ネパール勝手な通信

カトマンズで生活している男が、勝手に、あまり正しくない情報や、受け売りをを含めて、ぐだぐだと書きます。

ダサイン5
FULPATI_2
FULPATI_DASHAIN_
昨日は、ダサインの7日目で、フルパティです。ダサインの初日に、器に大麦の種をまき7日目に発芽する。それを祝うのです。昔は、王室に献上していた。

ダサインの期間中、ヒンズー教では、ヒンズー寺院に生贄をささげ、その後食するのです。生贄は、主に山羊です。写真はバイクで山羊を運んでいる所。ダサイン期間中すごい量の山羊が殺される。チベット仏教徒は、残酷だと言っています。
ダサインやぎ

ダサインブランコ
何故か、ダサインの時、4本の竹で組み立てられたブランコが出来る。子供たちの遊びです。ダサインの時以外、ブランコは作られません。不思議です。竹なので長持ちしないからかもしれません。あと、子供たちの遊びで、サイコロ賭博があります。これもダサインの期間だけ許されます。大人向けは、バイクなど当たるくじが発売されます。

今日から、ダサインです。ダサインは、日本で言うと盆と正月を合わせたようなもの。今日あたりから、カトマンズの人が、田舎に帰り、田舎で家族がダサインを祝うのです。これから、カトマンズの人口が30%近く減るといわれています。ダサインの初日10月10日に大麦を鉢にまきます、17日に、青い芽が吹いたものを、男性は耳のところに、女性は髪の毛につけて祭る。16日は、アスタミの日で動物犠牲の日です。ドゥルガ女神に動物の血をささげる日なので、ヒンズーのお寺に山羊の生贄をささげる。その後、食べるのです。殺される山羊の数はすごいです。18日は、ダサインティカで、家族の長老から額にティカをつけてもらうのです。官公庁は、20日から10日間休みです。学校も、ティハールが終わるまで約1か月も休みです。
 ダサインとは、善が悪に勝ったことを祝う祭りです。ドゥルガ女神によって水牛に変化した阿修羅の退治を祝うお祭りです。退治に10日間かかったので、ネパール語で10をダスと言いそこからダサインと言われます。

明日10日からネパールでは、最大のお祭り。日本でいうお盆と正月合わせたもの。家庭内で祝うもので、カトマンズの人口が3分の一も減る故郷へ帰り祝います。民族の大移動的です。故郷に帰る際たくさんの土産を持ち帰るので、商店やデパートなどは買い物客で混雑しています。また、経営者は、社員にボーナスをだします。
People-in-Market-for-Dashin

ネパール学生連盟は、カンチャプル交差点で、タイヤを燃してバンダをしました。理由は13歳の女の子がレイプされ殺された犯人を至急捕まえるように要求してバンダをした。
学生バンだ

ダサイン前
ダサインが10月10日から始まります。学校は1か月休み、会社も10日間休み。盆と正月の休み、お土産を買うため、人々は、動きはじめています。カトマンズの人々が買い物に行くのは、アサンです。

ダサインは、ネパールでは最大の祭り。カトマンズの人口が30%以上減少するほど、生まれ故郷に帰るのです。日本のお盆と正月を合わせたもので、休日が10日あります。学校などは1か月も休みます。写真は故郷に帰るためのバスのチケット取りの様子です。今年のダサインは、10月10日です。
pre_booking-_17BISWOKAR

明日は、インドラジャトラ、カトマンズの雨季明けの祭り。INDRA_JATRA_FIRST_D
INDRA_JATRA_FIRST_DAY2
クマリ
高さ3階以上の山車を引いて町中を練り歩くのです。その山車に生き神様のクマリが乗っているのです。普段は、めったに見られません。クマリは少女です。初潮が来ると役目を終えます。写真は、左上は、踊りです。その下はクマリです。右は、インドラジャトラを守る兵隊です。

Vehicles-queu
ネパール石油公社は、石油製品供給不足なので、バイクは5リットル、自動車15リットルに制限している。そのため、一般のガソリンスタンドは、販売していなく、軍や警察のガソリンスタンドに集中し、長蛇の列。私が住んでいたころと何も変わらないようです。

このページのトップヘ