2008年05月31日

古賀誠に女性刺客登場

古賀誠に女性刺客登場(福岡7区)

 本気で囁かれる自民党 古賀誠の落選
  
「次の衆院選は来年夏以降がいい」――。自民党の古賀誠選対委員長(67)が26日、東京都連との会合で発した一言が話題になっている。選挙を先延ばししたいのは、自分の選挙が危ないからじゃないかと憶測を呼んでいるのだ。

 実際、選挙区情勢はかなり苦しい。

「古賀誠の地元福岡7区では、落選するのではないかと本気で心配されています。前回、民主党は20代の無名候補しか立てられなかったのに7万5000票も得票した。古賀誠に対する批判票が相当あったのは間違いない。

そのうえ、昨年秋の総裁選で、福岡出身の麻生太郎を裏切り、福田擁立に動いたことで地元の県議団がカンカン。“反古賀”になっている。ただでさえ、選対委員長は選挙になっても地元に帰れず大変なのに、このままでは本当にヤバイ」(地元関係者)

 党四役を落選させるチャンスだと、民主党も重点選挙区に位置付け、勝てる候補をぶつけるつもりだ。

「いま刺客として浮上しているのが、元キャバ嬢の太田和美(28)です。小沢一郎の秘蔵っ子の太田和美は、06年の千葉7区補選で勝ったが、地盤を同僚議員に譲り、まだ選挙区が決まっていない。

本人は『小沢代表の指令ならどこにでも行く』と言っています。福岡7区は農村部や炭鉱地域が中心だが、無党派層が増えているだけに、元キャバ嬢が来れば話題になり、民主党にドッと票が集まる可能性があります」(永田町事情通)

 古賀誠の当落がどうなるか、見モノである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080531-00000008-gen-ent

 この際古賀誠が落選するなら、元キャバクラ嬢だろうが、誰でも良いことだ。とにかく、この古賀誠という人物を一日も早く政界から追放しなくてはならない。

 部落解放同盟と完全に裏でつながり、引退した野中広務に忠誠を誓う極めて危険な人物であり、次期衆院解散総選挙ではいの一番に落選して欲しい人物である。

 当「反日議員を落選させる会」でも、この古賀誠の落選運動に取り組みたいと思ってはいたが、何せ対抗馬の民主党の候補者も決まらないようでは見守るしかなかった。

 勿論、民主党候補を応援しても同じような「反日議員」であれば、これはどうにもならないが、この女性候補は現在の所、そのような反日性の強い候補者とも思えない。

 この女性代議士については、東京の公明党の太田昭宏代表の地盤で立候補するなどというニュースも流れていましたが、そちらの方は公明党との裏取り引きでも出来たのか、今度は古賀の選挙区に回されたようです。

 いずれにしても、今回の衆院選挙は小泉元首相が古賀誠と組んだことで、かなり様変わりをしています。先ず平沼赳夫氏の自民復党が消えたことです。

 これで平沼氏は新党の立ち上げをしなければならなくなりました。そこに小沢が目をつけて反自民ということで共闘を持ちかけています。国民新党もいずれ平沼新党に合流するかも知れません。

 小沢は平沼氏と組むことによって、民主党内の保守派の引き留めに一応は成功しています。小泉ー古賀VS小沢ー平沼などという対立軸を、一体誰が予想したでしょう。

 まさに日本の政界は本当に一寸先は闇の世界となっています。

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません。

zzzseto@docomo.ne.jp ※携帯からしかメールは送れません

  

Posted by hanrakukai at 17:35 衆院選情報 

2008年05月30日

小沢と鳩山、どちらもケチ・がめつい

小沢と鳩山… 

どちらもケチでがめつい

 
民主党はカネがない! 

小沢代表が鳩山幹事長に「君の財産を出せ」


 「キミの財産をよこせよ」。政権交代を旗印にして次期衆院選に向けた対策を急いでいる民主党だが、選挙資金の金策に頭を悩ます小沢一郎代表が最近、冗談めかして鳩山由紀夫幹事長に私財提供を求める一幕があった。

 鳩山氏は政界でも有数の資産家だが、すかさず「代表も(東京都港区内などに複数保有するマンションなどの)建物を売ればいいじゃないですか」と反論。小沢氏は「売ってもそんなにカネにならないよ」と弁解したという。

 民主党は党予算のほとんどが政党交付金頼みで、郵政解散となった平成17年の衆院選で議席を減らした結果、交付金も減ったが、昨年7月の参院選での大勝で、交付金が増額するなど党の財政は選挙の結果に左右される傾向がある。

 7月14日には、約2億5000万円の売り上げを目標に、政治資金パーティーを開くが、それでも「とても足りない状況」(党幹部)。このため、党内からはいざというときには「幹部の自宅を抵当にいれて借金するしかない」との声もあがっている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080529/stt0805290026000-n1.htm


 しかし、本当に小沢一郎と鳩山由紀夫の二人は仲が悪いようです。

 しかも、二人の共通点は政界でも有名で知らない人がいないというがめつさです。

 小沢が都内に隠し持っていたマンションの総額は30億円をくだらないと見られています。韓国人美人秘書をこのマンションに囲っているとの噂もありますが、どのような関係かは別にしても住んでいたのは事実です。

 そして、この疑惑のマンションこそ小沢にとっては一番触れられたくない話題です。
 鳩山幹事長が小沢に「君は金持ちなんだから、金を出してくれ」と言われた時に、この一番小沢が触れられたくない話題で反撃したというから、相当頭に来たのでしょう。

 なぜ、鳩山がこれほど反発したかと言えば、これは前々から「鳩山はケチでどうしようもない」と政界で陰口を叩かれてきたことをズバリ言われてしまったので、過剰反応したということです。

 まぁ〜、これは目糞、鼻糞のたぐいの話ですが、この二人は本当に大金持ちなのです。
 鳩山は元々が資産家の御曹司で、その個人資産は100億円をくだらない。

 対する小沢一郎も100億までは届かなくとも、相当溜め込んでいることだけは間違いない。しかし、こちらは政治団体を隠れ蓑にして個人財産を隠匿してきた疑いも持たれている。

 かつて党首であった自由党が解散した時など、政党助成金を国に返還しないで、他の政治団体に寄付をしてしまった。その金は軽く見積もっても数十億円あるが、これだって結局は小沢の金と同じでしょう。

 本人はまったく別の政治団体のものであるなどと言っているが、会計責任者は小沢の元秘書などがなっている。つまり、小沢が総理になる時の最後の実弾として保管されていると見るべきです。

 しかし、何でそんなに金が必要なのか?

 政党助成金で毎年百億円以上も入るのに不思議でならない。

 この政党助成交付金は使い道が自由になっている。よって、この莫大な金が選挙の度にテレビ・コマーシャルなどに使われてきた。小沢などはネット広告まで行なっていた。

 このようなマスコミ宣伝費に使うことは禁止すべきです。これではいくら金があっても足りない。そのような無駄遣いに金を出すほど日本の国家財政は余裕がない。

 テレビCM放映料などは早急に禁止して、政党助成金の正しい使途を決めなければ、いつまで経っても特定政党とマスコミの癒着が糾せないし、逆に酷くなる一方ではないのか。

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません。

zzzseto@docomo.ne.jp ※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 20:21 反日民主党 

2008年05月29日

司法の怠慢を徹底糾弾!

ご報告!

5・29 東京拘置所前抗議活動!

9984d1e6.JPG3cad7bfa.JPGf0b3d228.JPG






1d321033.JPG7452e19b.JPGd8b3949b.JPG 







 さる5月28日、東京地裁第531号法廷で行なわれた御茶ノ水駅事件中国人被告・李志に対する検察側の求刑は、たかだか懲役5年という極めて軽いものだった。

 【お茶の水駅事件の経緯】
 
昨年12月22日に、JRお茶の水駅で2人のシナ人によって男性警察官がホームに突き落とされ、電車にはねられて右足切断、頭蓋骨骨折、腰骨粉砕骨折、全治不能という「植物人間」にされた。
 しかも、犯人のシナ人・李志を東京地検は殺人未遂ではなく「傷害罪」で起訴した。走ってくる電車を確認し、線路に突き落とす行為が殺人にならないとした。
 
さらに犯行を否認し、争っている身でありながら司法当局はこのシナ人・李志を保釈までしている。
 
驚くべき地検の対シナ人屈服である。事件と裁判の経緯を深く注目しなければならない。
東京地裁 事件番号 20年刑(わ)67号



許すまじき裁判長の横暴!

 このような不当とも言える判決を聴いて黙っていられるはずはない!

 しかも、山口雅高裁判長は「閉廷」を宣言した後、傍聴者全員を席に座らせたまま犧瀋醋仁甅を下したのである!

 凶悪な支那・中国人被告らを先に退出させ、傍聴者に対して「第一回目の公判の折に、被告を取り囲むようなことがあった。裁判所内でこのようなことは許さない」と命じたのである。

 しかし、これまでの裁判(計4度)を通じて、そのような例は一度としてない。明らかに裁判長は無かったことをもとに傍聴者に対して説教を垂れている。

 警察官を駅のホームから突き落とし瀕死の重傷と一生背負わねばならない重度障害を負わせたとされる中国人・李被告が無罪を主張して争っている裁判だというのに、この被告の保釈を認めたばかりか、虚偽を述べて不当にも傍聴者全員の自由を封じたのである!

 当然、法廷内がざわつく―。

「司法の怠慢だ! 国民を欺く行為だ!」

 裁判長は、叫んだ『維新政党・新風』埼玉県本部の渡辺昇幹事長を拘束するように、法廷内にいた警備要員に命じた。

 即日、渡辺幹事長を東京拘置所に48時間拘置する決定が下されたため、その翌日となる本日、我々は裁判長の職権濫用と不当拘束、そして支那・中国人に対する司法の及び腰を糾弾すべく東京拘置所前で抗議活動を展開したものだ。

 東京拘置所では出入り口付近に多数の刑務官が配置されるなど物々しい警戒体制が敷かれる前で、熾烈且つ堂々たる抗議が行なわれた。

 日本人の被告に対する裁きに比して、支那・中国人に対しては起訴の段階からして寛大過ぎる措置がとられているのは「御茶ノ水駅事件」を見ても明白である。

 それを示すかのように、この東京拘置所には平成4年に八王子のパチンコ店で残忍な強殺事件を起こした二人の中国人死刑囚に対する刑が、事件から15年以上を経過しても未だに執行されていない。

 このまま司法の惨状を放置していては、ますます支那・中国人による凶悪犯罪続発を招き、日本人はただ殺されるのみだろう。
 
 断固として支那・中国人凶悪犯罪への断罪を求め、不当な司法の在り方に猛然と抗議した渡辺昇同志の即時釈放を主張して怒りの声を張り上げた!


反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません。

zzzseto@docomo.ne.jp ※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 21:52 活動予定・報告