阪急観光バスと西日本鉄道では、現在京都・大阪・神戸〜北九州・福岡間で運行している夜行高速バス「ムーンライト号」を、来る2017年3月31日(金)の出発便をもって運行休止とすることを発表しました。

高速バス「京都・大阪・神戸−北九州・福岡線」運行休止について|2017年トピックス一覧|貸切バスの阪急観光バス(大阪)
福岡・北九州〜神戸・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ・大阪・京都線(ムーンライト号)の運行休止について|西日本鉄道

上記発表資料によれば、「ムーンライト号」は1983年3月の運行開始以来、34年の永きにわたり運行してきましたが、ダイヤや運賃等のさまざまな施策を講じてきたものの、これ以上の継続運行は困難と判断し、運行休止することとしたとしています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


「ムーンライト号」といえば、上述の通り1983年3月運行開始した、夜行高速バスの老舗ともいえる路線の代表格であったといえるでしょう。
「ムーンライト号」以前も、細々とではありますが夜行バスはいくつかの路線で運行されていましたが、このムーンライト号は、「大阪側・福岡側の両事業者による共同運行」、運行3年後に導入した「1人がけ独立3列シート」といった、現在の夜行高速バスの標準とも言うべきスタイルを最初に導入した路線として、日本国内の高速バスの歴史をたどる上では、欠かすことのできない路線であったといえます。

しかし、時代の流れとともに、夜行高速バスについては旧ツアーバス系事業者の参入、他の交通機関でみるとLCC(格安航空会社)の福岡空港への就航、関西〜北九州のフェリーの近代化による快適性向上といったように、「ムーンライト号」を取り巻く環境が変化し、上記でも触れたように様々な施策を講じてきたものの、夜行高速バスの礎を築いてきた「ムーンライト号」であっても、これらの逆境を乗り越えることが困難となり、運行休止になったということになるかと思います。

思えばこの「ムーンライト号」ですが、最盛期は大阪〜福岡間の各停便(北九州市内経由)、特急便(福岡市内直行)、筑豊便(直方・飯塚方面)と3種類のダイヤが組まれていて、それこそ最盛期といった時代から考えると、今回の路線休止は一つの時代の終わりなのかな、とも感じました。

近年、今回の「ムーンライト号」のように、平成初期から運行してきた夜行高速バスの休廃止のニュースをご紹介することも増えてきたように感じています。
(参考:)
南海バス・西肥自動車、大阪〜佐世保・ハウステンボス間の高速バスを10月1日から休止へ【8月22日追記】 : 阪和線の沿線から
【近鉄バス】夜行高速バス大阪・三宮〜鹿児島「トロピカル号」・京都・大阪・三宮〜宮崎「おひさま号」の運行休止を発表(H28.10.1〜) : 阪和線の沿線から

様々な外部環境の変化もあり、路線の廃止自体は時代の流れで避けられないのかな、と思うのですが、それでも私自身が中学生の頃、毎月のような路線新設のニュースに胸湧かせていた時代に開設された路線の休廃止のニュースを聞くと、やはり一抹のさみしさを感じずにはいられないな、と感じたニュースでした。

京阪神−福岡間の「ムーンライト号」3月31日で休止へ、「博多・フジヤマExpress」季節運行へ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム