JR東日本から、クルーズトレインの発表がありました。

「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。〜 クルーズトレインの新造について 〜(JR東日本プレスリリース)

実は昨年10月に発表された同社の経営構想のなかで、豪華列車の導入というのは入っていたのは、知って履いたのですが、私自身が思っていたよりも、こなり早い段階での発表に、少しばかり驚きました。

驚いた、といえば、その動力方法も驚くに値する内容といえるでしょう。

この列車は、電化・非電化区間の両方を走行するために、「EDC方式」を採用することとしています。
これは、電化区間では架線から電源を取り、非電化区間では車載したエンジンで発電してモーターを動かすというものです。
これにより、電化・非電化区間のどちらでも、一般的な電車のようにモーターを駆動して走行することとなり、安定した走行性能と高い冗長性の両立が可能としています。

勿論この方式は国内初で、クルーズトレインの先駆けのJR九州「ななつ星」ではDF200形とも思えるディーゼル機関車の牽引となっているのとは対照的、ともいえるでしょうか。

列車の編成は10両編成で、パブリックスペースとしてダイニング・ラウンジを用意するほか、客室は1両当たり2〜3室の客室とし、2クラスのスイートルームを提供する予定となっています。

運行開始は2016年春の予定で、運行区間は東日本大震災からの復興を目指す東北地方など、JR東日本エリア内での運行は容易に推測がつくのですが、プレスリリースでは、「東日本エリアを中心に『季節やテーマに合わせて日本列島を巡り、これまでにない感動を味わう旅行プラン』を今後検討して参ります。」とあるのが気になるところです。
この書き方だと、JR東日本以外の他社への乗り入れがあり得るのかも知れない、という期待もありますし、実際そうなると、運行路線の幅も広がるのかなあ、とも思いました。

ともあれ、今秋に運行開始するJR九州「ななつ星」に続くクルーズトレインとして、今後の詳細発表も期待したいですし、こちらでもご紹介したJR西日本の豪華列車の内容についても楽しみにしていきたいな、と感じたニュースでした。

JR東日本、2016年春以降に豪華列車運転へ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
JR東日本 クルーズトレイン新造のお知らせ: 鉄道の小箱
クルーズトレイン: 淡海の国から on blog
JR東日本、2016年春以降の運行開始目指して豪華列車「クルーズトレイン」導入へ - kqtrain.net(京浜急行)
JR東日本 豪華列車の計画を発表 - 関西・両備 鉄活日記&情報局 - Yahoo!ブログ


鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村