JR西日本では、大阪環状線に新型車両「323系」を導入することを発表しました。

『大阪環状線改造プロジェクト』進行中!大阪環状線に新型車両「323系」を投入! :JR西日本

基本仕様ですが、最高運転速度は時速100km、車体構造はステンレス鋼車体、扉・腰掛配置は3扉・ロングシートとなっています。
主な特徴として、「安全・安心の向上」としてEB-N形装置の設置、「機器の信頼性向上」として運転台計器類・パンタグラフ等の二重化、「情報提供の充実」として案内ディスプレイの設置とともに4ヶ国語化(日・英・中・韓)での表示、2ヶ国語(日・英)の自動放送、無線LANサービスの設置、「人に優しい快適な車内空間」としてバリアフリー対応の充実や、混雑車両(大阪駅天満方先頭車)の出入口スペース拡大が挙げられます。

車両デザインは、大阪環状線の電車として長年親しまれてきたオレンジ色を基調とした外観に、「大阪環状線改造プロジェクト」のロゴマークを先頭部及び側面にデザインしています。

投入車両数は168両(8両編成21本)で、投入時期は平成28年度から平成30年度にかけて投入することとなっています。

その他詳細は、上記プレスリリースをご参照下さい。


こちらのエントリーでご紹介したJR西日本の中期経営計画で既に大阪環状線への新車投入は計画されていましたが、この度323系として具体的な姿として発表されました。

103系以来となると思われる大阪環状線向けの新車投入ですが、やはり大きな注目を集めたのは、ドア数と座席配置でしょうか。
こちらのエントリーでご紹介したように、今年の2月にJR西日本では朝ラッシュ時に一部の列車を4ドアから3ドアに変更する試験を行っていました。
この時は転換クロスシートの221系・223系・225系が使用されましたが、この時の実験結果や、その他の様々な検討の結果、3ドアロングシートの車両になったものと思われます。
ドア数の減少による乗降時間の増加による遅延も懸念されますが、混雑の激しい大阪駅での天満方先頭車の出入口拡大等の対策も施されていることから、この辺りの効果が果たしてどんなものになるのか、登場後の状況に注目したいところです。

この他、無線LANサービスの搭載や自動放送の実施など、これまでの車両になかった目新しいサービスも実施されることとなりますので、実際に乗車するのが今から楽しみな車両、ともいえます。


デザイン的にみれば、これまで転換クロスシートの車両というイメージの225系・521系・227系のデザインを踏襲した車両としては初めてのロングシート車、そしてJR西日本では恐らく初めてとなると思われる3ドアロングシート車となります。
初めて見るともしかしたら違和感も感じるのかな、とも思うのですが、デザイン的には個人的にはいい感じに仕上がっていると感じたので、これまた実車の登場が楽しみです。

一方で、この323系の投入により、現行の103系・201系が置き換えることとなるため、大阪環状線で運用されるこれらの車両の活躍が見られるのもあともう少しとなることが確実となりました。
これから引退までの間、これらの車両の記録を撮ろうとするファンが増えてくるのかな、とも思いますし、私自身もなるべく写真に撮っておこうかな、と思います。

更に先の話を考えると、この323系が、同じく103系・201系を使用している大和路線・阪和線・おおさか東線での置き換えとして投入も今後あるのかな、というのも気になります。
また、321系に置き換えられた201系が、今後大和路線等に転属する可能性があるのか、という点も先の話として気になるところではあります。

ともあれ、車両に関してこれから何かと動きが出てくる大阪環状線界隈ですが、そういった動きも逐次ご紹介していきたいな、とも思ったニュースでした。

323系登場 #jrwest: 淡海の国から on blog
JR西日本、大阪環状線に新型車両「323系」を投入 - kqtrain.net(京浜急行)
大阪環状線改造プロジェクト 新型車両323系導入を発表 ( 鉄道、列車 | 大阪環状線 新型車両 大阪 電車 201系 JR ) - 関西・えちぜん鉄活日記&情報局 - Yahoo!ブログ
大阪環状線、桜島線に323系: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
あらかわ交通ノート : なにわなでしこになれるのか?〜大阪環状線に新型車両323系が登場へ
Msykの業務(鉄道)日誌:大阪環状線にようやくの新車!〜323系登場へ


↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

↓その他の鉄道ブログはこちらからもどうぞ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村