こちらのエントリーでご紹介したように、小田急電鉄では特急ロマンスカーの新型車両「70000形」を製造することを発表していましたが、この度この70000形の愛称等が発表されました。

特急ロマンスカー・GSE(70000形)誕生|小田急電鉄
「特急ロマンスカー・GSE」特設サイト|小田急電鉄

上記発表資料等によれば、GSEの愛称については、開発コンセプトである「箱根につづく時間(とき)を 優雅に走るロマンスカー」をもとに、優雅さをあらわす「Graceful」を用い、『Graceful Super Express』を略したものとのことです。

運行予定ダイヤとしては、新宿〜箱根湯本間で、土休日は3〜4往復、平日は2〜3往復運行することとしています。
営業運転開始は2018年3月中旬で、1編成は2018年度以降の運転開始予定となっています。

その他詳細は、上記発表資料等をご覧下さい。

odakyu_gse
特急ロマンスカー70000形「GSE」外観
(上記小田急電鉄の発表資料より引用)


既に発表のあったように、新型のロマンスカー70000形では、赤色系を採用した外装に大きな注目を浴びていましたが、先のエントリーでも記したように、今後の注目点としては「愛称」でないかと思っていました。
過去のロマンスカーでは、「SE」3000形を始めに、「NSE」3100形、「LSE」7000形、「HiSE」10000形、「RSE」20000形、「EXE」30000形、「VSE」50000形、「MSE」60000形と、何らかのアルファベット3文字(HiSEは4文字)の愛称が付与されていました。
今回の70000形ではどのような愛称が付与されるのかが、ファンならずとも注目されていたところですが、その答えは、「優雅さ」を表す「Graceful」が採用されることとなりました。

また、このGSEの営業運転開始のスケジュールも来年3月中旬となり、今後追加の1編成も2018年度中に導入されることも発表されています。
GSEの導入により、同じく展望席を設置したLSEの動向も気になるところですが、しばらくはGSEとLSEが同じく運用されることから、早いうちに乗り比べなどをしておいた方がいいのかな、とも感じたニュースでした。

小田急“赤いロマンスカー”の愛称決まる…10年ぶり新型は GSE「Graceful」 | レスポンス(Response.jp)
12年ぶり前面展望席…小田急電鉄、新ロマンスカー70000形「GSE」公開 | レスポンス(Response.jp)
新型特急「ロマンスカー」70000形、愛称は「GSE」! 意味は「優雅」 小田急 | 乗りものニュース
新型ロマンスカーの愛称を決定、小田急 - 鉄道コム

小田急、新型ロマンスカー70000形の愛称は「GSE」 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム