こんにちは。今回紹介するのは、ハノイで85年も営業を続けている名店になります。御存知の通り、ベトナムでは1975年、いまから42年前まで戦争が行われていました。その前の1972年には、いわゆる「北爆」により、首都ハノイと港町ハイフォンは焼け野原になったといいます。なので、85年もずっと同じ場所で営業を続けているお店があることに、非常に驚きました。そしてもう一つ、このお店のブンオックの味にも大いに驚かされたのです。

IMG_1321
 これは、茹でタニシです。日本のサザエと同じくらいの大きさがあります。味も全然サザエに負けてないです。

 ガイドブックに載っていないハノイ街めぐり その47
<迷宮の奥にある本当の秘店 Quán Hùng Ốc gia truyền bà Lương> 

 ハノイ旅行最後の夜のこと。NHK-BS「世界入りにくい居酒屋」ハノイ編の小鳥料理のお店(過去記事リンクはコチラ)に連れて行ってくれた友人が、「この地区には、絶品のタニシ料理屋があるんだよ。最後に行こう」と誘ってくれました。もちろん、私に異存はありません。
IMG_1319
 場所は、やっぱり小鳥料理のお店のあるハノイの迷宮地区(過去記事リンクはコチラ)の奥深く。上の写真は、お店脇の路地裏を写したわけではなく、お店前のメイン道路になります(;´∀`) 私は友人についていっただけなので、もう一度行けと言われても、たどり着く自信はありません……。
IMG_1336
 ただ、お店は結構広いです。1階だけでなく、2階でも食事ができますよ。
<Quán Hùng Ốc gia truyền bà Lươngの場所>

 地図を見ると意外と主要道路からも近く、簡単に辿り着けそうな気もしますが……。もし行かれる方がいましたら、決して油断しないでください(;・∀・)

IMG_1326
 我々は2階に通されました。飾り付けはキンキラで、日本にもよくある古~~い感じの中華料理屋っぽいです(*´Д`*) こんな路地の奥にあるのに、すごく混んでます。

IMG_1333
 注文は、友人におまかせです。タニシ料理の専門店なので、タニシ料理を一通り頼んでくれるとのこと。期待できますね! 記事冒頭の茹でタニシも美味しかったですが、この香草(レモングラスかな?)と炒めてあるタニシ炒めも、スパイシーで絶品です。ビールがどんどん進みます。それにしても、タニシの粒が大きいなー。旧市街屋台の、ちんまりしたタニシとはモノが違いますね(☆゚∀゚)

IMG_1325
 これは、タニシとバナナの、(たぶん)炒めた料理。これも本当に美味しかった。バナナがすごくホクホクで、茹でたてのジャガイモみたい。日本の甘いバナナとは違う品種ですので、言われなければバナナとはわからないほどです。そのホクホクと、コリコリのタニシがすごくよく合います。
 それにしても、料理を運んでくれたお店のおじさんが、料理を出し終わった後も、ずっとテーブルの横にいますね~。そして、やたらと「おいしいか?」と聞いてきます。もちろん「rất ngon(とても美味しいです」を連発ですよ!それを聞いておじさんはニコニコです。

IMG_1332
 タニシじゃない料理も出てきました。これは「chả cá(チャーカー)」というベトナムのさつま揚げと、中央はタウナギを揚げたものです。これも、香ばしくて美味い!
 あと豆知識も。よくガイドブックでは「白身魚を揚げてブンと食べるハノイの名物料理」が「chả cá(チャーカー)」と書いてありますが、正式には「Chả cá Lã Vọng(チャーカーラヴォン)」ですのでお間違いの無いよう。

Chả cá Lã Vọng là tên của món chả cá đặc sản Hà Nội.
(ベトナム語Wikipedia「Chả cá Lã Vọng」から引用)
(チャーカーラヴォンは、ハノイ特産の魚を揚げた料理の名前です(私訳))

IMG_1331
 次は、春巻きと、お肉のラロット(と言う葉)巻きです。定番料理の味には厳しいわたくしですが(グルメ気取り(^_^;))、きっちり美味しいです。
 ここで、ずっと横にいるお店のおじさんのことを友人に聞いてみると、なんと店主の方だとのこと。通訳してもらうと「日本人が店に来るのは初めて(!?)なので、料理を食べた反応を見ている」んだそうです(●´ω`●) そして、おじさんは「このお店は創業85年なんだ」と自慢げに教えてくれました。「え!?戦争前からやっているの?」と聞いたら「そうだよ」とのこと。思えばこの前の小鳥料理屋さんもお婆ちゃんが昔からやっている老舗でしたし、あくまで私の推測ですが、この地区は空爆による被害が少なかったのかもしれません。

 ここまでの写真でわかるように、大量の料理ができてきたので、目一杯食べて、ごくごくビールを飲みました。お腹もいっぱいです。でも「締めにブンオックを食べるから」って言われて、無理だと断ったのですが、店主のおじさんも「うちのブンオックをぜひ食べていってくれ!」というものですから、それならと注文しました。
IMG_1335
 そしてひとくち……。こ、これは! 出汁がとってある!? スープに深いコクがあります。他店でも美味しいブンオックを食べましたが、スープはタニシの出汁が出ているものの、あとはトマトの酸味と味の素で全体的にスッキリした味わいでした。でも、ここのブンオックのスープは違います。懐かしい日本の鰹節出汁のような旨味を感じてビックリしている間に、トマトの酸味が後から付いてきます。ブンにこのスープが絡むので、美味しくないはずはありません。タニシも大きなのがゴロゴロ。う~~ん、今まで食べたブンオックとは比べられないほど美味しいですw(*゚o゚*)w
 先ほどまで本気で満腹だったのですが、「これは食べなければ!」と思い、結局全部頂きました。まだずっと横に立っている店主のおじさんに「いやー、今までハノイで食べたブンオックの中で、一番美味しかったです」と伝えました(ベトナム人の友人を通じてね(^_^;))。おじさんは「そうだろ」という顔でニッコリしてくれました。

 大満足でしたが、お腹はパンパンを超えて、パツンパツンです(;・∀・) あまりに苦しいので、友人のバイクの後ろに乗ってその友人宅へ向かい、少し休ませてもらったのでした。
IMG_1340
 苦しいと言いつつ、奥さんの出してくれたマンゴスチンを食べちゃう奴~~(。・ω・)ノ こうして、ハノイ旅行最後の夜を満喫した後、深夜便に乗るためにノイバイ空港へ向かったのでした。

 このお店は、本当にハノイの底力を感じさせてくれました。またぜひ再訪しなくては!他にも美味しい料理がたくさんあるそうですので(店主談)、それも食べてみたいのです。観光客が行きやすくて迷いにくいルートも確認しなければね(`・д・´)
 それと、この地区には、まだまだハノイの老舗の匂いがプンプンします。今後もこの地区のリサーチを続けて行きたいと思いますので、お楽しみに!ではでは。

<「2冊目のハノイガイドブック」(2017/4~2017/9版)発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村