2009年02月24日

シナの軍拡は脅威でないのか?

小沢民主党へ100の質問 

殴轡福γ羚颪侶崖箸龍式劼呂匹思いますか?


民主・小沢氏「政権交代したら日本経済の立て直しと日中友好の増進を今まで以上にやる」 中国対外部長と会談

 民主党の小沢一郎代表は23日、党本部で、中国共産党の王家瑞対外連絡部長と約1時間15分会談した。

 この中で小沢氏は「(次期衆院選で)良い結果が得られたら、日本経済の立て直しと日中友好の増進を 今まで以上にやる」と述べ、政権交代が実現した場合は、 景気対策と日中外交に現政権以上に力を入れる考えを示した。 

 王氏が「両国関係を一層緊密にし、世界の経済危機に対処していきたい。政権を担当したら、 日中関係を促進してほしい」と呼び掛けたのに答えた。ただ、小沢氏は「選挙は投票箱が開くまで分からない。

 相手の失政が多いのは確かだが、こちらは若くて経験が少ない」と述べ、
 当面は選挙対策に全力を挙げる考えを伝えた。

 小沢氏はまた、「長期政権は腐敗する。変わらずに残るためには変わらなくてはならない」と述べ、 日中両国とも変革が必要だと訴えた。(了)

時事通信(2009/02/23-18:29)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009022300698


 
今日の夕刻は6時半から『主権回復を目指す会』の事務所で開催された勉強会に参加して先ほど戻ったところです。講師は酒井信彦先生でした。酒井先生の話は本当にドキッとさせられるものです。

 シナ・中国は周辺地域においては武力で侵略を開始して、その地域を占領し、そこに大量の漢人を送り込み人口侵略を完成させる。この手法によってチベット、東トルキスタンなどは今やシナ人が溢れ返っている。

 日本の場合は逆で、先ずは人口侵略が始まっています。シナ人が大量に送り込まれた後で、日本に対して武力を以って恫喝し半ば植民地状態を完成させるという訳です。

 この為には現在、日本と同盟関係にある米国を黙らせるだけの軍事力の拡大が急ピッチで行なわれています。それが太平洋に進出するための原子力空母の建造であり、既にシナはその計画を初めて公式に認めた。

 また、このような原子力の空母だけではなく、通常の空母に関しては今年から着手することになっている。これは太平洋の約半分の海域を支配するという戦略に基づくもので、それはこの地域の覇権を握ってきた米国に覇権の交代を迫るものです。

 太平洋を押さえられた日本は、抵抗することなくシナ・中共の軍門に下るということを意味しています。このようなシナの軍事拡大路線に対して民主党はどのように考えているのでしょう?

 前原民主党前代表は堂々とシナの軍拡路線を批判して「中国脅威論」を述べたが、鳩山幹事長はそれを否定した。喜んだシナ大使館は今でもそれをHP上に掲載しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、東京での講演で、中国は脅威ではないとし、前原代表が「中国脅威論」を唱えていることを批判、この問題における民主党指導部の鋭い対立を示した。

 鳩山氏は、中国の現在の軍事力は基本的に防衛のためのもので、この点を考えて、中国が脅威であるというべきではないと述べた。そして中国との敵対関係を強めるという発想をもち、中国の軍事的脅威を誇大化するのは外交的失敗であると強調した。

 鳩山氏は、早急に民主党の対中政策を打ち出し、党内の意見の食い違いを除くよう努力することを希望すると述べた。

 (東京12月20日発新華社)
 
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/xwdt/t227662.htm

 
小沢一郎さんは、シナの軍拡大賛成ですか?

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

  

Posted by hanrakukai at 22:08

2009年02月14日

小沢一郎は何故逃げる?

小沢民主党へ100の質問 

影米関係はどうするのですか?

 小沢一郎は何故逃げたの?

 
小沢氏と米長官会談見送りの公算 地方遊説優先のため

 16日に来日するクリントン米国務長官が打診していた小沢民主党代表との会談は13日、見送られる公算が大きくなった。民主党は米側と最終調整を続けているが、外務省首脳は「もうないだろう」と述べた。小沢氏が総選挙に向けた地方遊説を優先しているためで、政権交代を目指す小沢氏の外交姿勢が問われそうだ。民主党の鳩山幹事長は「日程調整が難しいのが現実だが、会う意向はある」と苦しい釈明をした。

 民主党にとっては、政権交代の機運を高める絶好の機会。小沢氏の地方遊説と両立させるため、米側に17日午前の会談を提示したが折り合わず、13日午前にいったん見送りが固まった。同日午後になって山岡賢次国対委員長が米側と再調整に乗り出したという。小沢氏との会談を想定し、浜田靖一防衛相らの会談時間を変更していた外務省からは不満も漏れる。

http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021301000948.html


 日本の総理大臣を射程圏内に入れている御仁が、何故このようなチャンスが相手から申し入れられたのに、逃げてしまうのですか? とても残念ですね。

 小沢一郎は以前にもインドの首相との会談を同じように拒絶していました。この時も非常に不可解だと騒がれましたが、今回はそれ以上に不可解です。

 インドにしても米国にしても、我が日本にとっては重要な国家です。それを次期総理の椅子が間違いない小沢が何故逃げてしまうのでしょう。

 シナ・共産党との友好が先ずは第一ということで、ご本人は総理になったら米国ではなく、シナ・中共を訪問すると言われていますが、それまでは誰とも会わないということなのでしょうか?

 日本の将来は日米関係が良好でなければ成り立ちません。米国を無視してシナに寄りかかることは非常に危険です。多くの国民はそのような認識を持っています。

 しかし、この小沢という人物はそのようには考えてはいないことが分かりました。日本の将来は容易ならざる事態へと追いやられることになりそうです。

 米国の国務長官との対談より、地方遊説のほうを優先する小沢一郎という政治家に、本当に日本の総理が務まるのでしょうか…そんな野暮なことは言いません。

 本人は今回、米国を袖にしたことを自慢にしたいのでしょう。しかし、このツケはかなり高くついて跳ね返るのではないでしょうか。

 これで民主党にいかに人材がいないかが露呈しました。このような小沢の我がままを誰も諌めることが出来ないことを天下に晒したわけです。

 小沢・反日政権の誕生は日米離反の始まりから、シナ・中共への急接近となるのでしょうか。大変な時代がやって来ることになるのですね。

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 07:39

2009年02月06日

在日が韓国で参政権獲得へ

小沢民主党へ100の質問 

虻瀑韓国人の韓国での参政権獲得について

何故、沈黙しているのか?

韓国:公選法改正案などが成立 在外投票権、在日社会は慎重

 【ソウル堀山明子】韓国国会で5日、他国の永住権保有者にも在外投票を認める公選法改正案などが成立したのを受け、与野党は早くも240万人の在外有権者対策に乗り出した。

 保革の候補が激突した過去の大統領選挙は39万票差(97年)、57万票差(02年)と、小差で決着しており、在外有権者は無視できない存在になりそうだ。

 240万人の在外票は、全有権者約3700万人の6・5%に当たり、釜山市の有権者(約280万人)に準ずる規模だ。

 在外票の掘り起こしを狙って与党ハンナラ党は先月23日、在米韓国人約20万人が居住するロサンゼルスで1000人が参加する集会を開き、事実上の党米国支部を発足させた。

 一方、野党・民主党も先月28日、在外同胞の権益を支援する「僑民庁」新設に向け政府組織法を改正する方針を明らかにし、ニューヨーク韓人会がこの政策を支持する動きを見せている。

 在米韓国社会の盛り上がりに対し、在日社会は、やや不安交じりだ。
在日本大韓民国民団の徐元〓(ソウォンチョル)ソウル支部長は「政治的になりすぎて在日社会が分裂することがないよう、受け入れ準備を慎重に進めたい」と語った。

毎日新聞 09/02/06(金)

http://mainichi.jp/select/world/news/20090206ddm007030105000c.html


 
在日韓国人というのはおかしなことを事を平気で言う人達です。
 国籍を持たない日本においては税金を払っているのだから、参政権を今直ぐに寄こせと言って大騒ぎしています。

>在日本大韓民国民団の徐元〓(ソウォンチョル)ソウル支部長は「政治的になりすぎて
>在日社会が分裂することがないよう、受け入れ準備を慎重に進めたい」と語った。

 何でしょうか、これって?
 国籍を有する祖国韓国で税金も納めていない在日韓国人にも選挙権を付与すると言うのに、こちらは慎重に進めたいとしています。

 もう一度書きます。私も頭が混乱して来ました。

ヾ攅饑府は在外韓国人に選挙権を与えることになった。

∧胴餾濬擦隆攅饋佑牢新泙靴討り、1000人規模の大集会まで開催された。

在日韓国人は在日社会が分裂することのないように、受け入れ準備を慎重に進めたい。

 やはり、何度書いても理解できない。

 在日韓国人は祖国韓国に忠誠を誓った韓国籍を有する人達です。にも関わらず米国に住む韓国人のように熱狂的な歓迎が見られない。

 これって何でしょうか?

 考えられるとすれば、次のような推測が成り立ちます。

 これまで在日韓国人に選挙権が与えられなかったのは、権利と義務の問題です。日本に住んでいる韓国人は韓国内に住む韓国人のように徴兵の義務を果たしてこなかった。

 義務を果たさないものが権利だけを主張するなということです。

 対して米国に住む韓国人の多くは徴兵に応じ、しかも米国軍と共にベトナムで戦った経験を持った人が多い。自ら祖国に責務を果たしてきたという自負もあるようです。

 さて、小沢・民主党さん!

 こんな韓国人でもヤッパリ日本では参政権を付与しなければならないのでしょうか?
 

応援クリック宜しくお願いします!

 ↓ ↓

反日議員を落選させよう! 

携帯電話番号とメールアドレス

080−1240−7123

※公衆電話・非通知電話はかかりません

zzzseto@docomo.ne.jp 

※携帯からしかメールは送れません

  
Posted by hanrakukai at 14:23