阪和線の杉本町と関西本線の八尾を結ぶ、通称「阪和貨物線」。

歴史をひもとくと、国鉄時代は、貨物列車が大幅に縮小されるまで、現在の久宝寺駅近辺にあった「竜華操車場」から阪和線方面への貨物線として機能していていました。

更に言えば、名古屋〜奈良〜和歌山を結ぶ定期特急特急「あすか」や、京都〜奈良〜白浜を結ぶ臨時特急列車「しらはま」と言ったように、団体扱いではない旅客列車も走っていた事もありました。

その阪和貨物線ですが、JR貨物が第2種鉄道事業を廃止したこともあり、おおさか東線の工事の関係もあり、平成16年より休止状態が続いていましたが、休止から復活することなく、廃止となる旨が、JR西日本より発表となりました。

関西線(八尾〜杉本町間)の廃止届出書の提出について(JR西日本プレスリリース)

個人的には一度でも乗ってみたかった路線ですが、団体列車でもない限り、決して乗れなかった路線だけに仕方がないと思っています。
それだけに、現在の「スーパーくろしお」が誕生するまでに僅かな間だけでも運行されていた「しらはま」に乗っておけば良かったなあ、とは後悔の念が無いわけではありません。

ちなみに、さよなら運転とか行うのかな、と思って調べてみると、久宝寺側の接続部分は既に撤去されていて、その他の区間でも踏切の部分で線路をふさぐように柵が設けられているようです。
果たして区間運転でもさよなら運転ができるのか、ちょっと難しいのかな、と思いつつ、機会があれば撤去前の風景を撮っておきたいな、とも思いました。