2008年09月30日

韓国・北朝鮮の近況問題

韓国・北朝鮮の近況問題

 読者様からのメールがたまってしまったので、ここでまとめて紹介させて頂きます。

 反日国家韓国の近況

 =====ネットの記事から======

韓国紙から見た麻生内閣 「知韓」「名門貴族」「極右」

 韓国メディアは25日、相次いで麻生内閣の発足を伝えた。1面やトップで扱う新聞・テレビはほとんどなく、比較的地味な扱いになった。
中央日報は、中曽根弘文外相を「知韓派の中曽根元首相の息子」と紹介。ニュース専門チャンネルYTNは、小渕優子少子化担当相が、未来志向をうたった日韓共同宣言をまとめた小渕元首相の次女にあたることを紹介。

河村建夫官房長官が以前、外国人参政権に取り組む発言をしている場面の映像も流した。 一方、東亜日報は、解散総選挙を控えて地域への影響力が強い議員を積極的に起用した結果、18閣僚のうち13人を世襲議員が占め、「名門貴族内閣」になったと分析した。朝鮮日報は「極右閣僚布陣」と命名。中山成彬国土交通相を「従軍慰安婦の存在自体を否定した」、中川昭一財務相を「日本の核武装を主張した」と、それぞれ論評した。

============================

 読者のご意見

麻生氏が゛創始改名は朝鮮人が欲しがった゛と言ったのを忘れているようです。

相変わらず見たような顔ばかりですが、どんな選び方をしても媚南北朝鮮派や媚支那派を排除する事は出来ないのでしょうか、敢えて入れているのでしょうか、入れなければならないと言う協定が与党内にあるのでしょうか。何故か必ず入っています。

二世三世のように親が議員の場合は自分の意見を持つと言うより親から政治家としての考え方を教え込まれるのでこの悪循環から抜け出す事が出来ないのでこの売国議員が育っていく状態を止める事は出来ないような気がします。

この布陣で解散総選挙を闘うようですが顔ぶれだけで勝てそうには無いので何か確実な結果を少なくとも一つは残さないと選挙では惨敗すると思います。

しかし今の所、解決出来そうな問題は無く先行きは暗そうです、だからと言って民主党が政権を握ったからと言って解決する問題とも思えません

 =====ネットの記事から======

韓国、教科書記述で紛糾 政府と野党、太陽政策など巡り

 韓国で高校の近現代史教科書の記述を巡り、政府と野党の対立が激しくなっている。国防省は過去の軍事政権を正当化する表現を、統一省は金大中(キム・デジュン)政権を象徴する「太陽政策」の名称変更をそれぞれ要求。野党が「危険な政権の見方を子どもに強要している」と反発している。
修正意見は国防省が6月、教育科学技術省の求めで提出していたが、韓国内の報道をきっかけに政治問題化した。

国防省は一部教科書に対し、朴正熙(パク・チョンヒ)政権を「民族の近代化に貢献した」との表現にするよう、全斗煥(チョン・ドゥファン)政権に関する「強権政治」の記述を改めるようそれぞれ求めた。

また、済州島で48年に起きた左翼勢力の蜂起で一般住民が軍・警察に無差別に殺害された「済州島4・3事件」を「左翼勢力の大規模反乱」と変更するよう要求。同事件は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領が06年、「国家権力が不当に行使された」として遺族らに謝罪していたものだ。修正要求は25項目にのぼる。 統一省も、金大中政権の北朝鮮に対する「太陽政策」を、正式名称の「和解協力政策」にするよう求めた。

こうした動きに野党の民主党は、「無視できない歴史の否定」「国家の連続性を否定する行為」と強く反発。国防省は、4・3事件の「大規模反乱」を「武装暴動」に置き換えるとともに、要求の1項目を取り下げた。金夏中統一相も22日、「太陽政策」の併記を認める考えを示した。専門家からは「前政権が進めた歴史の再評価の揺り戻し」「10年にある統一地方選に向けた保守の結集軸作り」などの声が出ている。

============================

 読者のご意見

こうして歴史は作られると言う事を実践しているようです。時代の流れに合わせその時々で都合の良いように話を変えて学校で教えていく、これが日本に関する歴史であれば反日教育も自由自在に出来ると思います。

しかし、この様に変えられたら年代によって覚えている歴史の内容が変わってくるのではないでしょうか。結局朝鮮人は誰も自国の本当の歴史をしらないままに政府によって扇動され利用されて行くのでしょう。

今回変えてもまた時代の流れによって変えなければならない時代が来るかと思います。朝鮮人には現実を見つめる勇気が無いように思います。何時も逃げ回り真実から目を背け自分は一体何者なのかも分からないまま生きているような感じがします。

朝鮮人は知りたくない事に対しては耳を閉ざし、見たくない事からは目を閉ざすと言う条件反射的な特質があるので世間一般とは違った過激な反応を示してしまうのだと思います。

朝鮮の歴史自体有って無いような物なので誰も気にする事も無く、その時々に捏造された歴史を信じ続けていくしか無いのでしょう。しかし彼等にとっての現実とは一体何なのでしょうか、それは何処にあるのでしょうか。まるで自分達の国にさえ愛着が無いような感じがします。

 反日国家北朝鮮の核問題

 ======ネットの記事から======

北朝鮮技術者、イランで核弾頭開発支援…反体制組織が会見

イラン反体制組織・国民抵抗評議会は23日、ウィーンで記者会見し、北朝鮮技術者がイランで核弾頭と弾道ミサイル開発を支援していると指摘した。
事実なら、イランで収集された技術データは北朝鮮に送られ、核爆弾小型化などに利用される恐れがある。

同評議会によると、テヘラン南東部ホジルの丘陵地帯に秘密開発拠点があり、北朝鮮技術者が核弾頭の形状やミサイルの空力設計で協力している。北朝鮮技術者の関与は約2年前から強まり、専用の宿泊施設があって、多いときは数十人が滞在。秘密拠点には地下施設もあり、核爆弾を起爆する高性能爆薬の爆発試験が行われているという。 

イランと北朝鮮の弾道ミサイル開発での協力の歴史は古く、イランのシャハブ3は北朝鮮のノドンと同一とされる。シャハブ3に搭載できる核弾頭はノドンにも積める。
国民抵抗評議会は、2002年8月、イラン中部ナタンツの濃縮計画を暴露したことで知られる。
============================

 読者のご意見

今までの米朝会談は一体何だったのでしょうか。造ってしまった核兵器が存在する事を認めなくてはいけませんが、一番重要な問題である核の拡散すら防止出来ていない事になります。その上北朝鮮は核開発の技術を確実に進歩させているのは間違い無いと思います。

国が核兵器を持っていてもそう簡単に使用する事はありませんが、これがテロリストの手に渡れば話は全然違ってくる物と思います。テロリストはトップクラスの連中以外守るべき物を持っていないので彼等の手に核兵器が渡ってしまったら恐ろしい事態になる可能性が高くなって来ると考えざるを得ないと思います。

やはりヒル氏の行う譲歩外交が北朝鮮に遊ばれていたと言う事だけは間違いないと思います。結果的に現時点で北朝鮮の核兵器問題は出発点に戻ってしまったと言っても過言ではないと思います。

複数の理由が重なり日本の拉致問題も停滞したままになってしまいました。かと言って今の日本には何も出来ないのは事実だと思います。下手に山拓氏に動いてもらっても日本にとって良い結果は得られないと思います(既に山拓氏は北朝鮮に相手にされていない可能性もありますが)。拉致被害者を奪還すると言う強い意志は日本政府も含め常に大きな声をあげていかなければいけないと思います。


======ネットの記事から======

ヒル氏訪朝へ 暫定的にテロ支援国家指定解除も

 米メディアは28日、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が今週、北朝鮮訪問を計画していると伝えた。30日にソウルに入り、10月1日に平壌入りするとみられる。

ヒル氏の訪朝は3回目。 北朝鮮が寧辺にある核施設の無能力化を中断し、再稼働に向けた動きをみせているため、対立している核施設の検証手続きについて打開を図るのがねらいだ。ヒル氏は(1)サンプル採取や主要施設への立ち入りなどの検証計画を北朝鮮が中国に提出(2)米国が北朝鮮へのテロ支援国家指定解除を暫定的に実施(3)中国が検証計画受け入れを発表−との段取りを検討しているという。

============================

 読者のご意見

金正日氏の健康状態も分からなければ北朝鮮政府内部がどの様なになっているのかも分からない今、ヒル氏は何かの結果が得られると思って行こうとしているのか、北朝鮮の現状を確かめる為に行くのか、最悪大統領選が始まるまでにブッシュが何らかの結果を残そうとして焦っているのか、3つのステップ全てが以前より北朝鮮に対して譲歩しているのでは無いかと思います。

金正日氏の健康状態を考慮しなければ現在北朝鮮か取っている態度は今までと何も変わらないのではないでしょうか。

アメリカが北朝鮮に手玉に取られているように見えるのはアメリカ政府自体が北朝鮮の核問題に余り関心が無いからではないかと思います。

アメリカにとってアジアは単なる貿易相手でしかなく軍事的には直接関係の無い遠い国々でしかなく、中東に対しては軍事力を使ってでもエネルギー争奪戦の勝利者になろうとしている所がアジアへの対応と違う所でありアジア地域をおざなりにしている原因のような気がします。

このままアメリカが北朝鮮に妥協していけば日本に対する北朝鮮の脅威は一向に減少する事無く米朝間だけで話が進んで行く事になり、例えば北朝鮮がミサイルを日本に撃ってきたとしてアメリカが自国民を犠牲にしてまで闘うとは思えません。

核ミサイルが発射された瞬間に日米同盟など吹き飛んでしまうのではないでしょうか。

アメリカは軍事的な抑止力として日本に駐屯しているので、アメリカが北朝鮮への妥協を続けて行けば現在の状況は何も改善されず脅威だけが残ってしまうのでは無いかと思います。

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

[NO!YAMATAKU]

  

Posted by hanrakukai at 11:09 反日国家・韓国 

2008年09月29日

9・27 池袋チャイナタウン粉砕行動!

大盛況!!

 さる平成20年9月27日、今年の6月以降、『主権回復を目指す会』や『NPO外国人犯罪追放運動』を中心とした「行動する保守」による4度目の「池袋チャイナタウン計画」粉砕行動が開催されたので、その様子をご紹介したい。

b9b71f12.JPG8c1a520e.JPG











111d5d9c.JPG3168bd55.JPG  

 活動ではそれぞれの弁士がチャイナタウンの建設によって池袋は言うに及ばず東京ひいては日本の治安悪化に繋がり、新たな不法シナ・中国人の呼び水になるとして懸念を表明!

 さらに、こうしたチャイナタウン計画と密接的に関連すると思われる自民党の「移民1千万人受け入れ計画」にも言及!

 在日シナ・中国人の数が瞬く間に在日朝鮮人を上回るなど、驚異的なスピードで進行する共産シナ・中国の「人口侵略」に歯止めをかけるためには、何としても池袋でのチャイナタウン計画を阻止しなければならず、日本がシナに飲み込まれるか否かの瀬戸際で、池袋周辺の住民ならびに日本国民を喚起すべく街頭で怒りの声を張り上げた!

 毎回、街頭活動に参加される方々の他に、立ち止まって演説に聴き入る人も多く、大きな成果を挙げることが出来たことは大きな成果と言える!

8218c983.JPG15c8eb31.JPG











1bd62261.JPG86800c55.JPG  

池袋チャイナタウン計画を

断じて許さないぞぉ―!!




☆動画ご紹介!

ドガログ版
【西村修平・八木康洋編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205339.flv

【有門大輔編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205342.flv

【酒井信彦編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205346.flv

【まき やすとも編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205347.flv

【黒田大輔編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205349.flv

【村田春樹編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205358.flv

【西村修平・原田君明編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205360.flv

【せと弘幸・西村修平編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee205365.flv

YouTube版
【西村修平・八木康洋編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=c6MRwo7Qamc

【有門大輔編】平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=yZtLn2ZaWY8

【酒井信彦編】平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=CyztDM243GE

【まき やすとも編】平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=dsWOlSfWEDc

【黒田大輔編】平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=MbTKqah5-Xg

【村田春樹編】平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=3IAKKQWuiLE

【西村修平・原田君明編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=gTPDSRGyNp4

【せと弘幸・西村修平編】
平成20年9月27日池袋・反シナ合同演説会
http://jp.youtube.com/watch?v=Bu9FackLPMk

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

[NO!YAMATAKU]

  
Posted by hanrakukai at 20:52

2008年09月27日

言われなくても米国との協調だ!

麻生新首相に「中国との協調」を“進言” NYタイムズ

 25日付の米紙ニューヨーク・タイムズは麻生太郎首相を社説で取り上げ、「隣国を対等に扱い、国粋主義を現実主義に入れ替える必要がある」と“進言”した。 
 「タロー・アソウの復活」と題した社説は麻生氏について「隣国では好戦的な国粋主義者としてよく知られている」と紹介、「日本が植民地支配下で行ったことを称賛し、第2次大戦での旧日本軍の残虐行為を正当化して中国や韓国との関係を損ねた」と記述した。
 さらに「日本の将来は最大の貿易相手国である中国、韓国、急速に発展する他の近隣国と政治・経済的関係の強化にかかっている」と協調姿勢をとるよう提案した。
 一方で、「麻生氏が現実主義的な政策を取れれば、首相として成功するだろう」とエールも送った。
 同紙は、2006年2月にも「日本の不愉快な外相」と当時外相だった麻生氏を社説で取り上げ「(日本の植民地支配などに関する麻生氏の発言は)誠実さも賢明さもない扇動的なもの」と批判。日本政府が同紙に反論を投稿した経緯がある。

============================

読者のご意見

 隣国を対等に扱う為にはその隣国も日本にとって対等に扱うべき国である事が大切だと思いますが、彼等の言う所の隣国はまだその時期ではないと思います。

「隣国では好戦的な国粋主義者としてよく知られている」

 その隣国は現在日本に対して何をしているのでしょうか。
 支那は東シナ海ガス田開発時に武力をちらつかせ、南朝鮮は竹島を警察が守っていると言いながら実質的には軍が支配しています。
 日本は朝鮮を植民地支配していないし支那に残虐行為は働いていません。
 この二国との関係が上手く行かないのは両国が日本を勝手に敵対視しているからに過ぎないと思います。

 支那も朝鮮も日本が相手にしなければ経済が成り立たず、特に朝鮮は数年も経ずして崩壊するかもしれません。

 これはアメリカの新聞だと思いますが「(日本の植民地支配などに関する麻生氏の発言は)誠実さも賢明さもない扇動的なもの」と言うのは誰の意見なのでしょうか。

 少なくともアメリカが触れる問題では無いと思います。ニューヨークタイムズに働きかけている国または新聞社があるようですが、外国の新聞社にまで食い込んでまで日本を貶めようとするなど、実際新聞を読んでいるアメリカ人などは呆れているのではないでしょうか。

 それとも購読するタイプの人が決まっているのでしょうか、日本のある一部の新聞社のように。


管理者の意見

 日本の首相に新しく就任した人に「国粋主義は良くない」だの「現実主義を取り入れろ」などとは大きなお世話である。

 主権国家であり、かつ民主主義を一貫して尊重してきた日本に共産支那の配下になれというほうが、よほど非現実的というものだろう。

 ニューヨーク某紙は現実的な路線として、米国のように自由と民主主義を守る為に共産主義とそのような思想を頑なに堅持する北京政府を葬ることに務めよとでも言いたいのだろうか(苦笑)。

 そのような路線なら望むところだ。

 それにしても麻生首相に「国粋主義」を見い出すとは何とかタイムズという新聞の目も節穴ではないか。

 世界的に見れば中道の域にも達しないかも知れないというのに。

 こちらからも米国に提言しよう。

 シナ、ロシアが急速に台頭する中、日本を対等な同盟国として扱い、その関係を強化することに努める次期大統領を選出しなければ米国の命運も危うくなりますよと。

:関連記事
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51219472.html

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

[NO!YAMATAKU]

  
Posted by hanrakukai at 01:39