2008年12月31日

ゼネコン違法献金が小沢一郎へ

ゼネコン違法献金が民主・小沢一郎へ

 
西松建設OB2団体 脱法的献金 4億8000万円…民主党・小沢一郎など建設族議員に

 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)のOB二人が設立した二つの政治団体が、二〇〇六年末までの約十年間に、総額約四億八千万円の政治献金をしていたことが分かった。

 複数の同社関係者は本紙の取材に「実体は同社がつくった政治団体」と認めている。政治家個人に対する企業献金は禁じられており、同社は“抜け道”を利用した脱法的な献金を続けていた可能性が強い。 

 同社については、海外事業で捻出(ねんしゅつ)した裏金一億円を、無届けで国内に持ち込んだ外為法違反の疑いで、東京地検特捜部が捜査を続けている。

 団体は「新政治問題研究会」と「未来産業研究会」。西松建設の営業管理部長を務めたOB二人がそれぞれ、一九九五年と九八年に設立。事務所は千代田区内のビルの同室で、〇六年末にそろって解散した。

 二団体の政治資金収支報告書や官報によると、新政治研は十二年間で約三億五千五百万円を寄付し、約七千百万円分のパーティー券を購入。未来研は九九年以降の八年間で、約二千九百万円を寄付、約二千二百万円分のパーティー券を買っていた。

 〇四−〇六年の主な献金は、小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」へ千四百万円、自民党・二階派の政治団体「新しい波」(二階俊博代表)へ七百七十八万円など、与野党首脳や建設族の議員が中心。小沢氏については、岩手県の政党支部にも千七百万円を寄付している。

 二団体の収入は会費と、年三回ずつ都内で開いていた政治資金パーティーの二本柱。会員は新政治研が数百−千四百人、未来研が百人前後。パーティーでは一回平均二百万円近い収入が計上されているが、参加者など実態は不透明だ。

 二団体の代表を務めた西松建設OB二人には、文書などで取材を申し込んだが、二十八日までに応じていない。西松建設総務部は「捜査が続いている現時点では、何もコメントできない」としている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008122902000093.html


 何と言ってもこの西松建設OBの違法献金の額が他を抜きん出て多いのが民主党の小沢一郎である。

 この事件をどこまで検察庁が掘り下げようとしているかは分かりませんが、これは献金を受けていた小沢の側も違法な献金であることを十分承知の上ではなかったか。

 このような法律の裏をかくというか、脱法行為は小沢の得意とする汚いやり口であり、違法スレスレなことをして、巨額な金を懐にしたのが小沢という政治家なのです。

 何故、ゼネコンが小沢に対して、これだけ巨額な資金を提供してきたか、それは小沢が岩手県の公共事業を支配して采配しているからです。

 小沢に金を貢がなければ、仕事がもらえないということが分かっているからこそ、ゼネコン各社は争うように小沢に巨額な資金を提供しているわけです。

 このようなゼネコンからの怪しい金を集めているのは秘書の仕事でもあります。小沢の選挙区からはかつて小沢の秘書を務めた人が自民党から出馬を表明しています。

 小沢の汚い部分を全て知り尽くした、この元秘書が小沢のスキャンダルを暴露するのではないかと言われてきました。小沢はそれを恐れ未だに選挙区が決まっていません。

 他の自民党の代議士も金はもらっているようですが、これはもう小沢を国会で喚問するしかないでしょう。西松建設のOBと小沢を徹底的に締め上げれば、小沢の薄汚い錬金術が明らかになることでしょう。

 読者の皆様には、この一年間のご支援本当にありがとう御座いました。来年もよろしくお願いします。

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

[NO!YAMATAKU]

http://jp.youtube.com/watch?v=fqdCdhDQe38&feature=related

  

Posted by hanrakukai at 19:00 自民党「反日派」 

2008年12月30日

解散しか言うことないの?

解散しか言うことないの?

解散「行き詰まれば2、3月」=民主党の菅直人代表代行

 民主党の菅直人代表代行は29日、千葉県市川市内で街頭演説し、衆院解散の時期について「麻生太郎首相が行き詰まれば、来年2月や3月もある」と述べた。次期通常国会に提出される、定額給付金を盛り込んだ2008年度第2次補正予算案の審議で首相を追い込み、早期解散に踏み切らせたいとの考えを示したものだ。

 一方で、「(首相が)自ら解散するなら、5、6月になる」と、補正予算案や09年度予算案、関連法案の成立まで乗り切れば首相の自主的判断による解散が可能になると指摘した。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008122900555


 口を開けば解散、解散とまるでバカの一つ覚えのように言っていますね。何度も書いていますが、解散権は総理大臣の専権事項であり、いくら小沢一郎や菅直人が言っても始まらない。

 しかし、民主党の幹部はそれしか口にしない。

 国民の暮らしなどどうでも良いのでしょう。マスメディアと組んで、とにかく解散に追い込み、自分達の反日政権誕生に狂喜乱舞しているのです。

 国民の多くがこの不況の中で、どれほど厳しい生活を余儀なくされているか、そのようなことにはお構いなしで、ただひたすら解散選挙に狂奔している。

 今の政治家はもう国民生活などどうでも良くて、自分達の権力闘争の魔力にとり憑かれてしまっているようです。

 このような人物達に日本の将来が弄ばれ、そして滅ぼされてしまうのかと思うと、本当に心の底から強い憤りを覚えずにはいられない。

 政治が国民から益々縁遠くなっています。この政治を弄んできた政治家のツケは必ずや、彼らの頭上で炸裂することになるでしょう。

 我々は反日政治家に対して、来年は徹底的な攻撃を加え、容赦なくこれを追放するために戦いたいと思います。


応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

[NO!YAMATAKU]

http://jp.youtube.com/watch?v=fqdCdhDQe38&feature=related

  
Posted by hanrakukai at 16:48 反日民主党 

2008年12月28日

民主党が政権移行構想

民主が政権移行構想 3日かけ組閣作業

 民主党は衆院解散・総選挙後の政権交代を視野に政権移行準備に着手した。

 政治主導による政策決定を実現するため、閣僚、副大臣、政務官をチームとして機能させる法改正を検討。円滑な政権移行のため、国会の首相指名から組閣までに一定の準備期間を確保する方針だ。

 同党の小沢一郎代表は政治主導による新しい政治システムの構築を目指している。

 これを踏まえ、民主党政権が実現した場合、各省庁に政治家が担当する閣僚、副大臣、政務官による「政務三役会議」(仮称)を設置。

 同会議が省庁全体を指揮、監督することで政治主導を可能にし、省益に偏った政策を防ぐという。

 また、各省庁に民主党議員100人程度を配置する小沢氏の政権構想実現のため、副大臣、政務官の定数見直しに向け、国家行政組織法の改正にも取り組む。

 一方、国会の首相指名選挙から組閣までの期間を延ばすのは、短い準備期間で政権を発足させた場合、官僚による政権コントロールを許しかねないとの判断がある。

 通常は半日から1日程度の首相指名から組閣までの期間を3日間以上として、この間に、首相と閣僚候補者が内閣として政策目標について十分な意思統一を図る、としている。
 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008122890070625.html?ref=rank


 
来年はトンデモナイ年になりそうです。
 民主党が総選挙で圧勝して、反日政権が誕生することになるでしょう。豪腕・小沢が官僚機構に睨みを効かせ、労組団体の支配が強まります。

 労組団体が幅を利かせ、労組団体の息のかかった者でないと出世も出来なくなります。官僚組織が自民党から離れ、自民党は一気に力を失い、民主党の独裁的権力が益々強まることになります。

 自民党の支持層とはイデオロギーに支えられた人々ではなく、業界の団体などが多く、そのような人達にとっては各省の許認可や仕事で有利に運ぶことが絶対な条件となります。

 選挙で自民党を応援する、その応援を受けて当選した代議士が役所に口ぞえをしてくれる。その便宜供与の関係によって支えられています。

 その政官癒着の構造が、今度は自民党ではなく民主党に移行してしまいます。また、民主党は労組の支援も受けており、官僚組織はその労組と民主党を恐れ、雪崩を打って民主党に屈することになります。

 一旦権力の座から追われた自民党が再度権力の座に戻れる可能性は非常に少ないと考えざるを得ません。小沢一郎が狙っているのはまさにそのことにあります。

 今回の省庁を指揮・監督するということは、民主党による絶対的支配体制の確立に他なりません。自民党が完全に官僚組織から追放されるのも時間の問題となりました。

 保守勢力を代表してきた自民党が、保守勢力の声を代弁できなくなった時に、これまで自民党にすがってきた保守勢力が何処に向かうのか?

 そのことなども含めて来年は大きな動きが見られそうです。


民主党の影の内閣の恐ろしい実情 本当に民主で良いんですか?

http://jp.youtube.com/watch?v=KMnypPKMXWU&feature=related


応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

[NO!YAMATAKU]

http://jp.youtube.com/watch?v=fqdCdhDQe38&feature=related

  
Posted by hanrakukai at 19:07 反日民主党