NHK側に悪意があるのかどうなのか?
局全体としては、ないのではないでしょうか。

とりあえず、昨日のニュースウォッチ9でも
見ましょう。

n91
可愛さ余ってまだ感想書けない。あー。許ちて。
また今度。。。

あ、はい。ドキュメンタリーについて。

すでに、平昌五輪前のNHKのドキュメンタリー
からして、あの撮り方はどーなんだと、疑問を
抱いている人もいたわけですが、
私自身は、それほど悪くは感じなかったのです。

ただ、なかなか感想を書こうにも気が乗らず
書けませんでした。

怪我をしてしまったし、それ以上NHK側は
密着取材できなかったので、どう編集するか
製作する側も、かなり考えたかもしれません。
(考えている間に何かが入り込んだのかも
しれませんが・・・)

それでですね、

なんか過去のドキュメンタリーまで見ていたら
ドツボにハマッてしまったので、NHK、そして
他局も物も、見かえしてみましょう。

これはドキュメンタリーではなくて、個人さんの
編集ですが、良かったので。昔の練習風景から
最近の映像まで。

若い時の映像がとても愛らしいです。
いや、今も可愛いけどな。w

なんか延々と見ていたくなります。
これにギターサウンド乗せた人偉い!

羽生くんは五輪直後、辛いことしかなかったと
語っていましたが、おそらく、あと何年か経って
振り返った時、幸せな瞬間もたくさんあったと
思い出してくるのではないかと思います。
引退してからは、自分の時間も増えます。

NHKの昔の「アス魂」なんか見てると、
なんの構えもなく、カメラにもメディアにも
まだ慣れていなかったのだと思います。

だからこそ、素顔が見れますし、同時に多分
本音も語っています。

「アス魂」のソチ前と平昌前を、少し見比べてみましょう。

動画

動画

重圧の差が凄まじいです。
トップに上がり詰めて、そこに居続けようと思うと
やはり、外部には一部しか見せられません。

私たちがドキュメンタリーで知れるのは、
彼のほんの一部分です。でもこうして見せて
くれたこと、そして、撮ってくれた取材班には
感謝です。
貴重な資料であることには違いありません。

いろいろ見ているとあっと言う間に
時間が経っていきます。
私もあとでジックリ見ようと思います。

他局ですが情熱大陸です。

動画
おっと、英語字幕まで。作った人、有能。
これもつらい時期、よく答えてくれたと
思います。

他局ですが、平昌前、NNNドキュメントです。

動画
NHKの金メダルへの道と、とても近い時期に
撮られていて、結構精神的に、負担だった
だろうと思います。ファンにとってはお宝ですが。

年月日ぐらい書けやと言う感じですが。無精でスマソ。
しかも、ちゃんとリンク貼れてるのか・・・。w

えーと、遡ります。
ソチ前の金メダルへの道。

動画

平昌前の金メダルへの道。

動画

まあ、これは多少の乗っ取りに遭って
いるのかもしれません。。。

でもね、平昌後の金メダルへの道が
幻ですが、一応あるんすよ。これは素敵。
平昌前の放送は見送って、最初からこれを
放送して欲しかった。

動画を探しても、なかなかなかったのですが
中国のサイトをみつけました。

動画

文字がうるさくて集中できなーいと
イライラしたら、右下の吹き出しのマークを
押しすか、(弾)のマークのつまみをスライド
させてみてね。消えます。

闘い終えて解き放たれた羽生くんが
穏やかで美しい。眠そうなのがまた。w

ブリアンコーチか話すところによると
羽生くんが怪我から回復中に2Aが
飛べなくて困っていた頃に、3Aに挑戦
したら、と助言したところ、3Aポンと飛べた
そうです。

「んな、クララが立った、みたいな!」

と思ったんですが、羽生くんって、
本当に漫画みたいな奇跡を起こす人なんです。
でも4Aについては、気長に取り組まれても
別に良いと思うのです。

あ、皆様はドキュ、どれも早めに見てね。
えーと、最初の趣旨どこ行った。。。

さすがに映像として残るドキュメンタリーで
堂々とdisる輩はなかなかいないかなと
感じたのです。

現在、あちこちから湧いてでる変な記事は
おそらく、そのメディアの中にいる、誰かが
頼まれて仕事した結果、こうなっているわけで、
その誰かが、結構上の立場の人なら、みんな
従うしかないですしね。。。

下の立場の人でも、どんなペッポコ記事も
捏造記事も、上の人に見せたら案外、簡単に
通っちゃったと言うことも、あるかもしれません。

結局、ゴーストのように、何かの力が
あっちこっちに、取り付いたり離れたりして
いるのです。

講談社だって、もとは好意的な出版社
でしたし、明日は集英社が標的になるかも
しれない。いや、それは絶対ないか。w

いろんな記事を書かれる、歪んだ報道を
されるのは、スター選手の宿命と言えば
そうかなと思います。

でも、真実は羽生くんの演技の中にあるし、
何より、2つの五輪の金メダルが実際に
彼の手の中にあります。
そして、世界中のたくさんの人たちが
羽生くんのことを、正しく理解して知って
くれているはずです。

お読みいただいてありがとうございます。
ランキングに参加しております。
よろしければ、ポチッポチッと下2つのバナーさんたちをクリックお願いいたします♪
        ↓  ↓            

            こちらもよろしく~。
ブログランキング・にほんブログ村へ  
 
五輪2連覇おめでとう、羽生結弦選手&皆様に良いことありますように!
PVランキング