阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

こちらの記事でご紹介したように、フェリーさんふらわあでは、同社の大阪〜志布志航路へ新造船の投入を発表していましたが、この度新造船の1隻目となる「さんふらわあさつま」の就航日が発表されました。

重要「大阪⇔志布志航路新造船「さんふらわあさつま」就航日決定のお知らせ」 | フェリーさんふらわあ
new_sunflower_satsuma
新造船「さんふらわあさつま」/「さんふらわあきりしま」2018年就航の案内
(上記Webサイトより引用)

上記発表資料によれば、「さんふらわあさつま」の就航日は2018年5月15日(火)の大阪発志布志行き(下り便)より運航を開始するとのことです。
また予約受付開始日は2018年3月15日(木)午前9時から電話・インターネットで受け付けることとなっています。

また、2隻目の新造船「さんふらわあきりしま」は今夏の就航を目指しており、以降は同航路では新造船2隻体制となることも、同時に発表されています。

新造船「さんふらわあさつま」のコンセプトとしては、「初めての経験わくわくどきどき さんふらわあのカジュアルクルーズ」と称し、以下の特徴が挙げられています。
・船内プロジェクトマッピング(本邦初)
・ウィズペットデラックスルーム(本邦初)
・パブリックスペース拡大(現行船比2.5倍)
・レストラン拡大(現行船比1.5倍)
・展望大浴場拡大(現行船比1.7倍)
・スイートルーム設置(同社初)
・全個室にシャワー・トイレ・洗面台・冷蔵庫設置(スイート、デラックス、スーペリアの各クラス)
・船内エンターテインメント大幅拡充(デジタルサイネージ、船内Wi-Fi、最大100タイトルの映画オンデマンド視聴)

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


関西発着のフェリーでは、2015年に大阪〜北九州航路で相次いで新造船が就航しましたが、今回は鹿児島(志布志)航路での新造船就航となります。
今回導入される「さんふらわあさつま」では、特徴としては個室クラスにはシャワー・トイレ・洗面台・冷蔵庫が設置されていることで、より個室での居住性が高まるものと考えられます。
また、所要時間も長く、また外洋を航行するため携帯電話の基地局の電波が入りづらい本航路でもあることから、船内Wi-Fiや、オンデマンドでの映画視聴といった、船内のエンターテイメントも拡充していることも、見逃せないポイントといえるでしょうか。


関西〜九州航路の中では最も長い約15時間という所要時間を存分に楽しめる新造船といえる今回の「さんふらわあさつま」。
志布志航路には乗船したことがない私としても、就航後に機会を見つけて乗船することができればいいな、と感じたニュースでした。





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、泉北ニュータウンから大阪市内へのお出かけに便利な「泉北ライナー らく2(らくらく)チケット」の発売を発表しました。

「泉北ライナー らくらくチケット」を発売します。|お知らせ|泉北高速鉄道

semboku_liner_rakuraku_ticket
「泉北ライナー らくらくチケット」(上記泉北高速鉄道発表資料より引用)

上記発表資料によれば、きっぷの概要は以下の通りとなっています。
●発売期間:
平成30年3月10日(土)〜3月30日(金)

●有効期間:
平成30年3月10日(土)〜3月31日(土)までの連続した2日間
(購入時に、使用日の指定が必要)

●内容:
・泉北高速鉄道発駅から難波駅までの往復割引乗車券(2枚)
・特急「泉北ライナー」特急券引換券
(平日の「泉北ライナー」62・64・66号は引換対象外)

●発売場所
泉北高速鉄道 泉ヶ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅
(南海電鉄は発売せず)

●特急券引換場所
泉北高速鉄道 泉ヶ丘、栂・美木多、光明池、和泉中央の各駅及び南海電鉄 難波、新今宮、天下茶屋の各駅の特急券発売窓口
(特急券自動券売機、特急チケットレスサービスでは引換不可)

●発売額
泉ヶ丘発:1,000円
栂・美木多、光明池発:1,100円
和泉中央発:1,200円

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


昨年8月のダイヤ改正で大幅な増発が実施された特急「泉北ライナー」。
平日朝の上り(和泉中央発)の通勤・通学時間帯となる62号・64号・66号に関しては、安定して高い乗車率となっている模様で、有料着席サービスが泉北高速鉄道利用者にも定着してきた感があります。

一方で、平日夕方の下り(難波発)や土休日については、他の列車も比較的余裕があるせいか、平日朝ほどの高い利用率というわけでもなさそうで、これらの時間帯の利用者の開拓が大きな課題になっていると感じています。

今回の「らくらくチケット」は、特急券1回分と往復乗車券をセットして、普通運賃往復にプラス100円程度で「泉北ライナー」を利用してもらい、利用者の拡大につなげようという趣旨のきっぷといえるでしょう。
その証左として、平日朝の上りの通勤時間帯に相当する62号・64号・66号の各列車は、今回の「らくらくチケット」の対象外となっていますし、また往復きっぷで2日間有効なところから考えてみても、主に土休日の利用者拡大を狙ったきっぷ、とも考えられたりしました。

今回の「らくらくチケット」は3月10日から3月月末という限られた期間での発売・利用となりますが、今後もより多くの方々に「泉北ライナー」のゆとり感を体験し、利用者の裾野を広げることができるような企画きっぷの発売を期待したいな、と感じたニュースでした。






↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、2025年に大阪での開催を目指している国際博覧会(万博)の誘致活動を更に盛り上げるため、南海本線および空港線を運行する「空港特急ラピート」に誘致ラッピングを施すことを発表しました。

「大阪万博誘致へ。特急ラピートも盛り上げます」2/26(月)運行開始!|南海電鉄
大阪府/報道発表資料/【万博誘致】空港特急 ラピート万博誘致号の運行について
OSAKA,KANSAI EXPO 2025 | 2025日本万国博覧会誘致委員会 -大阪- |  ≫ 空港特急 ラピート万博誘致号の運行について

上記発表資料によれば、「空港特急ラピート万博誘致号」の運行期間は、平成30年2月26日(月)から11月までを予定しております。

デザインは、日本語と英語で、「南海電鉄グループは2025年万博の大阪開催を応援しています」「2025年万博 20年ぶりの日本開催へ」 という文言が記されるものとなっています。
nankai_rapit_expo2025
「空港特急ラピート万博誘致号」デザイン
(上記南海電鉄発表資料より引用)

また、運行開始日の2月26日(月)には、難波駅において「空港特急ラピート万博誘致号」の出発式が開催されます。
当日の運行開始列車は難波11:35発のラピートβ33号で、出発式は11時15分から実施されることとなっています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


現在2025年の国際博覧会の誘致が本格化しており、既に開催地として名乗りを上げている大阪と、フランスのパリで争われるのではないかと言われてきましたが、ここにきてパリが立候補を取り下げると言ったこともあり、バクー(アゼルバイジャン)、エカテリンブルク(ロシア)との争いになっている模様です。

開催地は今年11月にも決定されるとのことですが、それに当たっては開催に耐えうるインフラ整備はもとより、地元の気運の高まりも重要と考えられます。
今回「ラピート」に万博誘致のラッピングが施されたのも、ひとえにその万博開催の機運を高めるため、というわけで、今回のラッピング編成の運行により、大阪での万博開催がより高まることを期待したいと思います。

特に空港特急「ラピート」は、その列車の特性上、日本人のみならず外国人の利用も多い列車であることから、外国人に対しても、大阪での万博開催をPRしていく絶好の媒体である、ともいえるでしょうか。

ラッピング実施は、開催地決定の11月までの予定とされています。
春が近づくにつれ、気候も良くなってきているので、南海線沿線でこの「万博誘致」のラピートに加えて、こちらのエントリーでご紹介した台湾の桃園国際空港・桃園メトロのPRラッピングを施したラピートも撮影できればいいな、とも思ったニュースでした。





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今年3月末の運行をもって廃止となるJR西日本・三江線。
DSC01608_R
口羽駅(2016.10.2)

こちらのエントリーで触れたように、昨年秋には大量のお名残乗車のため、一部列車では乗車できない旨が案内されるほどでした。

ところが今年の1月からの大雪の影響で、現在も浜原〜三次間で運休が続いてきた三江線ですが、ようやく運転再開の目処が立ったことが、JR西日本より発表がありました。

三江線の運転再開計画について:JR西日本

上記発表資料によれば、口羽〜三次駅間は2月22日(木曜日)以降、浜原〜口羽駅間は2月24日(土曜日)以降に、運転する予定にしております。

なお、今後の天候や確認作業などにより、運転再開計画が変わる場合がありますので今後の情報に注意するとともに、正式に運転再開日および運転する列車が決定し次第あらためて告知することとしています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧ください。


冒頭に記したように、三江線の運転は今年3月末で終了となります。
廃止までに乗っておこう、と考えていた方々にとっては、この大雪による運休がいつまで続くのか、気をもんでいたところだと思われます。

雪による影響は、除雪のみに限らず、線路周辺の樹木が倒れてきたり等、様々な影響が考えられることから、このまま全線での運転再開が果たされないまま廃止、という最悪のシナリオも想定されただけに、今回の運転再開は一安心、といったところでしょうか。

今後の天気等の状況により、運転再開が遅れることも考えられますが、ともあれまずはこれ以上状況が悪化せず、計画通り運転再開されることを願いたいなと思ったニュースでした。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近畿日本鉄道(近鉄)では、同社の観光特急「しまかぜ」の運転開始5周年を記念して、「しまかぜ運転開始5周年記念キャンペーン」を実施することを発表しました。

「しまかぜ運転開始5周年キャンペーン」を実施!|近畿日本鉄道

上記発表資料によれば、「しまかぜ運転開始5周年記念キャンペーン」の概要は、以下の通りとなっています。
  • 記念イベントの実施(3月21日、賢島駅)
  • 記念ツアー実施(3月21日)
  • 車内限定記念メニュー発売(3月21日〜4月8日)
  • しまかぜ5周年記念乗車証進呈(3月21日〜12月31日)
  • 記念グッズ発売(3月21日〜)
  • 記念入場券セット発売(3月21日〜9月30日)


このうち、「記念イベント」については、賢島駅において、しまかぜ3編成を並べてのセレモニー等が実施される他、「記念グッズ」として「ハンドタオル」「パスケース」「下敷き」「プラカップ」「キラキラクリアファイル」「マフラータオル」の各商品が発売されます。

加えて、「記念入場券セット」の発売概要は以下の通りとなっています。
発売数:1,000セット
発売価格:2,080円
発売箇所:大阪難波、大阪上本町、大阪阿部野橋、京都、大和西大寺、橿原神宮前、名張、 近鉄名古屋、近鉄四日市、津、宇治山田の各駅営業所と鶴橋、大和八木、近鉄丹波橋、伊勢市、鳥羽、鵜方、賢島の特急券発売窓口(改札内にある特急券発売窓口を除く)および3月21日(水・祝)の「しまかぜ運転開始5周年記念イベントin賢島」や3月24日(土)25日(日)の「万博鉄道まつり2018」などのイベント会場でも発売予定。となっています。
shimakaze_5th_ticket
記念入場券セット(上記発表資料より引用)

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


2013年3月に運転を開始した観光特急「しまかぜ」。
私自身もこちらのエントリーでご紹介したように、運行開始すぐの2013年6月に「しまかぜ」に乗車し、「乗ること自体が楽しみとなる列車」となるこの「しまかぜ」を存分に楽しむことができました。
と同時に、一般特急列車に少々プラスした料金でこれだけのゆとりを楽しむことができる「しまかぜ」は高い人気を集めるのではないかと感じていましたが、果たしてその通りとなっている模様です。

その「しまかぜ」も、運行を開始して早5年ということで、今回記念キャンペーンが実施されることとなりますが、その中でも私が注目したのは、記念入場券セットの発売です。

この記念入場券セットは、「しまかぜ」に関係する14駅の硬券入場券をセットにしたものですが、近鉄の硬券入場券といえば、こちらのエントリーでご紹介した「近鉄特急運転開始70周年記念入場券」がつい先頃発売が発表されたばかりで、それに続く硬券の記念入場券の発売ということで、特に入場券収集のファンにとっては、まさかこういった発表が連発で来るとは思いもしなかった、というのが正直なところで、嬉しい悲鳴に感じている方も少なからずおられるのかも知れません。

この記念入場券セット、大和八木駅や橿原神宮前駅でも発売されることとなっているので、機会があれば入手してみたいな、と思ったニュースでした。





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

嵯峨野トロッコ列車を運行する嵯峨野観光鉄道では、同社の鉄道むすめキャラクター「嵯峨ほづき」のヘッドマークを期間限定で装着することを発表しました。

鉄道むすめ「嵯峨ほづき」ヘッドマークの装着のお知らせ|おしらせ | 嵯峨野観光鉄道

上記発表資料によれば、装着期間は2018年3月3日(土)〜3月11日(日)ですが、トロッコ列車運休日は除きます。
デザインは、春の「桜」と「着物柄」を併せて京都らしいデザインとなっています。
sagano_scenic
ヘッドマークデザイン(上記発表資料より引用)

また、関連グッズについても告知があり、3月24日(土)・25日(日)に大阪吹田市の万博記念公園で開催される「万博鉄道まつり2018」での同社ブースにて、嵯峨ほづきヘッドマーク関連グッズの先行販売を行うこととなっています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


嵯峨野観光鉄道は、旧・山陰本線の路線跡を活用した路線で、保津川の眺めを十二分に楽しむことのできるトロッコ列車として、観光客にとって人気の鉄道となっています。
その嵯峨野観光鉄道の列車に、今回鉄道むすめ「嵯峨ほづき」のヘッドマークが装着されるとのことなので、鉄道ファン・鉄道むすめファンはもとより、一般の観光客にとっても注目の的になるのではないかと思われますし、鉄道むすめファンの裾野を広げるという意味では、面白い企画だと思ったりしました。

できればヘッドマーク装着の姿を記録できればいいのですが、如何せん掲出期間が約1週間と限られているので、今回は難しそうですが、好評ならば今後も実施されるといいな、と感じたニュースでした。





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム


7159f50f.jpg

63364ba8.jpg

9dea97a7.jpg

eab67453.jpg

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 クモハ223-2502
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5028

今日は帰りしなに和歌山駅ののりかえ改札の工場状況を見てきました。

見たところ、後は自動改札機を設置すれば完了のところまで進んできてる模様です。

また、のりかえ改札設置のポスターも掲出されていました。

↑このページのトップヘ