2007年11月26日

「南京大虐殺」という虚妄

「南京大虐殺」という虚妄

======ネットの記事から======

南京大虐殺めぐり日中研究者がシンポ

12月の南京事件70周年にあわせて、日中の研究者が新たな研究成果を発表する「南京大虐殺史料学術シンポジウム」(南京大学南京大虐殺史研究所主催)が24、25の両日、中国江蘇省の南京市内で開かれた。

日本から大学教授や市民団体代表ら約30人が参加。都留文科大学の笠原十九司教授は、旧日本兵の遺族から新たに入手した当時の日記や写真を紹介し、虐殺の実態を解説した。中国側研究者の一人は、事件直後に埋葬された死体数の計算にかなりの重複がある点を指摘、「従来の認識よりも少なくなる可能性がある」と話した。

============================

どんな茶番が繰り広げられたのか大変興味深いと思います。

Wikipediaを信用するならば、この教授は南京大虐殺肯定派のようです。

経歴の中に”1999年より南京師範大学南京大虐殺研究センター客員教授、2000年より南開大学歴史学部の客員教授を務める”とあります、このシンポジウムは既に筋書きが決められた物かもしれません。

Wikipediaの中に同教授が複数の人と共著された本が紹介されていますが、その本が何と"『南京大虐殺否定論13のウソ』(南京事件調査研究会,柏書房,1999年)著者は井上久士、小野賢二、笠原十九司、藤原彰、本多勝一、吉田裕、渡辺春巳"となっています。

これを見ればシンポジウムの方向性は一目瞭然だと思います、"南京問題は肯定しつつも適当な所で折り合いを付ける"ではないでしょうか?

中国側研究者が"「従来の認識よりも少なくなる可能性がある」"と言っているので犠牲者の数を低く抑える程度ではないかと思います。

内容が詳しく書かれていないので何とも言えませんが、中国側研究者の発言が示すように支那側も一時的であるにせよソフト路線で行くのではないかと思われます(支那での国際的な行事が終わるまでは)。

研究者のシンポジウムに日本から市民団体が行くこと自体がオカシイのではないかと思います。
結局、日本側から出席した人たちの名前を見れば”あ〜やっぱり”と言う事になってしまう様な気がしますが、この30人の中に南京大虐殺否定派はいたのでしょうか、フェアな話し合いがなされたのでしょうか?

今でも、この様に捏造された物を信じている人がいるとは信じられません。
真実から目を背けて思い込みから抜け出せないでいるようで、何かカルト宗教の信者の様に見えてしまいます。
支那は何も変わるはずが無く日本の政治家が変えていかなけらばいけないのに、そのトップが売国行為を行っているようでは、、、、

右を見ても左を見ても左ばかり、この先支那の侵略を止める事は出来るんでしょうか?
日本政府の危機感の無さには驚くばかりです。
読者のメールより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 また、南京事件に関するニュースですが、なぜこうもシナの言い分を正当化するようなイベントばかりが行われるのでしょう。研究成果の発表などと報道されていますが、もうこれは「日本糾弾」イベントと言って良いでしょう。

 この南京問題では最近、阿羅健一  氏が「〈再検証〉南京で本当は何が起こったのか」を出版されました。

 http://books.livedoor.com/item4198624305.html

 この「南京事件」は朝日新聞社のでっち上げですが、朝日新聞記者によって否定されています。

 「南京大虐殺」はなかった。の中から転載

  作家の阿羅健一氏の著書「聞き書 南京事件」(現在は絶版、小学館刊「南京事件日本人48人の証言」にて再販中)は、当時戦場にいたジャーナリストの人達に集まってもらい虐殺があったかどうかをたずねているものですが、ほとんどの記者が、
 「そんなことはなかった」と言っております。

 有名な細川隆元さんは朝日新聞の編集長だった方ですが、その細川さんが編集長時代に南京に派遣していた記者を集めて、南京虐殺事件の事を聞いたところ、

 「そんなものはありません。」とハッキリ答えたと言っておられます。

 要するに、モノを正しく見て正しい事を言おうとする人は、南京に虐殺事件はなかったとハッキリ言っているのです。

 虐殺があったと言っている人達は、世の中に迎合している人が多いのです。

 http://www.history.gr.jp/~nanking/moriou.html

 朝日新聞社が数日前に1ページを使って南京問題の特集をやっていました。ろくろく読みもしませんでしたが、この冒頭の記事に併せた企画だったのでしょう。

 ブログ・ランキングへの応援クリックを!

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません。

zzzseto@docomo.ne.jp ※携帯からしかメールは送れません

 

 


 



Posted by hanrakukai at 15:24│
この記事へのコメント
いつも拝見しております。

ここ一週間前からWikipediaにアクセスできなくなってしまいました。
何もやましいこともしていないのに、どうしてなのか不思議です。

政府はどうしていつまで経ってもこんな反日国家を見限ったり、手を切ることができないのか不思議でなりません。
もっと積極的に抗議したり、逆に政府単位で中国の悪事を広報するということがどうして出来ないのかいつも疑問です。

日本のことは愛していますが、今の指導層には疑問ばかりを感じてしまいます。
今の日本の対応を見る限り、指導層はまるで日本人じゃないみたいで。
Posted by 一個人 at 2007年11月26日 16:50
『:無い:ものは:無い:』
それが全てです。

Posted by 飴屋惣助 at 2007年11月26日 18:29
はじめまして、以下のサイト、ご存知ですか?
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column067.html
Posted by ckminami at 2007年11月27日 08:13
現在仕事で反日国に在住しています。
この国に来たことにより、私の内で愛国心が意識されるようになり、強いものとなりました。
今の政権も野党も、反日的な政治家ばかりで情けなくなって来ます。
一体日本はどこにいこうとしているのでしょう。
憂国の志士が立ち上がろうとしておられますが、なかなか大変そうですね。
Posted by 憂国woman at 2007年11月27日 11:44
南京大虐殺はなかった…これはまぁ事実でしょう。しかし日本だって中国人の方を殺しているし中国だって日本人を殺しています。中国の一方的な抗議はむかつきますがそれはそれでほっとけばいいのでは?また支那など差別的な言葉をつかうのはやめたらどーですか?在日は悪い人ばかりではなく金本選手のように日本のスポーツ発展に貢献している在日の方もいます。在日=悪という瀬戸さんなどの考え方は間違ってるとおもいます。
Posted by なや at 2007年11月27日 20:49
殆どの日本国民が「南京事件があろうと
なかろうと今の生活に関係ない」とか
「そんな昔のことにこだわっていない」
と思ってるのでしょうが、その隙をついて
シナ及び反日識者達は着々と既成事実化を
進めてきているんじゃないでしょうか?
確か数年前にも台湾で「南京事件は国民党
のプロパガンダであったと証明する旨の
資料が見つかった」と言うのがどこかに載っていた気がするんですが、
↓↓続く
Posted by poko at 2007年11月28日 15:28
↓↓続き

大体マスコミがそういう事に関して知らんぷり
するどころか、再検証するような素振りで
最終的には「あった」方へ誘導するような
番組や記事をアサヒったりしてますよね。
Posted by poko at 2007年11月28日 15:31
>>なやさん

確かに日中双方に殺し殺されは
あったでしょう。
しかし問題は、あなたが戦時における
合法的な殺人行為とそうでない物の区別が
付かないことにあると思います。
それと中国は日本に対し「恫喝すれば金も謝罪も引き出せる国」
と言う印象を持っており、それを外交交渉上
実にうまく使ってます。
放っておけば良いなんてド素人目線で
議論しようとすると鼻で笑われますよ。

あと金本関係なくね?
Posted by poko at 2007年11月28日 15:41
殺人に合法なものなどないのでは?あと金本をだしたのはあなたがたが在日=悪と考えているので金本みたいな凄い在日もいますよと参考までにだしただけです。
Posted by なや at 2007年11月28日 17:36
>>なやさん

何度も言うの嫌なんですが、「戦時における」
と前置きしたんですけどね…
平時に合法殺人などあったら恐ろしいに
決まってるでしょ。
戦争は互いの国の軍隊のぶつかり合い、
戦闘行為は正当行為ですが捕虜虐待や
民間人殺害などは戦争犯罪で裁かれるのです。
中国は民間人と区別の付かない便衣兵
(即ちゲリラ)が日本兵を襲撃するなど
卑劣な手を使い戦闘をおこなって
きたりしており
↓↓続く
Posted by poko at 2007年11月28日 22:15
↓↓続き

そう言った中で民間人も誤射した可能性
もあるでしょう。
誤射なら許せとは言いませんが、誰が
敵か分からない極限状態の中で戦っていた
と言うことは少なからず理解しても
良いんじゃないかと思います。
まぁ南京を批判するなら通州事件を
謝罪しろと言いたい。
あと「在日=悪」だと言っているのが
あなた方だ…と、一言も発してない私まで
一括りにするのは良くないですね。
まぁ犯罪は多いですけどね。
Posted by poko at 2007年11月28日 22:26
殺人が合法になる状態自体異常でしょう。戦争にただしいもなにもありませんよ。瀬戸先生も過去の日本を正当化されるだけでなく過ちもみとめブログに書くべきです。自分は自衛のための戦争は否定しません。しかし自国の過去をすべて正当化するのはやめていただきたい。
以上。
Posted by なや at 2007年11月28日 22:31
在日朝鮮人とゆう存在は、日本人やその他の外国人への差別です。金本うんぬんの在日的言い訳は聞き飽きた!なら、善良で優秀な日本人に、どれだけ迷惑かければ気がすむんですか?沢山ホームランを打つ在日野球選手が一人いたとして、許される事ではない、不愉快です!ここは日本です。何時まで日本国民にお世話・厄介かければすむんですか?
自国の過去をすべて正当化するどころか、嘘に嘘を塗りたくっているシナ・朝鮮人は、日本人に土下座外交しまくるまで、許さないよ!
Posted by 言い訳はもいらない at 2007年11月30日 03:19
在日は悪い人ばかりではなく金本選手のように日本のスポーツ発展に貢献している??

ふざけるな!
シナの奴隷・属国の哀れな朝鮮を救い、満足に食べられる様になったのは、日本のお陰じゃないか!
忘恩の国・朝鮮。恨の国・朝鮮。
一人の朝鮮スポーツ選手にこだわるのなら、貧国・朝鮮を豊かにしてくれた大恩・日本へ感謝しなさい。感謝一つできない、それが朝鮮の特徴。


Posted by 日本への感謝がないね at 2007年11月30日 03:36
金本がいなくても、日本野球界は進んでゆきます。
日本人には金本より、優秀な人材いますからね。
日本で金本が、お金を稼がせていただいているだけでしょ。ありがたいです・・と在日は頭を垂れるべきでは?なんなら日本から立ち去ればいいじゃないですか、ナヤさんも金本も・・・。
Posted by 日本大好き人間より at 2007年12月01日 01:34