JR西日本では、同社のICカード乗車券「ICOCA」エリアについて、和歌山線の高田駅〜五条駅間で拡大することを発表しました。

「ICOCA」のエリアを拡大!(和歌山線 高田〜五条駅間):JR西日本

上記発表資料によれば、エリア拡大する区間は和歌山線の高田〜五条間で、今回のエリア拡大により、和歌山線では王寺〜高田〜五条の各駅でICOCA等の交通系ICカードが利用可能となります。
ICOCA利用開始日は2018年春を予定しています。

また、和歌山駅の7・8番乗り場(和歌山線、紀勢線和歌山市方面ホーム)に、阪和線、きのくに線との「のりかえ改札機」を2018年春(予定)に設置することも併せて発表しています。
のりかえ改札機設置後、和歌山線、紀勢線和歌山市方面方面から、また同方面への利用者は、「のりかえ改札機」で和歌山駅までの運賃を確認し、金額が不足している場合は乗り越し精算が必要となります。

その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


和歌山線・桜井線の奈良県内では、これまで奈良〜桜井〜高田〜王寺の各駅でICOCA等が利用可能となっていましたが、そのエリアが更に五条まで広がることで、特に吉野口でのJR・近鉄との乗り継ぎが交通系ICカードで可能となり、便利になることが考えられます。

それよりも、日頃和歌山駅の利用者として注目したのが、同駅へののりかえ改札機の設置でしょうか。
こののりかえ改札機は、和歌山線と紀勢線和歌山市方面との乗り換えの際に必ず通ることとなり、ここで和歌山駅までの運賃を確認し、不足する場合は精算を行うこととしています。

同様の改札は、既に姫路駅(播但線・姫新線)、加古川駅(加古川線)にも設置されているのですが、共通するのは、無人駅から(へ)の不正乗車対策かと考えられます。

和歌山駅の場合、仮に阪和線方面から和歌山線の無人駅で降りる場合、最悪阪和線の駅で初乗りのきっぷを購入しておき、和歌山駅の先の和歌山線の無人駅、あるいは紀和駅で降りることが可能となっています。

今回の中間改札はそういうことを阻止すべく、無人駅の多い方面への列車の乗り換え口に改札を設置し、正当な運賃を支払っているか確認することとしています。
正当な運賃を支払っている利用者にしてみれば、ラッシュ時の和歌山駅到着時の混雑が気になること以外に、特に気になる点はないので、こういうった動きは歓迎したいところです。


和歌山駅ののりかえ改札の設置は2018年春となっているので、どのような形で改札を設置するのか、工事の状況も今後和歌山駅利用時に確認していきたいと思います。

和歌山線のICカード対応、奈良県内ほぼ完了へ…JR西日本、高田-五条間に導入 | レスポンス(Response.jp)

JR西日本、和歌山線高田駅〜五条駅間へのICOCA導入 - kqtrain.net(京浜急行)
wap ONLINE:和歌山駅に「のりかえ改札機」/JR西初!「鉄道むすめ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム