ネパール勝手な通信

カトマンズで生活している男が、勝手に、あまり正しくない情報や、受け売りをを含めて、ぐだぐだと書きます。

NEPAL_RAILWAY-
現在 ジャナカプウル(ネパール東部でインド国境に近いところ)とジャナガルの間にネパール唯一の鉄道があります。インドからジャナカプウルで主に貨物中心です。ダハル首相は、そのルート変更をしようとしています。前に書いたように、いずれか中国の鉄道がカトマンズまで来るようです。

ネパールの暦は特殊で、陰暦ですが単純なものではない。今日1月12日は日本もネパールも満月です。ただ、ネパールの今日の満月は、マーグ月の最初の満月です。マーグ月の前の月はプーシュ月で結婚式が禁止されている月です。マーグ月は、太陽が冬から春になる月と言われています。ネパールでは今日の満月はスワスタニプルニマと言われる満月です。ヒンズー教徒は、スワスタニという女神のため、次の満月まで、断食してまた沐浴をするのです。その沐浴が、写真です。この場所は、KTMから東へ20kmのサクーのサリナディ川で沐浴するのです。
沐浴

地震後
2015年4月の地震から、2度目の冬を迎えていますが、いまだに、写真の生活があちらこちらで見られます。直後、ネパール政府は、1件あたり5万ルピーを出したが、完全に支給されず、いまだにもらってもいない人もいるようです。もちろん、5万ルピーでは不足なので、お金を借りることになるのですが、最近の金利が高いので借りられない。家を再建できない人々は、写真のような生活を強いられています。世界中から集まった見舞金が、政府が、どう管理したかはわからない状況です。いつも貧しい人は苦労します。カトマンズで、このありさまなので地方はどうでしょうか?

新年あけましておめでとうございます。と言っても、ネパールでは新年ではありません。新年は西洋社会でネパールでは、なんでもありません。休日でもありません。ネパール暦では、4月中旬が新年になります。しかも、毎年同じ日ではありません。陰暦に近いネパール歴(月の満ち欠けと占いで)なので、毎年変化します。2017年1月1日はネパール歴では、2073年9月17日になります。だから、国民の休日でもなく普通の日です。
 最近、カトマンズのタメルや一流ホテルでは、12月31日のカウントパーティが、外国人向けに盛んになってきて、それにネパール人の若者が多く加わるようになってきたので、31日夜はにぎやかです。

昨日あたりのカトマンズは、大気汚染がひどく、PM2.5が多くなり、人に健康被害を与えるほどです。原因は、1.地形が盆地である。2.多数の自動車やバイクからの排気ガス3.現在、行われている多くの道路工事と周辺工事4.冬の気象が影響を与えているとのこと。カトマンズの空気の悪いことは北京並みぐらいでしょうか。メキシコに次いで悪いと。
5

ネパール政府は、Nepal Airのために、アメリカからエアバス2機を購入することにした。1機目は2017年9月1日に2機目は2018年3月1日に納入予定。エアバスは、A330−200の280人乗りで、国際便の長距離に使用でヨーロッパや日本などをターゲットにしている。昔あった、関空発上海経由カトマンズ往復便が復活するかも。
Airbus-A330-25122016072249-1000x0

ネパール政府は、12月25日を、国民の祝日にしていたが、キリスト教徒公務員の休日に格下げしたが、キリスト教関係の圧力で、今日から、国民の休日に急遽昨日発表した。だから、今日25日は休日です。
ネパールにいると、ネパール政府が突然、明日は、休日などと発表することがよくある。休日以外のことも同様にある。国会の承認はどうなっているのか、法治国家なのか疑問です。

憲法改正法案に反対するため、バンダがタライ地区で行われている。理由は、州の分け方の修正案でも反対している。州の区分で、タライ平原と丘地区の分け方が問題のようです。ルパンデヒ地区(ブトワルがあるところ)ポカラから南下したところでインド国境に近い。また、西の方のBardiya地区もバンダに入っているので、生活に支障が起き始めている。今のところ、カトマンズに影響は出ていない。

山頂寺院今年8月にタンコットからチャンドラギリ山頂(標高約2400m)までゴンドラができた。ネパールでは、マナカマラに次いで2つ目です。ゴンドラができたおかげで、山頂の寺院はネパール人の人々でおお賑わいです。タンコットから2.5kmの空中散歩です。カトマンズ盆地とヒマラヤが一望できる絶景です。なお、タンコットは、カトマンズからポカラ方面に向かう国道で、中心地から西の方向で、ここから、つづら折りの下りが始まります。また、外輪山のチャンパデビ方面へのトレッキングも簡単になりそうです。今後は、チャンドラギリにホテルもできるとか。ナガルコットに匹敵する観光地になるかも。

12月13日は、ネワール族にとってヨマリというお菓子を食べる日です。
ヨマリは、米粉で作った皮に、餡として、ゴマの甘いものや、小豆餡やナッツ類など詰めたものを蒸したお菓子です。形は、10cmぐらいのクリオネ似た形です。できたばかりだと柔らかくおいしいですが、1日立つと固くなります。写真を自分のところで探したのですが、ないので、ヨマリプルニマで探すと作り方と写真が出てきます。
 ネパールでの道路陥没の写真。バスが、落ちてけが人が出たとのこと。
道路穴あく

このページのトップヘ