JR東日本では、来る6月18日に新潟市内の「HARD OFF ECOスタジアム新潟」で開催されるイベントにあわせて臨時列車を運転することを発表しました。
イベント開催に伴う臨時列車運転のお知らせ(JR東日本|プレスリリース)

上記の発表によると、イベント開催日の6月18日(土)には、午前中に東京発新潟行きの上越新幹線「とき」が3本運転、イベント開催後の深夜時間帯には、新潟22:10発東京行き「とき48号」、新潟23:00発越後湯沢行き「Maxとき50号」を、また翌日の6月19日(日)には新潟6:15分発「Maxとき354号」を運行することとしています。
加えて、在来線では、6月18日に新潟23:36分発上野行きの夜行快速「スターライト上野号」(上野着は翌日6:57分)を運転することとしています。
なお、「スターライト上野号」は全車指定席の7両編成で運転することとしています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧ください。

新潟〜上野の夜行列車といえば、かつて快速「ムーンライトえちご」が運行されていました。
165系で運行された後、485系となってしばらくして臨時列車となった後、現在では運転されなくなりましたが、その「ムーンライトえちご」の再来とも言うべき夜行快速列車の再来、とも思える臨時列車の設定です。

そもそも、一日限りの夜行快速列車を運行するほどのイベントとは一体何じゃいな、と思ってみると、どうやらこういうイベントのようです。
AKB48公式サイト | AKB48 45thシングル 選抜総選挙 :TOPPAGE

実を言えば、私自身これらのアイドルグループの情報を全くチェックしていないわけで、この臨時列車の設定で、初めて「総選挙」が今回は新潟で行われることを知った次第です。
そういえば、帰りの上越新幹線の列車名が「とき48号」という号数表示が設定されているあたり、JR東日本の粋な計らい、といっても良さそうです。

話を「スターライト上野号」に戻すと、総選挙後のAKBグループのファンが帰京するための列車、というのが本来の設定の趣旨なわけですが、鉄道ファン的には滅多に見られない新潟〜上野の夜行快速列車、しかも7両編成となると、いったいどんな車両が充当されるのか、という興味も自然とわいてくることから、AKBファンに加えて鉄道ファンも交えての指定席券が争奪戦となったりするんじゃないか、という感じも受けました。
それだったら、総選挙観戦ツアーの団体臨時列車として運転してもいいんじゃないか、という声もあったりしますが、果たしてこの「スターライト上野号」、指定券発売開始日はどのような売れ行きとなるのか、これまた気になるニュースでした。

あらかわ交通ノート : AKB総選挙に合わせて新潟の臨時列車を運転へ
AKB総選挙で上越線夜行復活: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」

↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!
鉄道コム