JR東日本長野支社では、2017年7月〜9月の3ヶ月間に開催される「信州デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせて、飯山線を走るキハ110系車両にラッピング等を施すことを発表しました。

信州デスティネーションキャンペーンに合わせ飯山線で特別な外装の車両を運転します|JR東日本長野支社

上記発表によれば、飯山線を走るキハ110系のうち、3両にラッピング等を施すこととしています。
ラッピングは次の2種類用意されるとのことです。
●リバイバル
kiha110_revival
上記(JR東日本長野支社発表資料より引用)

1991年から1997年まで運転していた飯山線の車両デザインを現在のキハ110系に合わせて復刻するものです。
なお、車体に記されている「VOITURE AMITIE'」(ヴワテュール アミニティエ)は、「友情の列車」の意味です。

●飯山線の四季
kiha110_seasons
(上記JR東日本長野支社発表資料より引用)

千曲川(信濃川)沿いに走る飯山線沿線の四季を新たにデザインしたものです。

これら特別外装車両の運転期間は、2017年3月10日(金)〜2019年3月末までの予定となっています。
(「飯山線の四季」デザイン車両の3月23日(木)より運転)

対象車両は3両ですが、そのうち2両が「リバイバル」、1両が「飯山線の四季」の外装となります。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


もやは全国各地で見られるようになったリバイバル外装ですが、今回の飯山線のリバイバルで特徴的なのは、民営化後に施された塗装の復刻であるところでしょうか。
国鉄時代の復刻カラーに人気が集まる一方で、こういった民営化直後に色々と登場した各地方のカラーが復刻するのも、時代の流れなのかな、とも感じました。

ところでこの飯山線リバイバルデザインですが、登場時は確か私が高校生の頃だと思うのですが、側面の表記が英語ではなく、果たしてこれは何語で何を意味しているのか、というのが気になっていたところから、今でも記憶や印象に残っている塗色でした。(答えはフランス語)
当時のキハ58系やキハ52系などからキハ110系に代わりましたが、いまこうして、再び線路上を走り始めたこの塗色を、飯山線などで実際に目にすることができればいいな、と思ったニュースでした。

JR東日本長野支社、信州デスティネーションキャンペーンに合わせ飯山線でラッピング列車運行 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム