阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:鉄道全般の話題 > きっぷコレクション

毎週日曜日を中心にアップしている「過去のきっぷから」。
今週は、こちらのプリペイドカードです。

img159_R
▲阪急電鉄・能勢電鉄共通カードシステムスタート記念 ラガールカード(1994年)


2018年1月末をもって自動改札機等での使用が終了した「スルッとKANSAI」。
その「スルッとKANSAI」という共通カードシステムが導入されるよりも前、阪急電鉄では同社独自のカードシステム「ラガールカード」を発売していました。
1992年からは、券売機できっぷに引き換えることなく、自動改札機に直接投入して利用できるという、当時としては画期的なシステムをスタートさせました。
そしてその約2年後の1994年4月に、能勢電鉄でも、ラガールカードと同様に、同社の「パストラルカード」により自動改札機に直接投入して利用できるシステムを導入しましたが、それと同時に、阪急電鉄の「ラガールカード」との共通利用が開始され、このカードはその共通システム開始を記念して発売された図柄でした。


その後、阪急・能勢以外の事業者も含めた共通カードシステムとして「スルッとKANSAI」が導入され、関西地区の事業者に広まっていったのは、ご承知の方も多いかと思いますが、その事業者間での共通カードシステムのはしりとなった、阪急・能勢両社での共通カードシステムは、これもまた当時としては画期的なサービスだったといえるでしょう。


それから20年以上が経過し、今や関西地区のみならず違う地域のICカードでも当たり前に利用できるのが当然の時代になっていますが、ここに至るまでは、このような歴史の積み重ねがあったのだな、と改めて実感した次第でもあります。


次週もまた、少し懐かしいきっぷ類をご紹介していきたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を基準にお送りしている「過去のきっぷから」ですが、今回は現在も入手可能なきっぷなので、「過去」ではなく、単に「きっぷコレクション」としてご紹介します。

今回ご紹介するきっぷは、ちょっと前にツイッターに流してみると、割と反応があったので、ブログでもご紹介してみようと思った次第です。

img172_R
▲会津鉄道・車内補充券(西若松→浅草)

今回取り上げたきっぷは、会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道の3社にまたがる連絡乗車券。
これを車内で購入したことから、端末発行による車内補充券が手に入った次第です。

このきっぷは、こちらのエントリーでご紹介した「AIZUマウントエクスプレス」の車内で、車掌から購入したものです。
勿論現金払いですが、車内精算で五千円札を使ったりするシーンも個人的にはあまり経験がなく、かなり高額な「紙切れ」を入手したこととなります。

さてこのきっぷですが、通算キロ数が100kmを超えているため、途中下車が可能となっています。
その証拠に、右下に「栃木」の下車印が押印されていることが確認できるかと思われます。
また、東武鉄道のWebサイトでも、3社連絡で100kmを超える場合は、途中下車が可能な旨、案内されています。
切符や回数券の途中下車はできますか?|東武鉄道

ただ、何故か北千住では、このきっぷでは途中下車は不可との案内を受けたので、無効印を押印して手元に残すこととしました。
今でも、なぜ北千住で途中下車不可だったのか、謎ではありますが…

会津鉄道でも、JR等と同じく、車掌が携帯する端末で発券するとは、これまた驚きでした。

今後も、過去のきっぷを中心に、今回のように現在も購入可能なきっぷも時折ご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を目安にご紹介している「過去のきっぷから」。
所用で広島に行ったりしたりした影響もあってか、二週間ほどお休みしてしまいましたが、今週からぼちぼち復活させたいと思います。

今回ご紹介するきっぷはこちら。

img154_R

大阪市交通局(現・Osaka Metro)地下鉄・ニュートラム回数券です。

現在、Osaka Metroの回数券は、3,000円で3,300円分(大人の場合)利用できる、金額式の回数カードになっており、利用区間に関わらず利用することができます。
参考:Osaka Metro|回数カード

1997年7月の料金改定時に、このような金券式の回数カードとなりましたが、それ以前はこの画像のように、料金区間(1区・2区)ごとに発売されていました。

使用履歴は、裏面に印字されることとなっていました。
img155_R
▲使用履歴が印字された裏面。

履歴の印字で注目したいのは、1桁あるいは2桁の数字(利用日が印字)で、自動改札機の新旧により字体が異なることに気が付くかと思われます。
恐らく、電卓のような数字(「7セグメントディスプレイ」とも言うそうです)で印字された改札機が(当時の)旧型、より実際の字体に近い表示となっているのが(当時の)新型の改札機であったであろうと推測されいます。

その他、手元に残っている回数券についても画像をアップします。
img156_R
▲同じく2区回数券
こちらは平成5年の発行で、2区運賃が200円の時代のものです。

img157_R
▲1区回数券
券面に「バスにも利用できます」とあるように、1区回数券は、バスと地下鉄・ニュートラムで共通に利用できました。
地下鉄・ニュートラムの1区運賃は、バスと同一であるため、このように共通利用が可能でしたが、回数カードとなってからは、金額式となったため、そもそも区別する必要がなくなり、現在に至っているといえるでしょう。


民営化により、運営主体は大阪市交通局からOsaka Metroに移行しましたが、割引の種類等、営業施策については、現在のところ、大阪市交通局時代のものが踏襲されています。
逆に大阪市交通局時代であっても、この回数券の変遷をみても分かるように、施策の変更が割とあったりしたことは、今更ながら新鮮にも感じた次第です。


次週も、できる限り失念しないように、「過去のきっぷから」のアップをしようと心がけたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

管理人の手元に残っている過去のきっぷをちまちまご紹介する「過去のきっぷから」。
今回は、今年夏の利用期間が既に始まった「青春18きっぷ」をご紹介したいと思います。

「青春18きっぷ」とは、既に多くの方がご存じの通り、JRグループの普通列車(快速等含む)が一日乗り放題が5回有効のきっぷで、春・夏・冬休みといった、学生の長期休暇の時期に併せて発売されます。
1982年春(当時は「青春18のびのびきっぷ」の名称)から毎シーズン発売されている、今や貴重な国鉄時代から継承されてきたトクトクきっぷの一つでもあります。


この「青春18きっぷ」ですが、発売当初は1日有効の券面が5枚つづりで発売されており、バラして使うことが可能でした。
この仕組が仇となってか、金券ショップでもバラ売りで取り扱われるようになった結果、本来の設定趣旨から些かかけ離れたものとなってきたことから、1996年春の発売分から5人(回)がまとめて1枚の券片にまとめた発売されるようになりました。

その後、整備新幹線並行在来線の第三セクター化等により、利用区間の変更や特例の追加が適宜行われてきましたが、きっぷの仕組みとしては大きな変化は無く、現在に至っています。

今回ご紹介する「青春18きっぷ」は、1991年(平成3年)から1994年(平成6年)頃に購入・入手した、「L型マルス券」とも称される、ドットプリンタで印字された「青春18きっぷ」をご紹介したいと思います。

img148_R
▲青春18きっぷ
平成3年7月19日、日本交通公社堺支店で購入

このように、「表紙」「ご案内」にきっぷ本体が5枚組み合わさったものとなっています。
「ご案内」の内容も、現在発行されている青春18きっぷに比べると、随分シンプルなのが分かります。

img149_R
▲平成4年3月9日、小淵沢駅で購入

この青春18きっぷは、JR中央本線の小淵沢駅で購入したものです。
駅名が「コブチザワ(原券面は半角カナ)」となっているのが特徴でしょうか。

以下でご紹介する青春18きっぷですが、発売日が同一で、発売箇所が全て異なるものです。
これは、グループ旅行の際に青春18きっぷが何セットか必要だったので、どうせなら全て違う旅行会社で買ってみて、「表紙」「ご案内」の違いも含めてコレクションしてみよう、という、グループ旅行をダシにして、きっぷ収集趣味的な観点から思いついて実行したものです。

以下、いずれも1994年3月17日に、堺市内の旅行会社で購入したものです。

img150_R
▲名鉄観光で購入

img151_R
▲近畿日本ツーリスト(○近)で購入

img152_R
▲東急観光(○東)で購入

img153_R
▲日本旅行(○日)で購入

同じ日に発売された、同じL型マルス券の青春18きっぷでありますが、よく見ると様々なところが異なっていることが分かります。

例えば、
・文字の大きさの違い
・券面左上の企画乗車券を表す「○企」の囲み方
(丸付き文字「○企」と、大括弧の「(企)」)
・「表紙」に付されたカッコ
(墨付きカッコ(【表紙】)と大括弧((表紙))
・「表紙」の文字の大きさ
(全角・縦倍角・横倍角)

といったところが目につきます。
購入した当時も、同じきっぷで、同じマルス券なのに、こんなに違うものなのか、と驚いた記憶がありますが、今回スキャンしてみて、その違いの多さを実感した次第です。


現在のマルスでは、恐らくどの旅行会社に置かれている端末でも、ほぼ同時にアップデートされることと思われ、このような違いは出てくることはまず無いのかな、とも思われるだけに、こういう比較自体が貴重な資料なんじゃないのかな、とも感じました。


次回も、過去のきっぷを中心にご紹介したいと思います。

参考:
L型マルス券 - JNRっぽいもの



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を基準にご紹介している「過去のきっぷから」。
今週のきっぷはこちら。

img059_R
▲特急「あかつき」特急券(平成8年2月28日乗車)

今はなき寝台特急「あかつき」。
2008年3月の運行終了まで、関西と九州、特に山陽新幹線全線開業後は関西と長崎・佐世保を結ぶ寝台特急として、長らく運行されてきました。

その「あかつき」廃止からはや10年が経ちましたが、今回はその「あかつき」に連結されていた普通車指定席「レガートシート」の特急券をアップしました。

このきっぷ、発行箇所が西鹿児島駅となっていることからも分かるように、九州旅行の途中に帰阪のための列車を確保するべく、乗車日前日に購入したもののようです。
ということは、逆に言うと、帰りの列車は前日まで手配していなかったことにもなるわけで、社会人となり現地の往復までの交通機関は事前に手配することが当然となった今では、およそ考えられない、学生時代の呑気な旅行だったと思われます。


寝台特急「あかつき」のきっぷは、他にも手元に残っているきっぷがあったように思うので、見つけ次第このシリーズでアップしたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を基本にアップしている「過去のきっぷから」。
今週は三連休の中日にアップとなりますが、今回ご紹介するきっぷはこちら。

img060
▲仙崎→140円区間の常備券(平成8年5月1日)

山陰本線の長門市から一駅、仙崎まで延びる支線。
「仙崎支線」などと称されているようですが、その仙崎支線を乗りつぶし、長門市に戻る際に購入したきっぷがこちらです。

このきっぷをどこで購入したのかは、はっきり覚えておらず、そもそも仙崎駅自体無人駅だったのかどうかの記憶も怪しいところです。
(きっぷの発売駅も長門市となっていますし…)
ただ、発駅名のところに(ム)印があるところからみると、無人駅で、周辺の商店で委託販売が行われていた、とも考えられるのかも知れません。


本当は入場券を購入しようと思っていましたが、恐らく無人駅か何かで入場券の口座がなく、この140円のきっぷを入場券の替わりとして購入し、実使用がてら収集しておいた、といったところでしょうか。

流石に現在は、こんな形の常備券は恐らくないかと思われますので、そういう意味でも貴重なきっぷ、といえるでしょうか。


次回も、適当に手元に残る過去のきっぷをきままにご紹介したいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日にお送りしている「過去のきっぷから」。
今回は、この4月に民営化され、大阪市の組織としての歴史に幕を閉じた大阪市交通局の一日乗車券をご紹介したいと思います。

現在は、「エンジョイエコカード」という名称となっていますが、この名称が付けられる前は、単に「一日乗車券」という名称となっていました。
以下、主に私が学生時代(平成一ケタ台)の時期に購入した「一日乗車券」をご紹介します。

img141
▲平成2年8月1日、梅田駅購入

現在は予めデザインが印刷されたものとなっていますが、この頃は、券売機ではまだ購入できなかったと思われ、定期券売り場で購入すると、このように定期券と同じ用紙(磁気券)に印刷されたものが手渡されました。
子供心に、定期券みたいなきっぷを使えるということで、何だか嬉しく感じたことを覚えています。


続きを読む

毎週日曜日にお送りしている「過去のきっぷから」。

今週ご紹介するきっぷはこちら。

img139_R
▲南海電鉄・特急ラピートα11号(難波11:00発)特別急行券(難波→関西空港、スーパーシート)

img140_R
▲南海電鉄・特急ラピートα16号(関西空港14:05発)特別急行券(関西空港→難波、レギュラーシート)


南海電鉄の特急「ラピート」の特別急行券(特急券)です。
これだけだと、現在も入手できる何の変哲もない特急券ですが、注目していただきたいのは、券面に記されている列車。

1枚目は難波11時発のラピートα11号、2枚目は関西空港14時05分発のラピートα16号。
いずれも日中のラピートαであります。

現在、南海空港特急「ラピート」のうち、天下茶屋〜泉佐野間無停車の速達版「ラピートα」については、平日朝の下り3本、平日・土休日いずれも夜の上り7本となっており、日中の列車は全て、標準の特急停車駅となる「ラピートβ」となっています。

しかし、関空開港(1994年9月)からしばらくの間は、「ラピートα」と「ラピートβ」が交互に30分間隔で運行されていました。
しかも当時は、難波〜関西空港間をノンストップで運行していて、現在は全列車停車となる各駅も、全て通過していた、という時代でした。

とはいえ、この運行体系は関空利用者の伸び悩みもあって、その後大部分が「ラピートβ」化されて、現在に至っています。


今回の「特別急行券」は、その日中に「ラピートα」が運行されていた時代の特急券ですが、そのうち1枚目のきっぷは、「スーパーシート」料金が300円の時代のものです。
現在は210円のスーパーシート料金ですが、当初は300円となっていました。
当初は300円となっていましたが、ドリンクサービスが実施されていたように記憶していましたが、約30分の乗車時間にプラス300円という割高感もあってか、利用が低迷していたことから約100円値下げしたものと思われます。

そのスーパーシートですが、今や下記エントリーでもご紹介したように、レギュラーシートの満席が頻発することもあり、ネット会員等向けに同価格で利用できるサービスも実施されており、当時とは大きく状況が変わったな、と感じた次第です。
参考:【南海電鉄】「特急ラピート グレードアップキャンペーン」を実施。特急チケットレスサービス・定期特急券の利用でスーパーシートがレギュラーシートの料金で利用可能(H28.8.1〜) : 阪和線の沿線から


来週もまた、少し前のきっぷをご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今回の「過去のきっぷから」は、正確に言うと「きっぷ」ではありませんが、それに類するもののご紹介をしたいと思います。

img138_R
▲寝台特急「あかつき」乗車記念オレンジカード
(1989年12月に寝台特急「あかつき」車内で購入)


国鉄・JRのきっぷ購入用プリペイドカード「オレンジカード」。
現在では交通系ICカードの普及により既に発売は終了されており、既に過去のものとなっています。

このオレンジカードの図柄ですが、全国で様々なものが見られただけでなく、今回のように特定の列車内で限定で発売される「乗車記念」的なものも発売されていて、ファンの収集欲をかきたてていたのは、記憶にある方も多いのではないのでしょうか。


今回ご紹介した「あかつき」乗車記念オレンジカードも、その類いの一つで、当時「あかつき」乗務を担当していた下関車掌区が「あかつき」車内で限定販売していたものと思われます。


注目していただきたいのは、図柄に採用された写真。
撮影地は明記の通り、宝殿〜加古川間の加古川橋梁で、時間帯的に上り「あかつき」であることは確かです。

その中でも、機関車より数えて2両目の客車に注目していただきたいと思います。
この客車だけが、前後の銀帯と違って白帯となっていて、ここだけやたら目立っていますが、これは当時人気を博していた夜行高速バス「ムーンライト号」(大阪〜福岡)に対抗して、安価で利用できるよう、14系客車の座席車・オハ14を1両だけ連結していたものです。

とはいえ、このオハ14の座席は、あくまで特急形普通車の標準である横2列の簡易リクライニングシートであったことから、前後幅・リクライニング角度ともに夜行高速バス「ムーンライト」に対抗できるような代物ではなかったこともあり、1990年3月に独立3列シートを設置し、夜行高速バスに対抗しうる設備を備えた「レガートシート」に置き換えられることとなりました。

その後、その「レガートシート」は、「あかつき」廃止の2008年3月までの18年に渡り運行されてきたわけですが、一方で、このオハ14を連結した「あかつき」は1986年11月から1990年3月の3年4ヶ月と比較的短い期間でもあったことから、貴重な写真、ともいえるでしょうか。


かくいう私も、この「あかつき」普通車指定席車に乗車したことがあり、このオレンジカードはその際記念に購入したものです。
年末の帰省ラッシュ時の長崎・佐世保行きで、寝台車は割と混んでいたように覚えていますが、この普通車指定席は予想以上に空いていて、数人程度しか乗車していなかったように覚えています。

年末と言うことで、相当の混雑を予想していただけに、拍子抜けというほかありませんでした。
その分横に他の乗客が来ることもなく、ゆったり過ごせはしましたが、あくまで座席車でしたし、リクライニング角度もわずかでしたので、あまり熟睡できたわけではないわけでしたが、当時学生だった時分にしてみれば、寝台料金が浮くこと自体が有り難かったことは事実でした。


今やこの「あかつき」は勿論、その対抗として座席車を連結する契機となった夜行高速バス「ムーンライト号」さえも休止となり、流石に30年もすれば時代は変わっているよなあ、なんていうことを思い出しながら、今回ご紹介した次第です。


では次回もお楽しみに。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎週日曜日を基準にアップしている「過去のきっぷから」。

本日ご紹介するきっぷはこちら。

img131_R


まず、乗車券は「大阪市内→京都市内(新大阪・新幹線・東京・中央東・武蔵野・高崎線・信越・北陸)」となっています。

具体的に駅名を当てはめると、以下の通りとなります。
大阪→(東海道本線)→新大阪→(東海道新幹線)→東京→(中央本線)→西国分寺→(武蔵野線)→南浦和→(東北本線)→大宮→(高崎線)→高崎→(信越本線)→直江津→(北陸本線)→京都市内

その割には、武蔵野線と高崎線の間にあるはずの東北本線が抜けていたり、北陸本線から京都市内への路線が抜けていたりと、今更ながらあれ?と思うような経路表示となっています。

そんなことより注目はやはり、現在では新幹線となった高崎〜金沢間の在来線表記でしょうか。
今では横川〜軽井沢間は廃止された上、軽井沢以北はしなの鉄道、えちごトキめき鉄道、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道の各社に移管されたこの区間。
もはやこのような乗車券を発券する事はいまや叶わない、といえるでしょう。
(現在では、当該区間は「新幹線」になります。)

そしてその際、セットで利用したのがこの自由席特急券。
img132_R


自由席特急券は1列車1枚となることから、この自由席特急券は特急「白山」を利用した時のものであることは明らかです。
確かこの時、指定席を確保しようと思っていたところ、満席だったため、泣く泣く自由席にした次第でした。
もっとも、満席だったのは途中の長野までで、そこから先はかなり空いていた記憶があるのですが…


この「白山」も、この乗車した年(1997年)の9月末をもって廃止となりました。

今でもこの手の一筆書きルートを取ることは可能ですが、新幹線の区間も延びていることから、違った経路表示になるのではないかと思います。

そういった時代の流れも、これらのきっぷから分かることができるだけに、たかが普通のマルス券であっても、後々貴重なものになることには違いないので、日頃の収集が大事と言えるでしょう。


来週もまた、過去のきっぷを適当にご紹介していきたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ