京阪電鉄では、平成30年3月より大津線の大津市内4駅の駅名を変更することを発表しました。

大津線4駅の駅名を変更します|京阪電鉄

上記発表によれば、今回駅名を変更するのは以下の4駅となっています。
1:(現)浜大津→(新)びわ湖浜大津
びわ湖大津観光の玄関口であることを表現
2:(現)別所→(新)大津市役所前
「大津市役所前」という立地の分かりやすい表現により電車利用を促進
3:(現)皇子山→(新)京阪大津京
JR湖西線「大津京」との連絡駅であり、JR線との乗換利用を促進
4:(現)坂本→(新)坂本比叡山口
比叡山観光の拠点であり、京都側の「八瀬比叡山口」(叡山電鉄)と対応し、坂本側からの比叡山観光客誘致を目指す

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


今回の駅名変更は、大津市が策定を進めている第2期観光交流基本計画の中心的な考えの「オンリーワンのびわ湖を活用した地域の活性化」に賛同し、びわ湖、比叡山等を訪問する観光客のスムーズな移動や、沿線利用者の乗り換え利用促進を図るものとされています。

そういう意味では、「京阪大津京」はJR湖西線大津京駅との乗換駅であることが更に明らかになり、また「大津市役所前」に変更されることから、JR線沿線から大津市役所方面へ向かう人にとっては、非常に分かりやすい駅名表示になるのかな、と思われます。

一方、観光面から改称される「びわ湖浜大津」「坂本比叡山口」ですが、このうち「坂本比叡山口」については、上記発表資料にもあるように、叡山電鉄の「八瀬比叡山口」と対応し、双方から比叡山へのアクセスをより強くアピールすることができるのかな、と感じました。
そして、残る「びわ湖浜大津」ですが、びわ湖観光拠点駅としてのアピールが強まるものと思われますし、これにより大津線(京津線)の利用促進にもつながればいいなと思っています。

今回の駅名変更では、「坂本」「浜大津」の、列車の起終点となる駅名が変更されることも、一つの着目点といえるでしょう。
DSC08140_R
浜大津駅を出発す坂本行き(2017.2.10)

このように、石山坂本線の「坂本」行きの行先表示もあと1年ほどで見納めになるわけですし、京津線800系の「浜大津」行きも同じく見納めとなります。
駅名標は勿論のことですが、列車の行先にも変化が見られる駅名変更になることから、今後大津線に乗りに行く時には、駅名変更前の様子もしっかり記録しておかないといけないな、と感じたニュースでした。

京阪大津線、市の観光計画にあわせ駅名変更へ…浜大津は「びわ湖浜大津」に | レスポンス(Response.jp)
京阪大津線、4駅の駅名を変更: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
京阪、大津線4駅の駅名を変更へ - kqtrain.net(京浜急行)
石坂線も駅名変更: 淡海の国から on blog
最近のいろいろ(2月13日) ( 鉄道、列車 ) - 最急行のブログ - Yahoo!ブログ



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム