この4月にJRグループが発足して30周年を迎えますが、JR東日本ではこれを記念して、「JR東日本30周年記念パス」「JR東日本30周年記念入場券」を発売することを発表しました。

会社発足30周年を迎えるにあたって (JR東日本|プレスリリース)

まず、「JR東日本30周年記念パス」は、JR東日本全線、青い森鉄道全線、IGRいわて銀河鉄道全線および北越急行線全線の普通列車(快速を含む)の普通車自由席およびBRTが連続3日間乗り降り自由となるきっぷとなります。
別途特急券等を購入すれば、新幹線・特急列車等の利用も可能となっています。

価格は大人13,000円、小児3,000円、利用期間は2017年7月21日(金)〜7月31日(月)で、利用開始日の1ヶ月前から3日前までの発売となります。


また、「JR東日本30周年記念入場券」ですが、JR東日本各駅の硬券タイプの入場券を300セット限定(バインダー付き)で発売するものです。
対象駅は1,634駅で価格は228,760円、発売数は300セットとなります。
発売日は2017年10月14日(土)で、申込受付はWebまたは郵送で、発売セット数を超える申し込みがあった場合には抽選となります。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


今回の発表で、やはり驚いたのは「30周年記念入場券」でしょうか。
硬券タイプの入場券というのは、まあ考えられる範囲としても、驚くべきは、その販売方法でしょうか。
JR東日本全駅の1,634駅の入場券を1セットとして発売する上に、その金額は約23万円と、これまた度肝を抜く企画といるでしょう。
また、「バインダー付き」となっていますが、そのバインダーも果たしてどれくらいのページ数になるのか、これまた想像を絶するものになるのではないか、とも思われます。

私自身、子供の頃から鉄道趣味の一つとして入場券を収集してきました。
JR東日本エリアでも、平成の初期までは硬券入場券を販売している駅もありましたが、ほどなく廃止となり久しくなりました。
その硬券入場券が、JR東日本発足30周年の記念商品として発売されるのは嬉しいと感じるものの、約1,600枚セットで約23万円での販売、となるとやはり、自分にとっては手の届かない商品となるのかな、とも感じたニュースでした。

JR東日本、「JR東日本30周年記念パス」「JR東日本30周年記念入場券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)
JR東日本、輸送障害に対応して折り返し設備等の強化、「JR東日本30周年記念パス」等発売: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム