大好き!<イタズラなKiss>

韓国版イタズラなKissが大好きです。 切ないお話しか書いていないので、お好みではない方はスルーしてください。

2015年06月

雪が降る前に「波の花」 60

「スンジョ・・・・・判るか?お前の父親だ。」
穏やかな声でその人柄が判るような微笑。
幼い頃に沢山の事を教えてくれた尊敬できるその人が、すぐに父親だと判った。
「はい・・・・・覚えがあります。ただ・・・・私が結婚していたとは・・・・・」
「知らなくても無理ない。お前が行方知れずになった後に、ヘラがお前の子供を産んでな・・・・披露はしていないがペク家の嫁に来て貰ったよ。お前が生きているのかもわからないのに、それでも構わないと・・・・・ヘラの抱いている子供がお前の子供のソラだ。」
その子供に違和感を感じた。
自分の子供と言われているのならそうかもしれないが、何か事情があるような気がして小さな手が伸びて来ても抱く事が出来ない。
同じ年くらいのハナは血の繋がりは無くても、手を繋いだり抱いてあげたりして暮らしていたのだから、幼い子供に慣れていないわけではなかった。

「今までここに来ていたのにお前に一度も会わなかったのが不思議なくらいだ。ギドンさんには随分と助けてもらってな・・・・・・ここでパク先生の助手をしている人にギドンさんの話を聞いたら、私の知っているお前とよく似た婿がいると聞いて・・・・それで話を聞いたら、お前だったんだな・・・・会えてよかったよ。グミはどうしてスンジョと会えたんだ?」
「私も偶然です。外に小さな女の子が一人で遊んでいて・・・・・そこにスンジョが姿を見せたので。」
「そうかそうか・・・・」
ただ会えなかった息子に会えたことが嬉しいスチャンと違って、小屋に言ってハニとあったグミの気持ちは複雑だった。
記憶が無い時に夫婦になったとはいえ、スンジョには一応認められた妻も子もいる。
記憶が戻っていないにしても、再会することが出来たのなら一緒に連れて帰らないといけない。
初めて見る息子の幸せな心が安らいでいるような表情を見たのは、母である自分と暮らしていた間に見た子ことは無かったのに、あの貧しい小屋で横になっていた娘と話している時だった。
出来るのならあの娘と共に屋敷に連れ戻したいが、母のように慕っている幼い妹を思うとそれも難しいような気がしていた。

「一緒には帰れません。」
「スンジョ・・・・」
「申し訳ありませんが、ヘラさんと夫婦になったのかもしれませんが、私には身重の妻がいます。具合もよくなくて一人で置いて行くわけにはいかないです。」
「しかしな・・・・・」
ギドンもスンジョに行って欲しくない。
傷付いた娘を救って、やっと少しづつ昔の娘に戻ろうとしている最近の様子。
それでも時々あの忌まわしい過去を思い出して、それがこの村にいる人たちに知られてしまうのではないかと言う不安を抱えていた。
したっているスンジョがいなくなれば一人で子供を産まないといけないし、妹のハナや自分の生まれてくる子供を一人で育てないといけない。
心が弱いハニには、身体の疲労感も普通以上になる。
妻を亡くしたギドンにとっては、ハニはギドンの心の支えでもある。
ハニが幸せに暮らす事しか考えたくはなかったが・・・・・

「スンジョ君・・・・ハニの事はいいから帰りなさい。お前のいるべき場所はここではなくて漢陽だよ。ハニはワシ他傍にいるから大丈夫だから・・・・・」





人気ブログランキングへ

雪が降る前に「波の花」 59

「スンジョ・・・・・」
「はい。」
「何も覚えていないの?何も思い出せないの?」
母としてスンジョの記憶が戻って欲しいと願っているが、あのみすぼらしい家と言うよりは小屋のような所で、体調がすぐれない息子の子を宿した娘が気になっていた。
言葉にして言いたいことは、スンジョがいない間にペク家に来た嫁よりもあの色白のほっそりとした娘の方がグミは一目見ただけで気に入ってしまった。
「断片的に不意に思い出しています。母上の事は・・・・・・」
「思い出せない?」
「いえ・・あまりにも若くて私の妻かと思っていました。」
「まっ・・・・・記憶のある時のスンジョはそんな優しい言葉を掛けたりしなかったわ。早くにペク家に嫁いで来ましたからね・・・・・14でペク・スチャン・・・あなたのお父様よ・・の妻になり、あなたを産んだのは17歳・・・40少し前に随分歳が開いてしまったけどあなたの弟を産んだのよ。」
「弟・・・・・」

「診療所にね、会わせたい人がいるって・・・あなたの婚約者だった人・・・・とあなたのお父様が待っているの。」
「婚約者・・・・」

グミはスンジョの今の妻のハニのあの悲しそうな顔が脳裏から離れない。
このまま、スチャンやヘラと会わせてからそのまま帰るつもりであったが、記憶を無くしている息子とその息子を慕っている身重のハニを見たら、どうしたら一番みんなが苦しまないかと。

「奥様!遅いので旦那様が心配なさっています。」
「ごめんなさいねミナ、スンジョが世話になっている人にご挨拶をしていたの。」
「旦那様がお呼びでしたよ。」
「どうかしたの?」
療養と言っても持病の心臓の具合も安定していた、急激に悪くなったとは考えにくかったし、今朝起きた時も顔色は良かった。
グミはミナの話を聞く事もなく、スンジョを連れてスチャンが治療の為に使っている部屋の戸を開けた。
「旦那様!」
勢いよく開けたとに驚いた顔をしたが、スチャンはいつもと変わらない穏やかな顔でグミを迎えた。
「どうした?そんなに慌てて。」
「ミナが旦那様が呼んでいると・・・・・」
「スンジョか?」
少し遅れてスンジョも父と言う人のいる部屋に顔を出した。
その部屋には、さっきグミが言っていた婚約者と思われる気位の高そうな女性がハナと同じくらいの歳の女の子を抱いていた。
そしてもう一人、入り口の歩に背を向けていた人物がスンジョの方を振り向いた。

「お義父さん・・・・・・」
「スンジョ君・・・・」
ギドンはスチャンからどんな風に話を聞いて、事情を知ったのか判らないが、複雑な顔をしていた。
「ペク様に聞かれて、スンジョ君がどうしてうちの婿になったのかを話したよ。それと、このお嬢さんは君の奥さんだとも。」
ヘラは表情も変えずに会釈をした。





人気ブログランキングへ

雪が降る前に「波の花」 58

スンジョと会えた嬉しさと可哀想なな生い立ちに涙を流しているグミを見て、ハニはこの女性の優しい心に惹かれた。
大人たちの無言の空気に退屈したハナは、自分を抱いていてくれるグミからすり抜けて、姉のハニに甘えたようにすり寄った。
「おなかすいた・・・・・」
「ごめんねハナ、すぐに作るから。」
「ハニ、私が作って来るから休んでいて。」
スンジョが立ちあがろうとするハニの方を押さえて、母であるグミに頭を下げてハナの食べるものを作りに釜戸に向かった。

「すみません、せっかく会えたのにハナがお腹が空いたと言って・・・・・」
「いいのよぉ・・・子供には大人のお話は退屈だものねぇ・・・・」
ハニに甘えているハナの柔らかな髪をすくうようにしているグミは、初めて見る記憶のないスンジョの妻のハニとハナに好意を感じた。
「ハナは、月足らずで小さく産まれたから、身体も弱くて食も細くて・・・・ 一度にたくさん食べる事が出来なくて1日に何度も食事を作らないといけないのです。」
スンジョはグミが思うよりも早く、ハナの食事を作って持って来た。
漢陽の屋敷にいる時は、両班の嫡子であるスンジョは一度も食事を作ったことが無いのに、手際よく作って来たことにグミは驚くとともに、自分の生活とは違う事が伺えるような器に、食事と言ってもドロドロとした水の様な物の中にほんの僅か入っているだけの芋がハナの食事なのだと思うと、また涙を流していた。

「これがハナちゃんの食事?」
「はい、ハナはこれしか食べられなくて。もっと他の食べ物を食べさせてあげたいのですけど・・・・・・」
「診療所の食事はもっと良かったのに。食べ物が手に入らないのかしら?」
粗末な食事を美味しそうに食べているハナにしたら、これでも今日は豪華な方だった。
いつもよりも芋が大きくて、数も多いだけでもハニたち貧しい人たちにとっては幸せだ。
「療養所に泊まっている人たちは両班や裕福な商人たちが殆どです。その人たちに提供する食材の為に私たち常民は、痩せた土壌で採れた芋が食事なんです。それでも私とハニの父が療養所で仕事をしているので夕食には魚や肉は貰って来る事が出来るので、他の家よりも恵まれています。」
行方不明になるまでの自分の息子は両班でも位が高いから、まさかこんなひどい生活でいる事がグミには信じられなかった。
それなのにスンジョはハニとこのみすぼらしい小屋のような家で暮らしている事に、このまま連れて帰ろうと持っていた事を考えさせらえた。

「ちょっと長居をしてしまったわ。暫く療養所にお世話になっているので、訪ねて来てくれるかしら・・・・あなたに逢いたい人が3人いるの・・・・・・・」
「どこかお悪いのですか?」
元々親にも丁寧な言葉で話していたスンジョだが、全く他人のように話す事に、本当に我が息子は記憶が無いのだと思っていた。
「私の主人であなたの父親・・・・・心臓が悪くて、時々静養に来るのよ。今まで会わなかったのが不思議ね。」
「療養所にいても私はパク先生指示を受けて、薬商に届ける書状を書いているので・・・漢字で書かないといけなくて、漢字を書ける人は先生と私だけなので。」
「そうなの・・・あなたは昔から武芸も優れていたけど、学識豊かだったから療養所でも役に立っているのね。ハニさんも疲れるからそろそろお暇させていただくわ。スンジョ、療養所まで送ってくれるかしら?」
「勿論です。ハニ、すぐに戻るから休んでいて。」
不安そうにしているハニを、グミが見ていてもスンジョは安心させるように抱きしめた。

ハニはスンジョとスンジョの母グミが並んで家を出て行く後姿を不安そうに眺めていた。
やっと見つけた幸せの終わりが近づいている事に気が付いた。
スンジョと出会って3年。
この3年がハニにとって何十年もの幸せな時間だった。




人気ブログランキングへ

雪が降る前に「波の花」 57

絹の着物を着たグミが長屋に入ると、一斉に住人達はそちらを見た。
スンジョ達の住んでいる家は長屋の中央当たり。
その中では多分新しく治されたのだろうと言う事が判る。
「ここです・・・少し前に小火があったので直したのです。」
「小火!」
周囲の家は火事になればすぐに萌え崩れてしまいそうなくらいに、古い木材を使っている。
「ただいまぁ~」
ハナが元気な声で家の中に入ると、布団で横になっている若い女が起き上がった。
「ハナ、お帰り。一人で来たの?」
ハナが若い女性に抱き付くと、頬を寄せて抱きしめていた。
「ハニ・・・・」
「スンジョさん、お帰り・・・・・・・」
スンジョの横で立っている衣の着物を着た女性が、ハニに笑顔を向けた。
「あの・・・・・」
「私の、母・・・・」
母と言う言葉を聞いたハニは、さっきまでの明るい笑顔から一気に顔を強張らせた。
「これはパク先生から預かって来た当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。終って(しまって)おきますね。」
台所にある手作りの水屋に、薬を終う(しまう)とスンジョはすぐに戻って来て、グミをハニの前まで連れて来た。

「ハニさん、初めまして。私はスンジョの母のファン・グミです。」
「初めまして・・・・・・」
不安そうにスンジョの顔を見るハニは、もしかしたらこのまま母と言うこのファン・グミといるべきところに帰ると言うのではないかと思ってしまった。
「スンジョの・・・・息子の子供を宿していると聞いたのですが、具合が悪いのですか?」
「ええ・・・・でも、パク先生の所の薬が合うのか、少しづつですが起きていられるようになりました。」
「そう・・・・」
ハニもハニの傍にいるハナも、数年前に亡くした母とグミを重ねていた。
ハナにしたら、母親の顔は見た記憶が無いから、綺麗な顔をしたこのファン・グミにただ見とれていた。
「可愛いわね・・ハナちゃん・・・・」
小さな口をポカンと開けて自分を見ているハナの頬を、白くて傷一つない手が触れていた。
「母を亡くして顔を知らないのです。ご無礼を許してください。」
「お母様を亡くしたの?」
「ハナを産むのと引き換えに亡くしたのです。ハニはハナの母親代わりにここまで育てました。」
「まぁ・・・・・・」
自分の生んだ二人目の子供ウンジョと同じ年くらいのハナの事が可哀想で、グミは涙ぐんでいた。
小さくて細い身体をグミは両手で抱き上げると、あまりにも軽くてウンジョや嫁の産んだソラよりも小さなハナを、包み込むように抱きしめた。

「小さいのね・・・・・スンジョの弟よりも小さい・・・・・・ソラよりも・・・・・・」
「弟・・・がいるのですか?」
「ええ・・・・あなたがいない間に産まれたの・・・・・」
「ソラと言うのですか?」
「いいえ、違うわ。あなたの弟はウンジョと言うのよ。スンジョにウンジョ・・・・・・ペク・スチャン、あなたの父親とよく似た顔の弟よ。」
スンジョは聞き逃さなかったソラと言った時に一瞬聞こえたその言葉。

あなたの子供のソラ・・・・・・



人気ブログランキングへ

雪が降る前に「波の花」 56

診療所の前に小さな女の子が一人おとなしくしゃがんでいた。
年齢は2歳くらいの女の子はひ弱な感じで色が白く手足も同年齢の子供よりも細いように感じる。
「ハナ、帰ろうか?」
「うん!」
女の子の名前はハナ・・・・・・
顔をこっちに向けて・・・・あなたを探しに来たの。
「スンジョ?」
絹の着物ではなく木綿の着物でもそれがスンジョだと、我が子として産んだ母には判った。
「はい?」
母が息子の名前を呼んで顔を上げたが、その目は初めて会った人を見る目だった。
「スンジョ・・・・・」
ハナは見知らぬ女性が、義兄の名前を親しげに呼んでいる事に不思議そうにしていた。
「あの・・・・・」
グミはスンジョが手を引いている小さな女の子と視線を合わせる様に、しゃがんでくりくりとした大きな目を見ていた。
「よく似ているわ・・・・・この大きな瞳と白い肌・・・本当に小さい頃とよく似ている。」
「この子の母親をご存知ですか?」
「母親?」
「ハナの顔がよく似ていると・・・」
グミは驚いた顔をしてゆっくりと立ち上がった。
ギテとギョンスからは聞いていたが、昔からよく知っている知人を忘れただけではなく、自分を生んだ母まで忘れている事に衝撃を受けた。

「いえ・・・この女の子の顔がスンジョ・・・あなたに似ているの・・・・」
今のスンジョにとってグミは母親ではなく、初めて会った見知らぬ女性。
「この子は私とは血の繋がりはありません。妻の妹です。」
「妻?」
スンジョはヘラと結婚をするはずだったし、お互い政略結婚をすることを承諾していたはずなのにどうして別の人と結婚をしたの?
それよりも、母である私を忘れているのはどうしてなの?
「あの・・・・・あなたは・・・・・・」
「スンジョ、あなたを産んだ母よ。」
「私を産んでくださった母親・・・ですか?」
「そうよ、あなたは大切なペク家の跡取りよ。父親の頭脳と広い心と優しい性格を受け継ぎ、私の実家の容姿を受け継いだ大切な跡取り息子よ。」
夢の中で見たこの若く美しい女性は私の母親だったんだ。

大人の退屈な話に飽きてきたハナは、家に帰りたいのかスンジョの着物の裾を引っ張っていた。
「家がここから少し先なんですけど、そこで話をしませんか?私の妻が体調が良くなくて、妻の妹を連れて薬を貰いに来たので・・・・・・・」
グミは少し考えたが、診療所に受診しているスチャンを置いてでも、スンジョに付いて行こうと思っていた。
記憶は無くしているが、この青年は間違いなく自分の生んだ息子だと確信していた。
「そうね・・・小さな子がいるのにこんな所で話をしては可哀想ね。」
グミは少し離れた所で控えている付き人の方を向いた。

「ミナ、旦那様に少し診療所で待っていてくださるように伝えて。いい知らせをお持ちしますと言ってね。」
「あの、お帰りの時のお迎えはどちらに行けば・・・・・・・」
両班の奥方が一人で出歩くことなど考えられない。
ミナは確かにグミの言うとおり青年はスンジョだとは分かっているし、いくら治安の良いこの村でも、両班の女性の一人歩きは心配だった。
「ミナさん、私がここまでお連れします。」
「はい・・・・」
元々ペク家は、屋敷で使われている使用人にも敬意を払った物言いをするが、全く初めて会ったような言い方をするスンジョに戸惑っていた。
「それでは参りましょうか?ハナちゃん、おばさんも一緒に行かせてね?」
ハナの小さな顔は、不安そうにしていたがグミの明るい笑顔でパッとほころんだ。




人気ブログランキングへ

ギャラリー
美容室美容院レーシックfx 口座開設美容整形キャッシング
デリヘルデリヘル 求人里親 募集求人情報美容室裏dvd保険出会い出会いエステ美容整形クレジットカード消費者金融
アクセスカウンター
キャッシング社長ブログseothink tank医薬品 買取ブログパーツお見合い結婚相談住宅ローン
アルバイト情報海外サーバー海外サーバーアクセスカウンター無料ブログカウンターオンラインカウンター借金時計ページランクアダルト動画
アダルト動画 比較裏dvd裏dvddvdレンタル 比較有料アダルト動画 比較月額アダルト動画 比較出会い系サイト 比較ライブチャット 比較裏dvd
ブログカウンター無修正dvdフェラチオキャバクラデリヘル風俗
無料カウンターデリヘル 求人高級 デリヘルキャバクラ 求人借金時計プロバイダ 比較ウォーターサーバー 比較レンタルサーバー 比較クレジットカード 比較生命保険 比較
etcカードエステ脱毛インプラントホームページ製作ドメイン取得化粧品 サンプル自動車保険 比較学資保険 比較おまとめローン 比較キャッシング 比較証券会社 比較fx 比較fx口座開設 比較
無料アクセスカウンターフレッツ光 auひかり 比較fx 初心者誕生日 プレゼント
東京 デートスポット消費者金融 一覧銀行 口座開設アクセスカウンター無料カウンターページランククレジットカード ランキング生命保険 ランキング自動車保険 ランキング学資保険 ランキング育毛剤 ランキング証券会社 ランキングプレゼント ランキングクレジットカード おすすめ
bto パソコンエアコン 工事エアコン クリーニング給湯器 交換犬 里親猫 里親エアコン 取り付けエアコン 取り外しガス給湯器 交換ホストクラブ新宿 デリヘル新宿 デリヘル歌舞伎町 キャバクラ渋谷 デリヘル


バラが降るオルゴール


  • ライブドアブログ