JR東海では、現在特急「ひだ」「南紀」に使用している85系気動車の取替を見据えて、同社では初となるハイブリッド方式を採用した次期特急車両(試験走行車)を新製することを発表しました。

【社長会見】ハイブリッド方式による次期特急車両(試験走行車)の新製について|JR東海

上記発表資料によれば、同社ではこれまでハイブリッド方式による必要な技術開発を行ってきたところですが、平成31年末から試験走行車により技術の確立に向けた試験走行を行っていくこととしています。

走行の仕組みとしては、エンジンで発電した電力とブレーキ時等に蓄電池に貯めた電力を組み合わせて使用し、モーターで回して走行します。

ハイブリッド方式の特長としては、安全性・信頼性の更なる向上、快適性の向上、環境負荷の低減、メンテナンス性の向上を挙げています。

車両デザイン及び車両設備としては、量産車導入を見据えてデザインを刷新するとともに、旅客サービスやバリアフリー設備等を充実させ、現行車両よりも快適性と利便性を向上させることとしています。

今後の計画としては、試験走行車は1編成4両を新製し、平成31年度末の試験走行車完成後、1年間を目処に基本性能試験・長期耐久試験を行い、量産車を平成34年度を目標に導入する方向で検討を進めることとしています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


現在「ひだ」「南紀」で運行されているキハ85系気動車ですが、早いものでは平成元年に導入されていることから、導入後30年を迎えるに向けて、何かしらの動きがあるのかな、と思っていたところ、ハイブリッド方式による新型車両の導入という方針が発表されたとのことで、これは少々驚きのニュースと感じました。

キハ40系やキハ11形といった一般用気動車については、現行方式である液体式のキハ25形で置き換えられてきましたが、キハ85系についても既存の技術をベースにした車両で置き換えるものと思いきや、まさかのハイブリッド方式の導入ということになりました。

このハイブリッド方式では、JR東日本のHB-E300系、JR西日本の87系「TWILGHT EXPRESS瑞風」といった観光列車や、HB-200系といった一般用車両での導入実績はありますが、定期的な長距離運用が主体の特急列車用車両としての導入は初めてということになるのではないかと思われます。

それもあってか、今回のハイブリッド方式の特急車両では、1年間を目処に試験を行うこととしていて、試験結果が良好であれば、平成34年度(2022年度)にも「ひだ」「南紀」のキハ85系は置き換えということになるかと思われます。

一方、車両デザインをみると、これまでのJR東海の車両で多く見られた「ステンレス+オレンジ帯」というある意味定番のデザインから大きく変わっているところが注目といったところでしょうか。
これを見ると、近鉄特急の新塗色にも近い色、と感じた方も多いようですが、実際このデザインで営業運転に入ると、桑名・津・松阪といった駅などで近鉄特急と新型車両による「南紀」の双方が走行するシーンも見られることから、これまた営業運転後の楽しみといってもいいのかも知れません。

さて、今回のハイブリッド方式の新型車両により置き換えられる計画であるキハ85系ですが、手元の写真を探してみましたが、少し古いものが残っていましたので、ちょっとご紹介しておきます。

P9080848-2_R
キハ85系「ひだ」
東海道本線・山駅付近(2007.9.8)

P7202014_R
キハ85系「ひだ」
東海道本線・岐阜駅(2008.7.20)

およそ5年後にはキハ85系の置き換えも進められていくスケジュールとなっていくことでしょうから、「ひだ」「南紀」のキハ85系も、乗れるときに乗っておきたいところですし、その際には記録かたがた、当ブログでご紹介できればと思っています。

最高速度は国内初の120km/h…JR東海、ハイブリッド特急気動車を導入へ | レスポンス(Response.jp)
特急「ひだ」「南紀」にハイブリッド式の新型車両 最高120km/h運転目指す JR東海 | 乗りものニュース
JR東海、ハイブリッド方式特急車両を投入: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
Msykの業務(鉄道)日誌:85系を置換えへ
JR東海、ハイブリッド方式を採用した次期特急気動車車両(試験走行車)を新製 - kqtrain.net(京浜急行)
【JR東海】キハ85系置き換えを見据えた新型ハイブリッド気動車導入へ ( 鉄道、列車 ) - 運転停車〜ご乗車のままお待ちください〜 - Yahoo!ブログ
あらかわ交通ノート : JR東海の次世代型ハイブリッド特急車両の投入へ



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム