小田急電鉄では、小田急線海老名駅の隣接地に、歴代の車両を展示する「ロマンスカーミュージアム」の開業を発表しました。

「ロマンスカーミュージアム」2021年春 海老名駅隣接地に開業|小田急電鉄

上記発表資料によれば、「ロマンスカーミュージアム」の概要は以下の通りです。

・開業地:
神奈川県海老名市めぐみ町
(小田急小田原線 海老名駅隣接地)

・開業時期:
2021年春(予定)

・コンテンツ:
歴代の特急ロマンスカー等の展示
特急ロマンスカー・SE(3000形)、NSE(3100形)、LSE(7000形)、HiSE(10000形)、RSE(20000形)、モハ1
ジオラマ
電車運転シミュレーター
カフェ、グッズショップ 等

oer_romancecar_museum

ロマンスカーミュージアム 歴代の特急ロマンスカー車両展示(イメージ)
(上記発表資料より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


小田急としては初めての鉄道博物館施設の建設が、この度正式に発表されましたが、その収蔵施設の目玉は、言うまでもなく「ロマンスカー」。

収蔵される車両は、SE車以降のロマンスカーの引退車両が主体ということで、これらの車両を一度に眺めることができる、壮観な施設が誕生することとなります。
それと同時に、近年引退したHiSEやRSEはともかく、引退から相当の年数が経過したSE車さえも、これまで大事に保存していたというところからも、小田急のロマンスカーへ対する愛着を感じたりしました。

ロマンスカーミュージアムの開業は2021年春。
海老名駅に隣接した場所に開業ということで訪問にも便利なので、開業後、機会があれば是非とも訪問してみたいと思います。
私自身は、小田急から縁遠い場所に住んでいて、小田急ロマンスカーへの思い入れはそんなに強いものはないのですが、それでも歴代のロマンスカーが一同に会した保存施設というのは、やはり訪問する価値は高いと思いますので、開業がいまから楽しみなニュースでした。



小田急が初の「ミュージアム」建設へ 歴代ロマンスカーを展示(写真11枚) | 乗りものニュース
「特急ロマンスカー博物館」設立へ…小田急が歴代車両の実物を展示 2021年春オープン | レスポンス(Response.jp)
小田急、「ロマンスカーミュージアム」2021年春開業へ - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム