JR北海道では、昨年8月の台風災害により不通となっている根室線・東鹿越〜新得間について、既にバス代行輸送を実施している東鹿越〜落合間に加え、現在まで運行を見合わせている落合〜新得間についてもバス代行輸送を実施することを発表しました。

根室線 東鹿越駅〜新得駅間 バス代行輸送の実施について(JR北海道|プレスリリース)

上記発表資料によれば、現在東鹿越〜落合間で計10便運行している代行バスについて、運行区間を拡大し東鹿越〜新得で上下計9便、落合〜東鹿越で1便の計10便を運行することとしています。
実施時期は平成29年3月28日から当分の間としています。

また運行ダイヤは、東鹿越駅で上下便の接続が取られることとしています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


昨年8月の台風災害で、根室線・石勝線では大きな被害を受けましたが、こちらのエントリートマム〜芽室間については昨年12月22日に復旧しましたが、残る東鹿越〜新得間については、東鹿越〜落合はバス代行輸送が実施されていたものの、落合〜新得間はバス代行輸送も実施されていない状態が続いていました。

今回の代行輸送区間の延長により、根室線の富良野〜新得間についても、一部区間を代行輸送を利用することに移動が可能となりました。
この区間ですが、丁度「青春18きっぷ」が発売されている時期でもあるので、滝川・富良野方面と帯広方面を、根室線普通列車と代行バスを利用して乗り継げるかチェックしてみました。
詳細は以下の通りですが、ほとんどの場合で、新得駅で若干の時間差で接続が取れないパターンが多い模様なので、利用の際は注意が必要と思われます。
●下り:滝川→新得→帯広
滝川5:49発〜東鹿越8:04着/8:09発〜新得9:11着。新得発帯広行きは9:10発(1分差で接続無し
滝川9:42発〜東鹿越12:00着/12:05発〜新得13:05着。新得発帯広行きは12:57発(8分差で接続無し
滝川15:28発〜東鹿越17:31着/17:36発〜新得18:36着/18:44発〜帯広19:56着(接続あり)
滝川17:57発〜東鹿越19:50着/19:55発〜新得20:55着/21:04発〜帯広21:55着(接続あり)

●上り:帯広→新得→滝川
帯広6:51発〜新得7:54着(2分差で接続無し)新得7:52発〜東鹿越9:02着/9:12発〜滝川11:12着
帯広10:01発〜新得11:06着(17分差で接続無し)新得10:49発〜東鹿越11:59着/12:09発〜滝川13:57着
帯広13:12発〜新得14:20着(22分差で接続無し)新得13:58発〜東鹿越15:03着/15:13発〜滝川16:57着
帯広14:30発〜新得15:29着/16:20発〜東鹿越17:30着/17:40発〜富良野18:20着(接続あり)
帯広18:15発〜新得19:08着(30分差で接続無し)新得18:38発〜東鹿越19:48着/19:58発〜富良野20:35着/20:38発〜滝川21:34着
(交通事情によりダイヤが乱れることにより、接続ありの場合でも接続できない場合があるのでご注意ください。)

以上から分かるように、新得駅ではタッチの差で代行バスと列車との接続が取れないことから、この区間を普通列車のみで走破しようと考えている場合は、特急等の代替措置も視野に入れる必要がある乗り継ぎといえるでしょうか。

代行バスは運行開始したとはいえ、実際の利用、それも遠方からの利用の場合は、このような情報が入手する手段も限られていると思われますのっで、ご旅行の際には細心の注意を払って計画を立てる必要があるのかな、とも感じたニュースでした。

JR北海道、根室線落合〜新得間も代行バス 3月28日から | レスポンス(Response.jp)
根室線落合−新得間にも代行バス: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム