阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
(トラックバックは事後承認制としています)
なお、当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

こちらのエントリーでご紹介したように、南海バスでは、今年の4月から南海バス・南海ウイングバス南部の一般路線バス全路線でICカードが利用できるようになっています。
これでエリア拡大に関しては一段落、と思っていたところでしたが、この度南海バスでは、同社が運行する関西空港リムジンバス「関西空港〜泉北・河内長野線」でICカードが利用できるようになることを発表しました。

南海バス|「関西空港〜泉北・河内長野線」でのICカード対応について

ICカードの対応開始は平成28年9月1日(木)の始発からで、PiTaPa、ICOCAをはじめとした全国相互利用対象のICカード計10種類が利用となります。
また、PiTaPa利用特典として、一般路線バスと同様に10.7%の利用額割引が適用され、従来の回数券より割引率が向上し、これまでよりももっとお得にリムジンバスが利用することができます。
なお、今回のPiTaPa導入に併せて、従来より販売してきた紙敷回数券について順次販売を終了することとなります。
なお、既に購入した紙敷回数券は、引き続き利用可能となっています。

その他詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。


関西空港・伊丹空港のリムジンバスにおけるICカードの対応状況に関しては、こちらのエントリーでご紹介したように大阪空港交通と阪神バスで導入済みとなっていますが、こと関西空港発着のリムジンバスに関しては、多くの路線や事業者でICカード非対応であったため、今回の泉北・河内長野線での対応開始により、利便性が高まるものと考えられます。

特徴的な点としては、PiTaPa利用の場合は、一般路線バスと同様に1回目の乗車時から10.7%の割引が適用されることといえるでしょうか。
これまで販売してきた回数券と違い、頻度が低いユーザーでもPiTaPaを持っていれば割引の恩恵にあずかることができる点は、頻繁に利用する層が限定されるリムジンバスという路線の特徴から考えると、利用者にとって嬉しい制度といえるでしょう。

今回のエアポートリムジンへのICカード導入により、南海バス自体のエリア拡大は一通り完了した感がありますが、今後は関西空港発着のリムジンバスの多くを占める関西空港交通でのICカード導入がどのように進められるのかが注目かな、とも感じたニュースでした。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

中国の航空会社「春秋航空」の関係会社で、成田空港を拠点とするLCC「春秋航空日本」は、成田〜関空線の新規路線を国土交通省に申請したことを発表しました。

Spring Japan 新規路線 成田=関西線を申請(春秋航空日本|ニュースリリース)

春秋航空日本の成田〜関空線の就航予定日は2016年9月28日(水)で、運航ダイヤは成田12:00発〜関空13:30着、関空14:35発〜成田16:00着(一部発着時刻が変更となる日あり)の1往復となっています。
航空券の販売は8月26日(金)12時〜で、同区間の運賃は3,470円〜を予定しているとのことです。
その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


既に関空〜成田線では、LCCのPeachAviation、ジェットスター・ジャパンの両社が就航していますが、ここに加えて今回の春秋航空日本が就航し、3社での運航となることから、利用者にとってはより利便性が高まるとともに、同じLCCでも時間帯等に応じて航空会社を選べるという楽しみも増えることとなります。

春秋航空日本は、既に成田を拠点に札幌(新千歳)、広島、佐賀に就航しており、またグループの春秋航空も中国各地から関西空港へ就航していることから、日本人の国内移動だけでなく、訪日中国人旅行者も含めた需要を取り込もうとした路線開設なのかな、とも感じました。

ともあれ、これで3社が競合する関空〜成田線ですが、同じLCCというカテゴリーではありながら、それぞれに特徴のある各社を乗り比べる機会に恵まれればいいな、と感じながらご紹介した本日のニュースでした。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

JR西日本では、この度松江・米子・伯備地区(出雲市〜伯耆大山間、根雨駅、生山駅、新見駅)においてICOCAの導入をを発表しました。

山陰線(出雲市〜伯耆大山駅間)、伯備線(根雨駅、生山駅、新見駅)でICOCAがご利用できるようになります!:JR西日本

今回導入される18駅は、冒頭に記した山陰本線(出雲市〜伯耆大山間の各駅)、伯備線(根雨、生山、新見)の計18駅(松江・米子・伯備地区)で、これら18駅相互間、18駅各駅と「岡山・福山地区ICOCAエリア」の各駅相互間において、ICOCAを利用することが可能となります。
また、出雲市〜伯耆大山間については、ICOCA定期券も利用可能となります。

※新たにICOCAが利用できる駅
160824_01_icoca
(画像は上記JR西日本ニュースリリース(http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/08/page_9133.html)より引用)

また、ICOCAで「松江・米子・伯備地区」、「岡山・福山地区」を相互に利用する場合、特急やくも号の利用が可能となります。なお、特急列車利用の際には別途特急券の購入が必要となります。
松江・米子・伯備地区のサービス開始時期は平成28年12月の予定となっています。
また、ICOCAの他、全国相互利用対象のICカード乗車券も利用可能になります。

その他詳細は、上記ニュースリリースをご覧下さい。


今回のICOCAエリアの拡大ですが、伯備線に関しては、こちらのエントリーでご紹介したきのくに線でのエリア拡大のように、「やくも」停車駅相互間で利用可能に、また山陰本線では伯耆大山〜出雲市の各駅で利用可能となりました。
これで、これまで交通系ICカードとは無縁だった山陰地方で、域内は勿論のこと、いきなり岡山方面から通しで交通系ICカードで米子・松江・出雲まで乗り通せることになりました。
もっとも特急「やくも」利用の際には別途特急券が必要となりますが、これとてe5489によるインターネット予約で購入可能となることから、これまで以上に利便性が高くなるものと思われます。

また、今回のエリア拡大と同時に、各駅で利用可能となる伯耆大山〜出雲市の相互間でのICOCA定期券も発売されることが発表されています。
米子・松江といった都市圏を擁する区間であることから、定期券のニーズもそれなりにあると思われるだけに、もしかしてICOCA定期券も発売されるのかな、と思いながらニュースリリースを読み進めると、ICOCA定期券の導入についても明記されていたので、やはり、と感じた次第です。

正直な話、山陰方面へのICOCAエリア拡大はまだまだ先と思っていただけに、案外早い時期の導入ということに驚いた次第です。
松江・米子・伯備地区の導入が発表されたいま、次にどの区間が新たにICOCAエリアとなるのかが、ある意味注目の的となってくるだけに、今後の動向にも引き続き注目していきたいと思います。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

こちらのネタもちょっと前の話で、このブログで取り上げるのをすっかり忘れていたので、今更な感はあるのですが、この8月5日により、南海バス(運行は南海ウイングバス南部が担当)の高速バス「和歌山・和泉中央〜新宿・東京」線が、御坊南海バスとの2社による共同運行となったことが、Webサイト上で告知されています。

南海バス|和歌山・和泉中央⇔新宿・東京
【お知らせ】
平成26年(管理人注:平成28年の間違いと考えられます)8月5日より、南海ウイングバス南部と御坊南海バスの2社にて共同運行をしています。

この路線ですが、こちらのエントリーでご紹介したように、昨年の12月にJRバス関東が運行から撤退し、南海ウイングバスの単独運行となっていました。
ところがこの8月から御坊南海バスとの共同運行となりましたが、当の御坊南海バスではこの夜行高速バスについては一切の案内を行っておらず、予約等の旅客案内は南海バスが行っている形となっています。
これは勝手な推測ですが、南海ウイングバスの単独運行となったものの、運転士等のやりくりが難しく、グループ各社に支援を求めた結果、御坊南海バスがその求めに応じたのかな、と思いました。

当の御坊南海バスも、観光バスは長年の実績があるものの、高速バスに関しては恐らく初参入と思われますが、それがこういった形での運行支援に近い形での参入、というのもちょっと珍しい形態なのかな、とも感じました。

気になる点と言えば、御坊南海バスが運行するバスの車両がどのようなものなのか(南海ウイングバス南部から譲渡されたもの等)、そして将来的には御坊方面への路線延長などもあり得ますが、ともあれ、和歌山市内発着の夜行高速バスであることから、機会があれば御坊南海バス運行による夜行高速バスをこの目で一目見てみたいな、と感じたニュースでした。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ