2013年の全日本選手権FSでの
羽生結弦町田樹の演技が行われた


7回目の全日本選手権で
表彰台に登ったことも
なかった町田樹

4回転トーループ


4回転トーループ、
ダブルトーループの
コンビネーション
を鮮やかに決めた


トリプルアクセル、トリプルトーループ


後半初めのトリプルアクセル

トリプルトーループ

トリプルルッツ

トリプルフリップ
ダブルルッツ、ダブルルッツの
3連続のコンビネーション


トリプルサルコウ

最後、足が引っかかり
もどかしさもあったが
ほぼノーミスで終了
277.04点



ただ一人2種類の4回転をもつ
羽生結弦が満を持して登場



4回転サルコウで転倒


4回転トーループを
膝を深く折り曲げて耐えた


トリプルフリップ


トリプルアクセル、トリプルトーループ


トリプルアクセル、
ダブルトーループの
コンビネーション

後半の体力面が課題の
羽生結弦だが、

トリプルループ

トリプルルッツ、トリプルサルコウ

トリプルルッツ

を決めて振り返れば最初の
ジャンプのみ失敗
後は、ほぼ完璧

ディフェンディング
チャンピオンであったが
高難度のレベルの高い
プログラムであった
297.80点の高得点

2013年の全日本選手権SPとFSの総合結果は、

1位 297.80 羽生結弦(ANA)
2位 277.04 町田樹(関西大)
3位 264.81 小塚崇彦(トヨタ自動車)
4位 256.47 織田信成(関西大大学院)
5位 252.81 高橋大輔(関西大大学院)

の順位に決まった
後は、日本スケート連盟は
全競技終了後にソチオリンピック
代表が決まる