台風21号の強風の影響による火災のため、営業休止の南海電鉄尾崎駅ですが、既にこちらのエントリーでご紹介したように、明日9月11日(火)より臨時出入口による営業が再開となります。

先の発表で後日告知となっていた駅務機器の設置や乗車券の取扱いも含めた発表が南海電鉄よりありましたので、ご紹介したいと思います。

南海本線尾崎駅の営業再開について|南海電鉄

nankai_ozakistn_0911
▲尾崎駅の営業再開について
上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/pdf/201809ozakisaikai.pdf)より引用

上記発表資料のうち、乗車券類の取扱い等については、以下の通りとなります。
●IC乗車券:
出入口に設置しているICカード専用改札機にタッチして入場。

●磁気乗車券(定期券・回数券):
出入口で乗車駅証明書を係員より受け取り着駅で、改札機に乗車券等と乗車駅証明書を2枚重ねて投入のうえ出場。

●きっぷ購入の場合:
出入口で乗車駅証明書を係員より受け取り着駅で、精算機に乗車駅証明書を投入し、発券された精算券を改札機に通して出場



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


既にご紹介しているように、尾崎駅の営業再開においては、駅構内のホーム間移動ができず、海側・山側に独立した改札が設けられることとなるため、ホーム間を移動するためには、駅南北にある踏切を通って反対側の改札を利用することとなります。

加えて、本日の発表では、臨時出入口では、ICカードはこれまで通り利用できるものの、磁気券(定期券・回数券)及びきっぷ購入の際には、乗車駅証明書を受け取り、着駅で精算することとなります。
定期券・回数券の場合は、乗車証明書を2枚重ねて下車し、乗車証明書のみを持っている場合は着駅で精算機による精算となります。

このため、特にきっぷ利用の場合は、着駅での精算に時間がかかることがありますので、利用の際は少し注意しておく必要があるかと思われます。


ともあれ、火災発生より約一週間で復旧となった尾崎駅。
その様子を早いうちに見にいくことができればと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム