2009年06月16日

鳩山由紀夫の戯言と消された映像

鳩山由紀夫の戯言と消された映像

民主党 鳩山氏は日本人は外国の血が混じることをおそれるな!!という。

あなたの周りに、「自民党が駄目だから民主を支持する」「一回民主党にやらせてみたらいい」 「民主党だって日本の政党なんだから、日本に悪いことをする訳が無い」なんて思っている人はいませんか?
そんな人が居たら、ぜひ教えてあぐげてください…

民主党、鳩山幹事長から信じられない言葉が出ました。
それでも、民主党を支持できますか?


▼4月17日(金)ニコニコ生放送での発言▼
司会:「民主党の政策で昔からどうしても納得が出来ず、いまだに納得のいく回答を聞いたことの無い質問をさせて頂きます。
民主党が推し進める法案の一つ、永住外国人への地方参政権付与問題について、日本人にとってどういったメリットがあるのか、お聞かせ下さい。
次期政権を担うおつもりでしたら、政局ではなく政策で国民を納得させる義務があると思います。

鳩山:「私は日本人が自信を失っていると。自信を失うと他の国の血が入ってくることを認めないという社会になりつつあるな、と。
それが非常に怖いと思っています。むしろ、その定住外国人の話などは、税金を彼らは納めている訳ですよね、その地域に根が生えて一生懸命頑張っている人たちがたくさんいる訳です。その人たちに、むしろ参政権ぐらいは与える度量の広さをね、日本人として持つべきではないかと。

私は何か、いわゆる普通の人と逆みたいな言い方をするかもしれませんが、自信があればもっと門戸を開いて良いじゃないかと。

これからいずれにしてもこの国はですね、出生率いま1.32とか、そんな低いところにある訳ですから、この出生率の問題だけ考えてみても、もっと海外に心を開くということを行なわないと、世界に向けても尊敬される日本にもならないし、 また、日本の国土を守ることもできなくなってくると、そう思っていますから、私は定住外国人の参政権ぐらい当然付与されるべきだと、そう思っています。ただ、民主党の中にも結構ですね、根強い反対論があります。」

司会:「 『責任取れないことを軽々しく言うな』という書き込みがあります。  『外国の状況を把握してから言ったらどうだ』というふうな声もありますけれども。 」

鳩:「一部にはありますね。日本人として、もっと自信持たなきゃダメですね。」

司会:「つまり日本人としての自信があれば、そのぉ… 」

鳩:「アメリカなんかそうでしょう?もう。私は、アメリカの良さはそういう度量の広さ、色の白黒の問題もありますけれどもそういった方々を全部乗り越えてね…」

司会:「自信の有る無しの問題ではない」という書き込みもありますけれども」

鳩:「だから、みんなそう言っちゃうんですよ。でも自信の有る無しの問題なんです。自信があれば、もっと度量を広く持てば、日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから、もっと多くの方々に参加をしてもらえるような、喜んでもらえるような、そんな土壌にしなきゃダメですよ。」
<中略>「もっともっと心を広く持たないと。私は仏教の心をね、日本人が一番世界の中で持ってるはずなのに、なんで他国の人たちが地方参政権ひとつ持つことを許せないのかと。少なく とも韓国はもう認めている訳ですよね。彼らが認めていて我々が認めないというのは、非常に恥ずかしいと思いますね、私は。」

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=41886219&comm_id=3458643
からの紹介ですが、映像は消されていました。なぜ消す必要があったのでしょう。




 

 

 

 

応援クリックお願いします!

反日議員を落選させよう! 

  

Posted by hanrakukai at 12:58

2009年06月06日

鳩山代表、話が違うじゃないの?

鳩山代表、話が違うじゃないの?

「外国人参政権」見送りのはずが、意欲の表明ですか?

 鳩山代表韓国訪問

 鳩山氏は地方参政権付与問題でも側近議員に「次期衆院選で保守層が逃げるので触れないでほしい」とクギを刺されていたが、危うい場面もあった。

 李大統領は「鳩山代表は日韓関係や在日韓国人問題で進んだ認識を持っている」と褒め、言質を引き出そうとした。鳩山氏は直接的な言及をさけたが、「おかげで多くの民団(在日本大韓民国民団)の方々の支持をいただいている」と応じており、民団がかねて要望してきた参政権付与に踏み込んだと受け取られてもおかしくない。

 李大統領は「鳩山代表は日韓関係や在日韓国人問題で進んだ認識を持っている」と にこやかに語りかけた。定住外国人への地方参政権付与に賛同している鳩山氏から 言質を引き出そうとしたことは明らかだ。

 鳩山氏は記者会見で「(会談で)地方参政権について直接的な会話はなかった」と説明 したが、「政権をとった時は必然的になるのは間違いない」と地方参政権付与に重ねて 意欲を表明した。また、会談で鳩山氏は李大統領に「一部に過去の侵略行為や植民地化 を美化する風潮もあるが、私たちはそのような立場をとらない。私たちは過去の歴史を 直視する勇気を持っている」と断言した。

 この言葉の重みは鳩山氏が政権をとった後しか分からない。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090605/stt0906052013008-n1.htm

 誰しもが「えーっ」と思ったのではないでしょうか。

 確か鳩山民主党代表は日本においては、「外国人参政権の付与」問題に関しては、政権公約(マニフェスト)には入れない、つまり見送るということが報道されていました。

 日本では見送る、韓国では意欲を表明、これって一体どっちなんですか?

 、「政権をとった時は必然的になるのは間違いない」と地方参政権付与に重ねて 意欲を表明した。

 これは意欲を表明したというよりは、ヤル気満々のように聞こえますが、これって国民を余りにも小ばかにしていませんか?

 見送ると言った、その舌の根も乾かない内に、全く相反することを言うなんてこの党首はやはり信用できない人のようです。

 いずれにしても、本当はどっちなのか?

 ハッキリとして頂かないと行けません。

 これほど重大な問題で発言がコロコロと変わるようでは、とてもじゃないが民主党に国民は政権など任せるわけには行かないのです。

 

応援クリックお願いします!

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123
※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 
※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 09:39

2009年05月29日

鳩山民主代表「北朝鮮友愛外交」

鳩山民主代表「北朝鮮友愛外交」

先ずはじっくり読んでください ↓

 民主党の鳩山由紀夫代表は26日午後、党本部で行った定例記者会見で、自らの唱える「友愛外交」が核実験を強行した北朝鮮に対して通じるかを問われ、「価値観の異なる国同士がどのようにして 認めあえるようになるかということ」「敵視しあっていた独仏の間でもEUが出来上がった」と述べた。 記者会見の詳報は以下の通り。

 「最初に一言だけ申し上げておきます。それは言うまでもなく、北朝鮮の核実験再開に関してであります。 大変に遺憾なことが起きたわけでございますが、本日、衆院本会議場で、私どもは抗議の決議をまとめた わけでございます。

 国連の安保理の決議1718に続いて、新たな決議案を今、作る段階だとうかがっております。 当然のことながら、厳しい決議を目指して頑張っていただかなきゃなりませんが、そのなかでは、日本が アメリカあるいは韓国といかに協力をしていくかということが一番大きい話でありますけれども、そのなかで ロシア、特に中国の対応というものが一番重要ではないかと思っております。

 いかに中国あるいはロシアも そうですが、この2カ国を日米韓でリードをしながら理解を示してまとめていくかと。まさに日本のリーダーシップも 求められていくところではないかと。そのように考えております。私からは、きょうはこの1点だけ申し上げておきます」

−民主党と政府で対北朝鮮政策の大きな違いはないようだが、違いはあるか。民主党政権になったらどのような対北政策をとるか

 「拉致、ミサイル、核といった北朝鮮に対する対応に関しまして、基本的なスタンスで大きく違うということはありません。 私ども、拉致問題も大変、重要視しておりますから、拉致問題の解決というものに関しても、もっと政府が力を入れて もらわなければならないと思う意味においては、その対応の仕方に若干の違いがあろうかとは思っておりますが、 基本的な北朝鮮に対する対応の仕方が根本的に大きく違うというものではありません」

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090526/plc0905261915025-n1.htm


−鳩山由起夫代表は、普天間飛行場の県外移設などが盛り込まれた民主党の「沖縄ビジョン」について 維持すべきだと述べているが、次期衆院選のマニフェストに盛り込むのか。安倍晋三元首相が昨日、 「友愛外交が絶対に北朝鮮に通じないのは間違いない」と発言した。友愛外交は北朝鮮に通用するか

 「まず、沖縄ビジョンのマニフェストに入るかどうかということに関しては当然、今、直嶋(正行)政調会長を 中心にマニフェストづくりを行っていただいているわけであります。私の感覚とすれば当然、この中での 普天間の移設問題、望むは国外であるというところに関しては書き入れるのではないかと思っておりますが、 私まだ、この段階において、直嶋政調会長がマニフェストの中心的に今、努力をしていただいている最中 というところで、最後のところまではいたっていないと思っております」

 「それから、安倍元総理が友愛外交を否定されたのかもしれませんが、あの方には必ずしも友愛外交、 お分かりにならないかもしれません。決して友愛外交はなまっちょろい話ではありません。価値観の 異なる国同士というものがどのようにしたら、この世界の中で、お互いにその存在というものを認め合えるような 立場になり得るかということ。これは大変重要な、大きなテーマだと私は思います」

 「確かに北朝鮮のように、何を行うか分からないような国に対して、簡単に、この、いわゆる、たぶん、 北風と太陽でいえば太陽戦略みたいなものを想定しておっしゃっているのかもしれませんが、太陽的な 発想だけで北朝鮮のマントを脱がすことは難しいかもしれません。

 合わせて、北風との両面作戦と いうものが必要なのかもしれませんが、私は、だからといって、価値の違う国同士が、これをお互いに 認め合わないような外交というものを脱却しなければならない、大変重要な局面に来ているのでは ないかと。そのように考えておりまして、友愛外交をこれからも、もっと模索をしていくすることが、 私は政府にとっても必要だと思っております」(抜粋。本文はかなり長文です)

引用はここまで)

 友愛外交を理解できないのは、何も安倍元総理だけではないでしょう。一般の国民の多くが理解できないと思います。

 一体どうやって、ならず者国家を正しい方向に導くというのでしょう?

 結局のところ、鳩山代表は「友愛」などと言っていますが、カネで解決するしかないと思っているのでしょう。

 しかし、この鳩山さんの言葉を聞いていると、日本という国家にもう絶望です。何せ、この方が日本の最高指導者となる日が刻一刻と近づいているのです。

 何とも気が重い毎日が続きます。

応援クリックお願いしす!

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123
※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 
※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 19:47