壁を越えたハニは、無防備である意味危険だった。
毎朝予告なしに忍び寄る小悪魔に、容赦ない質問攻めに何度も降参しているのだから、いい加減に小悪魔のスンハより先に目を覚ませてほしいと思うのは・・・幸せな気持ちだった。

「ハニ・・・もう起きろよ。」
「ぅん・・・」
布団から腕を伸ばして大きく伸びをすると、ハニは勢いよく起き上った。
「まだスンハは来そうもないね。」
「よかったな。3歳の娘に起こされるのは、親として恥ずかしいからな。」
前日に用意していた洋服に着替えながら、ベッドの横のゆりかごをいつもハニは一瞬何か考えながら見ていた。

「ここに寝かせて、たくさん話しかけてあげたかった・・・もう必要がないから処分しようかな・・・」
ベビー用品を選ぶ時に、自分の夢を語っていたハニ。
ふたりで産まれた時から子供を育てる事を、どれだけ楽しみにしていたのか、身近で見ていたスンジョが一番分かっていた。
「スンハの兄妹を考えてみるか?記憶がなくなっただけで、身体のどこかに問題があるわけでもない。復職して身体のリズムも戻って来ているし、お袋はオレたち夫婦に協力を惜しまないはずだ。」
「大丈夫かな・・・すごく心配で・・・」
「なにが心配だ?」
「仕事をしているから家の事もお義母さんに任せている事が多いのに、スンハの世話もあるから両立が出来るか心配で。」

「大丈夫だよ。ハニは両立をしようと無理をしなくてもいい。人間は完璧じゃないから、周りの人がそれを補うから生きて行けるんだ。」
「だって・・スンジョ君は完璧じゃない・・・」
「オレは完璧な人間じゃない。ハニがいてくれるから、オレがオレらしくしていられる。ハニが完璧に育児や家の事を一人で負担する事をしなくてもいい。ハニと別居していた三年間は何も知らない人から見れば無駄な三年間かもしれないけど、オレはこの三年間で見守る事の大切からさを知った。」
まだ使われていないゆりかごは、ビニールが掛けられたままでも、スンハがこの部屋に来るたびに触っていた所だけが破れていた。

「スンジョ君の言う事はいまだによく理解できないけど、私はいつも自分に自信がないから色々な事を決めるのに誰かの意見を聞かないと決心が付かないけど・・・・・・スンハの兄妹・・・考えようかな?」
ハニの中の春はまだ遠かった。
自分に自信を持つために、スンジョがハニを温かく見守り自信をつけるしかなかった。
「春の訪れはまだ遠いな・・・」
「春が過ぎて夏になったばかりだよ・・・本当にスンジョ君の言う事は私にはよくわからない。」
「いいよ分らなくて。」
ハニの心の氷部分の自信がないという気持ちを溶かしていくには、まだ少し時間が掛かるが時間を掛けて春を待つしかなかった。
事故の時の心の傷が癒えれば、春がハニの中に本当に訪れるはずだ。




人気ブログランキング