つい近年まで、東海道本線・山陽本線を中心に多く見られたオレンジとグリーンのツートンカラー、いわゆる「湘南色」ですが、車両の置き換えや塗色の変更により、少しずつ数を減らしてきています。
数を減らしてくると、それに反比例して人気を集めてくるようで、今や湘南色目当てに撮影するファンも少なからず見られる模様です。

その湘南色の車両ですが、JR西日本岡山地区の115系300代の車両では、利用者からの要望もあり湘南色で再塗装を行い、湘南色の2編成で特別運行を行うことを発表しました。

115系車両「湘南色」での運行(岡山エリアで5月3日から6日まで):JR西日本

上記発表資料によれば、湘南色で運行する115系(300代)は3両編成の2編成計6両編成で、座席の配列も1976年の新製時の姿を残しているとのことです。
6両編成での運行日は、2017年5月3日(水・祝)〜6日(土)までで、湘南色6両編成で運行する列車は、上記ニュースリリース内のPDFファイルにて記載されていますので、ご確認ください。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


冒頭にも記しましたとおり、この「湘南色」は、つい近年まで普通に見られていたのですが、車両の置き換えや塗装の変更により、かなり少なくなってきました。
この度、JR西日本では岡山地区の115系2編成に湘南色の再塗装を行ったところをみると、やはり相当の要望があったことと思われるだけに、これまた大きなファンサービスとも感じたりしました。

湘南色の6両編成ですが、ちょっと前の国鉄〜JR初期時代を再現した、懐かしい編成にも思えるだけに、ちょっとした注目の的ともいえるのかな、とも思うのですが、それにしても、湘南色の編成が2編成併結されるということがニュースリリースとして発表されること自体、時代のながれなのかな、とも感じたニュースでした。

JR西日本の115系「湘南色」6両編成で運行 5月3〜6日 | レスポンス(Response.jp)
単色化が進む岡山で湘南色が残る: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム