こんにちは。今回は、コロナ気分を切り替えて(^o^;)、ハノイで食べられるフォー料理6種類を紹介します。フォー料理の種類がそんなにあるって、知ってました?

1、汁ありフォー(Phở nước)
IMG_9772
 日本人が考える、いわゆるベトナム名物「フォー」が、この汁あり麺料理です。ハノイ市内でも、この普通のフォーのお店が一番多いです。厳密には、牛肉のフォー(phở bò)鶏肉のフォー(phở gà)に分かれていて、お店も別になります(一部、両方食べられるお店もあります)。フォーは北部が本場と言われており、ハノイのフォーは特別に「phở Hà Nội」として、ハノイ名物料理の一つに数えられることもあります。

2、フォー炒め(フォーサオ、Phở xáo)
b3ad336e
 フォーの麺を、野菜や牛肉と一緒に炒めた料理です。スープを作る必要がないので、フォーの専門店ではない、一般の食堂や居酒屋(ビールのお店)などでも気軽に食べることができます。フォーの麺が柔らかいので、日本の焼きそばよりもモチモチした触感を楽しめます。

3、汁なしフォー(フォーチョン、Phở trộn)
IMG_0944
 スープがなく、濃い味の調味料と、具を混ぜて食べるフォーです。ベトナムでは、ただのスープのないのフォーではなく、全く別の料理としてとらえられています。味も、ベトナム醤油(nước tương)が使われていることが多く、汁ありのフォーとは全然違います。フォーの有名店には置いておらず、普通のフォーのお店のメニューを見てみるか、専門店を探す必要があります。

4、フォー春巻き(フォークオン、Phở cuốn)
66ac3d62
 フォーの麺は、板状に伸ばした米粉を細く切って作ります。その切る前の板状のフォーで、野菜や牛肉を包んだのがフォークオンです。モチモチしたフォーの皮が普通の生春巻きとは全然違う食感で、パクチーの効いたあっさりとした味わいもあって、ついつい何本も食べてしまいます。ハノイでは、バーディン区チュクバック地区(Trúc Bạch, Ba Đình)の名物として知られており、チュクバック湖の東岸には、たくさんの専門店が軒を連ねています。

5、フォー揚げ(フォーチエン、Phở chiên)
986d33ec
 フォーの皮を何枚か重ねて四角形に小さく切り、表面がカリカリになるまで揚げてあります。揚げると、重ねたフォーの間の空気が熱でふくらみ、座布団状になります。食感はサクサクで、「おかき」に近い味と食感です。もちろん、お菓子のおかきほど固くはありませんが、わりと食べ慣れた感じの、日本人をホッコリさせる味です。あんかけ状になっている牛肉と野菜と一緒に食べると美味しさが倍増します。4番のフォークオンと同じ専門店で食べることができます。

6、フォーの卵揚げ(フォーチエンチュン、Phở chiên trứng)
ce1238aa
 こちらは、5番のフォーチエンとは違って、麺状のフォーを、卵を衣にして揚げてあります。四角い皮と違って、揚げた麺はパリパリサクサクして、とてもフォーを食べているとは思えない食感です。やはり、牛肉や野菜のあんかけと一緒に食べます。こちらも、フォークオンの専門店に置いてあることが多いです。

 いかがでしょうか?ハノイ旅行に来たら、これらのフォー料理をすべて制覇してみるのも面白いかもしれません。また、2回目、3回目のハノイ旅行では、「フォー料理」だけに狙いを絞ってみるのはどうでしょうか。ぜひ、お試しください(´∀`*) ではでは。

<ベトナム旅行に役立つガイドブック5冊が発売中です!>
Amazon.co.jpアソシエイト


Amazon.co.jpアソシエイト

<Kindle Unlimited会員なら5冊が全部0円で読めます!>

Amazon.co.jpアソシエイト

<他の方のベトナム情報もぜひ参考にどうぞ> 

ベトナム(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村