ネパール勝手な通信

カトマンズで生活している男が、勝手に、あまり正しくない情報や、受け売りをを含めて、ぐだぐだと書きます。

当初、6月14日だった後期選挙は、今日6月28日に第1、5、7洲が行う。第2州の投票日は9月18日に行う。
第2州は、マデシの人々の生活地域です。もともと、インド系の人々の地域です。ひそかにインド政府は、分割を画策しています。ネパールの人口構成は、タライ平原のマデシの人々と丘陵地帯に住むジャナジャティ(少数民族)と高地に住むヒマールとおおざっぱに分けられます。
また、ガソリン不足がカトマンズで起きているようです。マデシの人々の憲法反対や選挙妨害などでの混乱あどから来ているようです。

6月14日は、実施せず、6月28日に政府は予定していますが、ラスティリヤ・ジャンタパーティーネパールが参加するため、各政党間で3か月の延期に合意したとのことで、多分延期されるでしょう。
カリマティ
写真は、カトマンズの台所のカリマティ野菜市場です。ここで、仕入れた野菜や果物を自転車に積んで行商する人たち(主にマデシの人)が、特に夕方になるとあちらこちらの街頭で販売しています。

今日6月14日は、後期選挙の日です。昨日までは、ラストリアジャナティ派ネパール政党が参加するなら延期することもありうると。その後どうなったか、まだ、わかりません。決まりましたら、お知らせします。今日は、一応選挙日です。
水か売り
夏の風物のマンゴー売りです。マンゴーは、6月下旬でシーズンは終わり。その後は、スイカ売りが出ます。マンゴー売りは、皮をむいて、種も取ってすぐ売れるようになっていますが、網目の大きい網でかぶせてありますが、埃だらけの道路でも売っています。私は、マンゴーシーズンでは、スーパーや果物店で丸ごと買います。大きい黄色のマンゴーと緑色の手のひらに乗るサイズの2つがあります。おいしさは、緑色のマンゴーの方です。黄色の方はインドから来るそうです。また、マンゴーのほかに、パパイヤも売っています。カトマンズでは、パパイヤは年間4回取れます。

cropped-Lotse-BC-
カトマンズからゴサイクンダへのマナンエアーのヘリがロータの軽微な故障で不時着。6人の乗員は無事でした。
迎えのヘリで乗客を連れ帰り、また、ヘリは修理されてカトマンズへ戻った。

NA-PlaneCrash-30052017074907[1]
今度は、陸軍航空機が、バジュラ空港で着陸に失敗墜落してパイロットが死んだ。ネパールは、雨季に入り、天候が雨模様や、曇りや、濃い霧などがちょくちょく現れるので、この時期、飛行機が飛ぶのは危険が伴う。ネパールでは、まだ、道路整備や鉄道がないので、飛行機が都市間を結ぶ手段なのです。6月近くになると、毎年1機ぐらいが落ちています。

墜落
昨日27日、午後2時頃、エベレスト街道入り口のルクラで、ゴマ航空の飛行機が、雨模様の悪天候中で墜落した。この飛行機は、貨物のみを運んでいたもので、エアーホステスが怪我してヘリでカトマンズに運ばれた。パイロットは死亡、副操縦士は、救助中です。午後1時ごろ、KTMをあまり天気が良くなかった状況だったとのこと。
ルクラは、エベレスト街道の入り口の飛行場で、ヒラリーテンジン空港と名前を変えたばかりでした。ルクラ便は、乾季でも、ちょくちょく欠便します。朝1便が飛んだ後、Uターンしてそれ以後欠便なんて、ちょくちょく起こっています。私も、ゴーキョ・カラパタールやメラピークなどに行った時、1回で行ったことはありませんでした。最大4日待って飛んだり、大型ヘリをチャータしたりしていました。
ルクラの飛行場は、滑走路が山に向かっての500m程度の飛行場です。また、滑走路の始まりのところは崖になっていて、風の影響の強い飛行場で、昼頃になると風が強くなり着陸できなくなり欠航になります。

5月14日に投票が行われた市長」・副市長を選ぶ選挙の結果がおおむね出た。政党別でみると、市長選挙は、UML統一共産党が117 ネパールコングレス党が103、マオイスト党が46。副市長は、130、83、48で、2大政党が、大きく結果を占めた。マオイストは、地元地方以外伸びなかった。まだ、開票作業が続いています。
次の選挙は、6月14日です。

_M_A3769-20052017
夏の訪れを祝い、農業の本格化が始まる日、5月21日ウボウリフェスティバル(ライ・リンブー族など)です。また、同じ日、ブッタジャンティで、ブッタの誕生日で花祭りです。

Elections-1-14052017072623-1000x0
今日5月14日は、ネパールの地方選挙の日で、前期にあたり、3,4,6州で市町村数283有権者496万人で、カトマンズも含まれています。写真は、投票する直前の順番を待っているところ。政党の数は、100を超えるそうです。各民族から立候補しているからです。ネパールでの投票は、各政党が動物や自動車や文具など多岐にわたる絵をマークを見て投票する。終わると手に染料をつけて2,3日消えない紺色のマークを付けます。1人で2回以上の投票を防ぐためです。次の残りの地区の選挙は6月14日1,2,5,7州で461市町村910万の有権者です。今回の選挙は、平穏無事に行われたようです。

選挙運動
この車は、何でしょうか。子供たちが同じTシャツを着てトラックに乗って連呼をしている写真です。シンドゥパルチョーク地方で見られた光景です。実は、5月14日地方選挙向けの3大政党の(マオイスト、UML、国民政党)の選挙運動です。この子たちの学校には、お金が、子供たちには無料のランチがついています。子供たちを選挙運動に使うのは違反です。

このページのトップヘ