南海電鉄の尾崎駅では、去る9月4日に発生した駅舎火災の影響により、現在臨時出入口による営業が行われています。
その様子は下記エントリーで既にご紹介していますが、改札口にはICカードリーダーは設置されているものの、自動改札機等は設置されていませんでした。

この度、この尾崎駅臨時出入口に自動改札機が設置されることが発表されました。

南海本線尾崎駅について(2018.10.12〜)|南海電鉄

nankai_ozaki_stn_20181012
上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/pdf/ozakistation_01.pdfより引用)

自動改札機の設置により、磁気定期券・回数券の場合は乗車時に乗車駅証明書を受け取る必要はなくなり、通常通り自動改札機に通すことで利用可能となります。

引き続き、きっぷ利用の際には乗車駅証明書を受け取り、着駅で精算する必要がありますが、決して少なくないと思われる回数券利用者にとっては、朗報と言えるでしょうか。


今後、駅舎の復旧がどのようなスケジュールで復旧するのか、発表があれば追ってご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム