阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:旅行記・撮影記録 > 鉄道旅行記

もう一ヶ月前の話になってしまいまそうですが、こちらの乗車記録で記したように、群馬県から栃木県に至る第三セクター鉄道「わたらせ渓谷鐵道」に乗車してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC04293_R
▲桐生駅で発車を待つ11時27分発間藤行き

車内は各ボックスに数人乗っている程度の乗車率でした。
昼前の列車ということで、高校生もおらず、割と空いていた車内でした。

11時27分に桐生駅を出発し、しばらくは関東平野の北端に沿って走ります。
東武桐生線との乗り換え駅・相老(あいおい)で若干乗車の後、車両基地のある大間々(おおまま)で大方の乗客が下車し、車内は空いてきました。
しかし、それと反比例して、「渓谷鐵道」の名の如く、渡良瀬川に沿って走り、上流に進むにつれて、渓谷の風景を楽しむことができます。

DSC04295_R
▲本宿〜水沼間

DSC04298_R
▲水沼〜花輪間

桐生を出発しておよそ50分。神戸(こうど)駅に到着します。
DSC04307_R
▲神戸駅に停車中のWKT-511

続きを読む

こちらの乗車記録でご紹介したように、先日の旅行の一環で、会津若松から鬼怒川温泉まで、会津鉄道「AIZUマウントエクスプレス」に乗車しましたが、その時の様子をご紹介したいと思います。

DSC04244_R
▲会津若松駅で発車待ちの会津鉄道AT-751「AIZUマウントエクスプレス」
DSC04245_R
▲鬼怒川温泉方に連結されていたのは、AT-650形


乗車したのは、会津若松6時57分発の「AIZUマウントエクスプレス2号」です。
編成は、AT-750形とAT-650形の2両編成となっています。

乗客が数人乗車した状態で、会津若松を発車。
JR只見線と会津鉄道との分岐駅である西若松から、まとまった乗車がありました。
ここまでが会津若松の市街地ということと、ここからだとJR線分の運賃が不要なことから、敢えてこの駅から乗車する人が多いのかも知れません。

続きを読む

こちらの乗車記録でご紹介したように、真岡鐵道に初めて乗車しましたが、その際SL列車「SLもおか号」に乗車しましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC04143_R
▲起点・下館駅で発車待ちの「SLもおか号」

SLもおか号は、C11型蒸気機関車と、50系客車3両の編成となっています。

DSC04146_R
▲乗車した車両・オハ50 11

DSC04147_R
▲オハ50の車内

C11は勿論ではありますが、50系客車に関して言っても、クロスシート・扉付近ロングシート・非冷房という原型を留めている車両は、もはやこの真岡鐵道の3両を残すのみ、という意味でも貴重な車両といえるでしょう。

進行方向右側のボックスが空いていたので、着席し、10時35分に出発します。


続きを読む

こちらの乗車記録こちらの乗車記録でご紹介したように、数日東京近辺にいる間に、暇を見つけて西武鉄道の有料着席サービス「S-TRAIN」と「拝島ライナー」に乗車してみました。
その時の様子をご紹介したいと思います。
続きを読む

こちらのエントリーでご紹介したように、4月14日に実施された「響け!ユーフォニアム」撮影会に参加した後、京阪大津線・京都市営地下鉄東西線を経由して、六地蔵に向かいました。

目的はこちら。
DSC03605_R
六地蔵駅設置パネル(4名の制服)

これまた今回のコラボ企画の一つで、「響け!ユーフォニアム」作中ゆかりの駅を中心に、キャラクターの等身大パネルが掲出されています。

掲出されているのは、この六地蔵駅に加え、宇治駅、黄檗駅、中書島駅、そして宇治市内となっています。
丁度いいタイミングなので、これらのパネルを全て撮影しようと思い、六地蔵から、宇治、黄檗、中書島と回ってみます。

続きを読む

こちらのエントリーでアルピコ交通上高地線に乗車し、松本から特急「あずさ」と普通列車を乗り継いでやってきた大月駅。
ここから、これまた未乗の富士急行線に乗車しますが、その富士急行線初乗車となる列車が、こちらの「富士山ビュー特急」。

DSC02716_R


「富士山ビュー特急」については、こちらのエントリーで紹介したように、JR東海の371系電車を譲り受け、内外装を大きく変え、富士山への観光列車としてリニューアルして、2016年4月に登場したもので、まもなく運行開始2年となりますが、今回はじめて乗車することとなりました。

まだ車内清掃中ということもあり、ホームから「富士山ビュー特急」を眺めてみます。
DSC02720_R
真横から

DSC02719_R
先端部のヘッドマークあたりをアップ。

続きを読む

アルピコ交通上高地線、と書いても?と思われる方はおられるかも知れません。
一方「松本電鉄上高地線」と書くと、「ああ、あれね」と思われる方は、特にある程度以上の年齢の方は多いかと思います。

長野県の松本市で、松本駅を起点とし、上高地方面へのバスターミナルとなっている新島々まで走る上高地線。
かつては「松本電鉄」という会社名でしたが、県内のグループ各社の再編により、現在では「アルピコ交通」という会社名となっています。
鉄道事業者名にカタカナが入ること自体珍しいのに加え、カタカナから始まる事業者名は恐らくアルピコ交通だけではないかと思われます。


そんなアルピコ交通上高地線に、今回初めて乗車しました。

こちらの乗車記録で、松本までの「しなの3号」から乗り換えた上高地線の列車はこちら。
DSC_8738

上高地線のイメージキャラクター「渕東(えんどう)なぎさ」が車体に描かれた「なぎさTRAIN」編成でした。
アルピコ交通上高地線イメージキャラクターの渕東なぎさですっ

今回の訪問は上高地線完乗ですが、それに加えて「渕東なぎさ」が描かれた「なぎさTRAIN」に乗れればいいなと思っていただけに、運良くその目的を早速果たすことができたことができました。

続きを読む

先月の話ですが、12月28日に仕事が終わった後に白浜まで向かうこととなりました。
その際乗車した特急「くろしお21号」(乗車記録はこちら)、283系「オーシャンアロー」車両のグリーン車に乗車してみることにしました。


和歌山〜白浜間は105.5km。普通に特急券・グリーン券を購入すると、特にグリーン券は101km〜200kmの範囲となり料金が上がるため、少しでも安くで乗れないものかと考えた結果、和歌山〜海南は普通車指定席、海南〜白浜をグリーン車に乗車することで、グリーン車の乗車距離を100kmまでに抑えることができました。

DSC_8547
和歌山〜海南はチケットレス特急券(510円)、海南〜白浜はeきっぷ(1,630円)を利用することで、計2,140円で、海南から白浜までグリーン車に乗車することができました。

DSC_8549
「白浜」の行先表示を掲げる283系。
この日は繁忙期で9両編成となっていました。
うち後部(新大阪方)3両は白浜で切り離しします。
283系の付属3両編成には、グリーン車有りと、グリーン車無しの編成がありますが、この日はグリーン車有りのタイプが連結されていました。
そのため、「9号車のグリーン車」という、通常期には見られない車両に乗車することができます。

和歌山から乗車し、海南まで隣の8号車で過ごし、海南からグリーン車に移ります。
続きを読む

こちらのエントリーでご紹介したように、先日京都鉄道博物館にクル144・クモル145の展示を見にいきました。

その際、その他の展示も見てきましたが、おおよその展示は開館前の内覧会のエントリーでご紹介していますので、今回はヘッドマークの掲出変更等を中心にご紹介したいと思います。

DSC_8492
DSC_8494
入館してすぐのプロムナードに展示されているC62、クハ86、DD54、クハ103には、前面にクリスマスのリースが飾られていました。

館内に入ると、500系新幹線、クハネ581、クハ489が3両並んで展示されています。
DSC02422_R
そのうち、クハネ581のヘッドマークが「シャレー軽井沢」となっていました。
DSC02356-2_R

DSC02467_R
ヘッドマークをアップしてみます。

続きを読む

こちらのエントリーで既にご紹介しているように、京都鉄道博物館では、営業線と接続した引き込み線を利用して様々な運用中の車両を期間限定で展示していますが、今回12月21日〜26日の期間限定で配給車「クル144・クモル145」を展示しています。

参考:
京都鉄道博物館 配給車「クル144・クモル145」を特別展示:JR西日本
京都鉄道博物館 クル144・クモル145 展示(2017年12月21日〜) - 鉄道コム

近年はめっきり運行の機会も減ったこの配給車を、間近でみることのできるまたとないチャンスということで、休みを利用して京都鉄道博物館へ行くことにしました。

開館前の内覧会の様子をアップして以来の来館となりますが、数ある展示を横目に早速クル144・クモル145へ向かいます。

DSC02407_R
クル144とクモル145の2両編成を、クル144側から撮影してみます。

続きを読む

↑このページのトップヘ