image
大阪市営地下鉄谷町線 八尾南駅

大阪市交通局では、平成29年3月25日(土)から市営地下鉄谷町線のダイヤ改正を実施することを発表しました。

大阪市交通局|市営地下鉄谷町線のダイヤ改正を行います

今回の改正の内容は以下の通りです。
●平日ダイヤ
1:朝ラッシュ時間帯の繰上げ
大日方面の混雑時間帯が早まっていることから、2分30秒〜3分間隔で運行している時間帯を繰り上げることで、混雑時間帯に列車を増発。

2:昼間時間帯(10時〜16時)の大日行・八尾南行の増発
昼間時間帯の全ての列車の運転区間を大日〜八尾南間とし、全線における運転間隔を7分30秒に統一。

3:夕ラッシュ時間帯(17時〜19時)の大日行等の増発
大日行を1本、都島行を1本増発、文の里行3本を喜連瓜破行きに変更

●土曜・休日ダイヤ
1:朝時間帯の大日行・八尾南行の増発
大日行を7本、八尾南行を9本増発し、全線で5分〜6分40秒の運転間隔

2:昼間時間帯(10時〜16時)の大日行・八尾南行の増発
1時間あたり大日行・八尾南行を各2本増発し、全線で7分30秒の運転間隔

3:夕方時間帯(17時〜19時)の大日行・八尾南行の増発
大日行、八尾南行を各6本増発し、全線で6分40秒の運転間隔


なお今回の改正により、平日の昼間時間帯の全ての列車と、土曜休日の1列車を除く全ての列車が大日行または八尾南行となることが記されています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


大阪市営地下鉄谷町線(以下、単に「谷町線」)のダイヤは、平日日中や土休日の基本パターンでいうと、大日〜八尾南の全線通しの列車と、都島〜文の里の途中折り返しの列車が10分ごと交互に運転され、双方が運転される区間では併せて5分間隔となる形態が長年続いてきたように思えます。

そういえば谷町線が直近で大規模なダイヤ改正を行ったのはいつなのか、と歴史を紐解くと、何と平成8年12月21日のダイヤ改正以来、およそ20年ぶりの抜本的なダイヤ改正になるとのことで、これまた本当に久しぶりのダイヤ改正になるのかな、といった感じです。
参考:【速報】谷町線、20年ぶりのダイヤ改正を実施。悪名高い文の里行きが廃止へ。 - Osaka-Subway.com

前回の抜本的なダイヤ改正からこれだけ時間が経っていると、流石に谷町線を取り巻く輸送状況も大きく変わっているものと考えられますので、そのあたりをデータでみることができればと思い、地下鉄の駅別乗降人員のデータから、荒っぽい分析をしてみることにします。
出典:
大阪府/平成11年度大阪府統計年鑑(平成12年3月刊行)(平成10年11月10日の交通量調査)
大阪市交通局|路線別駅別乗降人員(平成27年11月17日の交通調査)

上記データから単純に分析してみるとして、谷町線各駅の乗降客数の合計を平成10年(前回改正後)・平成27年(直近調査時)の交通量調査から比較してみたところ、大阪モノレールの延伸や駅周辺の再開発の影響から、大日駅の利用者がこの17年間で約40%( 21,723人/日→30,569/日)も増加しているのが目立つ状況となっています。
加えて、今里筋線が開業したことで乗り継ぎ客の増加も考えられる太子橋今市(9,876人/日→13,113人/日、但しH27値は今里筋線も含む)も顕著な利用者の増加がみられています。

更に区間毎の乗降客数で見てみると、現在平日日中・土休日に10分間隔の区間である大日〜野江内代では12.2%、同じく10分間隔の田辺〜八尾南では7.0%増加しているのに対し、同5分間隔の都島〜文の里では-1.5%となっており、谷町線においては特に末端区間の利用者がこの20年で増加している傾向がみられるといえるでしょう。

(※)上記の乗降客数比較のデータについては、当エントリーの最後に資料として画像を掲載しています。


大まかに言うとそんな状況のなか、現行の谷町線のダイヤを手直しするとすれば、やはり末端区間(特に大日方)の混雑緩和が課題になるものと思われますが、果たしてその通りになったのかな、という印象です。
一方で、現行では平日日中等は5分間隔となる都島〜文の里間では5分間隔から7.5分間隔となり、1時間あたりの列車本数が10本から8本と2割削減となりましたが、現有の編成数の中で、末端区間の本数を増やすためには、この区間の削減に手を付けざるを得なかったのかな、ともいえるでしょうか。

ともあれ、私自身あまり聞いたことのない約20年ぶりの大改正となる谷町線。
当座の注目点は、今回の改正から一気にレアな行先となってしまう可能性の高い「都島」「文の里」の行先表示といえるのかなとも感じ、私自身も谷町線に乗る機会があればちゃんと記録しておこうかな、と感じたニュースでした。

【速報】谷町線、20年ぶりのダイヤ改正を実施。悪名高い文の里行きが廃止へ。 - Osaka-Subway.com
谷町線ダイヤ改正で区間運転大幅に減少: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
[大阪市営地下鉄]谷町線で3/25ダイヤ改正。日中は区間列車を削減し、全線7分半間隔に: 鉄道ダイヤ改正ニュース


<参考>
大阪市営地下鉄谷町線の乗降者数比較(平成10年・平成27年)
上記交通調査データを基に管理人が加工
tanimachisen




↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム