先週末に行われていたゴルフの日本オープン・・・ギャラリーのマナー問題について、テレビや新聞、ネット上の色んなニュース等で取り上げられていますね。

今朝も

【遼を守れ!制服警備員を動員/国内男子】
http://sports.yahoo.co.jp/golf/news/show/20091020-00000017-sanspo-golf

といった記事が出ていますが・・・。

日曜日にこの大会をNHKで中継していたので、7番ホール辺りからずっと見ていました。
最後までスゴイ勝負で・・・ずっとテレビに釘付けでした。


で、ニュースにもなったカメラのシャッター音。。。

自分がテレビを付けた時は7番ホールを回っているところで、問題になっている6番ホールのプレーが終わった直後・・・なので、直接見た訳ではないのですが、中継中に実況アナウンサーが『先ほどからカメラの音をしきりに気にしています』って何度か言っていました。


ギャラリーのマナーに関しては、最近特に大きく取り上げられてましたよねー。
宮里藍と優勝を争っていた選手が池ポチャした時に拍手が起こった・・・とか。
男子でも石川遼と一緒にプレーしていた外国人選手に対して、同じ様な行為があったみたいだし。

テレビや新聞で散々言われてる事なのに、どうして一向にマナーが良くならないんだろう・・・??

『自分はそんな事しないよ。大丈夫!』って思ってる人の方が多いんだろうけど、実際に『バレないから大丈夫!』とか『これくらい平気だろう』とか思ってる人も居るんですよね・・・。



競技は違えども、ハンドボールの会場でも撮影のマナーには問題がありますね。

特に、日本リーグでは試合中のフラッシュ撮影は絶対に禁止ですよね。
体育館内でプレーする際、フラッシュの光がプレーの妨げになる訳ですから。

なので、自分は撮影の時に苦労するわけで・・・フラッシュ焚けるんやったら高いカメラもレンズも要らんっちゅうねん!っていう感じでw

会場内には「フラッシュ禁止」っていう貼り紙もあるし、試合前にも禁止事項を告げるアナウンスが流れたりします。

が、それでも会場内ではフラッシュを焚いて撮影している方が沢山居られたり。

特に、昨年の奈良大会での大崎電気vsトヨタ自動車(宮崎選手が出ていた試合)では、本当に酷かったです。
(この事は、別ブログにも以前書きました→http://www.plus-blog.sportsnavi.com/hansuke_handfan/article/48)

試合中にも急遽アナウンスが流されましたが、それでもフラッシュは消えることなく・・・もしかして「自分が持ってるカメラは光ってない」とか思ってるのかな?って思うくらいでした。


※ちなみに先日の学生リーグでも、観客席からフラッシュの光が何度か見えましたが、プレーしている選手には影響ないかな?っていう感じでした。
会場内にもフラッシュ禁止を謳う案内はありませんでしたし・・・。



自分はスポーツの写真を撮るのが好きで色んな場所へ出没しますが、フラッシュやシャッター音には細心の注意を払うように心がけています。

例えば、先日の学生リーグ・・・7mスローの写真を撮る際は、その時の試合展開やスコア、選手の表情や雰囲気を見て、撮るかどうかを決めてました。

もし仮に『あ、この7m撮りたい!』って思っても、それが勝負を決するかもしれない大切な『一投』だったら・・・それを会場中が静かに見守っているシーンだとしたら・・・間違いなく自分はシャッターを切りません。切れませんわ。


スポーツには色んな楽しみ方があるし、人それぞれ違うのは当然なんだろうけど、【自分が楽しめればそれで良い】という勝手な行為がそのスポーツの楽しさを壊してしまうっていう事を、自覚してもらった上で観戦してもらいたいですね。

自分もカメラのシャッター音に気をつけつつ、これからも楽しく観戦&撮影をしていきたいと思います。