ぬらりです。
CLANNAD 〜AFTER STORY〜 の感想を書きます。
今回は、渚と同じ病気で苦しむ汐と、彼女を看病し続ける朋也のお話です。


【朋也と汐】
幼稚園の運動会が始まったとき、汐は家で寝込み、朋也は看病をしていました。
それから一ヶ月が過ぎても汐の熱は下がらず、部屋から出ることもできませんした。

着替えも一人でできず、トイレにも食事にも不自由が伴うようになってしまった汐。

欲しい物を尋ねた朋也に、汐は「旅行をしたい」と言います。
勿論、具合の悪い汐を連れて旅行に行くことを承諾するわけにはいきませんが、汐は「今したい」と言います。
あの朋也と汐の二人旅の思い出は、汐のにとってとても大事な思い出になっているようです。


【周囲の人たち】
仕事を辞め、汐の傍にいることを選んだ朋也。

職場を去る朋也に、芳野さんは仕事で使うドライバーを渡し、代わりに朋也のドライバーを貸せと言います。
「汐ちゃんが良くなったら戻ってこい。それまで借りといてやるから」
芳野さんマジでかっこいいです。

汐と朋也を見舞いに来た古河夫妻。
朋也にお金を渡そうとする秋生ですが、朋也はまだ貯金があると言って断ります。
本当に困ったら言うと約束する朋也です。


【街】
「もしかしたら、あんたが死にかけた渚をここに連れてきたときから、渚はこの街と繋がってたんじゃないのかな。そして、渚の子の汐も……」

朋也の中では、「渚や汐という日常が失われていくこと」が、「受け入れざるを得ない変化し続けている街の形」と重なっているようです。


【旅行】
それから、どれくらいの月日が経ったのか。
汐の病状は一向に良くなっていません。
汐はまた、朋也と旅行に行きたいと言います。

「いま、いま行きたい。お花畑。いまでないとだめ。パパと二人で行きたい」

はじめは治ってからだと主張する朋也でしたが、強く願う汐に態度を変えます。治ってから、という機会はもうないのかもしれない。ならば、危険ではあるけれど、汐の願いを叶えたい。朋也はそう考えたのかもしれません。

朋也に背負われることを拒否した汐。
外を二人でゆっくりと歩いていると、雪が降ってきました。
大降りになる前に車を捕まえようと思う朋也でしたが、途中で汐は倒れてしまいます。

汐は周囲もまともに見えていないようで、今が昼なのか夜なのかもわかっていない状態でした。
彼女は朋也に抱きしめられ、「ぱぱ、大好き」と呟きます。
朋也の腕の中から、汐の力が失われます。
悲しみの中で、朋也も倒れてしまいました。


【幻想世界】
幻想世界の女の子が、雪の中に倒れています。
彼女はロボットに起こされ、再び雪の中を歩き始めます。
朋也と汐と同じように雪の中を歩く彼女たちは、いったい何を意味しているのでしょうか。

かつて渚との出会いのシーン。
出会わなければ良かったのではないか、と考える朋也。
次週、最終回に続きます。


CLANNAD AFTER STORY 4 (初回限定版) [DVD]
ポニーキャニオン (2009-03-04)
売り上げランキング: 21