トミーテックが中心となって展開している、実際の鉄道事業者の現場で活躍する制服を着たキャラクターコンテンツの「鉄道むすめ」。
既に全国で多くのキャラクターが登場していますが、この度JR西日本で初めての「鉄道むすめ」キャラクターが登場することが、JR西日本和歌山支社より発表されました。

JR西日本初!白浜駅の鉄道むすめ「黒潮しらら」がデビュー:JR西日本

JR西日本の鉄道むすめの名前は「黒潮しらら」です。
171006_00_tetudou
黒潮しらら(上記JR西日本Webサイトより引用)

詳細は以下の通りです。
・JR西日本白浜駅/運輸管理係(駅員)
・人と接するのが大好き。愛情と思いやりにあふれたあいさつが好印象。
・地元の出身。家族親戚も多くが白浜駅周辺の役場や銀行などが勤務先で、夏場はアロハ着用で業務している。
・動物が大好きで、一番好きな動物はパンダ。パンダのマスコットを使ったご案内は、子供たちに好評。動物の駅長さんも好きで、会いに行くこともしばしば。
・名前の由来は京都〜新宮駅間をつなぐ「特急くろしお」と、白浜駅から近い「白良浜(しららはま)」から。

また、「黒潮しらら」のデビューを記念して、白浜駅に記念撮影用ボードを設置されます。
期間は2017年10月14日(土)からで、場所は白浜駅構内となっています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


「鉄道むすめ」に関しては、これまでも当ブログでイベントやグッズ等の情報をご紹介してきました。
大阪府南部・和歌山県のエリアだけでも、既に泉北高速鉄道「和泉こうみ」、水間鉄道「水間みつま」、和歌山電鐵「神前みーこ」の各キャラクターが展開されていますが、それらに加えて、今回和歌山県内の鉄道むすめキャラクターとして登場することとなりました。

また、JR西日本初の鉄道むすめキャラクターであることは発表されていますが、加えてJRグループとしても、恐らく初めての鉄道むすめキャラクターになるのではないか、とも考えられます。
(関連会社等は除く)

そんな意味からも注目を浴びるであろう「黒潮しらら」ですが、デビュー記念として記念撮影用ボードが設置されますが、今後のグッズ・イベント等の展開に期待したいと思いますし、その情報を当ブログでも取り上げていきたいと思います。

JR西日本、#鉄道むすめ 「黒潮しらら」がデビュー - kqtrain.net(京浜急行)
wap ONLINE:和歌山駅に「のりかえ改札機」/JR西初!「鉄道むすめ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム