JR秋田支社では、同支社に所属する特急形寝台電車「583系」について、来る4月8日の秋田〜弘前間の運転を最後に引退することを発表しました。
〜引退発表〜特急形寝台電車「583系」最終運行(JR東日本秋田支社|プレスリリース)

583系は、日本国有鉄道が設計製造した交直両用特急形寝台電車で、運行列車の減少により廃車が進み、秋田車両センター所属6両編成(国鉄色)が団体臨時列車用として活躍を続けてきました。
東北地方では1968年から、夜行列車として「はくつる」上野〜青森間(東北本線経由)、「ゆうづる」上野〜青森間(常磐線経由)、昼行列車では「はつかり」上野〜青森間(東北本線経由)、「みちのく」上野〜青森間(常磐線経由)等で運用していました。
また秋田支社管内では臨時特急「あけぼの 81・82 号」上野〜青森間(奥羽本線経由)、急行「津軽」上野〜青森間(奥羽本線・仙山線・東北本線経由)、団体臨時列車「わくわくドリーム号」、更には高校野球の「甲子園応援列車」や各種まつり等に使用してきましたが、この度4月8日(土)の運行をもって引退することになりました。

この度の引退に併せて、秋田支社では団体旅行商品「ありがとう583系」(4/2出発)、「さようなら583系」(4/8出発)を用意しました。下記に各商品の概要をご紹介します。

●ありがとう583系 増田の蔵と日帰り温泉の旅
出発日:2017年4月2日(日)
行程:秋田駅(9:39発)→(583系)→湯沢駅(11:05着)→温泉・昼食・蔵めぐり・道の駅→十文字駅(16:19発)→(583系)→秋田駅(17:35着)
旅行代金:おとな9,800円(こども7,000円)

●さようなら583系 日帰りの旅(秋田発)
出発日:2017年4月8日(土)
行程:秋田駅(7:21発)→(583系)→弘前駅(9:27着)→集合時間までフリー→弘前駅(17:35発)→(583系)→秋田駅(20:23着)
旅行代金:8,800円(こども5,000円)

●さようなら583系 日帰りの旅(弘前発)
出発日:2017年4月8日(土)
行程:弘前駅(10:00発)→(583系)→秋田駅(12:30着)→集合時間までフリー→秋田駅(14:50発)→(583系)→弘前駅(17:07着)
旅行代金:8,800円(こども5,000円)

いずれのコースも、募集人員は300名(最少催行人員200名)で、予約開始日時は、2017年2月20日(月)14時からで、秋田県内のびゅうプラザ、びゅうプラザ弘前駅、またびゅう予約センター秋田(018-837-6512)、びゅう予約センター弘前(0172-32-2229)で受付となっています。

また、最終運行日となる4月8日(土)には、「ありがとう583系」ラストラン記念入場券が発売されます。
発売金額は210円(おとな1枚、こども1枚)で、「秋田駅」「弘前駅」の入場券を専用台紙に入れて発売されます。
発売開始は4月8日(土)の5:30からで、発売箇所は秋田駅・弘前駅限定、発売枚数は各駅1,000セットとなっています。

その翌9日(日)には、583系の車両展示会を秋田駅2番線で開催することとしています。
開催時間は9:30頃〜11:30頃で、外観はホームで見ることができるほか、車内は応募による完全予約制を予定しているとのことです(応募方法、展示会詳細は等は後日発表)

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


高度経済成長期の車両不足の時代に、昼は座席、夜は寝台と昼夜ともに運用できる車両として開発された581系・583系。
新幹線の延伸により昼夜兼用の役目が減り余剰車が発生する中、国鉄末期には715系や419系といった近郊形車両に改造されたものも多く見られました。
一方で、民営化後も急行「きたぐに」や特急「はくつる」、「はつかり」等に使用されてきたものの、時代が下るにつれその活躍の場も少なくなっていき、最後の583系定期列車であった急行「きたぐに」は2012年3月のダイヤ改正で臨時化(後に廃止)、その後はJR東日本の秋田支社に残る583系が団体臨時列車や、各種臨時列車を中心に活躍してきました。

登場当初は昼夜にわたり運行された上に、その後も長きにわたり運用されてきたことから、いつ引退となってもある意味おかしくなかっただけに、遂にその時期が到来したのか、と考えると長年の活躍に感慨深いものがあります。

私自身、583系に関しては、昨年夏の青函デスティネーションキャンペーンのイベント列車として運行された「583系青函DC号」を撮影・乗車したのが記憶に新しいところです。

いずれも「583系青函DC号」(2016.7.3)
DSC06725-2_R
(新青森駅)

DSC06738_R
(新青森駅)

DSC06749_R
(青森駅)

DSC06752-2_R
(青森駅)

もう少し記録を遡ると、今から6年半ほど前に急行「きたぐに」に乗車したことがありました。
CA3F0218-2_R
(2010.11.2、大阪駅)

手元ですぐに出せる583系の写真はこんな感じですが、約40年以上に渡り、国鉄時代の在来線特急網の最盛期を語り継ぐ車両とも言うべき583系の引退、ということに、感慨ひとしお、という方も多いのではないかと思われます。

最後の583系を楽しむツアーとして、3種類のツアーが用意されています。
そのうち4月2日出発分は秋田から南に下る湯沢コースですが、4月8日出発分は、同日で秋田発着・弘前発着の2コースが用意されていることから、この日は秋田〜弘前間で583系が2往復するものと思われるので、沿線で撮影するチャンスも多くなるのかな、とも思われます。

残念ながら私自身はこのツアーの参加も、沿線での撮影も日程的・地理的に難しいのですが、ツアーに参加される方、そして沿線で撮影される方にとって、充実した583系の乗り納め・見納めとなることを願いたいな、と思ったニュースでした。


国鉄寝台電車「583系」ついに引退…ラストランは4月8日 | レスポンス(Response.jp)
JR東日本秋田支社、特急形寝台電車「583系」引退を発表 | 鉄道新聞
JR東日本秋田支社、特急形寝台電車「583系」引退 - kqtrain.net(京浜急行)
583系、4月8日にさよなら運行: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
583系引退のニュース: 鉄道の小箱
583系(引退発表)〜4月2日・8日にさよなら運転! ( 鉄道、列車 ) - A.V.C '64 - Yahoo!ブログ
【JR東日本】583系引退正式発表〜秋田支社プレスリリース〜 ( 鉄道、列車 ) - 運転停車〜ご乗車のままお待ちください〜 - Yahoo!ブログ
あらかわ交通ノート : あなたがいてくれたから〜583系車両、ついに引退へ



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム