ハノイでまったり生きてます(ΦωΦ)

ハノイに短期滞在をしております。ハノイの街をまったりふらふらして、美味しいと思ったもの、綺麗だと思ったものなどを紹介していきます。

■スポンサードリンク■                                                            


ハノイ旧市街で一番にぎやかなタ・ヒエン(Tạ Hiền)通り(ハノイ小路の旅・動画あり)

 こんにちは。さて、東南アジアの都市には、外国人観光客が集中する通りがあります。タイ・バンコクでは、カオサン通り。カンボジア・シャムリアップでは、パブストリート。ベトナム・ホーチミンだと、デタム通りになるのかな。ではでは、ハノイではどこになるのかといいますと、今回紹介するタ・ヒエン(Tạ Hiền)通りなのです(私調べ)。記事の最後には、夜と昼間の通りの動画もありますよ!!
tahien07
 ハノイ旧市街のど真ん中にある、南北200メートルほどの細い通りですが、夜になると外国人観光客とベトナムの若者たちであふれます!旧市街でビアホイ(ベトナム生ビール)が最安値の1杯5,000ドン(約25円)で飲めるのも魅力ですよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚
 ちなみに、某有名ガイドブックには「ターヒエン」と書いてありますが、「Tạ」は「aの下に・」がついてますので、言葉を短く切ります。なので「タ・ヒエン」がベトナム語の発音に近いと思うんだけどな(;´∀`)

<人がいっぱいタ・ヒエン通り>


tahien01
 時間は午後10時過ぎ。今回は、南から通りを攻めてみます。いざ突撃~~~ヽ( `Д´)ノ

tahien02
 通りの入口には柵があって、バイクの侵入を止めて歩行者天国にしています。ただ、それでもバイクが通らないわけではありませんので、油断しないように~。

tahien03
 南から入ってしばらくは、まだそこまで人は多くありません。

tahien04
 北に進むにつれて、人も多くなってきます。お店の人も、新しいお客さんのために奥からプラ椅子を出してきたりと大忙し。歩道に余裕がある限り、お客を受け入れるのです( ゚∀゚)アハハ。

tahien05
 そして、道を一本渡る辺りからが、タ・ヒエン通りの本番です!警察官の姿も見えますね。ちゃんと警備してくれているので、一応安心です。

tahien06
 通りの両側、昔からの建物は、全部飲食店です。食堂、バー、ディスコなど、外国人観光客用のお楽しみがそろってます。
IMG_1105
 上は昼間の写真ですが、ビアホイが1杯5,000ドンの看板も出てます。「1Food+1BeerFree」と書いてあるから、1品注文すれば1杯ビールがタダで飲めるのか!?(☆゚∀゚)

tahien08
 外国人観光客だけではなく、ベトナムのオシャレな若者たちもいっぱいいます。カップルも多いです。うらやましい……(p_q*)シクシク

tahien09
 段々と、歩くのも困難になってきます。カメラを上に掲げないと、うまく撮影できないほどです。
tahien10
 私の前を歩いていた人も、カメラを上にあげて撮ってます。左側のピンクの明かりの建物は、確かディスコだったかな。
tahien11
 欧米系のお姉さん方も踊りに来てます。どの都市でも、彼らは朝まで踊ってますよね~~。元気です(;・∀・)

tahien12
 お、ビールのキャンペーンガールもいますね。タイガービールかな??お店の人ではないのですが、このキャンペーンガールにもビールを注文することができます。(読みにくいですが、ココにもビアホイ1杯5,000ドンの看板出てますね)
tahien14
 みなさん、さすがの美人さんですね~~。ビアホイ派の私でも、「○○ビールいかがですか?」なんて言われると、ついついキャンペーンビールを頼んじゃいます。まあ、性(さが)ですな……(´・ω・`)

tahien13
 メニューを持って食堂の前に立っている若者は、客引きです。みんな一生懸命に、お客さんを勧誘しています。日本と違って「客引き=悪い店」ということはないですので、メニューを見せてもらって美味しそうなものがあれば、誘われるままに入店するのもありだと思います。
 ちなみに、ビアホイは安いのですが、料理は若干ローカル店よりお高めです。観光客値段ってやつですが、ボッタクリと言うほど高いお店がないのは、競争原理が働いているからかな。

tahien15
 お洒落なバーの前には、黒服のお兄ちゃんたちがいました。みな、シュッとして格好いいです。ベトナム人の青年たちは、体鍛えてますからね~~(´∀`)

tahien16
 そして、北のハンブオム通りに出て、終了です。
 私は、実はタ・ヒエン通りにはあまり来ません。人が多くて落ち着きませんし、お洒落なバーにも用は無いですし(^_^;)、料理もあんまりベトナムっぽいものがないですし……(;´∀`) でも、夜遅くまで飲食したい、ビールだけじゃなくてカクテルも飲みたい、せっかく海外に来たのだから世界中の人達とワイワイやりたい、ということなら、間違いなくタ・ヒエン通りがオススメです!

 最後に、夜と昼間のタ・ヒエン通りの動画を撮ってきました。よろしければ、ぜひ両方見て、昼と夜の変わり具合を確かめてみてください。ではでは!

<夜10時過ぎのタ・ヒエン通り>


<お昼過ぎのタ・ヒエン通り>


<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/4~2017/9版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村


まだまだあるぞ!ハノイ名物『ブンブン』!!(ハノイ街巡り42・追記)

 こんにちは。前回のハノイ旅行では、「ハノイ街めぐり42」で紹介したハノイ名物・ブンタンのお店で、もうひとつの名物料理『ブンブン(Bún bung)』も食べてきました! なんせお店の名前が『ブンタン・ブンブン(Bún Thang Bún Bung)』ですので、両方食べてみないとなのですよ(*゚∀゚)
IMG_1093

Bún bung là một món ăn dân dã của người Hà Nội, Thái Bình. 

『ブンブンは、ハノイとタイビン(ハノイの東の海沿いにある都市)の人の、庶民料理の一つです』(私訳)

ガイドブックに載っていないハノイ街めぐり その42・追記
<ブンタンを食べたらブンブンも食べなくちゃね! Bún Thang Bún Bung - Cầu Gỗ>

IMG_0374
<Bún Thang Bún Bung - Cầu Gỗの場所>

 旧市街の真ん中、さらにホアンキエム湖にも近い場所にありますから、朝昼晩いつ食べに行くのにも便利なのです。また、ブンタンを食べたときの過去記事リンクも、以下に貼っておきますね~。

『ハノイ名物「ブンタン」を旧市街で食べよう!(ハノイ街巡り42)』過去記事リンクはコチラ

IMG_1087
 お店は2度めだから、すっかり慣れたもの(傲慢(^_^;))。つかつかとお店の奥に入って、先に席を確保します。

IMG_1088
 このお店は、壁に大きなメニューが張ってあるので、メニュー下のお客さんのじゃまにならないように、指差し注文。もちろん「Bún Bung Thập Cẩm(ブンブンの全部入り(ミックス))」です。一番高いですが、それでも5万ドン(約250円)です。

IMG_1094
 待つこと数分。きました、きました……って、すごい肉!!事前に調べていなかったので、本当に驚きました。ブン(米粉細麺)が見えないぐらい、肉がゴロゴロですよ~Σ(゚д゚;)

IMG_1097
 一番大きいのは、皮と骨がついた豚肉ですねー。ブンより先に肉かじりつきますと、煮込まれて程よく柔らかく、豚の旨味も十分残ってます。これは食べごたえがあるなー。緑の大きな野菜はズイキ(里芋の茎)で、歯ごたえがあって、アクセントとなって美味しいです。
 また、肉のダシが聞いた濃厚スープかと思いきや、ちょっとトマトの酸味のある、あっさりスープでした。ハノイには、同じような「肉+ズイキ+ブン」の料理『Bún Dọc Mùng』があるのですが(過去記事リンクはコチラ)、Bún Dọc Mùngは肉の濃厚スープなので、そこがぜんぜん違うなーー。

IMG_1098
 おっと、ベトナムハムも入ってます。「全部入り(Thập Cẩm)」ですから、ブンタンに負けないくらい具だくさんですね~(*・ω・) 肉とブンを、あっさりスープと一緒に、モリモリ食べていきます。

IMG_1090
 半分ほど食べたあとは、テーブルにおいてある無料ライムを丼に絞り入れます。すると、柑橘系の酸味が効いて味が変わり、最後まで味に飽きずに美味しくいただけます。肉たっぷり料理を食べると胃がもたれるわたくしですが、ブンブンはそれほど肉の油がきつくないので、きっちり完食いたしましたよ。非常においしゅうございました(*゚∀゚)

IMG_1099
 最後に厨房を覗くと、いくつもの具が並んでました。ブンタンもブンブンも、ともに具沢山ブンですからね(・∀・)

IMG_0378
 最後に、比較のためにこのお店の「ブンタン」の写真も載せておきます。こちらは、錦糸卵やシイタケ、ネギ、ハムなどが入っていて、正直に言いますと、私はブンブンよりブンタンのほうが好きかな(;´∀`) とはいえ、どちらも日本人にはあまり知られていないハノイ名物ですので、ぜひ2人以上で行って食べ比べてみてください!ではでは。

<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/4~2017/9版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

ハノイでSIMを買って4G通信開通~(VIETTEL編)

 こんにちは。今回は、先日のハノイ旅行で初めて4G通信を使ってみましたので、自分の備忘録を兼ねて(;´∀`)記事にしておきます~~。
IMG_0859
 実は、私はいつも空港で通信を開通させちゃいます。到着口を出たすぐ横にショップがありますし、市街行のバスの中で現地の友達と連絡を取り合いたいですからね。先日(2017年5月)のハノイ旅行でも、いつもどおり空港でトラベラーズSIMを入れようとしたんですが……。
sim05
 むむむ(`・д・´)、なにげに高いぞ!?MOBIFONEが25万ドン(約1250円)で4GBってなにさ! 前々回の2016年9月は、同じMOBIFONEが15万ドン(約750円)で8GBでしたよ!?ちょっとびっくりして、結局空港でトラベラーズSIMは買いませんでした。
(今考えると、4Gになって高くなった、とかあるのかな~?用紙にはどこにも「4G」とは書いてないけどね~??)

 空港の無料WIFIで友人に連絡して、ホテルへ行く前にご自宅へ直行しました。おみやげを渡して、一服したら、お願いして近所の携帯屋さんに連れて行ってもらいます。
IMG_0871
 ハノイの街を歩けば、ハノイの3大キャリア「VIETTEL(ヴィッテル)」、「Mobifone(モビフォン)」、「Vinaphone(ヴィナフォン)」の看板を掲げている、小さな携帯屋さんがたくさんあります。私は、なんとなくいつもMobifoneなので、連れて行ってもらったらシャッター半閉まりで店員おらず。あーれーーー。
IMG_0874
 まあいいや、と近くにあったVinaphoneのお店へ。おっちゃんが出てきたので「SIMください。(SIMフリーの)iphoneなので、nanoSIMでね~」とお願いしました(実際には「シム、シム」と連呼しながらiphoneのSIM差込口を指差してるだけです……)。
sim01
 そしたら、おっちゃん、ザラザラと中古SIMを出してきましたよ(;・∀・) ちがーーう!新しいのが欲しいのです。おっちゃんは「そうかい」とつぶやいて(たぶん)、VIETTELのSIMを持ってきてくれました。って、この店はVinaphone特約店じゃないんか~~い(・ε・)ムー SIMは4万ドン(約200円)で、安くていいね。
IMG_0859
 それにしても、4Gって書いてありますね。ハノイではいつも3Gなので、これはいいですな。わたくし、おもむろに、おっちゃんにiphoneを手渡します。おっちゃんは「俺がやるんかーい!」と言いつつ(たぶん)、カードからnanoSIMを切り出して(手でちぎって)、SIMを差し替えてくれました。専門店は、こういうサービスがいいですね(●´ω`●) ハノイでは、おばちゃんのやってる雑貨屋さんでもSIMを買うことができますが、おそらく差替えまではやってくれません。

 そして、電源を入れると一発でつながりました! ちゃんと「4G」と表示もされています。
sim02
 それにしても、プロファイル(スマホの設定)を変えたり、アクティベート(開通作業)しなくてもいいなんて、VIETTELもなかなか便利だな。(iphoneだけかもしれません。Androidではわかりませんので、ご注意ください)

 一緒に、5万ドン(約250円)分のトップアップカード(チャージカード)も購入します。
sim04
 トップアップが、ちゃんとVIETTELのものであることを確認してください。
IMG_0858 (3)
 そうそう、SIMの電話番号は、SIMのカード裏に手書きしてありました。01653369792ですね。
 また、お金のチャージは、カード裏の銀紙を削って番号を確認し、以下に電話をかけます。

*100*○○○#
(○○○部分に、削って出した番号を入れてください)


 これで5万ドン分チャージされましたので、次は通信プランを選ばなければ。プランは、SIMのカード裏に貼ってありました。いたれりつくせり。
sim03
 まあ、5万ドンしか入れてないし、「4G40」にしましょうかね。4万ドンで1GB使えますから、4日間くらいなら充分でしょう(実際、4日間で使いきれませんでした)。残った1万ドンは、緊急用の電話代です(^_^;)

*098*404#

 に電話をかければ、これまた簡単にインターネット「4G40」プランが開通です。
 ついでに、確認もしてみましょう。
sim06
 開通したかどうか確認するには、iphoneのメッセージアプリで、191に「ktmi」と送れば現在のプランが出てきます残りの通信料の確認は191に「kttk」です。

 ここで、スマホの専門家でしたら「下りは秒速○MB出てるぞ!」とか調べるのでしょうが、私の調査は「日本と同じくらい速ーーい!」という感想で終わりです(≡ω≡.) でも実際、全然ストレスなくインターネットを使うことができました。4Gすごい!!!一旦この快適さを味わったら、もう3Gには戻れないなーー。1GBプランで合計金額9万ドン(SIM4万ドン+チャージ5万ドン、約450円)でしたので、値段だけで言えば空港のトラベラーズSIMの半額以下で済みました。もっと通信料の多いプランでも、3GBで9万ドン(SIM込みで13万ドン)、5GBで12.5万ドン(SIM込みで16.5万ドン)ですから、それでもトラベラーズSIMより安いです。空港からハノイ市街への通信を少し我慢すれば(86番バスなら車内でWIFI使えますし)、次からはもうこのVIETTELの4Gでいいな~~(*´∇`*)

<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/4~2017/9版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村
探している料理名、観光地名を検索してみて下さい!
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
333ビール
楽天市場
ホテル予約 agoda
DeNAトラベル