羽生結弦くんAA応援コラムブログ、お茶菓子つき

羽生結弦選手の応援コラムや、ちょっとマニアックな記事などを書いているブログです。 厳選(?)可愛いお写真、画像、ニュースや面白動画もあります。羽生くんのAA(アスキーアート)も時々作成。お茶菓子つきは、なんとなく・・・。w ブログ内の文章は転載禁止です~。

あれあれ?
81O0DbBzBgL
この見たことのある、このシルエットのマークは・・・ 

81RumcINcQL
フィギュアスケートニュース (メディアックスMOOK) ムック  – 2018/9/29

「フィギュアスケートファン通信」ではありませんか!
いや「フィギュアスケートニュース」って名前変わってるやん。
ベシッ。

表紙の写真について、疑問を持っている人も
いるようなのですが、メディアックスは、表紙でも
なるべく提供されたままの状態で、フォトショなどで
修正しない方針だと思います。

さて、一時、某所からの圧力で握りつぶされていた
らしい「通信」ですが、メディアックスさんは、自由に
なられたのでしょうか。。。

過去のAmazonレビュー

一部、何か変なレビューも混ざっていますが。

しかし、あらゆるスポーツや、選手の写真を
扱っている、ムックや雑誌を出している出版社が
「掲載」に関して、すべての連盟や選手にくまなく
許可を取っているのか、私たちにはわかりません。

細かく規定を定めている所に対しては当然
許可を取るべきです。「許可取れ」と言われたら
取れば良いだけの話です。

競技や選手に「還元されるべき」であるなら、
是非そうして欲しいですね。
本当に、そう言ったシステムができると良いと
思います。

カメラマンは所属先から、またはフリーの場合、
写真を売ることで、すでに報酬を得ているので
心配無用でしょう。
(満足されているかどうかはわかりませんが・・・)

ただし、このようなムックや雑誌の存在は、
例え主要選手しか、扱っていない場合でも
一応、競技の「普及」には貢献しているはずです。

「平等に扱え」と言うなら、非常にマイナーな
競技や有名でない選手まで網羅できるでしょうか。
出版社は売り上げを考えると、できないでしょう。

むしろ、「乱立する羽生表紙の本は粗悪」と
2017年の5月と8月に、なぜ誰かがニュースで
2回も情報をばら撒く必要があったかの方が
不思議です。何かイベントがあったでしょうか?

復活するにあたって、誰かからの鼻息がかかって
いたら・・・と思っていたのですが、表紙を見る限り
オータムクラシック関連だけのようです。

完全復活と考えても良いのでしょうか?
実際に中を見てみないとわかりません。

本屋で見てから購入するか、発売されたら、
また購入者からのAmazonレビューが続々と
入ってくるでしょうから、それを参考にして
検討しようと思います。



もし、メディアックスさんが完全復活なら
ファンにとっては、新たな楽しみがまた
一つ、増えそうですね。

お読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッポチッと下2つのバナーさんたちをクリックお願いいたします♪
        ↓  ↓            

            こちらもよろしく~。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
 
五輪2連覇おめでとう、羽生結弦選手&皆様に良いことありますように!
PVランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いかにも、羽生くんらしいです。
やっぱり「勝ちたい」のだそうです。w 
確かに、そうかもしれませんね。

■羽生 今季初戦ヒヤヒヤ逃げ切り…ふがいなさに「火が灯った」
スポニチ
20180923s00079000433000p_view
フィギュアスケート オータム・クラシック最終日
( 2018年9月22日    カナダ・オークビル )

男子フリーが行われ、SP1位の五輪王者、
羽生結弦(23=ANA)は165・91点のフリー2位に
とどまったが、合計263・65点で逃げ切り、今季初戦を
優勝で飾った。サルコーで転倒するなど4回転ジャンプ
2つでミスが出て、得点は伸ばせなかった。
今季は「楽しむ」をテーマに掲げていたが、低調な
内容に悔しさをむき出しにした。

伝説のプログラムの始まりとしては、とても納得できる
出来ではなかった。ふがいない演技を終えた羽生は
左手を下ろすと顔をしかめて、ほえた。「実力不足です。
素晴らしいプログラムなのに、きれいな終わり方ができず、
凄く申し訳ない」と悔しがった。

幼い頃から憧れだった06年トリノ五輪金メダルの
プルシェンコ(ロシア)の代表作「ニジンスキーに捧(ささ)ぐ」を
アレンジした「Origin(オリジン)」。荘厳な曲に乗って、
前半のループとトーループの2つの4回転ジャンプに
成功した。しかし、中盤の4回転サルコーで転倒。
さらに規定で基礎点が0・8倍になることを承知で
「自分にでき得る最高のコンビネーションジャンプ」と
4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を
狙いにいったが、4回転が2回転になって連続ジャンプに
できない失敗に終わった。

ルール改正で30秒短い4分になり、要素をこなすために
せわしなく動かざるを得なかった。切れがなくなり
「このプログラムに対する体力がない」。踏み切りと
着氷の際に、昨季負傷した右足首に負担がかかる
高得点のルッツは回避した構成にしており、練習も
積み切れていない状態だった。

SPの貯金で何とか逃げ切り、2月の平昌五輪以来
7カ月ぶりとなる復帰戦を飾ることはできた。だが、
同じクラブで練習する7歳下の後輩、車俊煥(韓国)に
3・87点差と迫られた。五輪で2連覇を成し遂げて迎えた
今季は結果にこだわらず「自分のために滑る」「楽しむ」
ことをテーマに据えていたものの、心中穏やかでは
いられない。「今は勝ちたいしかない。これが一番
自分らしいのかもしれない」。表彰式では自分より
背の高い2人への対抗心からか背伸びするなどした
絶対王者は、勝負への熱い気持ちをかきたてられた。
Dnuh6afV4AAquYp
次戦はGPシリーズ第3戦のフィンランド大会
(11月2〜4日、ヘルシンキ)。
「五輪が終わって抜けていた気持ちの部分でまた
自分の中に火が灯ともった。本当に火を付けられた
ような状態。最短で強くなりたい」とまくし立てた
王者の目は輝いていた。
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2018/09/24/kiji/20180923s00079000403000c.html

※ゴメン。スポニチの写真が魅力的すぎて
気持ちが纏まらないので、今度ギャラリーだけの
記事を作ります。


生来の負けん気と闘志に火がついて、
目がランランとしている羽生くん。

あ、ただ身長については、コンプレックスはなく
むしろ低く申告・・・(いや、何でもない)

でも今回の試合は、完璧を求め過ぎて自滅
しなくて良かったと思います。練習では良かった
けど、試合となると思うように動けなかった。
でも、どこかで冷静に切り抜けられた感じがします。

ふがいないと思う必要も、申し訳なく思う必要も
ありません。この試合で勝ってるんです。
ただ、勝ち方は気に入らないでしょう。

あまり悔しがって、免疫力を落として、風邪とか
ひかないで欲しいです。。。(以前あったような)

佐野稔さんが、ミヤネ屋でオータムの結果について、
「眠れる獅子に火をつけた」と言うようなことを仰って
いました。

私の中では、羽生くんの激しさのイメージは
火を噴いているドラゴンです。
99c97bdadb6b9bf3505dcb8a73d4b960
スポニチさんの紙面がステキ。野生み。w

ちなみに、宮根さんは、羽生くんがメイクしていると
勘違いしているようですが、当然すっぴんであの
美しいお顔です。
リンクインすると、目のデカさが2倍3倍になるので
知らない人からすると、間違えても無理はないです。
(あまり責めないであげて・・・)

スポニチの大阪版は、ネット販売で売り切れたとか。。。ヒーッ!

日刊は、はにゅ猫のコラを製作して、女子の購買欲を
煽っているようですが、初日に良くない写真を載せたので、
今更遅いです! プンプン。

当初は「もう勝ち負けにこだわる必要はないかな」と
語っていた羽生くん。
いざ試合が始まると、そうは行かなかった。

でも、好きなことをしながら、闘志もメラメラだったら
尚楽しいじゃないですか!
やりたいことだけなら、柔らかい体に、ほどよく
弦がピーンと張れないでしょう。

シーズン後半に向けて、どう変化して豹変して
いくか期待大です。

お読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッポチッと下2つのバナーさんたちをクリックお願いいたします♪
        ↓  ↓            

            こちらもよろしく~。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
 
五輪2連覇おめでとう、羽生結弦選手&皆様に良いことありますように!
PVランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ