2009年02月21日

洋服の色で疑心暗鬼(韓国)

洋服の色で疑心暗鬼(韓国)

青だから…どうの、赤と黒だからどうのとは、

一体何が言いたいの?

クリントン長官、韓国で赤、日本で青を着た理由…中央日報

 ヒラリー・クリントン米国務長官は今回の訪韓中、すべての公式日程に赤のジャケット、黒のズボン姿で現れた。 これに対し日本訪問中は青のジャケットを着ていた。

 クリントン長官が訪韓時に着た赤のジャケットは、昨年3月5日のオハイオ州選挙キャンペーン当時に着ていた服と同じだ。

 クリントン長官はなぜ韓国で赤の服を着たのか。 イメージテック研究所のチョン・ヨンア所長は毎日経済紙とのインタビューで「青は角を立てず信頼を抱いているという意味を表す」とし「今後、米日関係を円満に率いていくというメッセージが込められている」と分析した。

 チョン所長は「一方、韓国で着た赤いジャケットに黒のズボンは補色対比で強烈な印象を与えるファッションで、緊張と葛藤に対抗する決然たる意志を表明したもの」とし「韓米自由貿易協定(FTA)や北朝鮮の核問題など葛藤要素が多い現状況を念頭に置いて意図的に赤色を選択したようだ」と説明した。

 クリントン長官が今回の訪韓で着たパンツスーツは活動しやすいデザインだ。 普段から好むスカーフを着用せず格式に合ったスーツを選択し、女性的な面よりも自身が大統領の代わりに来た最高級長官であることを強調した。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=111658&servcode=A00§code=A20


 しかし、朝鮮半島の人って想像力が豊かなんですね。豊かというよりは余りにも気にし過ぎると言うべきでしょうか。

 クリントン国務長官が日本に来た時に着ていた服は青色だったので、これを次のように分析しています。

>「青は角を立てず信頼を抱いているという意味を表す」とし
>「今後、米日関係を円満に率いていくというメッセージが込められている」

 対して韓国で着ていた服は赤のジャケットと黒のズボンでした。そこで次のように分析しています。

>「一方、韓国で着た赤いジャケットに黒のズボンは補色対比で強烈な印象を与えるファッションで、
>緊張と葛藤に対抗する決然たる意志を表明したもの」とし「韓米自由貿易協定(FTA)や北朝鮮
>の核問題など葛藤要素が多い現状況を念頭に置いて意図的に赤色を選択したようだ」

 色彩学というものがあるかどうかは知りませんが、人間が青・赤・黒などを見た時に、このような感情を抱くということは、間違いではないかも知れません。

 しかし、それを意識してクリントン女史が服装の色を選んでいたとはとても思えないのですが、ここは韓国のマスコミ報道のほうが正しいのでしょうか?

 余りにもこのような問題でも、韓国は日本側を気にし過ぎてはいませんか? 何故それほどまでに日本との対比で見ようとばかりするのでしょう?

 勿論、この中央日報もこの服の色違いだけを強調するつもりはなく、日本と韓国を米国の新政権がどのように見ているのか? そのことを読者に伝えるために、一番分かりやすい例えとして取り上げたのでしょう。

 韓国には対米関係に関して不安感を抱くような論調が最近目立っていました。日本は同盟国と言いながら、韓国に関しては同盟国という言葉が使われずに、単に友好国扱いであったと嘆いている記事を目にしています。

 米国が朝鮮半島から簡単には手を引くことは考えられませんが、お荷物扱いに変わってきたことは明らかです。在韓米軍の撤退も視野に入れて米国の東アジア戦略は練られています。

 オバマ新政権が北朝鮮の核開発阻止に本格的に取り組むことになれば、北朝鮮はこれまで以上に韓国に対して強く攻撃的に当たることになるでしょう。

 韓国が北朝鮮からの様々な圧力と挑戦に対して、これを毅然として撥ね付けることが出来るのか? そのことに対して韓国国民も不安感を抱いているのではないでしょうか。

 国民が不安な状態である時に、シンボルカラーとなるのが赤と黒であることは歴史が示しています。ナチスドイツのハーケンクロイツの党旗はまさにそれでした。

 韓国国民は赤と黒の配色にまた違った思いを抱き始めているのかも知れませんね。その深層心理を読んでクリントン女史が服装の配色を決めていたとしたら、これはもう「御見それしました」の一言です。

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

  

Posted by hanrakukai at 10:33

2009年02月12日

韓国が在日犯罪者の引き取り拒否

韓国が在日犯罪者の引き取り拒否

 
在日韓国人の強制退去、韓国側が拒否…70年代外交文書で判明

 【ソウル=前田泰広】日本政府が1970年代後半、日本で犯罪を犯した在日韓国人を韓国に強制退去させようとし、韓国政府が受け入れを拒んでいたことが、韓国政府が12日公開した外交文書で明らかになった。

 拒否された日本側は、強制退去対象者を北朝鮮に送還する可能性を韓国側に「暗示」したとしている。

 外交文書によると、韓国政府は「韓国に生活基盤がない」などとして強制退去対象者20人の受け入れを拒否。在日韓国大使館は78年7月、「日本政府が北朝鮮に送還することを暗示した」と分析し、「日本との協議で1人の受け入れを決めた」と韓国外務省(現外交通商省)に報告した。だが同省は、「受け入れられない」と大使館に再協議を指示したとされる。 

2月12日0時3分配信 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090211-00000059-yom-int


 在日朝鮮人には特別永住という資格が付与されています。これは権利ではなく資格であり、見直しや廃止も将来は出来るというものです。未来永劫に渡って在日朝鮮人が日本で暮らしていけるということではありません。

 日本に住む在日朝鮮人には、南朝鮮の在日韓国人と北朝鮮の在日朝鮮人の二つに別けられますが、国交があるのは韓国だけであり、韓国は日本政府との間で朝鮮半島を統治する国家としての認知を日本政府に求めて来ました。

 しかし、今回の外交文書はこの韓国がその国家としての責任を果たしてこなかったということを証明するものです。

 それは特別永住者であっても、懲役7年以上の刑に服したものは国外退去にするということになっているのに、韓国はその懲役7年以上の刑に服した犯罪者の引取りを拒否していたことが明らかとなったからです

 これでは特別永住制度そのものが形骸化していることを証明するもので、これは今後明確にしなければならないことです。両国の公式な約束事として、この在日朝鮮人の特別永住が認められているとしたら、この犯罪者の引き取りも遵守しなければなりません。

 このことを法務省は明らかにして在日韓国人の懲役7年以上の刑に服した者に対しては厳しく対処すべきです。
 直ちに収監し韓国に対して引取りを迫るべきではないでしょうか。

 法務省は現在次々に法を破っています。法を守らなければならない立場の法務省の対応は、国民に対する背信行為に等しいものです。今回のニュースを垂れ流しで終わらせることなく、この問題(特別永住制度)をもう一度考える機会とすべきでしょう。
 

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 19:47

2009年01月16日

対馬は韓国領土で国会で審議!?

対馬が韓国領土で国会で審議?

 
韓国人よ頭は大丈夫か!

対馬を韓国領とするための「対馬の大韓民国領土確認及び返還要求決議案」
 
 韓国国会の外交通商統一委員会が、対馬を韓国領とするための「対馬の大韓民国領土確認及び返還要求決議案」を同委小委員会に付託していたことが14日、分かった。外務省が「日本の領土を守るため行動する議員連盟」総会で明らかにした。

 同決議案は昨年7月、韓国国会の与野党議員50人が提出、翌8月に同委員会に付託されていた。同省によると、決議案が小委員会に付託されたのは昨年12月10日で、韓国の外交通商相は「対馬に対する領有権主張は適切でない」と明言しているが、審議はまだ、始まっていないという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090115-00000085-san-kr


  このニュースをわが国の政治家はどのように考えているのでしょう?

 韓国人がまた馬鹿なことを言っていると思っているとしたら、トンデモないことになりかねません。韓国人は本気に対馬は自分たちの領土と思って主張しています。

 この動きは益々加速させて欲しいですね。
 そして小沢民主党政権が誕生した時には、韓国の国会で正式に決議して欲しいものだ。

 これは竹島どころではないでしょう。ようやくこのことで日本人も目覚めるのではないでしょうか。国内においては民団の施設が日本人の抗議で壊されるなどといった事態も考えられるかも知れません。

 今後の動きに注目したいと思いますが、この荒唐無稽な主張は今回は無視するとして、竹島問題について小沢・民主党に質問しましょう。

 

小沢民主党へ100の質問 

竹島は日本の領土だと思っているだけで良いんですか?


 小沢一郎の竹島に対する認識に関して、ネットでは「曖昧な返答でおかしい」という意見が圧倒的です。

 ネットでは次のように話題になっていました。

 竹島問題については、「私は竹島については日本の領土だと思っております。ただ、向こうは、 向こうで、その、(自国の領土だと)主張して実効支配しているわけですね。

 現実に。(日本の)主張をきちんと韓国にぶつけて話し合いをしなければいけない」と強調した。

 しかし、ネットでは「なぜ日本の領土だとはっきり言わないんだ!」という批判的な意見が多い。 ちなみに、外務省のホームページは韓国による竹島の占拠は「国際法上何ら根拠がないまま 行われている不法占拠」としている。
 
 この会見について「ニコニコ動画」のコメント欄には、「日本は数十年間公式に国際裁判を申請し 続けているのを知らんのか?」「民主には韓国要人と会って竹島問題で攻撃した議員は『一人も』いない」 などと書かれている。

 小沢代表の竹島に関する発言は、7月、ネット上で物議をかもした。
 「韓国が実力支配しているわけだから、それを放置しておいて、おれの領土だなんて言ったって どうしようもない」「歴史的なことをお互いに検証して、いずれどっちかに決めなきゃいかんでしょう」 などで、これを読む限りでは、小沢代表は竹島を日本の領土とは決め付けていない。

 民主党広報は、 「(思っている、というのは)小沢代表特有の言い方。日本政府と同じ、竹島は日本固有の領土、と言っています。特に誤解されるような事ではないと思うのですが・・・」という説明だった。(以上、抜粋)


 小沢一郎は昨年7月21日に韓国を訪れた時に、この竹島問題に関してはまったく触れませんでした。私はその時には次のようにブログで批判をしました。

 昨年の7月頃といえば、文部科学省の教科書記述問題で、この竹島問題が騒がれていた頃です。


「日韓関係を強化していくことで意見が一致した」

 この上記↑の報道を目にした時に、思わず首をかしげてしまいました。竹島問題について、この小沢一郎は何を韓国側に問い質したのでしょう?

 日韓関係を巡っては、この小沢が訪韓する直前までは、韓国中のマスメディアは日本批判の大合唱であり、韓国の政界においては竹島に対して正式な軍隊の派遣まで口にしていた時でもあるのです。

 このような時期における、この冒頭で紹介した「意見が一致した」というのは、どうしても考えられません。考えれるただ一つの理由は、この竹島問題について小沢一郎はまったく触れなかった。

 このようにしか考えられない。

 でなければ、「日韓関係を強化していくことで意見が一致した」などになる筈がないからです。

 日韓が鋭く対立する領土問題を棚上げにして、他のことで合意したということなのでしょうが、この点については小沢一郎という政治家のずるさというか、狡猾さを感じないわけにはいきません。

 確かに現時点で、この領土問題がすぐに解決される問題ではないので、これを敢えて取り上げなかったという意見に理解を示す人がいるかも知れません。

 しかし、それは違います。

 何が違うかと言えば、それは今回韓国が騒いでいるのは、日本が「竹島を返せ!」と迫っているからではなく、学校の教科書に「事実をありのままに載せる」としたことに対して、文句を言っているのです。

 これぞ、まさに内政干渉以外の何ものでもありません!

 日本の主権を侵害するようなことを政治家、マスコミ、宗教界などあらゆる組織や団体が総動員して大騒ぎをしているのです。

 その渦中に韓国に出向いて行って、次期総理などと言われている小沢一郎が、まったくこの問題に触れなかったということは、結果的に韓国の国民に「ある誤解」を与えてしまうでしょう。

 つまり、民主党の小沢一郎という政治家は、竹島問題では韓国側の主張を認めるのではないか…。そのような考えを抱かせるに十分な今回の訪韓であったと言えるのではないでしょうか。

http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/archives/850901.html

 

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

http://jp.youtube.com/watch?v=fqdCdhDQe38&feature=related


http://www.murayamadanwa.com/


  
Posted by hanrakukai at 13:25