スリーターン・・・「3」の字を描くターン・・・拙者はかなり時間がかかりました・・・習得まで。

 1年くらい・・・そのうち10カ月くらいは、無駄な、間違った練習をしていました。

〇クロスが上手い人・・・つまりアウトエッジにシッカリと乗れる人は、簡単にできるようになってゆきましたね・・・アウトスリー(アウトエッジから「3」の字を描くターンです)

〇クロスが下手な拙者・・・つまりアウトエッジにシッカリと乗れない人は、何回練習しても、悪いクセがついてゆくばかり。 無理やり腰を振って回るけど、その回転を止められない。

 素質ないかも! と思いましたが、そんなことはありません。 練習の取り組み方が、間違っていただけ。

 拙者のような、無駄な苦労をして、時間を浪費して欲しくありませんので・・・言ってあげたい。


まずクロスをしっかり! つまりアウトエッジにちゃんと乗れる土台を作ってから、ターンすればよいと。「3」の字を描けば、回れますから。

 そうすると、アウトスリーくらいなら、簡単にできちゃう。

 拙者は、クロスを甘くみていて、クロスが下手くそでした。 クロスがうまくゆくようになったら、「3」の字を描いてターンできるようになりました。

 自分ではアウトのつもり(回る内側にエッジを傾けているつもり)。 でも実際はイン(回る外側にエッジが傾いたまま回ろうとしても回れっこない)。 そんな小学生でも分かることに、気が付きませんでした。


 「3」の字を描けない人。 無理に勢いを付ければなんとか回るけれど、すぐ両足になってしまうか、回転が止まらないという人。 脚を伸ばしてひねる、上半身をひねる、ひねり返す、などあらゆる限りをつくしたが、やっぱりだめという人。 そういう人は拙者と同じで、クロスもダメなのでは?


〇インストラクターの方たちは、こんな簡単なターンがどうしてできないのか、分からないのかもしれませんね。

 クロスはいろいろ教えてくださったのだけれど、「3」の字を描いてターンするのは、クロスができれば簡単にできてしまうものだから(拙者はそう思います)、詳しく教えてくださらない。 「3」の字を描くお手本(円弧上を滑りながら、脚を伸ばして体をヒネル)を実際にやって見せ、このようにやってください、という方がほとんどでした。 体をリラックスさせてやればできると教えてくださる方、勇気を出してやればできる!と励ましてくださる方もいました。

 かかとを持ち上げる、腰を振るより上半身をひねる等、いろんなアドバイスをネット上で探して、必要以上にあれこれ必死にやってみましたが(ある程度は必要ではありますが)、「姿勢」と「エッジ」がよく、円弧上を滑りながら脚をちょいと伸ばして体をちょいとひねれば、それほど無理しなくても自然に回ってくれるよ! 無理して勢い付けない方がスムーズにゆくよ、と今では思えるようになりました。

 そしてマイシューズは、さっさと買うべきです。




追記: 片足でなんとかターンできるようになった(出来た!)と錯覚したのは、かなり早かったです。 しかし回転が止まらず、勢い余ってどんどん内側に曲がってゆく・・・というよくありがちなダメ・パターン。 エッジが間違っていたのが原因です。 エッジがやや正しくなってからも、暫くは綺麗な「3」を描けませんでしたが・・・円を描きながら暫く滑って、脚を伸ばして体をヒネって、その円上で暫く滑ってゆく、を繰り返しました。 ヒネりの前後で、円を感じて!シッカリ滑るのがコツ。 「3」の軌跡を描けばいいのですから。 視線の先をヒネりの前後で変えない、というのも有効でした!

ブログ村スケートへ