プロフィール

HAO

重度の輪行依存症、HAOのブログです。
ブログ旧名「豚に真珠 僕にEVO」

ツイッター
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
※前半のTIPSは、以前にコメントに書いた内容の焼き直し

僕は輪行袋は、
前輪のみ外す、モンベル・クイックキャリーと、
前後輪外す、オーストリッチ・L100を使い分けている。

使い分けのイメージとしては、以下の通り。

そもそも輪行NG
休暇をとって平日に輪行する場合、朝7時以降の首都圏は、そもそも輪行は絶対NG
平日の夕方も、帰宅する人が増える17時前に帰れるようにプランニング必須。


前後輪外すタイプ
大人数で一緒に輪行したり、他にも輪行する人が多いイベントに参加する場合。
特急電車も、昔ながらの車両だとデッキも狭いので、前後輪を外すタイプが必須。
特に中央線の高尾から西は、前後輪を外すタイプじゃないと、特急・普通ともにかなり困る。

電車の混雑状況が読めなかったり、その路線の経験知がない場合も、前後輪を外すタイプを使用。
ただ、毎週、週末輪行をしていると、混雑状況が読めないことがそもそも無くなってきた。


前輪のみ外すタイプ
休日の都内はかなり電車が空いており、かつ、人の流れと逆(早朝に山へ、夕方に都内へ)なので、
先頭車両か最後尾車両の端のスペースで行けば、まず困ることはない。
本当に色んな路線を利用しているけど、休日の朝5~6時台で輪行が気が引けるほど
乗客が多かったのは、紅葉シーズンの東武日光線ぐらい。


前輪のみ外すタイプは場所を取り過ぎるのでは?

前輪のみ外すタイプは、占有面積が大きくて邪魔、というイメージがあるけれど、
先頭車両の端に自転車を置いて、自分もその横に立っている限り、
輪行袋自体の厚みが薄くなるので、自分を合わせた占有面積は、人二人分に収まる。
これだと、たぶん前後輪を外すタイプとほとんど変わらないと思う。

そもそも、よっぽどガラガラでない限りは、マナーとして輪行時は席に座らないのは大前提。
早朝はガラガラなので、座ることが多いけど、帰りの夕方は、汗をかいているから、
他の乗客から離れたい、というのもあって、席が空いていても立って乗っている。


前輪のみ外すタイプは鉄道会社のサイズ規定をオーバーするのでは?
持ち込み荷物のサイズ規定は、縦横奥の合計が250cm以内。
で、モンベル・クイックキャリーを使った場合、僕のサイズ48のロードバイクだと、
ギリギリで規定をクリアする。

たぶん、サイズ52とかだと、250cmに収まらない可能性があるので、
厳密にはこのタイプは、ペダルも外さないと規定オーバーになってしまうかも。

問題はサドルの扱い。 サドルが袋の外に出ているのも、厳密にはNGらしい。
モンベル・クイックキャリーも、そのままだとサドルが袋の外に出てしまうので、
ルールを厳格に守るには、外しておかなければならない。


独り言:前輪のみ外すタイプのほうが安全では?
自転車で最も他の乗客に迷惑なギアやチェーン、フォークの先端が上向きになる、
前後輪を外すタイプのものの方が、むしろ危険なんじゃないの?という疑問は正直あったりする。

むしろ、前輪のみ外して、危険な部分は地面に向けておく方が、
万が一子供が輪行袋に倒れこんだりした場合も、子供が怪我をするリスクは圧倒的に低いような気が。

考えてみれば当たり前の話で、そもそも自転車って、人の安全を配慮した形に進化しているわけで、
ひっくり返したり、分解したりするほど、厳重に管理しないと人にとっても危ないし、
自転車にとっても壊れやすくなるのだから。。。。。。


モンベル・クイックキャリーを前後輪外すタイプとして使ってみる
ここからが、今回の記事の本題。
オーストリッチL100は、エンド金具とか必要だし、リアディレイラーが地面に近くて不安も大きい。
そこで、サドルとハンドルで接地するタイプの前後輪外すタイプを、新たに購入しようと検討を始めた。

で、ここで思ったのが、『輪行袋って、大は小を兼ねるんじゃない?』ということ。

やってみたら、できちゃった(笑)

IMG_6354

IMG_6360

ペダルを上手く利用して、ホイールを押さえ込む。

IMG_6355

ベルクロの裾用バンドを2本使って、ホイールを2箇所で固定。

IMG_6363

IMG_6361

この2箇所でしっかりとゴムバンドで抑えれば、ホイールはしっかりと位置が固定された。
スポークとフレームの接点は、前側のボトルケージだけなので、フレームが傷つく心配も無し。

運ぶ際は、袋の上にある穴から手を突っ込んで、ダウンチューブのBB側を持てば
バランス良くスムーズに持ち歩くことが可能。

このやり方だと、前輪とシートポストを外すのに比べても、ほとんど手間や時間は変わらない。
むしろシートポストのポジション調整が面倒なのに比べると、こっちの方が楽かも。

とにかく、これで面倒なオーストリッチ・L100とはおさらば出来ちゃったかも♪

もし、前輪のみ外すタイプから、前後輪を両方外すタイプに買い替えを検討してる人がいたら、
一度、『大は小を兼ねる』、試してみる価値はあるかもしれない。


多くの情報をネットで収集し活用させてもらっています。
自身の経験も、このブログを通じネットに還流させたいと思います。
もしこの記事が、少しでも貴方の参考になりましたら
より多くの人に届くよう、バナークリックにご協力ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



 

 コメント一覧 (2)

    • 1. boriko
    • 2015年02月12日 18:56
    • はじめまして
      渋峠で検索していたらたどり着きました
      輪行もとても参考になります

      東京近郊の峠もいっぱい登ってるのですね!
      また、ちょくちょくお邪魔させてくださいませ
      リンク、自分のとこに貼らせていただけれ幸いです
      (実はすでに貼ってしまいました。不都合あれば削除いたします)
    • 2. HAO
    • 2015年02月13日 08:52
    • borikoさん、こんにちは。
      ブログとかSNSのルールとか作法とかに疎いのですが、私のブログなんかでよければご自由にどうぞ〜

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コメント
  • ライブドアブログ