽天市場
ホテル予約 agoda
DeNAトラベル