大好き!<イタズラなKiss>

韓国版イタズラなKissが大好きです。 切ないお話しか書いていないので、お好みではない方はスルーしてください。

2016年01月

雪が降る前に「雨雫」 143

ポルが話し終ると、助手のリャンが何か耳打ちをしていた。
「そう・・・気が付かなかった・・・今日はこの辺にしましょう。今日話したことで私が判っていることは全部です。後は今の時代に起きることがあれば、それをどう判断をして前に進むのかは、あなた達の判断です。」
「ありがとうございます。」
スンジョがカバンを持って立ち上がると、ハニも急いでカバンを持ってスンジョの後を付いて部屋の出入り口歩き始めた。
「聞きたいことがあったらいつでもいらっしゃい。この先判断に迷う事もある、その時も構わず来なさい。」
占いの館に来た時はまだ明るく、一本路地を入ってはいたが人の往来もあったが、スンジョの腕時計で指す時間は7時を過ぎていた。

「寒っ!」
流石にこの時間になれば気温もかなり低くなる、スンジョは切ってあった携帯の電源を入れた。
電源が入るとおびただしい数の着信記録と、メールの数。
その全文送信主が誰なのか見当は付く。
「ぅわっ!」
「何だよ、女の子が変な声を出すな。」
ハニは持っていた携帯の画面をスンジョに見せた。
「だって・・・着信記録とメールの数が凄いよ。」
「送り主は、お袋だろう。」
スンジョは自分の携帯の画面を、ハニに見せた。
「遅いから、お袋が電話を入れたんだろう。それにしても・・・・」
と言っている矢先に、スンジョの携帯の着信音が鳴った。

<スンジョ!どこにいるの?ハニちゃんがまだ帰って来ないのよ。冬で陽が早く陰るから、痴漢に遭ったか誘拐されたか・・・・・・・>
グミの声は隣にいるハニにまで聞こえるくらいに興奮していた。
「おばさんに連絡しないで、占いの館に来ちゃったからね。いつも私のことを心配してくれて。」
「大昔は、お前の母親だったからな・・・・・もう少し小さい声で話してくれよ。ハニと少し寄るところがあったから・・・・・馬鹿な事を言うなよ・・・・そんな気が起きる相手じゃないよ・・・もう帰るから。」
グミが話しをしている途中で電話を切って、携帯をポケットにしまうと、サッサと歩き始めた。

「待ってよ・・・片方の手袋をまだはめていないの。」
「なら、早くはめろよ。おじさんも心配しているから、のんびり歩いていたらもっと遅くなる。」
手袋をしていない方のハニの手をギュッと掴んで引き寄せると、自分のコートのポケットの中に入れた。
「歩いて帰るから、家まで入れて行ってやるよ。」
肩をすくめて笑うハニの顔は、頬をほんのり染めて恥ずかしそうにしていた。

「温かい・・・・・」






人気ブログランキングへ

雪が降る前に「雨雫」 142

「恨みを晴らしたりしないのが、ハニと言う女性。いつまでも憎んで、ハニの憎しみによってジュングを陥れてもし自ら命を絶ったら、残された家族がハニを恨むだろう。
その恨みを持ってまた他の残された家族が恨んでいては、負の連鎖でずっと続いて行ってしまう。
人を恨んだり憎んだりすることは簡単でも、人を許すことはとても難しい。
私は、生れは卑しい身分で教養も無いけれど、私とは正反対のスンジョ様にもできない事がふたつある。
ひとつは、幼い時から両親に教えてもらったことは、人に何かされても恨んだり憎んだりしない。
恨んだり憎んだりすることは簡単でも、その人を許す事の方がとても難しい。
人を許すことが出来なくても、許すことを選びなさい。
そして、焦らずゆっくりと雪が溶けて土に染み込み濾過されて綺麗な水になるように時を待ちなさい。

私をずっと焦らずに待っていてくれたスンジョ様と、私にしたことでずっと自分の心を閉じていたジュング。
あなた達がいてくれたから、今の私が存在する。

「ハニや・・・」
「ジュング、起きていたの?」
「起きていたと言うのか、習性だな。」
「若芽採りに行く時間・・」
大きく欠伸と伸びをして、ジュングは干してある自分の着物を手にした。
多少の湿り気はまだ残っているが、スンジョや今のハニのように、柔らかな絹の着物を着て生活をしている訳では無いし、洗いざらしの木綿の着物は乾いていても、汗をかいたりしただけですぐに代替品をお送りいたしますので冷たくなる。

「ハニを市で見かけてから、ずっと自分だけが幸せでいいのかと考えていたよ。」
スンジョは二人の会話を黙って聞いていた。
自分には知らない二人の子供の時からの関係。
嫉妬と言うのとは違う、二人には入ることの出来ない何も言わなくても通じる考えのような物を感じていた。

「私は幸せだったし、今も幸せだよ。自分が嫌な事から逃げていただけ。それを乗り越えようと苦しんでいた結果が、心がどこかに行ってしまえば何も考えなくていいと思って逃げていただけ。その間ずっと自分が産んだ子供を置き去りにして、私をずっと守ってくれていたスンジョ様を置き去りにして・・・・ペク家のお義父様とお義母様
、私の父さんと妹のハナ・・・みんなに迷惑を掛けた。負の連鎖とは違うけど、自分が弱いから逃げて逃げて・・・・この山小屋に来るまでもずっと正気になったりそうじゃなかったりしながら考えていたことがあるの。」

随分と痩せてしまった自分の身体。
心がここに無かったから、空腹感も無く何を食べたいとか何は食べたくないとか思った事も記憶になかった。
きっとスンジョが一に連れ出したのは、若芽汁を好んで飲んでいた自分を見て、少しは元気になって欲しいと思ったからだろう。
フラフラとする身体が倒れないようにゆっくりと起き上がった。

「考えていた事はね、ジュングがあんなことをしたのは私がはっきりと自分の気持ちを言わなかったことが一番いけないのだけど、私がジュングを許すことが出来ず、ただ逃げていただけでは何も解決が出来ない。ジュング自身も十分に傷付いたのだから、私が元気になればジュングや私をいつも守ってくれたスンジョ様も、前に進める。起きてしまったことは仕方がないけど、ちゃんとジュングと話をしようと思って山小屋に来たの。」

「何か・・よく判らないな・・・・」
「私も判らない・・・もう、過去のことに責任を感じなくていいから。ジュングも奥さんを貰って子供もいるのでしょ?いい父良い母になる為に、いつまでも過去のことにしがみ付くのは止めようよ。私は、300年前のハニから頼まれた事を300年後のハニに伝えないといけないの。きっとジュングも同じ役目があるはず。300年後のポン・ジュングの為に、私達・・・・代わろうね。」



その話をポルから聞いた時に、ハニは300年前のハニが、三人の子供とスンジョと楽しそうに笑いながら過ごしている光景が見えた。
辛い事や悲しい事は、乗り越えれば幸せが来る。
それをハニがきっと伝えたいのだろう。





人気ブログランキングへ

雪が降る前に「雨雫」 141

スースーと性格と育ちが判るくらいに規則正しい寝息を立てて眠る双子たち。
この年齢の時の自分は何をしていたのだろうか。
「何歳だった?」
「15歳になる。」
「そうか・・・この頃のオレとハニはこんな風に落ち着いていなかった。」
「ハニはどんな子供だった?」
「お転婆・・・よく泣かされたよ。男のくせに海が怖いだなんて、そこにぶら下がっている物を切っちまえって・・・若芽取りに使う道具で本当に切られそうになったよ。」
「信じられない・・・」
「オレも信じられない、あんなお転婆がこんなに綺麗な双子を産んだ母親だとは・・・あの時ハニに切られていたら、ハニを苦しめなかったかもしれない。」
クスッとスンジョが笑ったのをジュングは聞き逃さなかった。

「もういいですよ。ハニは気が付いていますよ、私よりもジュングが先に助けてくれたこと。それに済んでしまった事で戻せないですから。」
そんな話をしている時に、ハニが僅かに声を発した。
「ん・・・ぅ・・・」
「ハニ?気が付きましたか?」
「ここは・・・」
「覚えていないですか?スンハとスンリの生れた小屋ですよ。」
まだはっきりとしないのか、起き上るわけでもなく支店の合わない目で遠くを見ていた。

「どこまで覚えている?」
「崖の上から、波の花を見ていた・・・・見たかったの・・」
ハニは自ら命を絶つような人間ではない事はスンジョもジュングも判っている。
判っているが、ハニは自分の心が遠い所にあると思って、責任を感じてしまう性格でもある。
「スンハ・・・スンハは来月祝言があるの・・帰らないと。」
勢いよく起き上ると、ひどい頭痛の眩暈がした。
スンミを産んでから今日まで、ハニは幸せであったが自分の過去を思うと、それを子供たちに知られることや義理の両親であるスチャンやグミにも知られたくないと思っていた。
忘れたい、忘れようと思えば思うほど、現実から離れた場所に心が行っていた。

「私、長い間眠っていたみたいな気がする。」
「眠っていたんだよ。眠ってここまで一人で来たのだよ。」
スンジョの陰に隠れる様にしている人に気が付くと、ハニは顔色を変えた。
「ジュング?」
「ハニや・・・・お・・覚えていたのか?」
「覚えて・・・・」
ジュングはチラリと、眠っている双子たちを見た。

「ずっと、ずっとハニに謝りたかった。謝って済むものではないけど、自分がした事に自分で腹が立ったし責めた。いっそ、この命を絶とうと思った。命を絶つ前に、ハニにまず謝らないといけない・・・・・それを考えていたら、あの海岸に来ていた。泡に包まれてこのままお気に行ってしまえばいいと思っていたら、上からハニが落ちて来て・・・・・」
なんとなくハニは海に落ちた時に誰かの腕に引っ張られた記憶があった。
その手を掴むと助かると、思ってつめた海の中で縮こまる腕を伸ばした。
その後は記憶に残っていない。

「あれはジュングだったの?私はてっきりスンジョさんが助けに来てくれたものだと思っていた。」
「そうだよ。私は、その時は崖から落ちたハニを探しに山を下っていた。」
20年近く前のことをジュングはまだ責任を感じていた。
ハニも忘れる事は出来ない事であったが、あの時からお互いに顔を合わせて話したことも無かったし、会うことも無く会いたくもないと思って避けていた。
自分が許さなければ、いつまでも過去の傷をお互いに引きずって過ごさないといけない。

「ジュング・・・済んでしまった事。忘れる事は出来ないけど、過去を振り返らないで前を・・・そんなこと私が言える立場じゃないよね。現実から逃げたくて、記憶を封じ込めていたのだから。私達は三人、きっと遠い昔から繋がっていたのかもしれないね。今の時代にこんな関係になったのなら、次の時代に私たちが出会ったら、良い友人として行くために前を向いて行かない?ジュングとは小さい頃から一緒だったから、私はあなたの気持ちも判るけど、ジュングは私の気持ちがきっと判るはず。」
ハニの頭の中の靄は綺麗に晴れて、新しい時を刻み始めた。





人気ブログランキングへ

雪が降る前に「雨雫」 140

「おじさん?」
転寝をしていたのかハニの息子のスンリがオレの顔を覗きこんでいた。
「大丈夫ですか?」
「あ・・・ああ・・・藁の中にいたら温かくて、いつの間にか眠りこんだみたいだ・・・ハ二・・お母さんは?」
「まだ意識は戻りませんが、父上が火に当たっていただくようにと・・・・」
真っ直ぐにオレを見るその黒くて大きな瞳は、すんじょと似ているよりもハニとよく似ていた。
着慣れない絹の着物は、しっとりと肌に馴染み、冷たい海に飛び込んで泡立つ波の花を掻き分けてハニを探して疲れた身体に心地良かった。

「ハニ・・・奥様は・・・」
「意識はないですが、顔色も戻ってきているので大丈夫でしょう。」
ハニに寄り添う女の子は、市で若芽汁を買いに来た子だが、男の子の身形(みなり)をしていた。
外に馬が三頭係留して会ったのを見ると、この子も馬に乗るのだろう。
女の子の身形をしていると、よからぬ輩に襲われかねないから男の着物を着て旅に出るのは見ることがある。
「娘ですよ・・・若芽汁を買いに行った。来月嫁ぐので、女の子が馬に乗って付いて来るのは心配だったので、息子・・弟の着物を着ているのです。」
まだ子供なのに嫁ぐのか・・・・
何不自由なく暮らしていても、両班の娘ならその年齢で嫁ぐのが普通なのだろう。
記憶を無くした母を残して嫁ぐのはきっと辛くて悲しい事に違いない。

「どうしてハニを見つけてくれたのですか?」
「波の花を見に来ていたんだ。この間漢陽の市でスンジョ様達家族と会った時に、ハニの顔を見てからずっとここに来たくて。幼い頃にこの小屋を見つけて、波の花を見ていたなと・・・・自分がしてしまった事でハニをこんな風にして、ずっと後悔していた。人が人を好きになるのに、順番とか一緒にいた年数なんて関係ない。そう思ってハニがこんな状態で、幸せかどうかも判らなくて、オレだけが幸せに暮らしていたら・・・・・何と言っていいのか・・死んで詫びたいと・・・・」
「死んだらハニが悔やむよ・・・ハニの中で確かにジュングのした事が恐怖として残っていても、きっと恨んではいない。」
「恨んでいない?」

僅かに動いたまぶたにスンジョだけが気が付いた。
ハニは耳は聞こえていると・・・・

「事情があって、一度ハニは漢陽の屋敷を出た。それもこの子達がお腹にいて産み月が近づいているのに・・・行く所なんてどこにもないハニが、商団の人と一緒にこの村に来て、そこで麓の花屋で占い師のポルを頼り、この小屋に隠れていた。ジュングを恨んだり憎んだりしていたら、ここには来なかったはずだ。あのことがあった小屋は既に壊れてなくなっていたからじゃなく、ここから子供の時に見た波の花を思い出して来たのだと言っていた。」
ハニの閉じた目から一筋の涙が流れた。
スンハは、母の涙をそっと拭うと父とジュングの話を黙って聞いていた。
自分たちの知らない父と母、そしてジュングの過去が辛い物だったことは、時々正気に戻る母から聞いていたが、詳しく聞いた事はなかったし聞く気持ちはなかった。

自分とお道等のスンリに聞かせたくない話だと判っていた。

「スンジョ様どうしてハニがここに来たと判ったのですか?」
「この小屋でこの子達が産まれた。隠れて住んで、ひとりで双子を出産したんだ。行く所はハニにはここしかないのだから。」
スンハとスンリは初めて聞いた自分たちが産まれた場所を見まわした。
清国で父が迎えに来るまで住んでいた所は、商団の清国での住居でポルが占いをしていた場所だった。
漢陽の屋敷よりは小さいが、それなりに格式のある住居だと記憶の中に残っていた。
どう見ても綺麗とは言えない今にも壊れそうなこの小屋で母がひとりで自分たちを産んだことに驚いていた。





人気ブログランキングへ

雪が降る前に「雨雫」 139

「小屋を知っているのか?」
「この山一帯はオレの庭だったからな。ハニと小さい頃に、小屋に来て波の花を二人で見て、帰りが遅くなって親に叱られたよ。」
山一帯がジュングの庭だと言うだけに、慣れた様子でスンジョの先を歩いていた。
スンジョに抱かれているハニは、目は閉じたままだが意識を戻すことはなく山小屋が見える所まで来て、僅かに手が動いた。
細い腕はスンジョのトゥルマギから出そうとするが、身体の力が抜けて自分の意識がある事を伝えられない。
目を開けようとしても開けられず、声を出そうとしても声が出ず、ただじっとスンジョに抱かれて小屋に行く山道を歩くスンジョの鼓動と体温を感じることしか出来なかった。

小屋の外にはスンジョとハニの子供たちが、心配そうに両親が戻って来るのを待っていた。
「父上!」
スンリが父の姿を見つけて駆け寄ると、スンハは父の腕に抱かれている母の動かない姿を見て、ただ声を出さずに泣くだけだった。
「母上は・・・・」
「意識が無いだけだ。着替えは温めてあるか?」
「はい・・・・温めてあります。」
スンジョはジュングの方を見て、中に入るように合図をした。
「寒いから中に入って温まって欲しいが、ハニを着替えさせる間だけ背中を向けていてくれないか?」
当然のことだと判っていた。
本当なら、ハニの着替えまで外で待っていてほしい気持ちはあるが、この寒い季節にハニを助けてくれたジュングを外で待たせるわけにはいかない。

小屋の中は、出来る限りスンリが隙間を塞いでいてくれたおかげで、熱いくらいに温かくなっていた。
「スンハ、おじさんに私の着替えを出してあげなさい。」
スンハは父の着替えをジュングに渡すと、積み上げられている藁の向こう側で着替えを始めた。

背中越しに聞こえるスンジョが子供たちと手伝って、ハニを着替えさせる指図をしている声。
壁に写るハニの身体に、遠い昔に自分が起こしたことを思い出してしまった。
あの時も、小屋の中で火を焚いていたから、壁にその時の動きが写されていた。
手足を押さえつけ、無理矢理衣類を剥ぎ取り、強引にハニを犯してしまった。
後悔しても取り返しも付かない事だと判っていても、自分の公開よりハニの傷付いた心を何とかして治してあげたいと思った。
万が一、その時のことで子供が出来ていたら、ここにいる双子よりも少し年上の子供がいたかもしれない。
そうなれば、自分とハニは幸せだったのかと思えば、そんな自信はジュングにはなかった。

遠い漢陽から二人の子供と一緒に、寒さ厳しいこの海辺の村に来るための荷物は、ハニの為に必要な物ばかりだ。
見るつもりはなかったが、振り向いた時に着替えさせてもらっているハニの白い足が見えた。
顔がジュングの方を向いていて、気の所為か目が少し開いてるように見え、それが自分を睨んでいるように思えるのは、過去の自分がした事への恨みなのかもしれない。






人気ブログランキングへ

ギャラリー
美容室美容院レーシックfx 口座開設美容整形キャッシング
デリヘルデリヘル 求人里親 募集求人情報美容室裏dvd保険出会い出会いエステ美容整形クレジットカード消費者金融
アクセスカウンター
キャッシング社長ブログseothink tank医薬品 買取ブログパーツお見合い結婚相談住宅ローン
アルバイト情報海外サーバー海外サーバーアクセスカウンター無料ブログカウンターオンラインカウンター借金時計ページランクアダルト動画
アダルト動画 比較裏dvd裏dvddvdレンタル 比較有料アダルト動画 比較月額アダルト動画 比較出会い系サイト 比較ライブチャット 比較裏dvd
ブログカウンター無修正dvdフェラチオキャバクラデリヘル風俗
無料カウンターデリヘル 求人高級 デリヘルキャバクラ 求人借金時計プロバイダ 比較ウォーターサーバー 比較レンタルサーバー 比較クレジットカード 比較生命保険 比較
etcカードエステ脱毛インプラントホームページ製作ドメイン取得化粧品 サンプル自動車保険 比較学資保険 比較おまとめローン 比較キャッシング 比較証券会社 比較fx 比較fx口座開設 比較
無料アクセスカウンターフレッツ光 auひかり 比較fx 初心者誕生日 プレゼント
東京 デートスポット消費者金融 一覧銀行 口座開設アクセスカウンター無料カウンターページランククレジットカード ランキング生命保険 ランキング自動車保険 ランキング学資保険 ランキング育毛剤 ランキング証券会社 ランキングプレゼント ランキングクレジットカード おすすめ
bto パソコンエアコン 工事エアコン クリーニング給湯器 交換犬 里親猫 里親エアコン 取り付けエアコン 取り外しガス給湯器 交換ホストクラブ新宿 デリヘル新宿 デリヘル歌舞伎町 キャバクラ渋谷 デリヘル


バラが降るオルゴール


  • ライブドアブログ