阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道全般の話題 > 和泉鳥取駅バリアフリー化工事

当ブログで、工事開始当初から時折ご紹介してきた和泉鳥取駅バリアフリー化工事の様子。
今年度末にも工事が完了する見込みとなっていましたが、本日(3月3日)、完成式典が実施されました。
DSC_8925
完成式典の準備の様子。
用事で式典自体を見届けることはできませんでしたが、せめてものということで、準備の様子だけ記録してきました。

●和泉鳥取駅バリアフリー化工事の概要
元々和泉鳥取駅は、上りホーム(天王寺方面・海側)に改札口があり、下りホーム(和歌山方面・海側)には構内の連絡通路を通ってホームに上がる、という構造でした。
これを、連絡通路と近接する道路の拡幅に併せて、新たに下り線に東口改札を設けるとともに、上下線ホームにエレベーターを設置するというのが、今回のバリアフリー工事の概要です。

●東口(下り・和歌山方面)改札口は昨年3月25日に使用開始
このうち、和歌山方面の下りホームとなる東口改札は、昨年3月25日に使用開始となり、同時にエレベーターも供用開始となりました。


●西口のエレベーターが本日より使用開始。トイレも改札外へ移設
東口が使用開始してから、今度は西口のバリアフリー化工事が始まりました。
工事の概要は、エレベーターの設置とトイレの移設でした。
和泉鳥取駅のトイレは、従来は改札内にありましたが、汲み取り式でもあったことから、早期の更新が望まれていましたが、今回、バリアフリー化工事の一環として、改札外に移設されることとなりました。
移設後は勿論、バリアフリー化対応、水洗式のトイレとなります。

続きを読む

最近めっきりご紹介していなかった、和泉鳥取駅のバリアフリー化工事の様子。

既に東口(和歌山方面)の改札口はバリアフリー化工事が完了し、西口(天王寺方面)改札口の工事が進められています。

この2月8日に記録した工事の状況はこのような感じです。

DSC_8861


駅舎左手にエレベーターが設置される工事が進んできました。
既に仮囲いも撤去され、完成後の姿が見えてきました。

現在はこのエレベーター周辺の工事が進められています。
トイレもこの場所に移設される予定となっているので、全貌が明らかになるのはもう少し先の話でしょうか。


この工事は今年度末までの予定で実施されていますので、恐らくもうしばらくするとこの西口改札のエレベーター利用開始についても何らかのアナウンスがあると思われますので、その際には改めてご紹介したいと思います。

このブログで定期的にご紹介している和泉鳥取駅バリアフリー化工事の様子。
現在は、市道の歩道建設が進んでいます。

かつての駅構内上下線通路が撤去され整地されています。
image
阪和線の鉄橋部分の擁壁に描かれた泉鳥取高校生の描いた絵は、そのまま残されています。

西口改札口近くはこのような感じです。
image
駅舎の隣に、何やら新しい建物ができています。
窓が全くないことから、トイレでは無さそうなので、JRの業務関係の施設ではないかと考えられますが、これが果たして何なのか、確かめる機会があれば聞いてみようと思います。

この市道の通行止め期間も残すところあと一ヶ月ほどとなりました。
それまでに新しい歩道ができあがるものと思われますので、その様子をまたご紹介できればと思います。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

最近ご紹介をしばらくしていなかった和泉鳥取駅のバリアフリー化工事の様子ですが、久々に取り上げてみることにします。

現在のところ、元の駅構内連絡通路を歩道に転用する整備工事中です。
その整備工事もここまで進みました。
image

ご覧になって分かるように、市道との境界にあったフェンスがほとんど撤去された状態となっています。
今日にでもこのフェンスは完全撤去されているのではないかと思われます。

その反対側、すなわち西口改札口付近では、何やら建物の工事中です。
image

完成予想図では、この部分に何か建物ができるような感じではなかったはずなので、この建物が何であるのかが余計に気になるところです。

市道の通行止め期間は8月末を予定しているのですが、それまでに歩道が完成する予定のはずなのですが、今後も時折進捗状況をご紹介していきたいと思います。

定期的にご紹介してきている和泉鳥取駅バリアフリー化工事の様子ですが、先日の様子に比べて工事が少し進んできました。

image

先日ご紹介した時には重機が停まっていたところを中心に、道路と同じ高さにまで削られ、重機はどこか別の所へ移動していました。
今後、歩道とスロープが設置されていくものと思われますので、そんな変化も今後ご紹介していきたいと思います。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

前回の記事からおよそ1ヶ月ほど経過した和泉鳥取駅のバリアフリー化工事の様子。
本日見てみると、久々に動きがありましたので、ご紹介したいと思います。

image


以前の上下線連絡通路ですが、屋根とその骨組みが撤去されたところまではご紹介しましたが、本日見てみると、道路との仕切りの柵の撤去作業が始まっていました。
通路のさして広くない所に重機が据え付けられていて、撤去作業が行われている模様です。

この柵が無くなると、これまた大きく印象が変わりそうなので、その様子はまたご紹介できればと思います。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

先月の東口改札口の使用開始で一段落の和泉鳥取駅バリアフリー化工事ですが、まだ西口改札口のバリアフリー化工事が残っています。


しばらく動きがなかったこの工事ですが、先日から目に見える形で工事が進み始めました。

image


image

この写真は4月13日の朝の様子です。
東口改札の開業まで使用されていた上下線の連絡通路に設けられていた屋根ですが、東口改札開業後もしばらくそのままとなっていましたが、この日に見てみると、屋根と骨組みも併せて撤去されていました。

この旧・連絡通路ですが、今後歩道への転用工事が行われるものと考えられます。
その際には、道路と通路を仕切っていた柵についても、何らかの工事が行われる可能性もあると思われますので、その様子も動きがあれば引き続きご紹介していきたいと思います。



いよいよ東口改札口のオープンを明日に控えた和泉鳥取駅の様子です。

image

image

東口改札の朝の様子はこんな感じでした。
明日のオープンを前に、駅務機器はすべて揃っています。


image

image

上下線ホームを結ぶ構内通路も本日限りで見納めです。


image

帰宅時の夜の様子です。
照明も点灯していて、囲いを除けば既にオープンしているとも見えます。


この東口改札口ですが、明日の初発から利用開始となります。
明日定期券を購入するついでに、東口改札口の様子をじっくり見てこようかなと思います。

和泉鳥取駅のバリアフリー化工事の様子です。
去る3月21日(火)から、駅前道路が車両通行止めとなり、歩行者専用となりました。
DSC_7172_R
DSC_7173_R
DSC_7171_R


このように駅構内通路に面する部分が囲われていて、その外側が歩行者専用となっています。
今後、東口改札口の開始とともに、連絡通路を歩道に転用する工事が進むものと思われます。



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ