JR貨物では、同社において非電化区間の貨物列車牽引と、貨物駅構内の入換作業に使用しているDE10形式及びDE11形式の老朽化による置き換えとして、試作車1両の製作を進めていますが、今回この機関車の形式名等が発表されました。

<新型ディーゼル機関車の製作について|JR貨物ニュースリリース
DD200
DD200形式電気式ディーゼル機関車デザイン
(JR貨物ニュースリリースから引用)

上記発表資料によれば新型ディーゼル機関車の形式名は「DD200形」となっています。
なお、方式は電気式となっています。

特徴としては、走行性能をDE10形式相当とするとともに、軸重を低く抑え、DE10形式でしか入線できない線区への入線を可能としています。
また、本線運転・入換作業双方に配慮し、車他中央部に横向きに運転台を配置した他、入換の際の作業性向上のため、車端にデッキスペースを確保しています。
技術的には、DF200形式電気式ディーゼル機関車及びEF210形式直流電気機関車等で開発してきた技術を応用しています。

DD200形式の出場日は平成29年6月下旬(予定)となっています。
その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

国鉄民営化後、JR貨物でも新型機関車が製造されてきましたが、入換用のディーゼル機関車については、長らくDE10形の天下といえる状況が続いてきました。
とはいえ、流石にDE10形も老朽化が進み、置き換えの新形式が求められるようになり、今回のDD200形の導入となりました。

DD200形の特徴としては、DF200形で培ってきた技術を導入したことから、電気式の駆動方式となったこと、またDE10形との対比では、動軸数が4軸となっている一方で、DE10形のスタイルであるセミセンターキャブや横向きの運転台配置は踏襲していて、新技術を導入しつつ使い勝手の面ではDE10形からの置き換えをスムーズに行える機関車になっているのかな、とも感じました。

今回の導入は1両となっていますが、今後導入が進むにつれ、各地に配置されているDE10形の姿も徐々に過去のものになってくることと思われます。
そんな点からも、DE10形についても今後気が付けば記録していかないといけないな、とも同時に感じたニュースでした。

JR貨物、新型ディーゼル機関車「DD200形」開発…電気式を採用 | レスポンス(Response.jp)
新型電気式ディーゼル機関車「DD200形」導入 老朽機関車を更新へ JR貨物 | 乗りものニュース
JR貨物,DD200形を導入|鉄道ニュース|2017年6月15日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR貨物、新型電気式ディーゼル機関車「DD200形」制作 - kqtrain.net(京浜急行)
JR貨物 新型ディーゼル機関車「DD200」の導入を発表 ( 鉄道、列車 ) - 西和路快速の撮り鉄日記&情報局 - Yahoo!ブログ
JR貨物に新型ディーゼル機関車: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム